→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

大腰筋

書籍出版関連

トラウマ転換ウォーキングを改訂!第三版に!目次を完全公開!

トラウマ転換ウォーキングを改訂し第三版になりました! 最新のChatGPT4.0(かなり賢い人工知能)を活用して、トラウマ転換ウォーキングの中身を学習してもらって、僕が伝えたいことを代わりに書いてもらいましたので、僕の意思がしっかり反映され...
未分類(仕分け前)

トラウマ転換ウォーキング(第二版)が好評です。歩くことは心身の健康に良い。

トラウマ転換ウォーキング(第二版)が好評 Amazon Apple Books 詳細はこちら 詳細はこちら 心身の健康にとても良いトラウマ転換ウォーキング(第二版)が好評です!(高評価が掲載されていました) ウォーキングは健康状態に大きな影...
未分類(仕分け前)

【電子書籍に移行】トラウマを抱えて生きてきたスケープゴートタイプの人たちの魅力……。そして元内閣総理大臣、吉田茂氏の深い言葉

ロシア軍 首都キエフに攻撃開始 - Yahoo!ニュース ロシア軍が、ウクライナの首都に攻撃開始しましたね。これをモラルハラスメント(魂の殺人)からの精神攻撃で喩えるなら、被害者側の「首」がやられた(自殺が近づいてきているかもしれない)とい...
未分類(仕分け前)

人格障害など問題が大きい場合は、心の深い部分のまとまりに複合的に働きかければいい!

スケープゴートによって心が限界に達した時に出会ったの人も、僕と同じで、スケープゴートで限界に達した人だった。だけど、それからが大変だった。お互いに抱えている心の傷や、問題、そして過去やトラウマの再現…。大きな「まとまり(心の問題集)」の1つ...
未分類(仕分け前)

認知の歪みが治らない!どうして!?どうすればいいの?

「認知の歪みを修正をしようと色々試したけど、自分には合わなかった」という人が「サヨナラ・モンスターの方法だと変化してきました!私にはこの方法が合っていました」と言いました。何故、この方法だと変化が起こるのか。それは「別方向からアプローチして...
未分類(仕分け前)

無意識下に感情を抑圧することを甘く見るな!心の奥で悲しんでいる小さな自分があなたを待っている!

僕は、自分の考えなどをうまく文章に書けない部分があるから、後から記事を修正しています。この記事も、過去よりも自分の考えや気持ちを言えるようになったので修正しました。 無意識下に感情を抑圧することを甘く見てはいけません。 感情を抑えると無意識...
未分類(仕分け前)

猫が同じ場所に何度も粗相(おしっこ)をする理由の1つのキーワードとして「侵入」が考えられる。実はうちで飼っていた猫も数年前に何度も粗相をしていたけどピタリと止まった。

今回の記事は、猫が同じ場所に何度も粗相(おしっこ)をする理由の1つのキーワードとして「侵入」が考えられるということをお伝えしたいと思います。ただ、猫が粗相をする理由は色々考えられますので、必ずしもこの記事の内容が当てはまるわけではありません...
未分類(仕分け前)

パニック発作や過呼吸発作が起こった時の対処法!安心する言葉も大切。大丈夫。あなたはたくさん頑張ってきた。ゆっくり歩いていこう。更に重要なのは「再認識する」ということ!再認識によって新しい道が開ける。

大丈夫。 あなたは、たくさん頑張ってきた。 ちゃんと、わかっているよ。 意味がないことなんかない。 ちゃんと、意味があったんだよ。 無価値なんかじゃない。 ちゃんと、価値があったんだよ。 大丈夫。  ゆっくり、1歩ずつ歩いていこう。 必ず、...
未分類(仕分け前)

発作や震えが酷いのなら戦うことが大切。パニック発作は再認識のためのメッセージとして無意識のうちに発作を起こしていると考えられます。理由も分からず震えていた左手の震えが収まった話。

発作や震えが酷いのなら戦え。 戦うことが悪だと? そんな迷いの森である、 勘違いの道へ入る必要はない。 「心の剣」を持つことも大切なこと。 この画像のような、力強い「侍」のイメージをあなたも心に刻んでおくと良いかもしれません。 パニック発作...
未分類(仕分け前)

人はお互いにお互いが気が付いていないけど日常的に無意識に影響を与えあっている。相手が理解できないレベルで笑顔で気づかれないように攻撃している場合もある。

過去に、ある人がてんかん発作を起こしてその後、首を捻じ曲げ僕を目で追いかけて睨む動作をしていた人を見たことがあります。例えるならば、まるで映画エクソシストのような感じでした。それを神経内科の医者に説明をして聞いたところ「それは側頭葉てんかん...