変わりたいのに変われない理由!自分への「嘘」をやめよう!無意識の自分に気づこう!

433055 views
約 9 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
変わりたいのに変われない理由!自分への「嘘」をやめよう!無意識の自分に気づこう!

変わりたいのに変われない理由

変わりたいのに、変われない…」ということ。これは誰にでもあることです。そして、とても複雑に思えるこの言葉。実際はとてもシンプルなことです。実際は「変わりたくないから変わらない」のです。ただ、それだけなんです。

それは違うよ!自分は変わりたいんだ!決めつけないで!」と、このように言いたい人もいると思います。気持ちはよくわかりますが、それは「自分が気づかないでいるだけ」です。

例えば、目が覚めたら世界中、誰もいない。人が1人もいない。そして食料もない。あるのは「辿り着くのに30日はかかるであろう、食料がある場所の地図と、そこに行くためのギリギリの食料と水…」だけ。つまり、食料がある場所に向かって歩き出さないと死ぬ以外、道はないという状況。選択は2つ。2つのうち1つ選ばないといけない。死にたくなければ間違いなく食料がある場所に向かって歩き出しますよね。30日間、重い食料入りのリュックを背負って歩き続け、時には走り、時には崖を上る。肉体的にも精神的に「変わる」ことは間違いありません。

これは、「生きる(変わる)」ことを無意識レベル(本心)から選んだから「変わる」というシンプルな問題です。「変わりたいのに変われない」は単に「変わりたくない」だけで「変わりたい」がまだまだ「フリ」のレベルなんです。本気になってやり続ければ変わるしかなくなるのです。そういった自分の「フリ」は中々気が付かないものです。どうして気が付かないのかというと長年、その「フリ」に慣れてしまっているので、自分で「フリ」をしていることさえも忘れているのです。その、気づかないことが悪いわけでもありません。誰にでもあることです。

タバコも同じで「やめれない」ではなく「本気でやめる気になっていない」だけなのです。本当の本気になれば、タバコなんて即日止めることが出来ます。僕も、禁煙してもう何年もたちますが、本気になったのでやめることが出来ました。

自覚のない恐怖が変わることを邪魔する

頭では変わりたいと思っているけど、無意識は変わりたくないと思っているから変わらない。ただそれだけのことです。気づいてしまうとシンプルなのですが、気づくまでが難しいのです。何故難しいのかと言うと「自覚のない恐怖」が邪魔するからです。誰にでもありますから否定的に考えなくても大丈夫です。僕もまだまだあります。

無意識で変わりたいと思えば変わってしまうし、変わるしかないのです。変わりたいのに変われない理由は自分が「無意識レベルで変わりたくない」と思っているからなんです。

変わりたいのに変われない・・・。

矛盾していますよね。

矛盾がある時は言語と非言語では「非言語のほうが本音」です。

つまり、変わりたいという言葉と、実際に変わる行動を起こしていない矛盾は、行動のほうが本音ですから、変わる行動を起こさない、起こしたくないが本音なんです。起こさない理由として「自覚のない恐怖」が邪魔していることがよくあります。

こういった場合は、自己理解を深めて「自覚のない恐怖」に向き合ったほうが良い場合もあります。

そして、先ほどお伝えした「無意識で変わりたいと思えば変わってしまう」ということですが、これも非常に難しいことです。簡単ではありません。

何故、無意識で変わりたくないの?

自己理解を深めて「自覚のない恐怖」に向き合うことで、自分が本当は変わりたくなかったことがわかってきたりします。

何故、無意識で変わりたくないのかと言いますと、それは人ぞれぞれで多種多様な理由がありますが、その理由を自分で忘れて気付かないようにしているのです。何度も言いますが、「自覚のない恐怖」が邪魔しているので、変わらないほうがましだと無意識のうちに思ってしまうのです。

無意識と言うのは言い換えれば感情をたくさん保存できる箱です。好ましい感情も好ましくない感情も保存できる箱です。しかも、一つも残すことなく自動保存されてしまうのです。

良い事も悪い事も、嘘をついて隠したことも誰にもばれていない事も、無意識にはすべて保存されているのです。

そういった自分でも覚えていない事がいっぱい保存されているのです。その中に、自分が気づいていない「変わりたくない理由」があるから変われない・・・。すごくシンプルな事なんです。

それに気づくのは自分次第です。

そして「自覚のない恐怖」が邪魔していることがありますので気づくには「勇気」が必要です。

Aさんの場合

例えば、Aさんという女性がいたとします。このAさんは幼少期などから外見的特徴などを親から指摘されて劣等感をたくさん持っている状態になりました。

その結果、自信も持てず異性との恋愛、結婚も上手くいかず、働くことも出来ず、更に交友関係でも上手くいかないので友達も0人、コミュニケーション能力も無く、親からは日々嘲笑される状態です。

