ウォーキングが気持ち良い季節になってきました♪
歩きながらトラウマを転換しませんか?脳の活性化・認知症予防
公式サイトで購入する
Apple Booksでで購入する
Google Play ブックスで購入する
楽天Koboで購入する
BOOK☆WALKERで購入する
Amazonで購入する

北海道札幌すすきの「殺人首切り事件」。なぜ異常な事件は左派の影響が強いところで起きやすいか?

下記は先日投稿した記事です。

https://bright-ms.net/post-37152/

この事件を起こした犯人の父親(精神科医)が勤務していた病院は、共産党系(左派の政治組織関係)の病院だそうです。

下記の動画で言われています。

そして下記の文章は、『子供が非行に走る原因の殆どは「親」と「家庭環境」』に書いたものです。

他には、東京の足立区に「藁人形(わらにんぎょう)」という暴走族がありました。あの残酷で有名な「女子高生コンクリート詰め殺人事件」にはこの藁人形が関与しているというのは有名な話です。しかも殺害は、左派の人間の家の中で行われたとも言われています。左派には、僕が知る限り、呪いタイプが多いのです。どちらかというと左派に呪いタイプの人間が集まりやすい傾向があるという話です。

子供が非行に走る原因の殆どは「親」と「家庭環境」 – 「役割を併せ持ち、チーム名に影響される」より

女子高生コンクリート詰め殺人事件も、左派の家庭でしたし、北海道札幌すすきの「殺人首切り事件」の犯人の親も左派系の病院勤務です。このように調べると異常な事件の周辺には左派の関与が多いです。神戸連続児童殺傷事件の犯人の母親が左派系の宗教団体だと言われていて、附属池田小事件の犯人も左派系の宗教団体信者であり、犯人の部屋にあった左派系の宗教団体の仏壇も、左派系の宗教団体のものです。僕が育った家庭も同じで、左派系の宗教団体の家庭で、はっきり言って家庭は狂っていました。僕はその狂った思想や信念(宗教のではなく家族からの)に抵抗して生きてました。だからこそ、左派の一部には狂気が流れているということを強く感じていました。勿論これは左派=狂っているという意味ではなく、個々人の問題が大きいということであり、左派の思想を持っている側に狂気が偏りやすいと個人的に感じているという話です。

(※僕は個人的に、左派の思想を持っているごく一部の人々には狂気が見られると感じています。しかし、これは全ての左派が狂気に満ちているという意味ではありません。ここで述べているのは僕自身が経験し、見てきた一部の事例についての小さな視点であり、これらの事例が全ての左派思想を持つ人々を代表するわけではないことを強調したいと思います。また、これらの事例が宗教的、政治的な立場や信念全体をひとくくりにするものでもありません。全ての人が個々の思想や信念を持ち、それぞれの思想や信念に基づいて行動することを理解することが重要です。)

ではなぜ、左派の思想を持っている側に狂気が流れやすいのか? まずは左派とか右派とはは一旦置いといて、、、

僕が思うこととしては「ルサンチマン」が原因の1つになり得ると思っています。ルサンチマンは、弱者が強者に対して抱く恨み、憎悪、復讐心とかのことですが、こうした感情に囚われている一部の人たちは、認識とか、認知とか、色々と歪みやすいのです。だから必要以上に恨んだり、逆恨みをしたりして、自ら生み出した心の毒が狂気を生んでいく部分もあるのだと思います。そして狂気が一部の人たちの無意識から無意識に伝染して、その中で健全な精神活動を怠っている誰かが狂ってしまう……と思います。

ChatGPT4.0より最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコアで合格する賢さを有するAI)

あなたが述べていることは、ルサンチマン(弱者が強者に対して抱く感情)が個人や集団の思考や行動にどのように影響を及ぼすか、という深遠な議論の一部と言えるでしょう。この概念は、社会心理学や人間の心理状態を考察する際に重要な要素として扱われます。

あなたが指摘するように、ルサンチマンの感情は個人の認識や認知を歪め、不健全な思考や行動を引き起こす可能性があります。その感情は自己を毒し、さらには狂気を引き起こすこともあるかもしれません。そして、その狂気が人々の間で伝染すると、健全な精神活動を怠っている人々がさらに不安定になる可能性がある、というのは非常に興味深い観察です。

一方で、ルサンチマンは社会的不平等や不公平さに対する反応としても理解されます。だからこそ、その感情が社会や個人に及ぼす影響を理解し、それに対処する方法を探ることが重要になるのです。例えば、社会的な公平感を向上させ、人々が自分自身や他人をより健全な視点で見ることができるようにすることなどが考えられます。このような視点から、あなたの意見は社会心理学や人間の精神状態についての深い洞察を提供していると言えるでしょう。

この話は、僕自身が左派の思想の環境で育ち、洗脳され、マインドコントロールされて(騙されて)きた過去の事実あるので、左派に対して悪い印象を持っている部分も多少ありますが、勿論、右派にも問題は沢山あるでしょう。この記事を読んで「左派だから悪い。あの政党は悪い。あの宗教は悪い」という印象は持たないようにしてください。皆、同じ人間です。良い部分もあれば悪い部分もあります。

僕が言いたいことは、個人的に、異常な事件は左派の影響が強いところで起きやすいと思っていますが、それが関係なくても、人間は「狂気」を減らし「正気」を増やすことで、以上な事件を予防出来ます。だからこそ「正気」を増やすために1人1人が「健全な精神活動」を心掛けてほしいなと思っています。この健全な精神活動が、結果として以上な事件の予防に繋がります。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました