ウォーキングが気持ち良い季節になってきました♪
歩きながらトラウマを転換しませんか?脳の活性化・認知症予防
公式サイトで購入する
Apple Booksでで購入する
Google Play ブックスで購入する
楽天Koboで購入する
BOOK☆WALKERで購入する
Amazonで購入する

ギャンブル依存症の人間には気をつけて!サイコパスかも

ギャンブル依存症の人間には気をつけて!サイコパスかも洗脳・マインドコントロール・暗示

※ギャンブル依存症の人=サイコパスという思い込みは持たないようご注意下さい。

以前ツイッターをやっていた頃に付き纏ってきた左派思想のサイバーストーカーがいたのですが(その中には心理士もいて、1人は復讐代行を裏で請け負っているというような噂があった。あくまでも噂ですが)、異常な付き纏い方や(被害者と加害者の立場をすり替える)、息を吐くかのように嘘をつきデマを流せる異常性から、「こいつら(この自助グループやそれを取り巻く一部の心理士らは)サイコパスじゃないか?」と思ったことがありました。そんな加害者の中に自助グループを運営しているというギャンブル依存症の者がいました。この者は特に行動が異常で、手当たり次第誹謗中傷を行っていた中年で、前代未聞とも言えるほどの異常性を感じたギャンブル依存症の者でした。「こいつらサイコパスじゃないか?」と直観で感じたのですが、それに関する調査結果がありました。引用させていただきます。

結果は、原発性サイコパスはギャンブルの問題を抱えていることと直接的に関連していること、およびギャンブル保護行動戦略の使用レベルが低いことと関連しており、それがギャンブルの問題を悪化させることと関連していることを示しました. 言い換えれば、嘘をついたり、ごまかしたり、冷淡な行動をしたりしがちで、共感力が低い人は、ギャンブル関連の問題に陥る傾向がありますが1引用文献:New study explores the psychological mechanisms linking gambling to psychopathy (https://www.psypost.org/2022/11/new-study-explores-the-psychological-mechanisms-linking-gambling-to-psychopathy-64343)

研究結果では、サイコパスとギャンブルの問題を抱えていることは直接的に関連しているということがわかったそうです。つまり、あの付き纏ってきたギャンブル依存症の自助グループの運営者はサイコパスである可能性も考えられるわけです。そうだとしたらあの異常性、冷淡さ、残虐傾向、悪質性に納得出来ます。ギャンブル依存症の人間には気をつけたほうが良いと思います。もしかすると、邪悪なサイコパスかもしれませんので。毎日誹謗中傷をしているような者には要注意です。人を痛めつけたい、苦しめたい、精神拷問をかけたい、このようなサイコパスは毎日誹謗中傷が滲み出てしまうのでSNSを徘徊して誹謗中傷を繰り返す傾向が強いので、何となくわかると思います。

僕が中学の時に同級生だったとあるサイコパスっぽかった人がいたのですが、その人物は17くらいのころ、社長令嬢をよく騙していました。騙して金を引っ張った金でギャンブルを長い年月やり続けていました。そして30代の頃、当時の彼女に灯油をぶっかけて脅したりもしていて、ちょっと普通じゃない行動をとっておりました。いきなり全身に灯油をかけられたら焼き殺されるんじゃないかと怖くなりますよね。そんなことを平気で出来るのはサイコパスだからではないでしょうか。ギャンブルの問題(依存症)とサイコパスの関連は本当に深いものがあると思います。

他には僕が20代の頃、僕のことを悪者に仕立て上げた2名がいたのですが、その者らも重度のギャンブル依存症でした。他人を欺いて奪ったお金でギャンブルするほどで、今思えばサイコパスだったのではないかと思います。

他にも、息を吐くかのように嘘をつく人物がいて、その者はとある人物からお金を定期的にとっていて、その金でギャンブル生活をしていました。ギャンブルと薬物の日々でした。そしてその被害者が自殺をしたのですが(親の金を加害者に渡していた為、恐らく罪悪感から)、自殺をしたことをそのギャンブル依存症の加害者は笑っていました。これもサイコパスだったのではないかな?と思います。

あと、とあるギャンブル依存症だった人間と深夜に揉めた際、その人物をは包丁を持ち出して「ぶっ殺してやる!」と暴れ出して、それをとある人物が押さえたのですが、数時間、朝まで「ぶっ殺してやる!」「包丁返せ!」と騒いでいました。その人物は自分から僕に攻撃をしてきたのでちょっと反撃をしたら、衝動的になり殺そうとしてきました。この者のギャンブル中毒も凄まじいものでした。ギャンブル中毒になって借金をして全て親に払わせて、普通なら助けてもらったと感謝するものですが、感謝もなくその親を恨んでいるのですから、妄想世界に堕ちてしまったのだと思います。

ギャンブルは人間を狂わせます。

下記は大切なことを書いた記事です。

親への恨みは妄想である。未熟な子供時代に創ってしまった妄想物語が含まれている。妄想物語を更新しよう。
親への恨み、、、。これは「でっち上げ」でもあり「妄想」でもあるのです。このように言うと、必死の反発が来る場合もあります。だけど妄想世界から抜け出してほしいという思いもありますので、敢えて書いておこうと思います。 親への恨みを減らして自由にな
感謝できない直したい……。それならありがとうの中身を深く知ろう!
感謝できない、直したい。という人におすすめの本 感謝できない直したい……。 という前向きな考えを持ち始めた人に役立つ一冊がこちら! 絶対に読んでほしいと思う一冊です。ミニ書籍なのですぐに読み終わると思います。 Kindle本(和書)12万冊

大切なことは脳の前頭葉(前頭前野)をしっかり使って脳を育てることです。

ギャンブル依存症の神経メカニズム―前頭葉の一部の活動や結合の低下でリスクの取り方の柔軟性に障害― | 国立研究開発法人日本医療研究開発機構

↑ ギャンブル依存症は人間らしさの司令塔である前頭葉に障害があるとのこと。

下記は、「前頭葉機能を背景としたサイコパシー特性と意思決定の関連」、名古屋大学、広島修道大学の研究者の記事からです。

サイコパスは、ギャンブル依存を始めとしたさまざまな問題行動との関連が指摘されている。本研究により、サイコパスの特徴と指摘されているこれらの問題との関連の一端が明らかとなった。2文献:前頭葉機能を背景としたサイコパシー特性と意思決定の関連(https://www.jstage.jst.go.jp/article/shes/14/1/14_41/_pdf)

ギャンブル依存症の者から付き纏われると、その相手が実は冷淡で残酷な心を持ったサイコパスという可能性もありますから、「ギャンブル依存症の人はサイコパスの可能性もある(あくまでも可能性。思い込まないで下さいね)」ということを頭に入れておいて、注意しておくことも大切です。サイコパスは人を騙すのが上手なので、息を吐くかのように嘘をついて、騙してきたり陥れてきたりする場合もあります。それらを囲う大物心理士サイコパスが背後にいる可能性もありますから、そこも気をつけておいた方が良いと思います。こういう者らがSNSの誹謗中傷、ネット炎上などを引き起こすことに関与している場合もあります。間接的に火をつけて誰かが誰かを誹謗中傷で殺すまで煽っている場合もあるのです。

 

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    引用文献:New study explores the psychological mechanisms linking gambling to psychopathy
  • 2
    文献:前頭葉機能を背景としたサイコパシー特性と意思決定の関連(https://www.jstage.jst.go.jp/article/shes/14/1/14_41/_pdf)

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました