ウォーキングが気持ち良い季節になってきました♪
歩きながらトラウマを転換しませんか?脳の活性化・認知症予防
公式サイトで購入する
Apple Booksでで購入する
Google Play ブックスで購入する
楽天Koboで購入する
BOOK☆WALKERで購入する
Amazonで購入する

心の苦しみの原因。人は自分で創ったもので苦しんでいる。

心の苦しみの原因。人は自分で創ったもので苦しんでいる。創造

まず、人は自分で創ったもので苦しんでいます。その「自分で創ったもの」が下記になります。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザー・テレサの言葉

人は上記のように創っています。自覚の有無は関係ありません。無自覚で創っています。今この瞬間も創っています。この文章を読んで意識的な思考と無意識の思考、自動思考、それらがしっかりと働いて創っています(思考だけではありませんが)。休むことなく瞬間瞬間創っているのです。凄まじいほどの数で創り続けています。だからマザーテレサは「気をつけなさいよ!」と言っています。

では、「気をつける」というのはどういうことか。「気」に対しての僕の定義は「思考+〇〇」の融合物です。エモーションプラスなどを読んだ方は〇〇が何か覚えていると思います。「思考+〇〇」=「気」です。これをしっかりと自分につけておくこと、それが「気をつける」です。つまりこの瞬間にどんな「思考+〇〇」を自分につけるか?つけ続けるか? それで自分の未来を創っているのです。だからマザーテレサは気をつけないと言っています。人生を左右するほど重要なことだからです。ここを軽く考えている人間が90%〜98%くらいいると思います。そして自分で創っている部分に責任を持てていないので、その点が別の点に繋がって結果を引き起こしていることがわからないので、人は不幸な結果が創られてしまった時に「こんなの望んでない!」と叫びたくなるのです。

望む、願望、その意味は「【現実的】潜在意識書き換えワーク」の中の、「願いを叶えるための王道(電子書籍の目次参照)」に書いています。

いいですか。あなたの今この瞬間の思考、自覚の有無は関係ありません。その1つの思考も1つの「点」です。その点は必ず別の「点」に繋がっています。これは1つの点でも、点の纏まりであっても、です。非常に複雑にたくさんのものと繋がっています。それが結果へと繋がっています。

アップル社の元CEO、スティーブ・ジョブズ氏の有名なスピーチで、「点と点の繋がり」について、語られた動画あります。

その動画では、こう語られていました。

将来をあらかじめ見据えて、
点と点をつなぎあわせることなどできません。
後で振り返ってみて、
つなぎ合わせることしかできないのです。

だから、私たちは今やっていることが
いずれ人生のどこかでつながって
実を結ぶだろうと信じるしかないのです。

自分の勇気、運命、人生、カルマ…
それが何であれ、信じるのです。

やがて点と点がつながると信じることで、
たとえそれが皆の通る道からはずれていたとしても、
自分の心に従う自信が生まれます。

これが大きな違いをもたらすのです。

スティーブ・ジョブズの言葉

これは良くも悪くもです。だから1つの点に、出来るだけ責任を持った方が良いと言えるのです。悪い点ではなく良い点を増やすことが大事です。言い換えるなら「点」ではなく「種」でも良いでしょう。良い種を蒔き、良い芽が出て、良い結果が起こります。誰もがこうして創っています。その畑が無意識です。自分で無意識に種を蒔いています。自分の思考も全て種になります。

そしてこれらの蓄積によって、その結果によって、人其々苦しんだり、幸せになったりしています。だから前記したよう、マザーテレサが言っていることを気をつけた方が良いのです。何故かというと、人は最期、自分で創ったソレに絡め取られてしまうからです。その「ソレ」が「悪いもの」だとすると、それは心理的な悪いシステムとして無意識のうちに無意識下で稼働します。多くの人々はそれを「悪魔」と呼びます。悪魔は実在しません。悪魔の正体は潜在意識(無意識)にあるシステムです。自分で創ったシステムが良いものなら人はそれを天使だと神と呼びます。悪いものなら悪霊だとか悪魔と言います。それは自分の問題なだけです。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザー・テレサの言葉

ここを気をつけましょう!それはいつか運命になってしまいます。だからこの過程(プロセス)に働きかけていき、ソレを変えていくことが大事なことであり、その時間を与えられていることは有り難いことなのです。自分が不幸になってしまうものを未然に変える時間があるわけですから、有り難いことです。

