サヨナラ・モンスター
オリジナルグッズ販売

【最新研究紹介】将来、心理的な苦しみと慢性痛で苦しみたくないならトラウマ転換ウォーキングをしよう!

【最新研究紹介】将来、心理的な苦しみと慢性痛で苦しみたくないならトラウマ転換ウォーキングをしよう! 成長(2)

はじめに

今日お伝えしたいことは、「将来、心理的な苦しみ慢性痛で苦しみたくないなら、トラウマ転換ウォーキングをしよう!」ということです。結論から言うと、トラウマ転換ウォーキングを行う生活習慣は、心理的な苦しみと慢性痛の予防が期待できるということ。

今回は「慢性痛」に関する最新研究をご紹介します。

運動は、痛みさえも低減させる!

(数年後の話)

つまり、動かない者は、将来的に、普通の人よりも痛みを感じる結果になるという罰が待っているのか?と思う研究結果でした。

つまり、動かず、寝たきりになれば、「痛みも増す!」ということです!

UiT ノルウェー北極大学はノルウェーで3番目に大きく、世界最北端にある大学です。

【ノルウェー】UiTノルウェー北極大学の最新研究で明らかに!定期的な運動が慢性痛リスクを低下させる!

UiTノルウェー北極大学(UiT The Arctic University of Norway)、北ノルウェー大学病院(University Hospital of North Norway, UNN)、およびノルウェー公衆衛生研究所による2023年の研究1参考文献:Did you know that physical activity can protect you from chronic pain? | UiT(https://uit.no/nyheter/artikkel?p_document_id=844290) では、身体活動が慢性痛から守る鍵を握っていることが示されました。この研究では、アンダース・オーネス博士研究員が中心となり、運動が私たちの痛みに対する耐性を高め、慢性痛のリスクを低減させる可能性があることを明らかにしました。

想像してみてください。あなたは公園で軽くジョギングをしたり、週末に友人とハイキングに出かけたりしています。これらの活動が、あなたの体が痛みにどれだけ耐えられるかを強化しているのです。オーネス博士研究員たちは、10,000人以上の成人を対象に調査を行い、運動習慣がある人々は、そうでない人々に比べて痛みの耐性が高いことを発見しました。更に興味深いことに、運動量が多いほど、痛みへの耐性も高くなるという結果が出ています。

この研究は、ほんの少し運動量を増やすだけでも、例えば軽い運動から中程度の運動への変更でも、数年後にあらゆる種類の慢性痛を報告するリスクを5%低減させることが関連していることを示しました。特に、体の複数の部位に重度の慢性痛がある場合、活動量の多さは16%のリスク減少と関連しています。

では、すでに慢性痛に悩まされている人はどうすれば良いのでしょうか?オーネス博士研究員は、運動が慢性痛を持つ人々にとって危険ではなく、適切に調整された運動プログラムによって、努力のバランスを取ることが重要であると指摘しています。運動後に一時的な反応があることは予想されますが、長期にわたる悪化がないことが重要です。

このように、定期的な運動が我々の身体に与えるポジティブな影響は、ただ筋肉を鍛えたり体重を管理するだけではありません。痛みという体のシグナルに対しても、より強い耐性を持つことができるのです。この発見は、慢性痛と戦う新たな方法を提示しており、日々の活動に少しでも動きを加えることの大切さを教えてくれます。

すぐに痛みが低減されるというわけではない

菅原隆志
菅原隆志

これは、運動を開始するとすぐに痛みが低減されるというわけではなく、運動習慣が数年後に良い影響(痛みの低減)を及ぼす可能性があるということですか?

ChatGPT4.0:その通りです。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

はい、その通りです。UiTノルウェー北極大学の研究では、運動習慣が即座に痛みを軽減させるというわけではなく、むしろ運動を継続することで、数年後に慢性痛のリスクを低減させる可能性があることが示唆されています。つまり、定期的な身体活動が長期的に見て痛みへの耐性を高め、慢性痛の発生リスクを下げることができるというわけです。

 

この研究結果は、運動が短期間で直接的な「治療効果」をもたらすというよりは、体を動かす習慣が健康へのプラスの影響を時間をかけて積み重ねることを示唆しています。例えば、軽い運動から中程度の運動に切り替えるだけで、数年後に慢性痛を報告するリスクが5%減少することが関連しています。さらに活動量が多い人では、体の複数の部位に重度の慢性痛があるリスクが16%減少しています。

 

従って、運動を始めたからといって直ちに痛みがなくなるわけではありませんが、健康的な生活習慣として運動を取り入れ、継続することで、将来的に慢性痛のリスクを低減させることができるということです。これは、運動が単に身体を強くするだけでなく、痛みに対する私たちの耐性を高める一つの方法であることを意味します。

