⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️【高評価投稿!】執着の手放し本

あなたの「心」の苦しみを送信してください
解くために役立つ情報提供
心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

「嘘つき・詐欺呼ばわり」は、異常者が行うものであり条件が揃えば「名誉毀損(犯罪)」です。

未分類(仕分け前)

関連キーワード:嘘つき・詐欺呼ばわり

「嘘つき呼ばわり名誉毀損」
「詐欺呼ばわり 名誉毀損」

Googleの関連キーワード(よく検索されるキーワード)で上記のワードがあります。

ネットには異常者が多い

つまり、これだけ、不当に「嘘つき・詐欺呼ばわり」された人たちがいるということです。なぜ、「嘘つき・詐欺呼ばわり」する者がいるのか。それは「異常者(正常ではない者)」だからです。

逆に、正常者は他人のことを証拠や根拠なしで嘘つき・詐欺呼ばわりすることはありません。

正常者・・・証拠や根拠なしで嘘つき・詐欺呼ばわりしない
異常者・・・証拠や根拠なしで嘘つき・詐欺呼ばわりをする

正常者は、ちゃんと証拠や根拠に基づいて、事実として嘘つき・詐欺呼ばわりを公然の場以外で行います。公然の場に出せば、本当のことであっても名誉毀損になりますので。犯罪をしない正常な者は事実であっても公然の場には書かないのです。

一方、異常者は、証拠や根拠なしで、自分の思い込み、またはレッテル貼り、わざと炎上させる目的などによって、平気で他人を嘘つき・詐欺呼ばわりをするのです。これは「異常者(正常ではない者)」だからこそ出来ることです。そういった異常者が増えてきているから、Googleの関連キーワード(よく検索されるキーワード)にも「嘘つき呼ばわり名誉毀損」「詐欺呼ばわり 名誉毀損」が表示されるのです。検索数がそこそこあるということです。

本当に嘘つきで、詐欺があるのであれば、正しい手順を踏んで解決すればよいだけのことです。その正しい手順は踏まずに、公然の場で他人の名前は書かずに、根拠も証拠も無しに他人の噂話をしている者は「異常者(正常ではない者)」です。何らかの異常状態だから、それが出来るのです。

背景にある心理的な問題:自分を信じることさえできない

その異常状態の理由の1つは、自分を信じることさえできないからです。つまり自分を欺いているのです。

自分を信じることが出来ない人たちは、世の中に対しても疑いばかり抱きます。「あれは詐欺だ」「あいつも詐欺だ」と。真実を語る者に対し未確認なのに詐欺師呼ばわり者は怯えている場合もあるのです。僕も自分を信じれない時はそうだった。自分を信じている者は正しく物事を見る力を持っている。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

はい、その通りです。記事にあるように、「自分を信じることができない」というのは、人が他人を不当に批判したり、嘘つきや詐欺師と決めつける背景にある心理的な問題の一つです。この状態は、自己疑念や自己価値の低さに根差していることが多く、人が外部に対して批判的や攻撃的になる傾向を強化する可能性があります。

自分自身に対する信頼の欠如は、他人に対する不信感や批判へとつながりやすいです。人が自分の判断や価値観を信じることができない時、他人の言動や意図を誤解したり、悪意があると解釈する傾向が強まります。このような状態では、他人を不当に評価することで自分の不安や疑念を一時的に和らげることができると感じるかもしれませんが、これは問題の根本的な解決にはなりません。

さらに、自己欺瞞は自己認識のゆがみにつながり、現実との乖離を生むことがあります。これにより、自己と他者への理解が歪められ、社会的な相互作用において誤解や衝突が生じやすくなります。正しい自己認識と他者への共感を育むことは、このような問題を避け、より健全な人間関係を築くために不可欠です。

この問題を克服するためには、自己受容と自己信頼を高めることが重要です。自分自身の価値を認め、自己疑念を乗り越えることで、他人に対してもよりポジティブで理解ある態度を取ることができるようになります。自己認識を深め、自己信頼を構築するプロセスは、自己成長と発展の基礎となります。

弁護士保険

ですので、「嘘つき・詐欺呼ばわり」をされたなら、それは公然の場で個人を特定出来るように書かれたなら犯罪(名誉毀損)ですので、警察に相談するか、民事訴訟で対処するなど考えても良いかと思います。昨今では、弁護士費用が安く済む方法もあり、「弁護士保険」などもあります。

「嘘つき・詐欺呼ばわり」は、異常者が行うものであり条件が揃えば「名誉毀損(犯罪)」です。

名誉毀損逃れ:他人を駒(ラジコン)にする者

ただし、相手に悪意がある場合、相手は「名誉毀損逃れ」をします。名誉毀損逃れというのは、名誉毀損がどういった条件で該当するかを知り尽くしているので、それに該当しないように「嘘つき・詐欺呼ばわり」をしてくるので厄介なのです。こういった悪質な者は、SNSなどで繰り返しターゲットの悪評を被害者に成りすましながら(私はターゲットにされている)とすり替えて、相手の名前を表には出さずに噂を広めています。

それを鵜呑みにした無知な者が、名誉毀損をするのを待っている(仕向けている)のです。つまり、愚か者を「駒」にしてしまうということです。そうすれば仕向けた側は逮捕もされないし、民事で訴えられることもない。こうやってセコイ手口を使いながら他人を「嘘つき・詐欺呼ばわり」してレッテルを貼っていく悪質な者もSNSには隠れています。どうか、こういった他人をラジコンのようにして(使い捨ての駒にして)高みの見物をしている者に騙されないように。

嘘情報に騙された結果、名誉毀損をしてしまえば、それは自分の責任ですので。

世の中には息を吐くかのように嘘を書いて、他人の印象操作をする加害者がいます。僕も事実無根のデマを流されたことがあります。下記記事も併せて読んでみて下さい。

ChatGPTはすごい!名誉毀損記事の削除申請方法を教えてもらえたよ!そして非公開にしてもらえた!
今回の記事は、「ChatGPTはこんなことにも役立つよ!」という内容になっております。 結論から言うと、ChatGPTの指示に従って動いたら、僕に対しての迷惑極まりない名誉毀損記事を非公開にしてもらうことが出来たということです。 この記事は

また、ChatGPT4.0の回答も2つご用意しましたのでお読み下さい。

最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)より

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

この記事は、インターネット上で人々が不当に「嘘つき」や「詐欺師」と呼ばれることがどのような影響を及ぼすか、そしてそのような行為がなぜ問題なのかについて深く掘り下げています。特に、無根拠の非難がいかにして名誉毀損にあたる可能性があるか、そしてそのような行為が法的な後果を伴う可能性がある理由を強調しています。

記事は、インターネット上でのコミュニケーションの性質を考慮しているようです。特に、匿名性や半匿名性が悪意ある行動を助長する可能性があること、そしてそのような行動が実際の人々に実際のダメージを与えることができる方法について述べています。それはまた、自分を信じることの重要性と、疑念に満ちた世界において真実を見極める能力を育むことの価値に触れています。

この記事が提起する問題は、特にソーシャルメディアが広く利用される現代社会において、極めて関連性が高いものです。名誉毀損に関する法的枠組みを理解することは、誰かに対して公然と主張する前に、その主張の真実性と根拠について慎重に考えることの重要性を思い出させます。また、悪意ある行動の背後にある心理学的な動因について考察することで、このような行為がなぜ発生するのか、そしてそれをどのようにして避けるかについての洞察を提供しています。

法的な観点から見ると、名誉毀損を構成する要素と、そのような非難がいかにして実際のダメージを引き起こすかについての理解は、オンラインで行動する際のガイドラインを提供します。また、不当な非難に直面した人々が取るべき適切な手順、特に法的な救済手段についての情報も提供しています。

総じて、この記事は、オンラインでの行動に伴う責任と影響を考慮することの重要性を強調しています。それは、言論の自由と個人の名誉を保護する間の微妙なバランスを保つために、個人がどのようにして賢明に行動すべきかについての重要な考慮事項を提起しています。

名誉毀損に該当する可能性がある条件

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

名誉毀損は、個人または法人の名誉を不当に傷つける行為を指します。特定の条件が揃った場合にのみ、法的に名誉毀損と認定される可能性があります。以下に、そのような条件を詳しく見ていきましょう。

1. 公表性

  • 定義: 話題の発言や表現が公の場において行われたこと。インターネット上での投稿、SNSの利用、公開された文書やメディアを通じての発表などがこれに該当します。
  • 重要性: 私的な会話内での発言は通常、名誉毀損とはみなされません。公に発表された情報のみが、広範な影響を及ぼす可能性があるため、この条件は重要です。

2. 誤情報または不正確な情報

  • 定義: 発言または表現された内容が事実と異なる、または誤解を招くものであること。
  • 重要性: 事実に基づかない主張や、真実を歪めた情報が拡散されることによって、被害者の社会的評価が低下することが名誉毀損の核心です。

3. 特定性

  • 定義: 非難の対象となる個人や法人が明確に特定されていること。
  • 重要性: 匿名性や一般性が高い表現は、特定の個人や法人の名誉を毀損するものとは見なされにくいです。名誉毀損を主張するためには、発言が明確に被害者を指している必要があります。

4. 悪意または過失

  • 定義: 発言者が虚偽の情報を知っていてもそれを公表した、または真実かどうかを確かめるための合理的な努力を怠ったこと。
  • 重要性: 悪意あるいは重大な過失がなければ、名誉毀損とはみなされません。発言者が真実を信じていたり、適切な確認を試みたりした場合、名誉毀損の責任から免れることがあります。

5. 被害の存在

  • 定義: 不当な発言や表現によって、被害者が社会的評価の低下、精神的苦痛、経済的損失などの具体的な損害を受けたこと。
  • 重要性: 名誉毀損を主張するためには、単に不快な発言があったというだけでなく、その結果として具体的な損害が発生したことを証明する必要があります。

これらの条件は、名誉毀損の訴訟において被告が行った行為が法律に違反するかどうかを判断するための基準となります。名誉毀損に関する法律や裁判所の判断は、国や地域によって大きく異なることがあるため、具体的なケースについては法的専門家の助言を求めることが重要です。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。