認知症の人にみられる「物盗られ妄想」は必ずしも「すべてが妄想」というわけではない場合もある。周囲の温かい心が認知症の人の心に、強く生きる希望をもっていただくキッカケになるのではないでしょうか。

認知症の人にみられる「物盗られ妄想」は必ずしも「すべてが妄想」というわけではない場合もある。周囲の温かい心が認知症の人の心に、強く生きる希望をもっていただくキッカケになるのではないでしょうか。

認知症の人にみられる「物盗られ妄想」は必ずしも「すべてが妄想」というわけではない場合もあります。周囲の誰かが「相手が認知症だからバレないだろうと思い実際に盗んでいる」可能性もある。認知症の方のご家族の方は「妄想と断定しない」ことも大切です。その人なりの言いたいことがあるのです。

以下の文章も読んでみて下さい。

統合失調症の人の妄想も、認知症の人の「物盗られ妄想」も、「その人なりの、言いたいことがある」という視点で心の声を聴こうとすれば、言いたいことが見えてくるかもしれません。

認知症の人の「物盗られ妄想」は、最初に書いたように、周囲の誰かが「相手が認知症だからバレないだろうと思い実際に盗んでいる」可能性があり、そのことを訴えたいのかもしれない。そういった場合は、本当にそういうことがあるのか確認が必要ですから、監視カメラなどを設置することも大切なことです。映像は嘘をつきませんので。

動体検知で録画する監視カメラアプリ「Cambush」は動体検知で録画してくれるアプリです。

以下もおすすめです。

「妄想」に対するは「確かなこと」です。

それでもし、周囲の誰かが「相手が認知症だからバレないだろうと思い実際に盗んでいる」のならば、これは犯罪ですから、証拠と共に警察に行ったほうが良いかと思います。

認知症の人の「物盗られ妄想」は、こういった被害に何となく気づいているのにうまく言えないのかもしれませんし、過去の記憶(過去に盗まれて悲しかった、辛かった記憶)で言っている場合もあるでしょう。辛い記憶から「誰かの所為」にしてしまっている場合もあります。

あとは、記憶障害や思考能力の低下によって「自分で移動させたことを覚えていない」場合もあります。

いずれにしても、周囲の人が、優しく、1つ1つゆっくり話を聞いて、心の声を聴くようにしながら、「確かなこと」を探すことが大切です。

ただ、気をつけていただきたいのは、認知症の人が持っているお金や、宝石、貯金、そういったものを狙う者がいないわけではないということ。つまり、「相手が認知症だからバレないだろうと思い実際に盗んでいる」可能性がありますから、そういったことも踏まえて、「守ってあげる」ことが大切です。

そういった、周囲の優しさ、親身になって確かなことを見つけようとする姿勢、そういった温かい心が認知症の人の心に、強く生きる希望をもっていただくキッカケになるのではないでしょうか。僕は、そう思います。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)