【嘲笑対策】しつこく言葉のイジメ、からかい、嫌がらせをしてくる者もいます。悪化した嫌がらせをする者は人を苦しめずにはいられないくらいになっている場合があります。

【嘲笑対策】しつこく言葉のイジメ、からかい、嫌がらせをしてくる者もいます。悪化した嫌がらせをする者は人を苦しめずにはいられないくらいになっている場合があります。

【嘲笑対策】しつこく言葉のイジメ、からかい、嫌がらせをしてくる者もいます。悪化した嫌がらせをする者は人を苦しめずにはいられないくらいになっている場合があります。モラルハラスメントは美徳を使って欺くハラスメントですから、正義の仮面、または、弱者の仮面をかぶって攻撃をしてきます。こういったモラルハラスメントを受けて育つと自分の感情を素直に出せず自分の感情がわからなくなりやすいのです。

ですから被害者は「私は悲しんでいる」と相手に伝えられずに「殺すぞコノヤロウ!」と怒りを出すことがあります。怒りは二次感情で、一次感情は悲しみです。一次感情が本当のメインの感情です。しかし、本当の気持ちを出すことでマイナスなことが多かった事で隠すようにもなります。そこがモラルハラスメント加害者の狙いです。怒っているほうは悪者扱いされやすいので、巧妙な加害者は怒らせてイメージを低下させることをします。とにかくしつこいのです。

被害者は本当のことを言えなくなっていますし、本人も自分の本音が分からないくらい混乱したり乖離していることがあります。そこで理解を深めることが大事です。自分が怒っていたら悲しんでいると理解しましょう。「お前はあたまがおかしいんだよ」と言われたとすれば、怒りではなく悲しみを出して「私は、そう言われると、悲しいなぁ…。」と伝えると効果的です。こう言うと相手は「悪者に出来ず、自分が悪者だとばれそうになる」ので、「私は、そう言われると、悲しいなぁ…。」は効果的です。

<<下に続く>>

それでも、しつこく言葉のイジメ、からかい、嫌がらせをしてくる者もいます。悪化した嫌がらせをする者は人を苦しめずにはいられないくらいになっている場合があります。嫌がらせをする者は、人の自尊心を狙っています。自尊心を破壊するためにしつこく付き纏います。

あなたが嫌な奴に勝てない理由もあります。相手は卑怯者ですから自分が勝てないと分かっている相手には媚び諂います。そして相手を分析し勝てるとわかってからネチネチやってきます。そんな嫌な奴に勝つには効果的な方法を学ぶことが必要です。

無駄に傷つけば人生において多大なる損失を産みます。そんな嫌な奴を人間と思わないのも自由ですし、ゴキブリと思う事もゴミと思う事も自由です。相手に伝えることはダメですが自分だけで思う事は自由ですし、不要な一つ必要な人を区別する為にも、思うことは必要な場合もあるでしょう。お人好しすぎてはつけあがられます。あなたの大事な人生をゴキブリやゴミに渡してはいけないのです。イヤな奴の攻撃を撃退し断ち切る必要があります。そのためには有効な対処方法を身に付けることが重要です。

逃げていてはいつまでも同じような事が起こるので、自分が変わり戦う事が必要です。

では、戦うにはどうするか?それは対話法を学ぶことです。この気持ち悪いイヤな奴を撃退する対話って何かと言うと、教えてもらえる3つの短いフレーズを使って対話することです。簡単で当たり前な言葉で返すことで相手を撃退できます。

心を蝕むイヤな奴をスカッと撃退!戦わずに勝つ対話法

関連コンテンツ

【新教材】SHIP

【新教材】SHIP
あなたが人生に悩み、苦しむのは「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ていないからですよね。そう、あなたは自分を信じることが出来ないのですよね。

自分を信じている人は、大好きな人と幸せになり、お金にも不自由せず、社会的に認められ、快適に楽しく暮らしています。

彼らのようになりたいのなら、「本当の自分(内なる自分)」と繋がって「本当の自信」を持てるようになることが必要なのです。

催眠療法を習得すれば「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ます。催眠療法は、アメリカでは「医療」として「正式」に認められ「効果も実証」された方法です。

催眠療法は精神療法の一種で、英国医師会と米国医師会も有効な治療法として認めている確かなものです。更に、アメリカ心理学会や米国歯科医師会も催眠を有効な治療法として認めているのです。

【新教材】SHIPは、自己催眠を習得して「本当の自分(内なる自分)」と繋がり、理想の人生を送るための教材です。

SHIPを受講すればあなたの都合の良い時に動画、音声、テキストで学習することが出来ます。サポート体制も充実しています。

この機会を逃せば、あなたはSHIPに出会えないかもしれません。募集終了になる前に受講して下さい。

続きをメール購読

この記事に「いいね!」しますか?

(最終更新:2017年9月17日)Leave a Comment0 Comment4853 views

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)