こうした中、抜け出すのは大変なものです。なんとか現状打破したい一心で「好きでもないのに生活のために探した異性」をネット上から探し出します。

そして、嘘をつき相手を騙して好きなふりをしていきます。「好きでもないのに生活のために好きなふりをする」のです。無意識には嘘はつけないので以下のようになります。

・無意識では相手のことなど好きでもないし気持ち悪いと思うこともある
・意識では自分のために一生懸命働いてくれているから大好きで大事な人

この矛盾が蓄積されていくことで、それ以上分割できるはずもない一人の人間に分割という嘘が起こるわけです。そして、本当は好きでもないのに好きなふりをしていると苦しくなりますので、それを何かしらの方法で誤魔化していきます。そして無意識に抑圧していき、「それは違うよ!自分は変わりたいんだ!決めつけないで!」ということ言いたくなります。

ですが無意識では真実が分かっているので「本当は好きでもないのにお金や生活のために騙して一緒にいるんじゃないの?」という言葉に刺激されて一生懸命否定をしようとするのです。

こういった人生における「嘘」が繰り返されて蓄積されて「変わりたいのに変われない理由」になっているのです。そして「嘘」は無いと思い込んでしまったことも思い出し心の中から省くことが大事です。

自分の人生がかかっていますので、本気で真剣に変わりたいのなら自分に対しての「嘘」や「フリ」をやめるしかないのです。自分に「嘘」をつきながら変わろうと模索しても、それは騙して金儲けがメインの人からすると都合の良い人になるのです。

<<下に続く>>

理由は自分に「嘘」をついている人間はスカスカな部分があるから、浸食しやすいからです。騙す人が悪い!いや、騙されるほうが悪い!そんな世界から抜け出すほうが大事なことで、自分の思っている通りの幸せな人生にしていきやすいのです。

つまり、変わりたいのに変われないときって、心のどこかで「自分以外のこと」を変えようとしているのです。自分以外のことが変えられないと腑に落ちれば「自分が変わる以外に道はない」と気が付きます。

人を変えようとするのではなく自分が変わればいいのです。

人は無意識で自作自演をしている!「奴隷の鎖自慢」をやめて「自分の腰を曲げ」そして「責任を持てるようになる」ことで「自由に近づく」のです。

こちらの記事でもご紹介したことですが、フロイトやユングと並ぶ心理学の三巨頭の一人アドラーの言葉をご紹介します。

「人生が辛く、苦しい」のではありません。 あなたが自分の手でわざわざ「人生を辛く苦しいものにしている」のです。 アドラーは、それをこのように例えました。 「高さが5フィート(約1.5メートル)しかない戸口を通り抜ける方法には2つある。 一つはまっすぐ歩くことであり、二つ目は背中を曲げることです。 最初の方法を試せば、横木にぶつかるだけです」と。 つまり「人生が辛く、苦しい」と感じている人は、低い戸口に対してまっすぐ進み、 頭をぶつけているだけのこと。事前に背中を曲げれば何も問題はないのです。 しかし、多くの人は戸口が「原因」であり、自分は悪くない、と言います。 そうではありません。腰を曲げない自分が悪いのです。

 

引用元:アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(最初の1の話から)

自分が変わることこそ幸せになる道です。

そして、自分と言うかけがえのない自分への「嘘」をやめて素直に自分を信じていく人生を歩むことが大事です。

自分への「嘘」をやめると、ありのままの自分で生きれるんです。好ましくない世代間連鎖を止めるには、過去でも未来でもなく「今この瞬間」にフォーカスすることです。

自分が一生懸命になりたいことは、誰にでもあるはずです。それを見つける、または思い出すことが大切です。自分はダメ人間なんかじゃないんです。人は素晴らしいのです。自分を決めるのは自分です。あなたにも、他の人にも、その人の能力があるのです。

人の9割以上は恐怖へ同一化し、「自分以外の感情を自分の感情だと信じて疑わない状態」だと言われています。実は「自覚のない恐怖」は、このことなんです。気づくには、本当の勇気が必要です。

つまり、「本当の自分の感情」を見捨てて、恐怖の対象の感情を自分の感情だと錯覚しているから、不幸になるのです。そして、恐怖の対象の感情を捨てられないから、「変わりたいのに変われない…」と矛盾したことを言い、自分を欺いているのです。

恐怖を克服して、本当の自分と繋がって幸せになるために役立つのが「サヨナラ・モンスター」です。この方法で自己理解を深めていくことで、かなり癒されました。

サヨナラ・モンスターの詳細はこちら

習慣を変えなくては変われない

変わりたいのに変われない理由は「無意識レベル(本性)」から変わろうという気持ちになっていないからです。習慣は「無意識レベル(本性)」に刻まれています。

 変わるためには、「無意識レベル(本性)」の習慣を変えなくてはならないのです。変えるためには習慣になるまで継続することです。継続出来ないから変われないのです。

だって本当にそう思っているなら継続できない理由なんてありませんよね。本当に変わりたいのなら継続しようと思わなくても継続してしまうものです。

その習慣を変えるために最も効果的な方法が、恐怖を克服して、本当の自分と繋がって幸せになるために役立つ「サヨナラ・モンスター」です。

サヨナラ・モンスターの詳細はこちら

本当の自分を救えないのなら何も変わらない

ちょっと厳しい言い方をしますが、「本当の自分」を救えないのなら何も変わりません。心の奥で置いてけぼりにされて忘れられた「本当の自分」です。その本当の自分に気づいて、そして本当の自分の手を取る。これが出来ないと勇気も沸いてきません。

矛盾していることに気づいていない人って!?本当の自分には一切の矛盾がない!本当の自分を生きていないことが苦しみになっている!

こちらの記事でお伝えしましたが「本当の自分には一切の矛盾がない」のです。つまり本当の自分で生きているのなら「変わりたいのに変われない」なんて迷いはないのです。「変わりたい」か「変わりたくないか」ハッキリします。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は、
「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

「書くこと」と「感じること」を真剣に繰り返したら、
本当の自分の感情を取り戻し、恐怖を克服出来ました!

心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・本当の自分の感情がわからない人
・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・アダルトチルドレンのナメラレ体質を変えたい
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

投稿一覧

  • Comments ( 15 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ある人が言っていました。
    「いくら頑張っても良い結果が残せない時は、頑張るベクトルが違う方向を向いてしまっているからだ」と。なるほどなぁと考えてしまいました。

  2. 自分に嘘をついて生活していると、どこかで必ず皺寄せが発生して物事が円滑に進まなくなりますよね。

    • そうなんですよね。その皺寄せを自分で補わず他者を犠牲にする人が心理的にモラハラポジションに誰かを座らせるように巧妙に仕向けている場合もあります(笑)

  3. 「変わりたいのに変われない」は「変わりたくないから変わらない」なんですかね。へぇ〜ッて感じです。

    案外人間の深層心理って素直なものなんですね。

    自分の心から出ている信号だか暗号を間違えないで分析出来て、自覚したら平穏に生きて行けるかも。

    だから知識は大切だと思いますね。

    私も今やろうとして、まだやれていないことがあるのです。どうしてまだ一歩踏み出せないのか自分でも良く理解出来なかったのですが、この文章を読んで、目から鱗が落ちました〜♪

    ありがとうございます。もう一度良く自分で分析してみます。

  4. 変わりたいけど変われない理由は「本当は変わりたくないから」という意見には賛成です。

    変わる、にも色々あると思いますが、一般的には今よりよくなるために変わりたいのだと思います。

    しかし、今のままなんとなく不満を抱えて生活することと、苦手なことを努力して得られる新しい生活を秤にかけた時、努力しても新しい生活が得られる保証はないと考えてしまうと、変わらなくてもいいんじゃないかと思ったりしてしまうのではないでしょうか。

  5. 人には必ず一回でもチャンスがあり、そのチャンスを掴むために考えると思います。
    このチャンスのためにある人は深い世界で新たな自分をさがしまたある人はいつも変わらない生活に一つがんばれることを見つけてそれについてひたすら努力する。
    どちらのパターンに対してもチャンスを掴める自分の見定めになることは間違いありません。