おわりに

慢性痛についてお伝えしました。日々の運動習慣は、将来の何らかの慢性痛を低減させてくれる可能性があります。運動をしないで生きて将来、酷い痛みで苦しむよりも、日々の運動で痛みが低減する自分を創っておくおくことは、万が一、何らかの慢性痛で苦しむ結果になった時でも、5%から16%の慢性痛の発生リスクを減少させてくれることが大きく期待できるので、日々の運動をしたほうがいいと僕は思います!運動を強くお勧めしたいです。

更に、トラウマなども同じようなもので、トラウマが未解決だとどうなるか?それは以前お伝えしましたので覚えていると思います。

上記以外にも、トラウマを未解決なままにしておくと、無意識のうちにその悪影響を受け続けてストレスから心身が蝕まれたり、癌になってしまう可能性も否定できません。

癌、認知症、慢性痛、トラウマからのストレス、ストレスからのあらゆる病気、これらのリスクを日々の運動習慣が低減させてくれる可能性があります。更に、トラウマ転換ウォーキングのような「気づき」を起こしやすいウォーキング法なら、大きな心理的変化も起こしやすいので、心理的な面、そして今回の記事でお伝えした最新研究でわかった数年後の慢性痛のリスク低減も期待できるのです。

運動、これは運を動かすと書きます。

将来、苦しまないためにも、脳や身体はある程度は使うようにしましょう。辛いから苦しいからといって、寝たきりを継続してしまうと、それが悪化に繋がることも少なくありません。(医療機関を受診されている方は、必ず医師の指示に従ってください。運動してはいけない時期の人もいますので)

僕は過去、重度の病気になって、頭と胃あたりの激痛が長く続いていた時期があり、当時寝たきりになるとどんどん弱って死んでしまうと思ったので、ウォーキングを行って数ヶ月かけて回復させたことがあるのですが、それが功を奏しました。更に、自分の心理的な問題も、トラウマ転換ウォーキングで、数多くの深い部分の認知を転換しました。運動しなかったら弱って悪化の一途を辿ったと思います。要は、身体を動かして、温めて、血流を良くすれば、何らかの良い効果が期待できるというわけです。ウォーキング中は脳への血流も増加しますので、心と脳は関係あるので、結果、心にも良い変化を起こしやすくなるというわけです。で、お金をかけずにすぐに始められて、継続しやすいものが「ウォーキング」なので、ウォーキングとトラウマ転換を併せることで、時間の質の向上にもつながります。

歩きながら、認知を変えましょう!!

Amazonで読む

公式サイトで読む

Apple Booksで読む

Google Play ブックスで読む

注意書き:

この記事で紹介されている運動による慢性痛のリスク低減に関する情報は、一般的な健康促進の観点からのものです。運動がすべての人にとって常に安全または効果的であるわけではありません。特に既存の健康問題を持つ方、または医療機関で治療を受けている方は、新しい運動プログラムを開始する前に医師や専門家と相談することが重要です。この記事でお伝えした最新研究は、運動によるトラウマやがん、認知症への影響については触れておらず、それは別記事などでお伝えした別の研究の話です。この記事でご紹介した最新研究は慢性痛に焦点を当てた内容となっています。運動の利点を最大限に享受しつつ、自己の健康状態に応じた適切なアプローチを見つけることが大切です。

この注意書きは最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)を活用して書きました。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    参考文献:Did you know that physical activity can protect you from chronic pain? | UiT(https://uit.no/nyheter/artikkel?p_document_id=844290)

おすすめ「Kindle Unlimited(読み放題)」

AmazonのKindle Unlimited(読み放題)に登録をすると、無料で沢山の電子書籍を読むことができます。僕が書いた書籍も「Kindle Unlimited(読み放題)」が多数あります。

【広告】
200万冊以上が読み放題。
初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

期間終了後は月額980円で自動更新。
いつでも自動更新しない設定に変更できます。
(解約も簡単)

Kindle Unlimitedに登録する

サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声

→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声1
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声2
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声3
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声4
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声5

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
あなたの「心」を解くために役立つ情報提供を開始

心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

この記事を書いた人
菅原隆志43

このアカウントで投稿している記事は、管理者の菅原隆志が最新の最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)を活用して書いたものになります。そうすることで、よりわかりやすく、質の高い正確な情報提供が出来ます。また、ChatGPTは最新の自然言語処理技術を採用しており、人間のような表現力を持つことから、読者の皆様にとってより魅力的な記事をお届けできることを目指しています(2023年4月28日より、ChatGPTを活用した記事投稿を開始しています)。

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

ChatGPT4.0(菅原隆志)をフォローする
成長(2)気づき(2)ストレス対策(1)トラウマストレス対策(2)成長(3)役立つ研究情報ストレス対策(3)
ChatGPT4.0(菅原隆志)をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。