執着を手放す(捨てる)方法は、執着という心の問題を自分の力で解いて答えを出すこと! これが、サヨナラ・モンスターの「モンスター(纏まり)」を解くことに繋がっていくのです。 

執着を手放す(捨てる)方法は、執着という心の問題を自分の力で解いて答えを出すこと! これが、サヨナラ・モンスターの「モンスター(纏まり)」を解くことに繋がっていくのです。 

執着を手放そうと思っても手放すことが出来ず、焦れば焦るほど手放せず、他のことに集中しようとして、忘れたつもりになってもすぐに思い出してしまう…。どうしても手放すことが出来ず、執着を手放す(捨てる)方法を探して、このブログに訪れる人もいますが、執着という心の問題を自分の力で解いて答えを出すことが必要なのです。これが根本解決に繋がることです。

「執着」、、、これは「心の問題」です。「サヨナラ・モンスター」で言うところの、「モンスター(纏まり)」の一部です。これを自分の力で解いておかないと、本当の解決には至らないのです。本当の解決をしないということは、心の問題にメッキ処理をしたり、蓋をするということなので、後で、この心の問題が、現実に問題を引き起こして、結局、解決しないといけないようになります。ですから、本当の意味で、執着を手放す(捨てる)方法は、執着という心の問題を自分の力で解いて答えを出すことなのです。

次の文章は、かなさんがAmazonのレビューに投稿してくれた文章の一部です。

私自身が手放した執着があったのですが、なぜ、手放せたのか自分の中で、はっきりした答えがみつからないままでしたが、その答えが、こちらの本を読んでみつかりました。(Amazonレビューより

かなさんは、手放すことが出来た執着があったけど、手放せた理由、はっきりした答えが見つからないままだったとのこと。そしてその答えが、「執着を手放す方法と悩みの正体!」を読んで見つかったとのことです。これが、とても、大切なことなのです。自分で、執着を手放せたと思っても、その答えをしっかり見つけておかないと、心の問題がしっかり解かれたわけではないので、また後で同じような執着をしてしまうこともあります。ですから、はっきりとした、自分にとっての正しい答えを出しておく。これが、本当の、執着の手放しなのです。それは言い換えると、前回の記事(https://bright-ms.net/post-21918/)でお伝えしたように、「心の滞りを解消すること」でもあるのです。

僕自身も、過去、機能不全家庭で苦しかったことなどに対し、強い執着を抱いていたことがあります。それは、サヨナラ・モンスターの方法で、自分の力で、多くを解いたので、その答えを持っています。答えを持つということは、過去を1本の線で繋げることでもあるのです。この状態は、自分のことを他人に聞く必要はありません。どこかの心理カウンセラーに聞く必要もありません。自分で自分のことがわかるし、その答えも出せたので、深いレベルで納得が起こっているのです。ですから、「誰か助けて!」という気持ちにならないのです。自分で自分の心の問題を解き、自分の親となり、自分の心を救うということ。

執着の手放しは、このような、大切なことに繋がり、入り口になるのです。前記した、かなさんのレビューにあるように、「答えを見つける」、、、これが自分のやるべきことなのです。自分で自分のことがわからないから、まだ解けていない心の問題が山のようになるから、だから苦しいのです。その部分を、1つ1つ、解いていけば良いのです。解く作業は、「書く」という「行動」から始まり、認知行動療法を超えるほどのプラス変化が期待出来るのです。認知行動療法だけでは、心の深い部分の纏まり、深い認知を変化させることが難しいからです。

 

「感情」と「ストレス」について 書き続けると、精神を強化することが出来ます。これは、書くことが癒しになることについて、最前線の研究者たち(世界トップクラス)の言葉でもある!

そして、上記の記事でお伝えしたように、最前線の研究者たち(世界トップクラス)が「感情」と「ストレス」について書くことで、免疫機能を高め、精神を強化することが出来ると示唆されていますが、これも、「心の問題集の一部を解く」ということでもあるのです。そしてこれを起こすには、「”結局のところ、癒すためのライティングの力は、ペンと紙ではなく、書く人の◯◯◯にある”」と、海外の多くの心理学者が言っているように、この◯◯◯にあるのです。この◯◯◯が何かを知りたいサヨナラ・モンスター参加者様は、購入者専用サイトにログイン後、お知らせの、【「書くこと」の素晴らしい効果(研究結果)をご紹介!】を見てください。ここに、◯◯◯が何か、書いていますので。その◯◯◯、、、ここに、別教材『プラス感情トレーニング2「emotion plus」(サヨナラ・モンスター購入者に無料でプレゼントしているもの)でお伝えしていることをセットするわけです。これがないと、「書くこと」の「プラス効果」を引き出すことが出来ないのです。

繰り返しますね。「”結局のところ、癒すためのライティングの力は、ペンと紙ではなく、書く人の◯◯◯にある”」と、海外の多くの心理学者が言っている。この◯◯◯にあるものが、書くことをプラスにするかしないか決定づけているのです。だから◯◯◯には、別教材『プラス感情トレーニング2「emotion plus」』を理解して使う必要があるのです。これを使う、動かす、沸かせる、など、働かせないと、書くという行動が無駄になってしまうのです。

◯◯◯に『プラス感情トレーニング2「emotion plus」』をセットし、自分の心の問題を自分の力で解きましょう! 執着を手放す(捨てる)方法は、執着という心の問題を自分の力で解いて答えを出すことです。これが、サヨナラ・モンスターの「モンスター(纏まり)」を解くことに繋がっていくのです。

以下、関連文章

自分で自分の答えを見つける。これが、「自分で自分を救う力(親としての力)」を上げてくれるのです。自分の答えは自分でしか出せません。他人に決めてもらおうとしていると洗脳されてしまうこともあります。自分の答えは内側にあり、それは「解くことで見えてくる」のです。

トラウマを克服していく過程においても、「答えを出す」ということが、とても【重要】なことだと思います。答えが出ると納得出来ます。納得出来ると、それまでとは違う新しいものを手に入れることが出来ます。つまり、トラウマを転換しやすくなるということ。

トラウマを1つの心の問題だと捉えて、この問題を解くことで、人間的成長に繋がる(心的外傷後成長・PTG)と考えると、少し、心が軽くなるかもしれません。

心の滞りが生じていると、夫婦関係も上手くいかないことが増えてきます。お互いに、相手を思いやって、相手の心がスムーズに動くような関係になれば、すごくいいなと思います。

心の問題に対しての答えを出す習慣を身につけると、心の滞りが生じることを減らせる場合もあります。

みんなそれぞれ、今まで生きてきた中で、沢山の心の問題を抱えています。その1つ1つを、解いていく中で、感動が生まれることもあります。涙と共にカタルシスが起こることもあります。夫婦二人の健全な絆を深めて欲しいと思います。

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
執着を手放す(捨てる)方法は、執着という心の問題を自分の力で解いて答えを出すこと! これが、サヨナラ・モンスターの「モンスター(纏まり)」を解くことに繋がっていくのです。 
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
執着を手放す(捨てる)方法は、執着という心の問題を自分の力で解いて答えを出すこと! これが、サヨナラ・モンスターの「モンスター(纏まり)」を解くことに繋がっていくのです。 

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)