これを変える方法がサヨナラ・モンスターです。サヨナラ・モンスターは上記のマザーテレサの名言でいうところの、「習慣」や「性格」を変えていく方法です。不幸な運命になる前に、しっかりと阻止して、良いものへと転換していく作業です。これによりサヨナラ・モンスターへの理解がまた一歩深まったと思います。しっかりと「習慣」や「性格」を変えていきましょう!これらは既に無意識に定着しています。だから無意識にアクセスし、そして変える方法(サヨナラ・モンスター)で変われる可能性があるのです。ただの認知療法では深い部分は変わりません。それは無意識にアクセスしていないからです。無意識にアクセスをして、サヨナラ・モンスターで認知を変えるのです。これだと、認知行動療法では効果の出ない深い部分さえも変えていける可能性があります。無意識にアクセスするという意味がわからないのであれば、わかるまで教材本編や会員限定コンテンツを読んだり、僕に質問をしたりして「心でわかる」という状態になって下さい。これは難しいことではありません。無意識にアクセスをしないで変えようとしても表面の薄皮しか変わらないから、マザーテレサが言うところの「習慣」や「性格」を変えることは無理です。無意識にあるものを変えるには無意識にアクセスしないといけないのです。その方法は沢山あります。サヨナラ・モンスターでお伝えしてることもその1つです。

無意識は「自動システム」です。ここが未来を決めています。だから自分の無意識に責任を持って、自分が舵を取らないとまずいことになるのです。舵を取らない人間たちが、やれ洗脳された、マインドコントロールされたと騒ぎますが、それは自分の心の管理者になっていないこと、自分の無意識の舵を取らないこと、だから洗脳者などが「ここ空いてんの?じゃあ操作するね!」と操作しているに過ぎないのです。洗脳もマインドコントロールも結局は自分の依存の問題ですから。

心の苦しみの原因。人は自分で創ったもので苦しんでいます。だから創り変えていこう。その時間があることに感謝して。

途上国の子どもたちは、勉強できることに幸せを感じています |NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパンのプレスリリース

上記の記事タイトル、素晴らしいですね。発展途上の子どもたちは人間らしさが育つための勉強ができることに幸せを感じています。人は煩悩にまみれすぎると「何が勉強だよ!気持ちわりーwww」となります。そう、過去の僕です。13歳で勉強を放棄して勉強していた人たちを嘲笑い、小馬鹿にしていました。世の中を憎み、勉強している人たちを哀れなオタクだと思い込んでしまいました。そんな僕が心苦しみ、そして勉強によって心が軽くなったのです。人は自分で苦しみを創り出しています。だから変わる為に勉強をし始めて、その時間や、その情報があることに感謝することが大切です。僕の本を読んでくれた人が、「こういった情報に感謝です」と言ってくれることがあります。それを読んだ時、とても嬉しい気持ちになります。そしてそれと同時に「やっと俺も人間らしい心を持てるように戻れたか」と思ったこともあります。

過去の僕は、勉強もせず、薬物中毒になり、幻覚世界で遊んでヘラついて、勝手に苦しんだのです。要は廃人のようなものですよね。普通だったらとっくに死んでます。それでも自分を変える時間があることは感謝であり、その時間は多くの真っ当な人たちが築いているからあることであり、故・安倍元総理のような国益(国民が夢を追えるような平和な国)の為に尽力をされた方がいたからこそ、一般人は勉強出来る時間、変われる時間が与えられている面もあるわけです。人は自分では気づけない多くの恩恵を受けています。そこに気づけるようになるからこそ、自分も少しは変わりたい。正したい。そう思うわけです。

自分が出来ることは、自分を変えることです。自分の認知を変えていきましょう。そして自分の心の変化はどんな小さなことでも書き出して、それを発信しましょう。発信方法は何でも良いのです。コメントでも、レビューでも、動画投稿でも、ライブ配信でも、SNSに投稿することでも。要は良い心の変化を発信すればそれが次に繋がります。「執着を手放す方法と悩みの正体!(第二版)」の「おわりに」でお伝えした「心のバトン」の話です。そうするとあなたの変化に関する文章やその他の表現を読んだり触れたりした誰かが変わります。その連鎖が世の中を進化させます。今の僕が昔より変われたのも、誰かの変化に関するものに触れたからです。そうやって連鎖しています。

この記事で「習慣」「性格」を変えていくことをお伝えしましたが、心理学三大巨頭の1人アドラーは、人は死ぬ1日から2日前まで性格を変えられると言いました。これは死を目前とした時に、避けることの出来ない現実を目の当たりにし、目が覚め出して、その人間次第ですが、非常の深いカタルシスが起こる可能性があり、それは潜在意識の深い部分から心を浄化させる場合がある為だと僕は考えています。とある専門家は著書で「人は起きながらにして寝ている」と言いましたが、本当にその通りだと思います。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました