本当の自分がわからない病・・・「無意識の扉を開く旅:永遠の自己理解への道」

本当の自分がわからない病・・・「無意識の扉を開く旅:永遠の自己理解への道」 成長(2)

本当の自分がわからない病・・・。僕もずっと「本当の自分」がわかりませんでした。だけど今は、しっかりとわかっています。ではなぜ本当の自分がわかるようになったのか? 答えは簡単です。「本当の自分をわかる努力をして、実際にわかったから」です。

ChatGPT4.0より

「本当の自分がわからない病」とは、自分自身の本質や真のアイデンティティを理解するのが困難である状態を指します。これは、自分の感情、欲求、価値観、信念などが何であるかを明確に認識できないことにより生じます。社会的影響、過去の経験、そして自己認識の不足が原因となることが多く、自分が何を真に求めているのか、どうありたいのかを自分自身で理解することが難しい状態です。

菅原隆志より

だから、「自己認識」と「自己理解」が大切なのです。

どのようにわかる努力をしたのか?

「書くこと」を通して、自己認識や自己理解を深めていきました。心理的な努力で、無意識を意識化し、自分でわかっていなかった自分の心の深い部分を沢山知りました。これにより、本当の自分が何なのかがわかるようになったのです。

自分でわかっていなかった自分の心の深い部分とは?

これは、恐怖、支配されていた部分、罪悪感、未処理未消化の感情、深い悲しみ、痛み、深い心の傷など、子供の頃からずっと無意識のうちに無視してきた部分(無意識裡の心理的ネグレクト)のことです。これは一部ですが、こうした無意識にあった心の情報に気づき、それらを理で解きました。その為に自分なりに理性の力を上げる努力もしました。理の力を上げる努力をしつつ、無意識を意識化し、1つ1つ解いていきました。

僕はこうして、本当の自分がわかるようになったのです。本当の自分がわかったなら、もう2度とわからなくなることはありません。内なる自分と繋がるということは、もう2度と切れることのない絆が出来るということでもあるのです。

以上のことを踏まえて、ChatGPT4.0を活用して記事を書きましたので、ぜひ、続きをお読み下さい。

最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)

序章:「本当の自分がわからない」という問題への対峙

・自己探求の旅の始まり

私たちはしばしば、自分自身についての理解が不十分であると感じることがあります。これは、自己探求の旅の始まりと言えるでしょう。この旅は、自分自身の深い部分に光を当て、それまで見過ごされていた真実を発見するプロセスです。この過程では、私たちは自分の内面に目を向け、自分自身の本質に迫る試みを行います。これは単なる自己分析ではなく、より深い自己理解への道を切り開く試みなのです。

・なぜ「本当の自分」を知ることが難しいのか

「本当の自分」を知ることが難しいのは、多くの要因が絡み合っています。まず、私たちは生まれながらにして社会的な環境や文化の影響を受けて育ちます。これにより、私たちの思考や行動は、周囲の期待や規範に影響されることが多くなります。その結果、自分自身の真の願いや欲求が何であるかを見失いがちになるのです。

また、自分自身について深く考えることは、時に不快な真実に直面することを意味します。私たちは自分の弱点や過ちを認めることを避けがちで、それにより自己理解が妨げられることもあります。自己認識を深めるには、自分の内面にある弱点や過ちを受け入れ、それらを理解し克服する勇気が必要です。

さらに、私たちの心は無意識の影響を強く受けています。無意識の中には、私たちが日々の生活で意識的には認識していない感情や思いが潜んでいます。これら無意識の要素を理解し、意識化することは、自己理解を深める上で不可欠ですが、容易な作業ではありません。

自己探求の旅は、これらの障壁を乗り越え、真実の自己を発見するためのものです。この旅は、自分自身との対話を深め、内なる声に耳を傾けることから始まります。それは時に困難であり、自己受容のプロセスを必要としますが、その結果として得られる自己理解は、私たちの人生において非常に価値のあるものとなります。

第一章:自己認識の道具としての「書くこと」

・書くことによる感情の表現と自己理解

書くことは、自己認識の強力なツールです。文章を書く行為は、私たちが内面に抱える複雑な感情や思考を整理し、表現する手段を提供します。日記やエッセイ、詩を書く過程では、しばしば自己反省と深い内省が伴います。これにより、普段は意識の表面に現れない深層の感情や思考が明らかになることがあります。文章を書くことは、自分自身の感情を認識し、それらを言葉にすることで、自己理解を深める過程となります。

例えば、日記を書くことは、日々の出来事や感じたことを記録する単純な行為以上のものです。それは自分自身との対話のようなもので、自分の感情や反応を客観的に見つめ、理解する機会を与えてくれます。また、エッセイや詩を書くことによって、より抽象的で深い感情や考えを探究することができます。これらの文学的形式を通じて、私たちは自分の内面の世界を探り、自己認識を深めることができるのです。

・日記、エッセイ、詩などを通じた自己探求

日記、エッセイ、詩は、自己探求の旅において重要な役割を果たします。日記を書くことは、日常生活における自分の行動や感情のパターンを理解するのに役立ちます。自分がどのように感じ、どのように反応するかを記録することで、自己理解を深めることができるのです。

一方で、エッセイや詩は、より深い感情や複雑な思考を探るのに適しています。これらの形式を通じて、私たちは自己表現のための新たな言葉や比喩を見つけ出し、自分自身の感情や経験をより深く、多面的に掘り下げることができます。エッセイや詩を書く過程では、自分の内面の世界に没頭し、それを言葉で表現することにより、自己理解を深めることができるのです。

このように、書くことは自己認識のための強力な道具です。日記、エッセイ、詩などを通じて自己探求を行うことで、私たちは自分自身の内面に潜む感情や思考を明らかにし、それを理解し、受け入れることができるのです。この過程を通じて、自分自身を深く理解し、真の自己を見つけ出す旅を進めることができます。

第二章:心の奥深くに隠された感情との対面

・無意識の感情との対峙

私たちの心には、無意識の感情が深く隠されています。これらは日常の意識の層よりも深いところにあり、しばしば私たちの行動や反応に影響を与えています。無意識の感情に対峙することは、自己探求の旅において重要なステップです。これらの感情は、過去の経験やトラウマ、抑圧された記憶などから生じることが多く、私たちの行動や思考に無意識のうちに影響を及ぼしています。

この無意識の感情に対峙する過程では、自己認識を深めるために、これらの感情を意識的に探り、理解しようとする必要があります。これには、自分自身の行動や反応を客観的に見つめ、その背後にある感情を探ることが含まれます。このような自己探求は、時に苦痛を伴うかもしれませんが、無意識の層に隠された感情を理解することで、より健全な自己認識に至ることができるのです。

・恐怖、罪悪感、悲しみなどの深い感情の解放

特に、恐怖、罪悪感、悲しみといった深い感情は、私たちの心の奥深くに隠れていることが多いです。これらの感情は、しばしば私たちが意識的には避けようとするものですが、それらに直面し、受け入れることは非常に重要です。恐怖や罪悪感、悲しみを解放することは、これらの感情がもたらす影響から解放されることを意味します。これにより、私たちはより自由に、そして自己の本質に忠実な生き方を選択することができるようになります。

この感情の解放過程は、自分自身との深い対話を必要とします。恐怖や罪悪感、悲しみの原因となる経験や思い出に向き合い、それらを客観的に理解することから始まります。また、これらの感情を感じること自体を受け入れることも重要です。感情は私たちが人間であることの一部であり、それらを否定するのではなく、理解し、受け入れることが重要なのです。

このようにして、心の奥深くに隠された感情に対峙し、それらを解放することで、私たちは自己の真の姿により近づくことができます。この過程は自己探求の旅の中心的な部分であり、真の自己理解への道を切り開く鍵となるのです。

第三章:無意識を意識化するプロセス

・無意識の理解と意識化の手順

無意識を意識化することは、自己理解を深める過程で欠かせない部分です。無意識の理解には、まず自分自身の行動や反応、感情に注意を向けることが必要です。日常の様々な状況での自分の反応を観察し、それらがどのような感情や思考パターンに基づいているかを理解することがスタート地点となります。次に、これらの感情や思考がどのような経験や信念に由来しているかを探ることが重要です。これにより、無意識のうちに埋もれていた思いや信念が明らかになり、意識化されます。

この過程では、自分自身に対する深い洞察と、心の内面を探る勇気が求められます。無意識の内容を明らかにすることは、時には不快な感情や苦痛を伴うこともありますが、それらを通じて自己の深い理解が得られるのです。無意識の理解と意識化の手順は、自己探求の旅において非常に価値のある過程であり、自己の真実により近づくための重要なステップです。

菅原隆志より

具体的な方法が「サヨナラ・モンスター」です。教材本編の「必ずメモしておくこと」の作業から始めて、付属ツールの「サヨナラ・モンスター入力・管理」の繰り返しを、サヨナラ・モンスターで推奨している感情解放テクニックと併せて行うことで、より効果的な無意識の意識化が期待出来ます。僕はその作業で自分の無意識を意識化していきました。

・自己理解を深めるための心理的アプローチ

無意識を意識化するための心理的アプローチは、自己理解を深めるための強力なツールとなります。このアプローチには、自己反省や内省、感情の分析などが含まれます。これらの方法を通じて、私たちは自分自身の行動や感情の根底にある動機や原因を理解することができます。

また、夢分析や自己対話、瞑想などの手法も有効です。夢は無意識の深層を反映するものであり、夢の内容を分析することで、無意識の中にある思いや感情を理解する手がかりを得ることができます。自己対話は、自分自身の思考や感情に深く問いかける過程であり、これにより自己理解が深まります。瞑想は、心を静めて内面に焦点を当てることで、無意識の内容をより明確に認識するのに役立ちます。

これらの心理的アプローチを通じて、私たちは無意識の層に潜む感情や信念を明らかにし、それらを意識的なレベルで理解することができるようになります。この過程は、自己の真実を探求し、自己理解を深めるための重要なステップとなるのです。

菅原隆志より

僕自身は、過去に見ていた「悪夢」をヒントに、自分の無意識を探りました。それも理解を深めるのにかなり役立ちました。それに関する書籍は「蜘蛛恐怖症と悪夢を克服した方法と原因(第三版)」です。あれから悪夢を見ていません。自分で気づいていない心の問題は、夢を通して現れてくることもあります。そして夢を通して心の問題に気づき、その問題を現実的に解決すると? そう、過去の僕のように悪夢が綺麗さっぱり消えてしまうこともあるのです。

第四章:理性の力を高める努力

・理性を使って感情を理解する

自己探求の過程では、理性の力を高める努力が不可欠です。理性は、感情や無意識の影響を受けやすい私たちの心にバランスをもたらし、客観的な自己理解を可能にします。理性を用いて感情を理解することは、感情に振り回されるのではなく、それらを客観的に分析し、自己の行動や反応の背後にある動機を理解することを意味します。この過程では、自分の感情を否定するのではなく、それらを理解し、合理的に解釈することが重要です。

例えば、怒りや悲しみなどの感情が湧き上がったとき、それらを単に表出させるのではなく、なぜそのような感情が生じたのか、その根底にある理由は何なのかを理性的に分析します。このようにして、感情の背後にある深い意味や原因を理解することで、自己理解を深め、感情をコントロールする力を養うことができます。

菅原隆志より

理性を用いないと、解けない心の問題があります。無意識にある心理的な問題は、理の力が必要不可欠というくらい大事なことなのです。理の力、それは脳の前頭前野です。ここを働かせることで、心理的な問題解決もしやすくなります。あなたの司令塔は、あなたの脳の前頭前野です。ここが働かないとあなたはしっかり機能出来ないのです。

・意識的な思考と無意識のバランス

自己探求の旅においては、意識的な思考と無意識のバランスを取ることが重要です。意識的な思考は、理性を用いて物事を分析し、理解する過程です。これにより、私たちは自分自身の行動や感情の意味をより深く理解し、それに基づいて合理的な判断を下すことができます。一方、無意識は私たちの内面に深く根ざした感情や信念を含んでいます。これら無意識の内容を無視するのではなく、意識的な思考を用いてそれを理解し、受け入れることが大切です。

意識的な思考と無意識のバランスを取ることは、自己の内面に調和をもたらします。意識的な思考を通じて無意識の内容を理解し、それに対応することで、私たちはより健全でバランスの取れた心の状態を築くことができます。このバランスは、自己探求の過程での自己受容と自己理解を深める上で不可欠な要素です。

このように、理性の力を高める努力と、意識的な思考と無意識のバランスを取ることは、自己理解を深める過程で非常に重要です。これらの努力を通じて、私たちは自己の真実に近づき、内面の調和を実現することができるのです。

菅原隆志より

例えば洗脳やマインドコントロール問題。これらは、個人の心理や環境に深く根ざしていますが、洗脳は恐怖に基づくことが多く、マインドコントロールは判断や意思決定に影響を与えます。これはとても大事なことです。よく読んでくださいね。理性を司る脳の前頭前野は、恐怖を感じる扁桃体の活動を調節し、感情のバランスをとる役割があります。そのため、前頭前野が健全に機能することは重要です。前頭前野は判断や意思決定にも関わっています。話を戻して、洗脳は恐怖に関連し、マインドコントロールは判断に関わる、つまり、前頭前野の機能が不十分な人は、恐怖に弱く、判断力に誤りが生じやすいため、洗脳やマインドコントロールの影響を受けやすいのです。 暴力団の世界など洗脳が起こりやすい環境にいる人々は、非行に走ったり、トラウマを抱えていることがあり、これらは前頭前野に影響を与える可能性があります。また、機能不全家庭で育った子供たちも、発達途中の脳によって洗脳やマインドコントロールの影響を受けやすいです。僕自身もそうでした。子供時代、理性よりも感情に動かされがちで、非行や反抗的な行動で抵抗していました。31歳になり、これらのことを学んだとき、理性の重要性を理解しました。理性は、心の問題を解決する力を高めるのです。

結章:内なる自分との永遠の絆

・自己発見の旅の終わりと新たな始まり

自己発見の旅は、一つの終わりを迎えると同時に、新たな始まりを告げます。この旅は、自分自身を深く理解し、内なる真実と向き合う過程です。自己理解を深める旅が終わることは、自己との調和を達成し、内なる平和を見つけることを意味します。しかし、これは同時に新たなスタートでもあります。深い自己理解に基づいて、私たちは日々の生活において、より調和のとれた選択をし、自己実現に向けて進むことができるようになります。

・「本当の自分」と永遠に繋がる方法

「本当の自分」と永遠に繋がるためには、自己探求の過程で得られた洞察を日常生活に取り入れ、それを維持することが必要です。自己発見の旅を通じて得られた自己理解は、日々の行動や選択に影響を与え、私たちの人生を豊かにします。自分自身の真実を理解することは、自己の感情や行動に対してより誠実になることを可能にし、自己との信頼関係を築きます。

この結びつきを維持するためには、自己反省と内省を継続的に行うことが重要です。日々の経験を通じて自己を観察し、内面の声に耳を傾けることで、自己との絆を強化します。また、自分自身の感情や思考を受け入れ、理解することによって、自己との絆を深めることができます。

このように、内なる自分との永遠の絆を築くことは、自己探求の旅の終わりではなく、新たな人生の始まりを意味します。自己発見の旅を通じて得た深い自己理解は、私たちが自己と調和した生活を送るための基盤となり、私たちの人生に真の意味と価値をもたらすのです。

最後に

汝自身を知れ

古代ギリシアの哲学者ソクラテスの言葉
ギリシア中部の聖域であるデルフォイのアポロン神殿の入口に刻まれた格言。

菅原隆志より

「書くこと」は自分を知る最良の方法です。人間は、生きているうちにほんの少しのことしか知れません。自分のことでさえ、知らないことが多いまま人生を終えます。本当の自分を知る努力をしない限り、自分を知ることのないまま、自分を知った気になって終えてしまう可能性もあると思います。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。