UBC Okanagan(カナダ)の最新研究で判明!うつ病を経験した母親も、サポートがあれば素晴らしい親に成長できる!

UBC Okanagan(カナダ)の最新研究で判明!うつ病を経験した母親も、サポートがあれば素晴らしい親に成長できる! 役立つ研究情報

※本記事は「最新のChatGPT4.0」を活用して、著者が監修し記事を書いていますので質の高い情報提供が出来ます。画像出典:Leonardo.ai ※画像はAIで生成したイメージです。

菅原隆志より

うつ病を経験した母親も、サポートがあれば素晴らしい親に成長できるということがカナダの最新研究で判明しました。僕は、「うつ病を経験した母親も」というよりは「うつ病を経験した母親だからこそ」だと考えています。素晴らしい心理的な成長を起こす前はうつ病など、何らかの辛い経験をするものです。諦めず、抜け出す道を探して下さい。あなたをサポートしてくれるレベルの高い心理師(心理士)が沢山いますので、積極的にあなたに合う支援者、例えば、公認心理師(国家資格)や臨床心理士(心理系民間資格の最高峰)などを探してほしいと思います。

うつ病を経験した母親も親として成長できることが最新研究で判明!

UBC Okanagan(カナダ、コロンビア大学のキャンパスの1つ)の「サラ・ダウ・フライズナー博士(コロンビア大学健康・社会開発学部のソーシャルワークの助教授)1参考文献:Sarah Dow-Fleisner(https://socialwork.ok.ubc.ca/about/contact/sarah-dow-fleisner/) 」によって行われた「うつ病を経験する母親の親としての役割」に関する研究で、2023年8月8日に興味深い研究結果が掲載されました。

サラ・ダウ・フライズナー博士は、うつ病を持つ母親が子供の身体的・心理的健康にとってリスクを持つことを指摘しつつ、外部からのサポートがあれば、そのリスクは必ずしも運命ではないと述べています。

この研究では、9歳の子供を持つうつ病を持つ母親と持たない母親を比較しました。結果として、うつ病を持つ母親は、親としての自己評価が低く、また子供に対する罰の方法として非暴力的な方法や暴力的な方法をより多く使用していることが明らかになりました。しかし、家庭での活動、例えば宿題の手伝いなどには、うつ病を持つ母親も持たない母親も同じくらい関与していました。

特に注目すべき点は、うつ病を持つ母親であっても、高いレベルのサポートやコミュニティの結束を感じている母親は、ストレスを感じにくく、子供との関わりや学校への関与も増えるということです。 これは、困難な状況にある母親でも、保護的な要因が存在する場合には、親として成功することができるというレジリエンスの視点と一致しています。

サラ・ダウ・フライズナー博士は、母親が自分のうつ病のためだけに助けを求めないかもしれないため、一次ケアの設定での子供の健康診断は、母親のうつ病をスクリーニングし、対人的なサポートやコミュニティのリソースを特定するためのサポートを提供する良い機会であると提案しています。

最後に、サラ・ダウ・フライズナー博士は、サポートプログラムは即座の親の問題を解決するだけでなく、能力を構築するべきだと強調しています。彼女は、Mamas for Mamasというコミュニティベースのグループを例として挙げており、このグループは、母親や他のケアギバーのためにコミュニティを構築し、物質的なサポートや他のサポートを提供しています。

この研究は、うつ病を経験する母親も、適切なサポートがあれば素晴らしい親になることができることを示しています。2参考文献:Mothers experiencing depression can still thrive as parents – UBC Okanagan News(https://news.ok.ubc.ca/2023/08/08/mothers-experiencing-depression-can-still-thrive-as-parents/)

サポートと団結力がうつ病の母親の子育てに与えるポジティブな影響

ダウ・フライズナー博士の研究によると、うつ病を持つ母親でも、周りからの強いサポートやコミュニティの結束を感じると、子育てに対するストレスが減少し、自分自身の子育て能力に自信を持つようになることが明らかになりました。さらに、このような前向きな気持ちは、子供への厳しいしつけを減少させ、家庭や学校での子供との関わりを増やす効果があることが示されています。

簡単に言えば、うつ病を持つ母親でも、周囲からのサポートやコミュニティの結束を強く感じることで、子育ての質が向上し、子供との関係も深まることができるのです。

結束が子育ての質の向上に繋がる理由は、以下の点に集約されます:

  1. 社会的サポート: 結束の強いコミュニティやグループは、情報交換やアドバイス、物理的なサポートなど、多様な形での援助を提供します。これにより、子育ての際に直面する課題や困難を乗り越えるためのリソースや知識が増えることになります。
  2. 心理的安定: 人は社会的な存在であり、他者との関係や結束を通じて心理的な安定や安心感を得ることができます。この安定感は、ストレスや不安を軽減し、より冷静で前向きな子育てを行うための基盤となります。
  3. 模範となる行動: 結束の強いコミュニティでは、他の親や家族の子育ての方法を間近で見ることができます。これにより、良い習慣や方法を学ぶことができ、自らの子育ての質を向上させることができます。
  4. 感情の共有: 子育てに関する喜びや困難、悩みなどの感情を共有することで、孤立感を減少させ、自分だけが直面している問題ではないことを実感することができます。これは、心理的な負担を軽減し、子育てのモチベーションを維持する上で非常に有効です。
  5. 外部からの良い影響: 結束の強いコミュニティやグループは、新しい情報やリソース、研修などの機会を提供することが多いです。これにより、最新の子育ての方法や知識を取り入れることができ、子育ての質を向上させることができます。

以上のように、結束は外部からの良い影響だけでなく、心理的、社会的な側面からも子育ての質を向上させる要因となります。

うつ病の母親と人間関係の課題:専門家との繋がりの重要性

うつ病を抱える母親は、日常のストレスや子育ての課題に加え、人間関係の困難さにも直面することが多いです。不健全な人間関係やコミュニケーションの問題は、うつ病の症状を悪化させる要因となり得ます。これは、感情の共有やサポートの欠如、孤立感の増加といった形で、母親の心理的健康に影響を及ぼす可能性があります。

つまり、うつ病の母親が健全な人間関係を築くことは、彼女たちの心の健康や子育ての質を向上させるために非常に重要です。しかし、このような健全な関係を築くのは容易ではありません。そこで、公認心理師や臨床心理士との繋がりが極めて重要となります。

公認心理師は国家資格を持つ専門家であり、臨床心理士は心理系民間資格の最高峰とされています。これらの専門家は、うつ病の母親が直面する人間関係の課題や心理的な困難を理解し、適切なカウンセリングやサポートを提供することができます。

また、これらの専門家は、母親が健全な人間関係を築くための具体的なアドバイスや方法を提供することができます。これにより、母親は自分自身の心の健康を保ちながら、子供との関係や家族とのコミュニケーションを向上させることができます。

総じて、うつ病の母親は、人間関係の課題や困難さに直面することが多いため、公認心理師や臨床心理士との繋がりを持つことで、より健全な人間関係を築き、心の健康を維持することができます。

うつ病を経験する母親へのサポート:公認心理師と臨床心理士がなぜ必要か

UBC Okanagan(カナダ、コロンビア大学のキャンパスの1つ)の最新研究によれば、うつ病を経験する母親も、適切なサポートがあれば素晴らしい親になることができることが示されました。この研究結果は、母親だけでなく、家族全体の健康と幸福に対する心理的サポートの重要性を強調しています。

このような背景を考慮すると、公認心理師や臨床心理士の役割が非常に重要になってきます。では、なぜこれらの専門家がおすすめなのでしょうか。

  1. 専門的な知識と技術: 公認心理師は国家資格であり、厳格な試験を通過し、高度な専門知識と技術を持っています。一方、臨床心理士は心理系民間資格の最高峰とされ、深い専門知識と実践経験を持っています。
  2. 適切なカウンセリング: これらの専門家は、うつ病やその他の心理的課題を持つ人々に対して、適切なカウンセリングや治療を提供することができます。特に、母親や家族が直面する困難やストレスに対して、具体的なアドバイスやサポートを提供することができます。
  3. 信頼性: 公認心理師や臨床心理士は、その資格を維持するために定期的な研修や更新を受けています。これにより、最新の研究や治療法に基づいたサポートを受けることができます。
  4. 総合的なサポート: これらの専門家は、心理的な課題だけでなく、家族間の関係やコミュニケーションの問題など、さまざまな側面からのサポートを提供することができます。

総じて、うつ病を経験する母親や家族にとって、公認心理師や臨床心理士のサポートは非常に価値があります。心の健康は、身体の健康と同じくらい重要です。適切なサポートを受けることで、家族全体の健康と幸福を向上させることができます。

公認心理師(国家資格)や臨床心理士(心理系民間資格の最高峰)を探すなら、下記サービスもおすすめです。

オンラインでカウンセリングを提供する新しいサービスです。こういった繋がりを持っておくことも「心理的成長」に繋がります。

カウンセラー(カウンセリングを)受けたいならUnlace!(臨床心理士、公認心理師、精神保健師)
【広告】 公認心理師(国家資格)臨床心理士(心理系民間資格の最高峰)に相談出来る 心理資格保持者のカウンセラー在籍【Unlace】 公認心理師と臨床心理士がおすすめな理由は、 心理系でトップクラスな資格でレベルが高い人が多いからです。 ※本

あなたの周りの人にも伝えてください

私たちの周りには、うつ病やその他の心理的課題を抱えている母親がたくさんいます。彼女たちは、日々の生活の中でさまざまな困難やプレッシャーに直面しています。しかし、最近の研究によれば、うつ病を経験する母親でも、適切なサポートがあれば、素晴らしい親になることができることが示されています。

この情報は、多くの母親にとって大きな希望となるでしょう。だからこそ、この記事を読んでいるあなたにお願いがあります。このメッセージを、あなたの周りにいるうつ病の母親に伝えてください。彼女たちに、うつ病を持っているからといって、素晴らしい親であることができないわけではないということを知ってほしいのです。

この記事をシェアすることで、多くの母親たちに勇気や希望を与えることができます。そして、彼女たちが自分自身の価値や可能性を再認識する手助けとなるでしょう。

うつ病の母親でも、適切なサポートと理解があれば、心理的にも成長し、家族との関係を深めることができます。この希望のメッセージを、多くの人々に届けてください。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    参考文献:Sarah Dow-Fleisner(https://socialwork.ok.ubc.ca/about/contact/sarah-dow-fleisner/)
  • 2
    参考文献:Mothers experiencing depression can still thrive as parents – UBC Okanagan News(https://news.ok.ubc.ca/2023/08/08/mothers-experiencing-depression-can-still-thrive-as-parents/)

おすすめ「Kindle Unlimited(読み放題)」

AmazonのKindle Unlimited(読み放題)に登録をすると、無料で沢山の電子書籍を読むことができます。僕が書いた書籍も「Kindle Unlimited(読み放題)」が多数あります。

【広告】
200万冊以上が読み放題。
初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

期間終了後は月額980円で自動更新。
いつでも自動更新しない設定に変更できます。
(解約も簡単)

Kindle Unlimitedに登録する

サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声

→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声1
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声2
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声3
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声4
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声5

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
あなたの「心」を解くために役立つ情報提供を開始

心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

この記事を書いた人
菅原隆志43

このアカウントで投稿している記事は、管理者の菅原隆志が最新の最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)を活用して書いたものになります。そうすることで、よりわかりやすく、質の高い正確な情報提供が出来ます。また、ChatGPTは最新の自然言語処理技術を採用しており、人間のような表現力を持つことから、読者の皆様にとってより魅力的な記事をお届けできることを目指しています(2023年4月28日より、ChatGPTを活用した記事投稿を開始しています)。

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

ChatGPT4.0(菅原隆志)をフォローする
役立つ研究情報
ChatGPT4.0(菅原隆志)をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。