過去の振り返りは実は素晴らしかった!過去には未処理のままの反省と感謝がたくさんある!お宝の山!

808 views
約 13 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

過去の振り返りは実は素晴らしかった!過去には未処理のままの反省と感謝がたくさんある!お宝の山!

過去を振り返り、自分にとってプラスにしようとしていると、稀に勘違いした人が「過去を振り返るな!」と、みんながキョトンとするようなことを植え付けてこようとする人がいます。これは、実は「自分の疚しいことを隠していて誤魔化したいから」という場合もあるのです。

もちろん、そうじゃない場合もありますが、それは置いといて、この記事では、「過去の振り返りを一方的に悪いもの扱いする勘違い」に触れていきたいと思います。つまり、過去の振り返りのメリットなどに関することを書いていきたいと思います。何事にも良い面悪い面がありますのでバランスよく。

疚しいことは過去に隠れている

勘違いをしないでいただきたいのは、誰かの疚しいことを暴いて吊るし上げようってことじゃなく、僕が言いたいことは「過去から学んで成長するってステキなこと。だから邪魔をしないでほしい」と言いたいだけです。

疚しいことを隠している人 → 「過去を振り返るな!前だけを見ろ!過去はダメだ!ダメだっつってんだろ!!

疚しいことがとくにない人 → 「過去から学べることがたくさんある!(温故知新)今も過去もバランスの良さが大切

このように、「過去の振り返り」と言っても、人それぞれ違うのです。ですから、勝手に近寄ってきて「過去を振り返るな!」という勘違いからの押し付けはやめてほしいと思います。人を傷つけるようなことを言ってくるから「ん?なんだろうこの人?」と考えなくてはいけなくなってしまうのです。

疚しいことは過去に隠れているものです。掘り起こせばたくさん出てくる人もいるでしょう。それを見つけ出そうとしているわけではない。だから、区別することが大切です。そして、安心してほしい。僕は、そんな人を傷つけるようなことを自分から行う人間ではないです。大丈夫。あなたが僕に危害を加えない限り僕も何も暴くこともしたくない。過去には、一方的に僕たちに対し我慢の限度を超えるほどまったく知らない赤の他人に度を越して犯罪行為までして、やられたから反撃したことはありますが、「自分の苦しかった過去に向き合っているだけ」なのです。

それをおちょくって、心を刺してきて、匿名で掲示板でスレッドまで立てて、執拗に犯罪行為を行ってきたから裁判を起こしただけです。異常性がありましたので。

過去を振り返ることにはたくさんのメリットがある

過去を振り返ることにはたくさんのメリットがあります。

外部の記事

このサイトの過去記事

このように過去を振り返ることにはたくさんのメリットがあるのです。

虚言者が人の心をコントロールしていることもある

ただ、過去を振り返ると稀に自分の心の中に他人の腐敗したゴミが悪影響を出しながら埋められていることに気づく時があります。つまり、心をコントロールした痕跡です。時々、人の心に気づかれないように不法投棄をする者がいます。心をコントロールするためです。だから、過去を振り返ると綺麗に掃除ができることもある。

虚言者が改心したら、意図して罪を着せる悪人を簡単に見つけてくれます。経験者だからこそわかること。虚言者に足りないのは「勇気」です。脅えたから恐怖に同一化して虚言者への道を歩み出した。そこから自分を救えるかどうかです。

他人の土地(心)にゴミを不法投棄した者は過去を振り返らせない場合がある

なんでも鵜呑みにしないでくださいね。あくまでも「場合もある」というお話ですので「あなたの言葉で、そう思い込んじゃうわ~」というのは迷惑なのでやめてくださいね。記載してあるように「場合もある」と書いている通りです。稀に、こういったおかしなことを言ってくる人がいるので一応書いておきます。

他人の土地(心)にゴミを不法投棄したことを知っている本人は以下のように勝手に介入してきて一方的に変なことを言うことがある。

おい!何やってんだよ!そこ掘るなよ(過去を振り返るなよ)

なんで?

なんでもくそもあるか掘るな!意味がないんだよ!(過去の振り返りは無意味だ)

それはあなたにわからないことでしょ

うるせー掘るなってつってんの!やめろ!他行け!(ほら、前向けよ!今を生きろよ!)

あの、ここ僕の土地

このように、他人の場所に来て、他人の心に土足で踏み込んで、一見、正しいことかのようなことを言いながら、他人の自由をどうにかしようとする支配です。

「過去を振り返るな」ということを必要以上に言う人は「他人の心に埋め込んだ腐敗の原因(でっち上げた痕跡)」が出てくるのを恐れて邪魔することもあります。腐敗したものがあれば土壌が腐ってしまうかもしれない。腐れば育ちが悪くなる。心も同じ。だから過去の振り返りもとても大切なことなのです。とくに、僕のような少数派のスケープゴートタイプには必要なことなのです。

心の中には自分でも気がついていないゴミが他人によって過去に不法投棄されたものがあることがある。これが回復の邪魔をしたり心が育つことを阻害することがある。このゴミに気づいてちゃんと処理をすることで心は育ち始めたりする。

過去を振り返り過去から学ぶ(温故知新)

誰もがご存知、家庭ゴミにおいて大事なことは「分別」ですよね。自分の心の中にあるものも同じです。不要なものと要るものを分別して正しく不要なものを捨てること。過去を振り返りゴミを見つけて捨てる。温故知新で学べることからは学ぶ。時々振り返って整理することで支配されにくい自分になります。温故知新というのは、「故きを温ねて新しきを知る」ということで、僕は温故知新という言葉を過去に対してもあてはめて使っています。

虐待者は過去を振り返ることの邪魔をする

そして、虐待者や、人の心にゴミのようなものを不法投棄するような者は「本当にゴミを不法投棄する」こともあります。夜中にコソコソゴミを積んで他人の土地に捨てに行くように人の心にもゴミをコソコソ気づかれないよう不法投棄する。

人の心にゴミのようなものを不法投棄するような者は、他には「散歩のときに自分のペットの糞を拾っていかない」という特徴があります。自分の飼っているペットの糞を拾わないというのは「後始末が出来ない」ということ。つまり「人の所為にする者」であり「無責任」だったりする。

虐待者は、至る所に「虐待者アピール」がある。ペットの糞を拾っていかないことも「虐待者アピール」。わかる人にはすぐわかる。ペットの糞を拾っていかないというのはとても恥ずかしいこと。自分のお尻に糞をぶら下げて歩いているようなもの。そんな状態では太陽の光の気持ちよさは感じられないかと。

それをやるのは自由ですが、他人のところまできて邪魔をするのはいけません。例えばコメント欄から誹謗中傷を送ってくるとか。それは支配者のやることです。その支配者に用はないのです。

スケープゴートや虐待をやめるには問題解決

スケープゴートや虐待をやめるために大事なことは、他人の心の中に自分のゴミを不法投棄しないで済むように「自分の処理能力を上げること」です。自分の処理能力を上げたら不法投棄なんて不要になる。「本当にすまなかった。悪かった」という心の成長があるでしょう。そのためには「本当の自分の感情を大切にする」ということが必要です。

「本当の自分の感情を大切にする」と、不法投棄はできなくなります。むかし、子供のころ、お酒の瓶やゴミを車の中から外に平気で投げていたのですが、ちっとも悪いこととは思っていなかった。寧ろ、かっこいいとさえ思い込んでいた。本当の自分の感情を大切にするほど出来なくなっていったのです。

僕は、虚言者、虐待者、スケープゴートをする者には、第一に、本当の自分を取り戻して幸せになってほしいと思っています。それが、本当にやめることが出来る方法だからです。

<<下に続く>>

過去の振り返りはムリしてはいけない

ただ、過去を振り返るときに嫌な記憶を引っ張りだすだけ(新しい視点を探さない)ならやめたほうがいいです。ストレスになるので。過去から新しいことを学びプラスに変える覚悟があれば振り返ることで成長になる。ちょうど過去に書いた文章を今の知識で修正してより良い文章にするように。更新が大切。自分のために。

過去の振り返りに関する名言

感謝は過去を意味あるものとし、今日に平和をもたらし、明日のための展望を創る

メロディ・ ビーティ (アメリカの作家)

過去のことは過去のことだといって片づけてしまえば、それによって我々は未来をも放棄してしまうことになる

元イギリスの首相、軍人、作家、政治家、ウィンストン・チャーチル

流石、元イギリスの首相、軍人、作家、政治家、そして、戦争中の危機的状況を勝利に導いただけの実力者だからこそ過去の素晴らしさがわかっていたのでしょう。

過去をより遠くまで振り返ることができれば、未来もそれだけ遠くまで見渡せるだろう

元イギリスの首相、軍人、作家、政治家、ウィンストン・チャーチル

過去を振り返ることをよくない扱いする不法投棄を隠蔽するような人間から抜け出すことが大切だ。過去に恐れ過去を軽視したり無視するのは自分が生きた証を虐待しているようなもの。自分を虐待している者は他人をも虐待する支配者である。そして人は皆、本当の自分を取り戻すまでは虐待者であり支配者。

過去には帽子を脱いで敬意を表し、未来には上着を脱いで立ち向かいなさい。

クレア・ブース・ルース 元アメリカ合衆国下院議員、外交官、女性作家、ジャーナリスト

過去をわざわざ分離させる必要はない

「過去を振り返るな」という人は「過去が未来であり今でもある」ということを知らないのです。だからわざわざ分離させるのです。分離させる必要はない。嫌でも点と点が繋がっていて1セットなのだから。因果応報からは良くも悪くも逃れられない。

この意味がわかれば「こんなつもりじゃなかった。こんなことは望んでない!」という言葉が如何に無意味かがわかります。自然の道理で成るように成っている。結果や未来をより良く変えたければ土壌(過去)にある腐敗物やゴミを正しく処理したら良い。キレイになってスッキリします。

過去を振り返ることは心を豊かにしてくれる

過去を振り返ることは心を豊かにしてくれます。「あの時のこと。あの時にはわからなかったけど今はわかる。お父さん、お母さん。本当にありがとう。やっとわかったよ。」と過去の記憶が更新される。過去を振り返るから感謝も生まれるのです。

過去は変えられない。だけど過去の出来事への解釈は180度変えることが出来る。過去の出来事への解釈が良いものになると今に反映される。今がプラスに変わるから未来のプラスな創造に繋がる。過去を振り返るからこそ出来ること。

過去を振り返り、過去に反省と感謝が出来るようになるほど、未来は豊かなものになっていく。

自分が成長していくと過去は反省と感謝に気づける「宝庫」です。自然な反省と感謝が起こるほど心は豊かになっていく。自分が見落としていた”ありがたいこと”が溢れているのが「過去」です。「去ってしまった過ち(自分の悪い点)」に気づき反省し感謝が生まれる。それが一つの種になり未来が幸せに…。

「ありがとう」という言葉を吐いて、ありがたいことを知りたいという目的を持って過去を振り返ると「見落としていた”ありがたいこと”がたくさん溢れていたんだ…」と気づき、ありがたいことが見えてきます。人は目的に沿って自分が見たいように自由に見る。どんなものも見つかります。目的に沿って。

僕は、何度も何度も過去を振り返った。自分の悪い部分、弱さと向き合った。長い時間を経て、反省、感謝、いろいろ溢れてきた。過去には「未処理のままの反省と感謝がたくさんある」のです。驚くほど酷い自分もいます。勇気を持って過去の扉を開けて自分との闘いに挑むことが必要になる時もある。

嫌がらせから学べることもある

嫌がらせをしてくる者は教師だ。僕に嫌がらせをしてきた者は文章を悪用していた。まさか文章から人を刺す人間なんているわけないと思っていたからまったく気づかなかった。だけど向き合ったおかげで成長して成果に繋がっています。どうもありがとうございました。

嫌がらせを行う者たちが実際に行った手口です。このように卑劣な手口を文章を悪用して行うのです。演技、嘘、成りすましを使って。 明らかになった事実です。酷いやり方でしたね。最初はここまでのことを平気で出来てしまう支配者がいると思いませんでした。

自分たちの知らない世界だから、本当に苦労した。巧妙な嫌がらせでした。結果、勉強になったからプラスもありますので良い部分もあっとしましょう。

そうそう。だから、「気づけない」状態は好ましくない。自分のために「気づいてあげる」ことも大切だ。国だって戦争するんだから一個人も戦うことが必要な場合もある。一方的な嫌がらせをされたら計画的に足元をすくってあげたりとかね。消費者金融も「ご利用は計画的に」と教えてくれています。計画は大切だ。

心の詐欺師に騙されない自分

本音はむやみに曝け出してはいけはい。曝け出せば傷が見える。傷を刺したい者が当然寄ってくる。本音は大切な人に曝け出したらいい。「心開きなさい」は詐欺師の常套手段。心開きなさいと命令する時点でこじ開ける気満々。信頼関係なんか成り立ってない関係。

「心開かないとダメだよ」「人間不信はダメね」も泥棒や詐欺師の常套手段。「玄関の鍵閉めないで夜中開けとかないとダメだよ」と同じ。健全な人は「相手が心を開いてくれるまで自分が努力をしながら相手を信じて待つ」のです。詐欺師はこじ開ける気満々です。

世の中を綺麗に見すぎているのは妄想世界に落ちている状態。こんな妄想している支援者が理解の限度を超えた時にモラルハラスメントのセカンドハラスメント加害者になりやすい。少しでいいから、政治とか、ヤクザとか、詐欺師とか、汚い世界を知った方がいいかも。リアルでなくとも本から学んだり。

全体をバランス良く見ないから、世界がピカピカに見えてしまうのです。目を細めてぼやけさせている。目を細めるのは自由だけど目を細めてしか見ないならモラルハラスメントやスケープゴートには深入りしない方が良い。大切なのは目を見開いて現実をバランスよく見ること。それが問題解決に繋がる。

スケープゴートをされてきた人たちの深い傷

スケープゴート。この言葉を軽く考えている人もいますが、そんな軽いものではない。

スケープゴート被害者は差別を受けてきた人たちです。テロを起こす人たちも差別を受けてきた人たちです。反社会勢力も差別を受けてきた人たちです。宗教の信者も差別を受けてきた人たちです。「差別の恨み」を根本から癒さないと大きなことに繋がるというのは容易に想像出来る。 癒しの本質は「理解」

その人たちが、一体どのように差別で傷つき、どのような道を辿ってきたか、全て繋がって一本の道筋が出来て謎が解けたら、癒されます。理解(物事の道筋を持って解く)が本当の癒し。

中学3年の15%もが理解困難であり問題があることがわかったそうです。本当にやばいです。何故なら、いじめ、差別、虐待、嘲笑、暴力など、こういったものって、「正しく理解できないことが深く関係」しているのです。

理解力の無さが、いじめなどに繋がっています。理解困難な子供が実際に増えていますから、虐待、いじめ、暴力、増えて当然です。それぞれの取捨選択の問題です。

理解で癒されるか、または、破壊と再生で再建するか。どっちでもいいのかもしれない。

スケープゴート問題を解決せずに問題に蓋をして無視したずっと先にあるのが、テロ、戦争だ。個人でも国家レベルでも何らかの「破壊」へと繋がってしまう。だからスケープゴート問題の解決が大事だと僕は思っている。それを無視するかしないかはそれぞれの「取捨選択」と「責任」ですが。

出来ることなら、スケープゴートされた人たちの深い恨みや悲しみが、本当の理解によって消えて、安心できる社会に繋がってほしいなと思う。

それを実現出来る可能性を秘めているのは「本当の愛を含めた理解力」だ。殺されも曲げない信念を持っている人たちの心の氷は「本当の愛を含めた理解力」でしか溶()けません。それが出来ていないどころか、これを無視しているから、現実的に数字に表れてきているのです。虐待も増えている。子供たちの理解力も低下している。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)