マイナス思考の原因と改善方法!実はマイナス思考にメリットが!?ネガティブな人にも魅力を感じるのは大事なことに向き合っているから!

114748 views
約 6 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

マイナス思考の原因と改善方法!実はマイナス思考にメリットが!?ネガティブな人にも魅力を感じるのは大事なことに向き合っているから!

プラス思考トレーニング(120日連続メール)詳細

何かにおいて成功した人は、プラス思考の人が多いと言われます。成功者はただプラス思考のみのプラス思考というわけではないのです。成功した人は「マイナス思考にしっかり向き合った人」が多いです。言い換えれば、「真実と向き合った」とも言えるかと思います。

幸せになるには勿論プラス思考が必要ですが、マイナス思考を排除する考えは好ましくないので、この記事ではマイナス思考の原因やメリット、そして改善方法を書きます。

マイナス思考とは?

マイナス思考とは物事を否定的・悲観的に捉える考え方の傾向の事を言います。物事に対して多方面から見れば良い面も色々ありますが、良い面を見れずに悪い面だけ見てしまう癖がついているのがマイナス思考の方の特徴です。このマイナス思考は「認知の歪み」の10パターンのうちの1つでもあります。

マイナス思考の原因

マイナス思考の原因は人それぞれですが、ストレスを生み出し病気の原因にもなる「認知の歪み」の10パターンのうちの1つにマイナス思考があるように、マイナス思考は「ストレスや病気の原因」にもなります。そういったマイナス思考の癖がそれぞれの原因によって出来てしまっているのです。

この思考の癖は私たちの無意識の中で固まりとなっているイメージです。無意識の中で固まりやすい時期は5歳頃までの間です。「三つ子の魂百まで」と言われるように3歳~5歳頃までに親や環境によって刷り込まれた思考パターンは100歳まで続くくらいの強い影響力を持っているという事です。それ以降が原因の場合は比較的簡単に改善できますが、3歳~5歳までにたくさん刷り込まれたマイナスの場合は根深い問題ですから中々変えられないのです。

自分の思考や判断力が育っていないうちに、潜在意識(無意識)に沢山刷り込まれているので、自分でも自覚が出来ないんです。20歳を過ぎ、社会人になってくると、徐々に、その親や環境から刷り込まれたマイナスの影響が出てきます。それを乗り越えていくことが必要なんです。乗り越えないまま放置すると、潜在意識(無意識)に沢山刷り込まれているマイナスのものが更にマイナスを強化していくのです。つまり、原因がなんであれ、変えるのは自分しかいないということです。

マイナス思考

上記のイメージ画像のように無意識からマイナス思考が促されているので、マイナス思考を改善したいのなら無意識レベルからの改善が必須になるのです。どれだけ意識で笑顔を作ってもプラス言葉を繰り返しても、この無意識を無視して変えようと思っても無意識の力に押されてしまい結局変化しないことが多いのです。変化できた人は潜在意識(無意識)レベルから帰ることに成功した人です。マイナス思考の根深い原因は潜在意識(無意識)の中にあるということです。

見落としがちなマイナス思考のメリット

コインの表裏のように、プラスとマイナスも裏表でセットです。マイナス思考は排除するべきものではなく「気づき」などによってプラスに変えることが大事な事なのです。

無意識のうちにされるマイナス思考の目的とはプラスな視点を手に入れる為の材料だと私は考えています。

<<下に続く>>

マイナス思考とは物事を否定的・悲観的に捉える考え方の傾向の事を言います。逆にプラス思考は物事を肯定的に捉える考え方の傾向の事を言います。プラスを知るためにはマイナスが必要です。人から冷たくされると人の優しさや温かさが分かるように、両方があってはじめて意味があるのです。どちらも有難いもので、1セットなんです。ですので、夜が明けると、朝が来て、温かい朝日によって癒されるように、苦しみを乗り越えたらその先に幸せや楽しさが待っていて、それが自然の流れなんです。

かなりのマイナス思考な人は否定的・悲観的に捉える力が凄んです。だからこそプラスに転換した時に物事を肯定的に捉える強い考え方を手に入れることも可能なのです。簡単に言えばレベル1のマイナスしか知らない人がプラスに転換してもレベル1のプラスしかわからないけど、レベル10のマイナスを知った人がプラスに転換するとレベル10ものプラスが手に入ると言うイメージです。辛い思いや一生懸命努力した後の感動は素晴らしいですよね!?

そういう事です。

それ以外にもマイナス思考のおかげで最悪の状態を回避できる場合もあります。例えば「こうなったらどうしよ・・」「ああなったらどうしよ・・」と最悪の状態を考えることが出来ますのでもう一歩踏み込んで「こうなったらどうしよ・・。こうしよう!」「ああなったらどうしよ・・。ああしよう!」と考えることが出来るのがマイナス思考の大きなメリットです。つまりマイナス思考のおかげで最悪の状態をしっかり回避できるので安全の為にも必要な事なのです。

マイナス思考の改善方法

では何故、マイナス思考が頭に勝手に浮かんでくるのか?それは先ほど無意識からマイナス思考が促されていると書きましたが、では何故、無意識からマイナス思考がどんどん出て来るのか?それは無意識は味方ですから安全にためにマイナス思考を促すのです。つまり味方である無意識が安全の為に「こうなったらどうしよ・・。こうしよう!」と最悪の状態を考えられるようになって!とメッセージを送ってきてくれるのです。

それなのに「こうなったらどうしよ・・」で止まっていては勿体ないです!自分に必要なことだからマイナス思考が出てきているのです。「こうなったらどうしよ・・。こうしよう!」は最初の「こうなったらどうしよ・・」は最悪の状態をイメージしていますね。「こうしよう!」は最高の状態をイメージしますよね。極端な話ですが「殺されたらどうしよう・・。よし戦おう!」とか「怒られたらどうしよ・・。よし結果がどうあれ誠実に対応しよう!」という感じです。

そう、マイナスをバネにプラスを手に入れることが出来るのです。マイナス思考はコインの表裏のようにプラスに気づいてって教えてくれるものです。それがマイナス思考のメリットでもありマイナス思考の改善方法です。改善するにはマイナスの中からプラスの視点を見つけ出すことなのです。

その逆でも良いです。プラス思考トレーニングを行い、日々「よし!やろう!」と言葉に出してから行動し、プラスをイメージしながらその反対のマイナスはどんなことかな?とイメージしながらトレーニングをすることも良いですね。「よし!運動しよう!」は「体の不調の辛さなどを」があるから「よし!運動しよう!」の楽しさや有難さがわかるんだなぁってことです。

大事なことはマイナスもプラスも大事にしてバランス良い思考をすることです。体もトレーニングをすることでバランスよく美しく見みえやすいように、思考もトレーニングをして癖をつけることで自分の本当の考え方にしてしまえば無意識のうちにプラス思考になることも出来るでしょう。

ネガティブな人にも魅力を感じるのは大事なことに向き合っているからだと私は個人的に思います。楽しければいいだけでは偏り過ぎていると思います。やはり大事なのはバランスです。

まずは、変わるためには魔法の様に今すぐ変わることは出来ないので「繰り返して習慣にする」ことで変わっていけると覚えておいてください。繰り返すことを忘れてしまう方には「プラス思考トレーニング」をおすすめします。毎日メールが届くので忘れずにトレーニングが出来ます。

プラス思考トレーニング(120日連続メール)詳細

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)