  6. ぶっちゃけ、かなり心に響くものがありました。

    変わりたいのに変われないのは
    自分が無意識のうちに
    変わろうとしなくていいっと思っている
    というのに、ビビビッときました。

    何度か、変わろうとした事もありましたが
    最近では変わろうと思っても変われない!
    という考えになっていました。

    しかし、この文章を読んで
    自分は無意識のうちに
    変わろうとしてないのかもしれないと思いました。

    変わろうとしていても
    意識しているのは、ほんの数日。

    変わろうとは思っていても
    頭のどっかでは無理だろう!っと思っていたのでしょうね。

    本気で変わりたいのであれば
    変わる事は誰でも出来ますからね\(^o^)/

    無意識というのが実際に自分自身に
    起きていた事を知れて良かったのと
    また気付けて良かったと思います。

  7. 『変わりたいのに変われない』誰しも誰しも良い方向に変わりたいものです。が明日から別人のようになるといったような事も不可能です。親はそのなんだからなどと言われるのも失礼な話しでどうせ家のこなんかと決めつけてかかっているように感じます。その場合親が子供の成長を妨げているように思います。変われないのは親にも問題がある場合も有ります。まず変わろう成長しようとする本人が見本となるべき人とみじかに接するべきだと思います。類は友を呼ぶではないですが悪い人とかかわれば自分も悪くなる可能性も有ります。真面目でしっかりと考えをもった人達と接するのが自分の成長にもつながり自分自身の為にはよいのではないかと思います。もとヤンキーだって大きく立派に成長する可能性だって十分あると思います。

  8. 例文があって凄く分かりやすく、読みやすい記事でした。
    『変わりたいけど、変われないんじゃなくて変わりたくないから変わらない』
    なんだか衝撃的でした。
    でも確かにそうですね。
    私自身がそうです。
    〜したいけど〜したくないって最近よく思うんですが、実際は、何もしたくないのが本音です。
    自分の問題を片付けて、自分をありのまま受け止めれるようになりたいと思います。
    ありがとうございました

  9. メグミ(二児のママ)

    変わりたいけど、変われないですか…自分の無意識を変えるのって確かに難しいって思います。
    自分で自分を受け入れて、自分で自分の無意識を『嘘』と『攻撃』している以外に、《あきらめ》というのがあるようにも思います。でも、顕在意識(頭の中や気持ち)で考えていても、無意識や深層意識まで変えられないのはあると思いますね。性格的なものの場合には自己受容で、自分を受け入れてあげる事が出来たら出来るかなと思います。経済的な現状を変えるのっていうのは、自己受容してもどうなのかなと思いますね。逆効果って気もしますが、性格的なものや考え方によるものは、自己受容で変われるんだなとわかりました。

  10. 変わりたいと言って簡単に変われるならもともとその人はそういう人であって、実は変わっていないのではないかと思います。

    変わろうとしても変われないのは、きっと自分の中で変わらずまいとセーブをかけて、変わらないように自分でしてしまっているんですよね。

    変わりたい
    変わろう
    と言ったってきっと変わらない。
    自然に抜け出し、知らないうちに変わっていて初めて本当に
    あ、自分変わったなあ
    と実感するのだと思います。

    でもまず変わりたいと気づけることが第一歩ですよね。
    それによって努力をすること。
    その努力し始めたことが、自然に当たり前になってくることで、本当に前に進めるのではないでしょうか。

  11. かわりたくないのかもしれませんね。
    認めたくはないですが、自分がやろうとしてることの中には、つい億劫になり結局は取りかかれません。

    アフィリエイトなどはまさにそうです。
    家族の問題で、働きには出られない。
    ならば自宅でできることを考えよう。

    絵が好きだから描いて商品化できるサイトに登録しよう!
    アフィリエイトを真剣に取り組んでみよう。

    イラストレーターソフトがあるし、トレースの経験もあるからネットで探してみよう!

    どれもこれもまだまだ中途半端です。
    理由はそれぞれちゃんとした理由があります。

    しかし、怠惰な私は変わりたくないのかもしれません。

    • そうなんです。中々認めたくはないですが、誰でもそうですよね;^^

      怠惰な状態で楽したお金を欲しいと思っているのではないでしょうか?
      その背景にあるものは、本当はもっと違うことをしたいのに、それを忘れているのかもですね。

      私もそうでした。

      だけど、お金の仕組みを今よりも一歩理解したら、決して楽したお金は入ってこないものだと分かります。

      楽して稼いでいるように見えても、それはそれなりの貢献があるから稼げるものです。

      表の理由はたくさんありますが無意識の理由は黙ってお金が降ってほしいと思っているかもしれませんね。

      それが無理だと心の底から納得が出来れば変化すると思います。

      そして今目の前のことから一生懸命フォーカスしていけば本当に自分がやりたかったことを思い出すかもしれませんね^^

  12. 変わりたくても中々変われる人間なんていませんよ。
    皆が変われるのなら、世の中平和です

    人間とゆう生き物は非常に難しいですね。
    私も変わりたいと思っても、変われません。

    変わらなくていいのかもしれませんね。
    それが自分っていう人間でしたら。
    周りの方が理解してくれていて、
    ありのままの自分を好きでいてくれるなら、
    私は変われなくてもいいと思います

投稿(質問・感想・一言・お礼)はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)