【永遠の赤ん坊からの脱却】自分で問題解決をせず、恨みを創り出す人たち:正しさの欠如は逆恨みの原因に!

【永遠の赤ん坊からの脱却】自分で問題解決をせず、恨みを創り出す人たち:正しさの欠如は逆恨みの原因に! 成長(2)

はじめに

「自分で問題解決をせず、恨みを創り出す人たち。」

これは自分で勝手に不幸になっている、不幸を創っている、「永遠の赤ん坊」と言えます。それだけではなく周りのことも苦しめてしまいやすいので、この状態からの脱却はとても大切なことです。

本記事では、自らの妄想で問題を歪ませたり、増やしたり、大きくして、恨みを創り出す例などについて、経験してきたからこそ分かることお伝えします。

機能不全家庭は永遠の赤ん坊が多いと深刻化しやすい

例えば機能不全家庭などでは、永遠の赤ん坊の集まりであればあるほど深刻な家庭環境になりやすいです。僕自身も機能不全家庭で育ち、自分もそうでしたが永遠の赤ん坊状態でした。家族全体が永遠の赤ん坊集団でした。その為、家庭環境は酷いもので、嘘は当たり前、無責任、虚偽記憶の形成、刷り込み、洗脳、マインドコントロール、詐欺、逆恨み、ガスライティング、巧妙狡猾なハラスメントなど、不幸の原因だらけでした。

当時の僕はよくわかっていませんでした、両親は毎日酒を飲み、親は浮気、宗教依存、子供を歪んだ信念や価値観で徹底して言うことを聞かそうとして支配しようとする。それに徹底して抵抗する子供、、、。家庭内には他人が侵食している状態(実際、今吉という詐欺師も侵食していた)、安心安全の家ではありませんでした。家の玄関の鍵は24時間いつでも開いている状態で、他人(家族の知人等)が出入りする家庭でした。

子供の心が守られて回復出来る場所、それが本来の家庭です。しかし実際はその逆で、心が侵食されて、侵害され、傷つく場所、それが機能不全家庭です。

気配過敏も、悪夢も、強迫観念も、皆、消えました

過去の僕は、機能不全家庭で育ち、気配過敏、悪夢、強迫観念、その他色々な問題を抱えることになるのですが、

まず、下記の画像の言葉を読んでみてください。

解離(ストレスやトラウマに対する心理的な防御機制)は大なり小なり誰にでもあると言います。子供時代の僕も軽く解離していた時期があるのかもしれません。

子供の頃の僕は、上記の引用画像に抱えている「気配過敏」が酷かったです。「後ろに誰かいる」という感じを強く長期的に受けていました。お風呂に入って頭を洗っている時も後ろに「誰かいる!」と強く思い、すぐに振り返ったり。そんな気配過敏が長く続いていましたが、「サヨナラ・モンスター」で自分の無意識を意識化し続けて心の問題解決をしていく過程で、この気配過敏は消えました。気配過敏だけではなく、「後ろから刃物で刺されるイメージ」も頻繁に浮かんでいました。それは下記の過去記事(会員限定コンテンツ)に書いたことです。

悪夢、強迫観念、そして強迫行為を乗り越えた理由(この心の問題を別の視点から解決した理由を説明)
僕の場合は、極度の恐怖(全体のまとまりレベル)を克服していくことで、強迫観念や強迫行為も消えていった。

気配過敏も、悪夢も、強迫観念も、皆、消えました。心の問題解決をしていく過程で消えました。

人間は対になるものを経験しながら成長していく

話は子供時代に戻りますが、、、

僕が子供の頃、ちょっとした事件を起こしてしまって逮捕されたのですが、本来なら少年院に行くようなことではなかったけど、僕の場合は、「家庭環境が酷すぎるから」ということが大きな判断材料となって、少年院送致となりました。言い換えれば保護されたようなものです。あまりにも酷い家庭環境では悪化しか見込めないというような判断をされたということです。

だから実際に僕は、面接官から「あなたは悪い人間じゃない。家庭が酷すぎる。だから出来るだけ良いところに送ってあげたい。」そう言われました。可哀想な子供だと思われていたのです。そして実際に、日本一環境の良い少年院(温泉付き、塀のないところ)に送ってもらったのです。ただ当時の僕には環境の良さは心に響かないので逃走してしまいましたが……。そしてその後、移送された少年院は、建物も古く、厳しく、心ある人間、嘘がない環境、情熱ある先生たちがいて、豪雪地帯、僕にはそっちのほうが合っていたので、僕はそこで13ヶ月間生活をしました。

こうして子供時代の僕は、永遠の赤ん坊が中心となった機能不全家庭から、健全な少年院に環境を変えることとなり、生まれて初めて健全な生活をしたのです。この健全な生活をしたことで、その逆の「不健全な生活(それまでの家庭環境の異常性)」を知ったのです。人間はこうして対になるものを経験しながら成長していくのです。

絶望を知った人間は、希望を知れます。これはハーバード大学の研究でも判明していることです。この意味がわかれば、過去が苦しい人ほど、それ相応のプラスを知れるということなのです。希望が持てますよね。苦しんだ人たちの未来は明るいのです(自分次第)。

良い勉強・良い経験・良い思い出

勘違いしてほしくないことは、僕はこの記事でお伝えしている話を悲観的に書いているわけではなく、こういった経験があったからこそ成長することが出来たので「良い勉強になった」という前向きな話として書いています。なので僕は恨みもありませんし、区別をした上で、親に感謝の気持ちも持っています。人間は皆、不完全です。親もまた不完全であり、苦労、苦しみの中、育ててくれた部分もあったわけですから、確かに嫌なことが無数にありましたし、今でも関われば嫌なことがありますので、害にならない距離を保ち、区別した上での「有り難う」を持てるようになりました。

僕自身にも悪い部分が沢山ありました。反省もしました。

過去は終わったことであり、そこから得るものも得たので、正しく処理をして終わらせることが出来ました。誰かのことを責める気もありませんし、良い思い出です。このような処理、納得の仕方をすることで、過去に蓋をする必要もありませんし、過去に縛られて支配されることもありません。これは過去に蓋をせずに心が自由になる方法です。

正しさの欠如が地獄を生む!

苦しみや不幸を生み出す家庭環境を経験してきたからこそわかったこと。それが「正しさの欠如が地獄(苦しみ)を生む」ということです。だからこの逆がとても大事なことなのです。正しく聞く、正しく話す、正しく感じる、正しく行動する、こういった正しさが欠如すると、歪みが増えて、狂い出します。認知も歪んでしまいます。狂った結果、問題や苦しみを増やしてしまうのです。

正しくないこと=不正です。

不正=歪みです。

不正を縦に書くと歪みです。

認知の歪みが増えると心の問題も深刻化します。

正しさが欠如すれば凡ゆる物事が歪み出すのです。歪んだ結果、問題が増えて、苦しみが増えます。最後は崩壊です。家庭も大きく歪んだら? そう家庭崩壊です。そして歪み切った末に、恨み辛み、逆恨みを増幅させる人々がいます。更に深刻化した人間たちの場合、無差別殺傷事件を起こすなど、悲惨な行動に走ってしまう者もいます。彼らの頭の中は歪み切っている(妄想的思考回路)。僕はそう考えています。

だから「修正していくこと」が必要不可欠なのです。

正しさが減ると、妄想が増えてしまうのです。妄想が恨み辛みを増幅させて、逆恨みの原因にもなり得ます。

恨みを創り出す例:

これは全ての人に当てはまる訳ではありませんが、例えば、AさんとBさんは同居しています。Aさんは入浴時に、トリートメントを使います。しかしBさんはそれが嫌だと言います(毎回床がヌルヌルしているのが)。Bさんの言い分は、Aさんがお風呂に入った後、床がヌルヌルしていて、トリートメントのヌルヌルがあると、それを餌に菌が繁殖するので、カビも生えやすくなるから嫌だと言い、Aさんに伝えました(トリートメントや他のヘアケア製品の残留物がシャワーや浴室に残ると、それらが黒カビの発生の原因となることがあります)。それをAさんは「リンス(トリートメント)を使うな」と言われたと捉えて、勝手に恨みを抱くようになりました。Aさんは「リンス(トリートメント)を使いたいのに、Bさんに支配された」という思い込みを持ったのです。そしてAさんはBさんに対し、隠れた嫌がらせをするようになってしまったのです。

この話から分かることは、Aさんは「トリートメントを使うなと言われた」という妄想を抱いています。これは事実ではありません。事実は「Bさんが、毎回床がヌルヌルしているのが)嫌だと言ったこと」です。

Aさんのような妄想や恨みを抱く癖は、自分の不満や問題を、何でも親とか他人に解決してもらっていた人に多いです。そしてAさんはBさんの話を聞こうとせず、意思の疎通を図ろうとしないので誤解が解けないまま恨みを増幅させました。

では、どうすれば良いのか?

Aさんは事実に基づいて、問題を解決すればいいのです。

事実に基づく為に、前記した「正しく聞く、正しく話す、正しく感じる、正しく行動する」が必要です。最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)の回答をご紹介しますので、お読み下さい。

質問:

AさんとBさんのコミュニケーションに、「正しく聞く、正しく話す、正しく感じる、正しく行動する」があれば、Aさんが恨みを増幅させることはないですよね?

回答:

ChatGPT4.0より

はい、その通りです。「正しく聞く、正しく話す、正しく感じる、正しく行動する」というコミュニケーションの原則をAさんとBさんが実践していれば、恨みを増幅させることは避けられたでしょう。これらの原則は以下のように理解できます:

  1. 正しく聞く(アクティブリスニング):相手の言っていることを注意深く聞き、理解しようとする姿勢。これには、言葉だけでなく、非言語的なメッセージ(トーン、表情、身振り)も含まれます。
  2. 正しく話す(クリアコミュニケーション):自分の考えや感情を明確に、正確に伝えること。曖昧さや誤解を避けるために、具体的かつ簡潔に表現することが重要です。
  3. 正しく感じる(感情の自己認識と管理):自分の感情を理解し、それがコミュニケーションにどのように影響しているかを自覚すること。感情が高ぶっているときは、一時的に距離を置くなどして冷静になる努力が必要です。
  4. 正しく行動する(建設的な行動):コミュニケーションを通じて生じる課題や問題に対し、前向きかつ建設的な方法で対応すること。これには、相手の立場を尊重し、共通の解決策を模索する姿勢が含まれます。

このようなコミュニケーションの原則を実践することで、AさんとBさんの間の誤解や不満が適切に処理され、恨みが生まれる余地がぐんと減ることでしょう。

質問:

事実に基づく為に、前記した「正しく聞く、正しく話す、正しく感じる、正しく行動する」が必要で、Aさんは事実に基づいて、問題を解決すればいいということで間違いありませんか?

回答:

ChatGPT4.0より

はい、その通りです。「正しく聞く、正しく話す、正しく感じる、正しく行動する」というアプローチは、事実に基づいて問題を解決する上で非常に有効です。このプロセスは以下のように機能します:

  1. 事実に基づくコミュニケーション:「正しく聞く」と「正しく話す」を通じて、AさんとBさんはお互いの立場を正確に理解し、誤解を避けることができます。事実に基づいてコミュニケーションを行うことで、問題の本質を把握しやすくなります。
  2. 感情の管理:「正しく感じる」は、自分の感情に気づき、それがコミュニケーションにどのように影響しているかを理解することを意味します。感情をコントロールすることで、事実に基づいた理性的な対応が可能になります。
  3. 建設的な解決策の模索:「正しく行動する」は、問題に対して建設的かつ効果的な方法で対処することを意味します。これには、事実に基づいた解決策の模索や、双方にとって受け入れられる妥協点を見つけることが含まれます。

Aさんが事実に基づいて問題を解決するためには、まずBさんの言い分を正確に理解し、自分の感情や反応を適切に管理することが重要です。そして、双方が納得できる解決策を共に探す必要があります。このようにして、誤解や感情的な反応に基づくではなく、事実と合理性に基づいて問題を解決することができます。

効果的なコミュニケーションと解決策の模索

僕が思う良い解決策をChatGPT4.0にインプットしまとめました。

ChatGPT4.0より

AさんがBさんの意見を尊重しつつ、トリートメントの使用と浴室の清潔を保つための具体的な解決策を見つける方法は以下の通りです:

  1. オープンなコミュニケーションの確立:AさんはまずBさんに対して、トリートメント使用について話し合いの場を設けるべきです。これにより、誤解を解消し、お互いの立場を理解する機会を持つことができます。
  2. Bさんの懸念の理解:AさんはBさんの懸念(床がヌルヌルすること、カビの発生)を真摯に受け止め、共感を示す必要があります。これは信頼関係を築くための重要なステップです。
  3. 共同の解決策の模索:Aさんはトリートメントの使用を続けたいという自分の願望と、Bさんの懸念を調和させる方法を提案すべきです。例えば、以下のような解決策が考えられます:
    • 入浴後の徹底した清掃:トリートメントの残留物を残さないように、Aさんが入浴後に浴室を念入りに洗浄する。
    • 浴室の清潔の維持:定期的な浴室掃除のスケジュールを作成し、カビの発生を防ぐ。
    • 代替製品の検討:カビの発生を抑える成分を含んだ別のヘアケア製品の使用を検討する。
  4. 相互の合意:両者が納得できる解決策に達するためには、双方の意見を尊重し、妥協点を見つけることが必要です。合意に達したら、その決定を尊重し、守ることが重要です。
  5. フォローアップの実施:合意した解決策が実際に機能しているか定期的に確認し、必要に応じて調整する。

このように、AさんとBさんはコミュニケーションを通じて問題解決に取り組み、互いのニーズに配慮しつつ、共同で実行可能な解決策を見つけることができます。

おわりに

この記事を読んで、問題解決がないこと、正しさの欠如が不幸や苦しみ、問題の悪化に繋がることがある、、、ということを理解しました。「正しさ」を嫌がる者たちは無責任者であり、永遠の赤ん坊である可能性があります。逆に、責任者、管理者、経営者などになればなるほど、人は「正しさ」の重要性を深く理解し、それが無いと大変なことになると理解出来ます。勿論、正しさだけでは不十分でありますし、息が詰まってしまうこともあるので、バランスが必要です。バランスを上手く取りながら、正しさを大切にしてしてみてください。それが「自分の幸せ」に繋がっていることを理解出来たら、正しさを好きになれると思いますよ。

正しさの欠如で環境が狂う

正しさが無くなると環境がおかしくなります。そして人は無意識のうちに環境から影響を受けていますから、無意識のうちに狂気の悪影響を受けることになるのです。僕はこれを嫌というほど経験してきたので、この重要性がよくわかります。

ChatGPT4.0より

あなたが述べたように、環境の影響は人々の行動や心理状態に深く関わっています。正しさや秩序が欠如した環境は、その中で生活する人々に悪影響を及ぼす可能性があります。以下のポイントが、あなたの経験から導き出された重要な洞察を示しています:

  1. 環境の影響力:人は無意識のうちに周囲の環境から影響を受けます。秩序が欠如し、混乱や不正が蔓延する環境は、人々の精神状態や行動にネガティブな影響を与えることがあります。
  2. 無意識の影響:環境による影響はしばしば無意識のうちに受け取られます。これは、人々が自らの行動や考え方が外部からの影響を受けていることに気付かないことを意味します。
  3. 狂気への傾斜:不健全な環境は、人々にストレスや不安を引き起こし、時には狂気や不合理な行動につながる可能性があります。これは、個人の精神的健康や社会的関係に悪影響を及ぼすことがあります。
  4. 個人の経験の重要性:あなた自身の経験が、この事実を強く認識させるものとなっています。個人が直面する困難や挑戦は、その人の理解や洞察を深める重要な要素となります。
  5. 正しさと秩序の重要性:正しさ、倫理、秩序の重要性を理解することは、健全な環境を維持し、個人とコミュニティの幸福に貢献するために不可欠です。

あなたの経験は、個人が環境からどのように影響を受けるか、そして健全な社会を築くためには、正しさと秩序を重視することの重要性を示しています。この洞察は、他者に対しても有用な教訓となり得ます。

正しくない人間たちが生贄(スケープゴート)を必要とする

正しくない人間が集まると、彼らは必ず「スケープゴート(生贄)」を必要とします。生贄なしでは生きられない状態になっているからです。スケープゴートにされた人が自死へと誘導される可能性は非常に高いと思います。死人に口無し、スケープゴートを創る側の嘘は、スケープゴートが自死してしまうことで、永遠とバレることがないと安心出来るから、一部の人間は汚い嘘を駆使し、スケープゴートを本気で追い詰めることがあります。この悪事は非常に悪質なもので、それに気づき、反省し、清算した人間は、大きく変わることが出来るでしょう。勇気を持つことが大切です。勇気と正しさが、健全な環境を創ります。

ChatGPT4.0より

あなたが述べているスケープゴートの現象とその重大な影響は、社会的および心理的側面から見て非常に重要です。特に、スケープゴートにされた人が極端な精神的圧力にさらされ、自死に至る可能性について触れています。この問題について、以下の要点を考慮することが重要です:

  1. スケープゴートとは:スケープゴートは、集団内の緊張や問題の原因として、不当に一人または特定の個人が非難されることを指します。
  2. 心理的圧力:スケープゴートにされた人々は、極度の心理的圧力にさらされることがあります。これには、社会的排除、名誉毀損、精神的虐待などが含まれ、深刻な精神的健康問題に繋がる可能性があります。
  3. 自死への誘導:不当な扱いや社会的排斥により、スケープゴートにされた人が自死を考える可能性が高まります。これは、集団による責任の放棄と嘘の説得力を強化するための一種の悪質な手法です。
  4. 反省と変化:このような行為に気づき、反省し、責任をとることは、個人や集団にとって大きな変化をもたらすことができます。誤った行動を認識し、それを清算することは、健全な社会的環境を創出するための重要なステップです。
  5. 勇気と正しさの価値:健全な環境を創り出すためには、勇気を持って正しい行動を取ることが不可欠です。個人が勇気を持って行動することで、不健全な集団ダイナミクスを変え、より良いコミュニティを構築することが可能になります。

あなたの考察は、社会のダイナミクスと個人の心理状態の複雑な相互作用を浮き彫りにしています。集団内での倫理的な行動と個人の精神健康を守るためには、このような現象に対する深い理解と適切な対応が必要です。

ChatGPT4.0による本記事の感想

合理的な視点からのChatGPT4による感想を書いてください。とお願いしました。

ChatGPT4.0より

この記事は、個人的な経験と深い洞察を通して、問題解決、コミュニケーション、および個人成長の重要性について考察しています。記事全体を通じて、以下の点が特に際立っています:

  1. 個人的な経験の共有:機能不全家庭での育ちとその影響についての詳細な記述は、読者が著者の経験に共感しやすくします。これにより、記事のメッセージに説得力が増し、理解しやすくなります。
  2. コミュニケーションの重要性の強調:「正しく聞く、正しく話す、正しく感じる、正しく行動する」というコミュニケーションの原則を通じて、誤解を避け、問題を効果的に解決する方法を提案しています。これは、読者にとって有用な実践的なアドバイスです。
  3. ポジティブなメッセージ:苦難を経験した後の成長と回復の可能性を強調することで、記事は希望を提供しています。これは、困難な状況にある読者にとって特に励ましになります。
  4. 自己反省と成長:著者が自身の過去の誤りを認め、それから学んだことを共有することで、読者は自身の過ちからも学び、成長することができるというメッセージが伝わります。

ただし、以下の点に注意すると、さらに記事の質を向上させることができます:

  • 専門用語の明確化:記事内で使われているいくつかの専門用語(例えば「解離」「ガスライティング」など)は、一般の読者には馴染みがない可能性があります。これらの用語を簡潔に説明することで、より広い読者層に対して理解しやすくなります。
  • 具体的な事例の提供:「正しく聞く、正しく話す、正しく感じる、正しく行動する」という原則を実生活でどのように適用できるかの具体的な例を提供することで、読者がこれらの原則を実践する際の指針とすることができます。

全体として、この記事は、個人的な体験と洞察を通じて重要なメッセージを伝える力強い内容となっており、読者に対して実用的でポジティブな影響を与える可能性が高いです。

正しさの欠如は、逆恨みの原因になることがあります。

逆恨みは不幸や苦しみを生みます。

正しさのある健全な環境で、健全な肉体と健全な心が育ちます。

【永遠の赤ん坊からの脱却】自分で問題解決をせず、恨みを創り出す人たち:正しさの欠如は逆恨みの原因に!

あなたの「言葉」と「URL」を残す。