⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️【高評価投稿!】執着の手放し本

読み書き

脳の前頭前野・海馬の活性化(2)

【米国】ダートマス大学が明らかにした感情の神秘!前前頭前皮質が、感情を「再評価」して調節!!

【米国】ダートマス大学が明らかにした感情の神秘!脳のどこが我々の感情を司るのか(2024年4月) 【アメリカ】ダートマス大学(米国内で著名な学術研究機関)のKe Bo博士研究員によって行われた2024年4月の研究 では、人間の脳がどのように...
トラウマ

【トラウマを抱えたらこれを改善せよ!】スイスの最新研究で判明!グルココルチコイドの反応が鈍い人ほど心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症!

はじめに 菅原隆志 スイス連邦工科大学ローザンヌ校最新研究で判明! 2023年11月7日 グルココルチコイド(ストレスホルモンの一種)の反応が鈍い人ほど心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症するということがわかっています。 つまり、グルコ...
政治・戦争・宗教

認知の歪みが強い人は、なぜ人に不快なことを言うのか? 3S政策を施されて茹でガエルの法則の如く読解力が低下した日本人。

本記事における意見は、あくまで筆者個人の見解に基づくものであり、特定の個人や団体を不当に批判する意図はありません。記事内容は、個人的な考察であり、全ての人々や状況に一概に当てはまるわけではないことをご理解ください。 認知の歪みが強いと不快な...
ストレス対策(1)

戦う人生(問題解決をして生きること)の価値: トラウマを超えて認知症リスクを減らす

この記事は電子書籍に移行しました。 Apple Booksで読む Google Play ブックスで読む Amazonで読む
トラウマ

2024年最新!【アメリカ】未解決トラウマが認知症リスクを高める?UCLAの研究が示唆

この記事は電子書籍に移行しました。 Apple Booksで読む Google Play ブックスで読む Amazonで読む
スケープゴート(1)

僕が傷つきやすかった理由:自己成長への旅〜大手電子書籍ストアで「執着を手放す方法と悩みの正体!」の販売が開始されました

はじめに この記事は、自分の気持ちを正直に表現する為に、一部の人にとっては不快だと感じる可能性がある表現も使用していますのでご注意ください。 「執着を手放す方法と悩みの正体!」の初版は、想像を遥かに超えて多くの方々に読まれ、そして愛され、大...
書籍出版関連

大手電子書籍ストアで「自分の心を守れるのは自分だけ。(第二版)」を出版!

「自分の心を守れるのは自分だけ。(第二版)」を出版 大手電子書籍ストアで「自分の心を守れるのは自分だけ。(第二版)」を出版しました! ぜひ読んでみてください。この書籍でお伝えしている「心の盾」を持っていない人は、知らず知らずのうちに奴隷にな...
非行

【更生には心の苦しみが伴う】悪事を働く者たちへ:トラウマを抱える覚悟はありますか?

過去に悪いことをした人間がトラウマを抱えるなんておかしいのか? 過去に悪事を働いた人がトラウマを抱えることがあります。そしてそのことについて否定的な人もいます。つまり「過去に悪いことをした人間がトラウマを抱えるなんておかしい」という意見です...
問題意識・予防意識(1)

自身の心理的虐待行為やハラスメントを自覚出来ない理由:犯罪者脳を予防しよう!

永遠の赤ん坊は、自身の心理的虐待行為(無視も含む)やハラスメント(様々な嫌がらせ行為)を自覚出来ないことが多いです。 今回は、それに関することと、その理由をお伝えします。 記事の要約:ChatGPT4.0よりこの記事では、「永遠の赤ん坊」と...
成長(2)

自己理解を深めるために「サヨナラ・モンスター」に取り組もう(書こう)

画像出典:Leonardo.ai 心の問題解決には自己理解が必要不可欠 自分の心の問題を解決するには、自己理解が必要不可欠です。自己理解なしで解決されることはありません。自己理解を深めて、そして、解決に向けて行動することが必要です。行動する...