詐欺師に騙されるのは脳の衰えが原因。騙されないように前頭前野を鍛えよう!

脳の前頭前野心の問題解決(1)

今日お伝えしたいことは「理解力のある人はとても素晴らしい人!騙されないように前頭前野を鍛えよう!」ということです。

僕は宗教洗脳環境で育ったので、事実、確認、そういったものが皆無の環境で育ちました。つまり、嘘、妄想、不確かなこと、憶測、そういったものが当たり前の環境でした。僕自身もそういった環境で育ち、心霊的なものに心が囚われて無意識に恐怖が植え付けられており、現実世界よりも、仮想世界の方への重要度が高い状態で生きていました。これが霊感商法的なものの手口の1つでもあります(関連本はこちら)。

その為、僕以外のきょうだいも平気で嘘をつき、事実を捏造したり、でっち上げることが当たり前になっていました。現実や事実よりも、想像、妄想、不確かなこと、答えの出ないことなど、そういうものが中心になっていた家庭でした。ありもしない虐待話を創り出すことなんて当たり前の家庭環境でした。嘘が家庭を支配していました。そしてそれは、裏を返せばとても騙されやすい家族でもあるのです。自分たちが事実を大切にしないわけですから、事実確認力も無いので当然騙されやすくなります。結果として宗教にも騙されて毎月多額の寄付金を注ぎ込み続けて人生の一部を台無しにした家族でした。金を宗教に注ぎ込めば幸せになれると勘違いしていた家族です。まさにこれが「詐欺師が詐欺師を喰らう」というやつです。僕の家族は嘘つきでした。だからレベルの高い外部の嘘つきに騙されたのです。こうした家庭では必ずスケープゴートを必要とします。理由は何度も過去にお伝えしたよう、社会心理学者が行っている理由の通りです。そんな中で僕はスケープゴートとして悪役で育ってきました。だから真実が何かよくわかるようになりました。

こういった経験があるからこそわかるようになったことの1つ、それが「理性無き者は騙される」ということです。騙されて悔しかったら理性を鍛えるしかありません。その理性を司る部位が脳の前頭前野です。だから前頭前野が活性化していて理性がある人は、物事を正しく見ることが出来るのです。逆に前頭前野が弱ると、正しい判断が出来なくなります。判断力にも前頭前野が深く関係しています。

例えば僕が書いた本などは、文章力に関してはプロのようなものはないけど、内容的にはとても高レベルで価値あることをお伝えしています。王道的だったり、非常にレベルの高いことを簡単化してお伝えしています。

下記は僕が書いた本に投稿されていたレビューです。

kenji
5つ星のうち5.0 良薬のような本
2022年8月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
スピリチュアル系な文体なので、最初は抵抗感もありなかなか頭に入ってきませんでした。しかし、ちゃんと読み砕いてみればわかり易く、このテーマを簡潔な文章でまとめようとした結果からの物だと理解できます。
著者が自分自身を深く分析された経験をもとにしてかかれたものです。ページ数なども少なく、大丈夫か?と思いましたが読んでみると内容は普遍的な内容でとどめつつも大変素晴らしく、自己分析をする上で大抵の人に一読の価値はあると思います。

レビューより引用

僕は上記レビュー投稿者のような理解力が高い人に読んでもらいたいと思っています。理解力の高い人は、そのテーマにおいて何が一番大事か、何が一番重要な部分なのか、その全体像を把握出来ます。上記のレビュー投稿者の方は理解力がとても高い方だと思います。この本のテーマは執着を手放すということであり、それにおいてとても大事なことを書きました。僕の中では一番大事なことを書きました。執着を手放す為の王道です。下記の方は、今まで色々な本を読んできたけど、これほどまでに自分が変わったのは初めてだと仰っています。

 さほろ
5つ星のうち5.0 しっかりと、一歩前へ
2020年10月7日に日本でレビュー済み
執着の手放し本はいくつも読みましたが、これほどまでストンと府に落ちて、自分が変わったの初めてです。無理して禅の本や引き寄せ本なども読みあさってましたが、そうか、自分の苦しみは執着だったんだ、そのことに気づき、手放す一歩を踏み出す事で、心が軽くなり、実際に手元から執着が流れ出ていった感覚になりました。この本との出会いに感謝です。

Amazonレビューより

そしてこのように良い変化が起こったというレビューや報告が増えると、何故か邪魔するかのように、わけのわからない不審な低評価(自然な感じがしないもの)をつけてくる者もいるのですが、Amazonレビューの低評価は競業者がつけていること(裏で数百円で依頼している場合もある)が多いと言われています(弁護士さん情報)。ある人に言われたのは「執着の手放し関連本を出している関係者が、自分たちの本よりも菅原さんの本の評判が良くなるようなレビュー(執着の手放し本はいくつも読みましたが、これほどまでストンと府に落ちて、自分が変わったの初めて)を見て、競業者が邪魔した可能性もあるかもしれませんね。」とのことでした。そういう可能性もあるかもしれないと僕も思いました。もしそういうことをしているのなら「恥ずかしくないの?」と僕は思います。どんなに隠しても自分の行いは自分に刻まれていますから、自分が何をしたか自分が一番わかっています。インチキしたことは自分の無意識にしっかりと情報が残ります。とても恥ずかしいことだなと僕は思います。

話は戻りますが、 「理性無き者は騙される」。だから理性を司る脳の前頭前野を鍛えていくことは人間として生きていく上で、絶対と言いたくなるくらい大事なことであると僕はわかるようになりました。あなたも是非、自分の為に前頭前野を鍛えて生きて下さい。詐欺師に騙されるのも、犯罪に走ってしまうのも、恐怖が強くなるのも、性格が悪くなるのも、この前頭前野の衰えからです(勉強した人なら誰もが知っていること)。そして心の病気というのは、現代では脳の病気であると言われています。脳を衰えさせていくと心も病んでしまうのです。だから心が病んでしまったら脳を鍛えていくことを考えた方が良いのです。僕なんて重度の薬物中毒で幻覚を積極的に見るように生きていたので結果脳を衰えさせてしまい、極度の依存症、強迫観念、恐怖症、自殺を考えるほどの見捨てられ不安や悪夢障害、色々な問題が沢山出てきましたが、脳を鍛えていこうと思い、専門家が言っていた「脳には可塑性がある」という言葉を信じ、自分なりに勉強をして前頭前野を鍛えていく努力をしていったら、心の問題も減っていきました。脳を鍛えようと思わなかったら死んでいたと思います。

心の問題が多い人は脳が衰えている、或いはその問題に対処するだけの脳機能が無いと考えられます。やるべきことは脳の活性化です。脳が活性化してくると自己理解力も上がりますから、自分の心の問題も解決しやすくなります。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました