→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

家族問題(1)

依存(他責・被害者意識)

AさんとBさんの例:過去の加害行為から生まれた現在の被害妄想(パラノイア)

AさんとBさんの例:過去の加害行為から生まれた現在の被害妄想(パラノイア) この記事は僕の個人的な経験に基づいており、「サヨナラ・モンスター」の購入者様やメールサポートから得た情報とは完全に区別されたものです。 過去の加害行為と現在の被害妄...
家族問題(1)

機能不全家族は一度バラバラになって離れることが必要:ワークブックが完成!

家族から独立し、自己発見の旅を進める 機能不全家族は一度バラバラになって離れることが必要です。その理由はいろいろありますが、共依存家族で、それが非常に複雑でドロドロした心理的な問題を生み出し続けているので、切り離されることが大事です。そして...
心の問題解決(1)

あなたは無価値ではない:僕はずっと「自己無価値感」で苦しんできました。

はじめに 僕は機能不全家庭で育ちました。そんな中で、家族などの僕を見る目、決めつけ、レッテル貼り、投影など、様々な外部要因に無意識のうちに影響されて、ずっと「自己無価値感」で苦しんできました。自分のことをゴミだと思い、捻くれて投げやりに生き...
心の問題解決(1)

親からの嫌がらせへの対処法:まず相手に伝えることから始めよう

はじめに 嫌がらせを受けているあなたへ: この記事で何を得られるか この記事では、親からの嫌がらせに直面している方々に向けて、自分自身で解決の一歩を踏み出すための具体的な方法を提供します。特に、問題を最初に「伝えること」の重要性と、その効果...
気づき(1)

親への恨みはでっち上げ(第三版)に高評価が!:親への恨みを手放すことが出来れば、心は自由になる!

はじめに:親への恨みはでっち上げ(第三版)に高評価が! 親への恨みはでっち上げ(第三版)に高評価が投稿されました。 引用させていただきます。 私は社会に出てから、周りの人に都合よく使われたり心理的虐待を受け鬱になる事が多く、理由を探る過程で...
感謝(2)

書籍「親への恨みはでっち上げ」は、抽象度が高い人や高くしたい人向け!前提知識がない人は不向き。その理由とは?

はじめに 最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)とのやり取りの中で、書籍「親への恨みはでっち上げ」は、前提知識がない人は不向きということがわかりました...
家族問題(2)

【最新研究で判明】大人が幼少期の子供のトラウマに敏感になり、それを早期に認識することが非常に重要!

菅原隆志よりトラウマは早期に気づき、対処することが回復において非常に重要です。しかし幼少期の子供はトラウマに敏感になれません。自分がトラウマを抱えていることに気づくことは勿論、何となく気づけても言語化出来ません。そしてその心の傷が、後々、問...
家族問題(2)

狂気の伝染の解析:家庭内の虚偽が生み出す心理的波及効果とその対処法

狂気の伝染:菅原隆志より嘘ばかりついていると、徐々に狂っていきます。狂い続けた結果、180度狂い出して、自身の言動に一貫性がなくなり、頭では「●●」だと思っているのに、実際の言動は「▲▲」になっていて、こうした狂った認識などを無数に持ってい...
問題意識・予防意識(1)

【侵入を許すな】命を守るために予防意識と問題意識を持ってほしい

命を守るために予防意識と問題意識を持ってほしい 今日お伝えしたいことは「命を守るために予防意識を持ってほしい」ということ。これは多くの人が軽視していることです。僕はこのブログでも、何度も、「予防意識」と「問題意識」についてお伝えしてきました...
成長(2)

【永遠の赤ん坊からの脱却】自分で問題解決をせず、恨みを創り出す人たち:正しさの欠如は逆恨みの原因に!

はじめに 「自分で問題解決をせず、恨みを創り出す人たち。」 これは自分で勝手に不幸になっている、不幸を創っている、「永遠の赤ん坊」と言えます。それだけではなく周りのことも苦しめてしまいやすいので、この状態からの脱却はとても大切なことです。 ...