統合失調症で被害妄想があるから「実際にはない被害を訴えている」のではなく「ガスライティング」を受け「ダブルバインド」状態にされたことで統合失調症に似た症状を示すようになる場合もある。

統合失調症で被害妄想があるから「実際にはない被害を訴えている」のではなく「ガスライティング」を受け「ダブルバインド」状態にされたことで統合失調症に似た症状を示すようになる場合もある。

これは覚えておいて下さい。ガスライティングはとても巧妙な「心理的な虐待の一種」です。巧妙ですので被害者は混乱して統合失調症を示すような状態になっている場合もありますが、多くの人が「勘違い」していることがある。

それは、統合失調症で被害妄想があるから「実際にはない被害を訴えている」のではないということ。逆です。巧妙な心理的な虐待の一種である「ガスライティング」を受け「ダブルバインド」状態にされていることから統合失調症に似た症状を示すようになり始めるという場合もあるということです。

最初に「ガスライティング」を受け「ダブルバインド」状態にされているという被害を受けている可能性もあるのです。それを「特定」出来ないことから徐々に妄想へと入り込んでいってしまっている場合もあるということ。

ですので被害を受けていると訴えている人がいれば周囲も協力をすることが大切です。まず決めつけることはしないこと。何でも確認が大切です。そして本当に被害がありそうならば「動かぬ証拠」をとるようにすることが大事です。動かぬ証拠は「映像」です。映像に勝る証拠はありません。証拠を取ったら法の裁きを受けさせることが大切です。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)