アメリカ心理学会の最新研究で判明!元うつ病患者はネガティブな情報に焦点を当て続ける!「サヨナラ・モンスター」の方法が再発予防の鍵か?

アメリカ心理学会の最新研究で判明!元うつ病患者はネガティブな情報に焦点を当て続ける!「サヨナラ・モンスター」の方法が再発予防の鍵か? 問題意識・予防意識(1)
菅原隆志より

また「サヨナラ・モンスター」に関係がある最新の研究結果が見つかりましたので、シェアさせていただきます。

※本記事は「最新のChatGPT4.0」を活用して、著者が監修し記事を書いていますので質の高い情報提供が出来ます。

画像出典:Leonardo.ai ※画像はAIで生成したイメージです。

アメリカ心理学会の最新研究で判明!元うつ病患者はネガティブな情報に焦点を当て続ける!

アメリカ心理学会(American Psychological Association)のアライナ・ウェン博士(Alainna Wen, PhD)によって行われた「うつ病の再発リスクに関する認知の偏り」という研究で、2023年8月21日に興味深い結果が明らかにされました。

この最新の研究によれば、大きなうつ病のエピソードから回復した人々は、一度もうつ病を経験したことがない人々と比較して、ネガティブな情報の処理に多くの時間を費やし、ポジティブな情報の処理には少ない時間を費やす傾向があることが示されました。この結果、再発のリスクが高まる可能性があるとされています。

ウェン博士は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の不安とうつ病研究センターでのポスドク研究者として、この研究を主導しました。彼女は「うつ病の歴史を持つ人々は、健康な人々と比較して、悲しい顔などのネガティブな情報を処理する時間が長く、逆に幸せな顔などのポジティブな情報を処理する時間が短い」と述べています。このことは、これらの個人が再びうつ病のエピソードを経験するリスクが高いことを意味しているかもしれません。

この研究は、2081人のうつ病の歴史を持つ参加者と、2285人の健康なコントロール群を対象に、ネガティブ、ポジティブ、ニュートラルな刺激に対する反応時間を調査するための44の研究のメタ分析を行いました。結果として、健康な参加者は、うつ病の歴史を持つ参加者に比べて、感情的・非感情的な刺激に対してより迅速に反応しました。しかし、以前に大きなうつ病のエピソードを経験した参加者は、コントロール群と比較して、ネガティブな感情的刺激をポジティブな刺激よりも多く処理する時間を費やしていました。

ウェン博士は、「現在の調査結果は、うつ病の治療に関する示唆を持っています。ネガティブな情報の処理を減少させるだけでは、うつ病の再発を防ぐために十分ではないかもしれません。代わりに、患者はポジティブな情報の処理を増加させる戦略からも利益を得ることができるかもしれません」と結論づけています。1参考文献:Formerly depressed patients continue to focus on negative(https://www.apa.org/news/press/releases/2023/08/formerly-depressed-patients-negative)

「サヨナラ・モンスター」の方法が再発予防の鍵か?

アメリカ心理学会(American Psychological Association)のアライナ・ウェン博士(Alainna Wen, PhD)によって行われた「うつ病の再発リスクに関する認知の偏り」という研究で、2023年8月21日に興味深い結果が明らかにされました。

この最新の研究によれば、大きなうつ病のエピソードから回復した人々は、一度もうつ病を経験したことがない人々と比較して、ネガティブな情報の処理に多くの時間を費やし、ポジティブな情報の処理には少ない時間を費やす傾向があることが示されました。この結果、再発のリスクが高まる可能性があるとされています。

この研究結果を受けて、セルフヘルプ教材「サヨナラ・モンスター」の方法が、うつ病の再発予防に効果的である可能性が考えられます。この教材は、心理的な問題を自分で解決するための方法を提供しており、特にネガティブな情報や感情と向き合い、それをポジティブな方向に変えるアプローチを採用しています。具体的には、無意識レベルの自動思考や感情をメモし、それを付属ツールに入力して、ネガティブな面を解放した後、ポジティブな面に移行する方法を採用しています。

テキサス大学オースティンの心理学者ジェームズ・ペンネベーカー博士(Pennebaker, James W.)らの研究によれば、「書くこと」には癒しの効果があるとされており、この「サヨナラ・モンスター」も、その効果を最大限に引き出す手法として開発されています。

ウェン博士は、「現在の調査結果は、うつ病の治療に関する示唆を持っています。ネガティブな情報の処理を減少させるだけでは、うつ病の再発を防ぐために十分ではないかもしれません。代わりに、患者はポジティブな情報の処理を増加させる戦略からも利益を得ることができるかもしれません」と結論づけています。

このことから、セルフヘルプ教材「サヨナラ・モンスター」のようなアプローチが、うつ病の再発予防において、非常に有効である可能性が高まってきました。

ポジティブ思考の強化:再発予防の新たな答え

つまり、サヨナラ・モンスターで提唱されている「ポジティブな思考回路の強化」のアプローチが、うつ病の再発予防において非常に重要であることが、最新の研究から明らかになってきました。

アメリカ心理学会の研究が示す通り、うつ病からの回復者はネガティブな情報に対して過度に焦点を当てる傾向があり、これが再発のリスクを高める要因となっています。このネガティブな思考のループを断ち切り、ポジティブな情報処理を強化することで、再発のリスクを低減することが期待されます。

サヨナラ・モンスターは、まさにこのような思考のシフトをサポートするツールとして設計されています。無意識のネガティブな思考や感情を意識化し、それをポジティブな方向に導くプロセスを通じて、心の健康を維持・向上させることを目指しています。

この教材の中心的なアプローチである「書くこと」は、自分の感情や思考を整理し、新しい視点や認識を得るための強力な手段として知られています。特に、ネガティブな情報や感情と向き合い、それをポジティブな方向に変容させる過程は、うつ病の再発予防において非常に有効であると考えられます。

最新の研究結果を踏まえると、サヨナラ・モンスターのようなセルフヘルプ教材が、うつ病の再発予防の一つの答えとして、今後さらに注目されることでしょう。ポジティブな情報処理の強化は、心の健康を維持し、より豊かな人生を送るための鍵となるかもしれません。

サヨナラ・モンスターの購入はこちらから

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    参考文献:Formerly depressed patients continue to focus on negative(https://www.apa.org/news/press/releases/2023/08/formerly-depressed-patients-negative)

おすすめ「Kindle Unlimited(読み放題)」

AmazonのKindle Unlimited(読み放題)に登録をすると、無料で沢山の電子書籍を読むことができます。僕が書いた書籍も「Kindle Unlimited(読み放題)」が多数あります。

【広告】
200万冊以上が読み放題。
初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

期間終了後は月額980円で自動更新。
いつでも自動更新しない設定に変更できます。
(解約も簡単)

Kindle Unlimitedに登録する

サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声

→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声1
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声2
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声3
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声4
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声5

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
あなたの「心」を解くために役立つ情報提供を開始

心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

この記事を書いた人
菅原隆志43

このアカウントで投稿している記事は、管理者の菅原隆志が最新の最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)を活用して書いたものになります。そうすることで、よりわかりやすく、質の高い正確な情報提供が出来ます。また、ChatGPTは最新の自然言語処理技術を採用しており、人間のような表現力を持つことから、読者の皆様にとってより魅力的な記事をお届けできることを目指しています(2023年4月28日より、ChatGPTを活用した記事投稿を開始しています)。

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

ChatGPT4.0(菅原隆志)をフォローする
問題意識・予防意識(1)心の問題解決(1)
ChatGPT4.0(菅原隆志)をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。