→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

電磁波攻撃の調査!?詐欺師が逮捕されたか。インターネットマインドコントロールにご注意下さい。

気づき(1)

今日お伝えすることは、「インターネットマインドコントロールにご注意下さい」ということ。
これは精神疾患を抱えている人や、そのご家族、周りの人にとって大事な話ですのでしっかり覚えておいて下さい。

インターネットマインドコントロールとは

これは一般的な専門家でもわからないもので、相当な知識がないと全体像を理解出来ないことですが、要はインターネットを使ったマインドコントロールが存在しています。マインドコントロールとは、簡単に言えば心のトンネル(心理的視野狭窄状態)に入れ込んで、視野を狭くさせて騙(だま)すことを言います。簡単に言えばインターネットを使って赤の他人を騙して操作してしまうということになります。

下記の引用文も併せてお読み下さい。

マインドコントロール(英: Mind control)とは、操作者からの影響や強制を気づかれないうちに、他者の精神過程や行動、精神状態を操作して、操作者の都合に合わせた特定の意思決定・行動へと誘導すること・技術・概念である。1引用文献:マインドコントロール – Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB)

マインドコントロールの本質は「騙すこと」にあります。気づかれないようにして騙す。それがマインドコントロールです。洗脳とは違います。洗脳の場合は、強制力を伴わせて強制的に無意識レベルの信念や思想を変えることを言います。マインドコントロールの場合はそれが行われていることに気づけません。

そしてインターネット上にはマインドコントロールとなる「仕掛け」が至る所に存在しています。しかもその仕掛けは単体で機能するだけではなく、複合体によってより機能する仕組みです。だから木を見て森を見ず状態の人はそれがわからないのです。簡単に言えばインターネットでWEBサイトを閲覧しているうちに、知らず知らず騙されていき、マインドコントロールにかかってしまうのです。

そんなことあるの? と思う人もいるでしょうけど、本当にあります。そのレベルはピンキリで、今回ご紹介するのは初歩的なものです。

初歩的なインターネットマインドコントロールは金目的

初歩的なインターネットマインドコントロールは金目的で行われています。前記したように、インターネットでWEBサイトを閲覧しているうちに、マインドコントロールされてどんどん思い込みをつくられていき、心のトンネル(心理的視野狭窄状態)に入っていきます。そして一例としては「集団ストーカーが攻撃している!」「電磁波攻撃を受けている!」「国家の策略だ!」という感じで妄想状態に陥ってしまうのです。これは一部の人が勝手に思い込んでいると言うよりは、そう思い込むような仕掛け(記事等)をあちこちに散りばめているので、それに引っ掛かってしまい、徐々に思い込みが出来上がっているのです。言い換えれば判断力のない人たちはネット検索をしているうちに思い込んでいくというわけです。

あなたも一度はご覧になったことがあるかと思いますが、「集団ストーカーが攻撃している!」「電磁波攻撃を受けている!」「国家の策略だ!」などと書かれてあるブログなどがあり、そこには「自分の被害をネットで広めることが大事です!」などと書かれていることもあり、そうやって思い込ませて「周知活動」をさせていくことで、妄想者を量産しているのです。被害妄想で被害を受けていると思い込んだ人が、被害妄想をネット上に書き込んでいくようになります。そこに「私も被害を受けた」と妄想者が集まっています。その行為自体が、自動宣伝マシーンにされているのに気づいていないのです。そうやって最初だけ仕掛け人が火をつけておいて、後は被害妄想に陥った人たちが加害者を撲滅するという思いで被害(妄想)についてネット上で拡散していくので、判断力のない人たちをどんどん巻き込んでいき拡大していき、妄想者が増えてしまったのです。仕掛けた側は大したもんですよね。あれだけの集団インターネットマインドコントロールが出来るのですから。

こうしてありもしない被害を受けていると思い込んでいる人たちはストレスから心身の不調を引き起こします。それを電磁波攻撃によるものだと思い込んでいるので、詐欺師たちは笑いが止まらないのでしょうね。マインドをコントロールして、マインドに寄生して楽しむ。酷い話です。電磁波で攻撃されていると思い込んでいる人たちは、様々なグッズを買います。人によっては探偵に調査を依頼します。詐欺師たちはこうして「金のなる木」をつくって儲けています。探偵の中にも仕掛けた側などが潜んでいますので、詐欺師からすると「鴨が葱を背負って来る」という感じであり、それを創り上げたわけですから、巧妙ですよね。どういうこと? と思う人は「統合失調症の患者がカモにされる現状に憤り…探偵会社が医療機関につなぐ新たな試み – 弁護士ドットコム」をお読み下さい。リンク先の方のように「医療機関に繋げている人」は心ある人です。判断力が弱っている人たちをカモにしている詐欺師は沢山います。

妄想に入らないように!

このような詐欺師たちは、ネット上の至る所に「仕掛け」を散りばめていますので、引っかからないようにご注意ください。

2016年に投稿した下記記事でもお伝えしたことです。

「集団ストーカー」という名のマインドコントロールから自分を解き放とう!実在しない「仮想敵」を思い込まされて「妄想」と戦っている場合もある!
マインドコントロール 「集団ストーカー」という名のマインドコントロールから自分を解き放ちましょう。マインドコントロールとは何か?引用してご紹介しますので読んで下さい。 マインドコントロール(英: Mind control)とは、他人の思想や

ガスライティング対策の専門家や弁護士を専門としている人の中にどれだけ真っ当な人がいて、どれだけ詐欺師が紛れ込んでいるかは未知数ですので正常な判断が出来ない場合は詐欺師に引っ掛かってしまって騙される可能性もあります。相談は慎重に行って下さい。

実際に「嫌がらせ」があるケースもあるでしょうけど、それは本当に少ないものです。被害妄想に入っている人が多いです。電磁波攻撃されているとか、言葉や文章が盗まれたとか、物を動かされたとか、殆どが妄想です。事実の場合は証拠を取ることが出来ます。

ずさんな調査内容でお金を騙し取る場合も

また下記記事も必ず読んでおいて下さい。今月2日に掲載された産経ニュースからです。
「電磁波攻撃、調査します」 準詐欺疑いで探偵社社長ら逮捕 警視庁 – 産経ニュース
上記記事にあるよう、ずさんな調査内容でお金を騙し取る場合もありますので本当に気をつけて下さい。

インターネットマインドコントロールは下拵え

もうお分かりですよね? この記事でお伝えした「インターネットマインドコントロール」は詐欺師が詐欺を働く為の「下拵え」だということが。皆様が思っている以上に詐欺師たちは巧妙に仕掛けていますし、こういった複合的な仕掛けは初歩的なもので、もっとレベルの高いものがゴロゴロしております。そんな高レベルな仕掛けに引っ掛かると、人生そのものを無くしてしまうことになる場合もありますので、「判断力」を高めていきましょう!!

判断力を高めることが大事!

判断力を司るのは脳のどの部位か、覚えていますか? 

そこが弱くなるのは自分の所為です。使わないと衰えますし、使っていると育っていきます。騙されない為にも、大切な家族を守る為にも、その部位をしっかり活性化させていきましょう! やるべきことは、健全な努力と、脳の活性化です。それをしていない人ほど詐欺師に食われてく、それが世の中です。

今日も貴重なお話をあなたにお伝えしました。自分を守るのは自分です。そして苦しみを生み出しているもの、それは「無知(無明)」です。苦しみを減らしてくれるもの、それが「博識・光明」です。インターネットマインドコントロールをする側も、仕掛け人も、時代の変化と共にどんどんレベルが上がっています。自己成長していかないと知らないうちに蜘蛛の巣に引っかかってしまいます。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    引用文献:マインドコントロール – Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB)

あなたの「言葉」と「URL」を残す。