→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

トラウマを思い出して涙が出る人は変わるチャンス!! 悪意のある嘘つきに傷つけられてきた人は心を解放しよう!

未分類(仕分け前)

トラウマを思い出して涙が出る人は変わるチャンスです。つまり、トラウマの根の部分を解消するチャンスでもあるのです。蓋をしても後で思い出したり、一生、その繰り返しの場合もあります。それは根本解決ではないからです。本当の意味で解決をするなら、忘れようとして誤魔化すのではなく、無意識下にアクセスし、トラウマという未処理の情報(サヨナラ・モンスターでいうモンスターのこと)を処理する必要があります。

しかしそれは苦しいです。時間もかかります。僕もかなり苦しかったです。一時期はもうダメかと思いました。他人にどうにかしてもらいたい人や、他者責任の人には無理だと思います。僕が販売している「トラウマ転換ウォーキング」のレビューにこんなのが投稿されていました。

神奈川県のとある心理士(左派軍団)のトラウマに関する意見に否定的な(健全な意味での)記事を書いた後、パートナーが「トラウマ関連のレビューに嫌がらせしてくるんじゃない?」と言っていた後(記事を書いて数日後)に、これが書かれていました。この者(左派心理士)かどうか確実なことはわかりませんので、それはとりあえず置いといて・・・。

健全なことを悪いことかのようにすり替えて書くこういう匿名って、今の時代、有害でしかないから(多くの人が亡くなっているから)、レビューを実名性にした方が僕は良いと思います。そうすることで、加害者に責任を教えることが出来ますので、世の中から無責任な誹謗中傷が減ると思います。実名と住所を公開した上で同じことが言えるか? 悪いことをしていないと思うのなら言えるでしょう。しかしこういった者は悪いことをしているとわかっているから匿名で変なことを書くのでしょう。堂々と名前と住所を出して書いてみれば良いのに。

このような「えるんすと」という者は、無断転載禁止という健全なことに否定的、他者責任で、わからないことを自分で調べることもしない人です。このような人(犯罪肯定・他者責任・クレクレ君)の場合は、僕が販売している方法などは向きませんので、心理カウンセラーを探して心理カウンセリングを受けて傾聴してもらうと良いと思います。そして無断転載、これは犯罪です。犯罪(著作権侵害・公衆送信権の侵害は他人を傷つける行為)はよくないということもわからないのかな。有害なレビューから悪影響を受けてしまう人もいると思うので、一応、僕がこの記事でお伝えしておきます。

無断転載は、著作権侵害(「複製権」(著作権法21条)および「公衆送信権」(同法23条)の侵害)に該当します。

著作権侵害に対しては、「10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金」が科され、またはこれらが併科されます(同法119条1項)1引用文献:SNSへの画像転載はどこから違法になるのか?|@DIME アットダイム(https://dime.jp/genre/1212323/)

「えるんすと」という者は犯罪に対して肯定的な人だから、トラウマを克服しようと前向きに一生懸命取り組んで良い変化を起こしている人々の心が見えない人なのではないでしょうか。また「タイトルにこれはひどい笑」と書いている通り、本当にその通りだなと僕は個人的に思います。「レビューは投稿者自身の心を表している自己紹介!あまり気にするな!: 嫌がらせレベルの悪い投稿(中傷レビュー)は投稿者自身の邪悪さだ!加害者は恥を知ることで成長できる。 | 菅原隆志 | Kindle本 | Kindleストア | Amazon」でお伝えしたよう、自己紹介をしているのです。無断転載禁止という健全なことに否定的(犯罪行為に肯定的)なのは本当にひどいことだと、僕は思います。Amazonのレビュー欄は子供たちも閲覧出来る場です。自分の発言が健全かどうか、もう少し考えて投稿された方が良いと僕は思いますね。

そして僕はそういうのを相手にしたくありません。ぬるま湯に浸かったままではなく、本当の変化を起こす人たちに、本気になって情報を届けています。無断転載禁止(犯罪はしないでね!それがあなたのためにもなるから)という健全なことに否定的、そして他者責任で、自分で調べることもしない、僕個人としては「ちょっとひどい人だな」と思います。そういった心の持ち方では、よくなることはありえないと思います。今まで見てきた中で心の深い部分を変えた人たちは、自己責任で、自分で調べて、Nさまのように社会意識が高く、犯罪を肯定しない人たちでした。よくなっていくということは人間らしさの司令塔がしっかりする必要があります。この司令塔の中に犯罪抑制に関する部位もあるため、この部位が弱ると犯罪に肯定的になりやすいのです。

成長する人たち、成長しようと思い始めた人たちの足を引っ張るのはやめていただきたい、と思いますね。迷惑だし、邪魔だと感じています。それで何が楽しいの?と思います。自己成長しない言い訳でしょ。情けないと思う。自分の所為なのに、その自分の心を他人や他人の作品に投影して、わかる人はわかっているんですよ。自己紹介だって。早く気づいて成長してほしいものです。

自己責任で勇気を持って取り組む人だけが、自分の力で大いなる変化を起こせるかもしれないのです。そこにはいろんな葛藤や、苦しみ、努力、色々あるのです。すごい深さがあるのです。そして「親への恨みはでっち上げ」に投稿された下記のレビュー。

作ったばかりの怪しいアカウントで根拠のない中傷レビューを投稿して、必死に周りに「思わせたい」という臭いを漂わせていると感じますが、「親への恨みはでっち上げ」には他者操作に関する真実を書いています。悪質なでっち上げや虚偽記憶に関しても書いています。ですから他人の所為にし続けて他者操作をする人ほど否定的になるのです。操作されてきた人には役立つ可能性がある情報です。苦しみから抜け出すためのすごく大事なことです。だから、こういったレビューが来るのもの想定内でした。どんな他者操作をする人が否定的レビューを投稿してくるのかなー? と思っていました。

「親への恨みはでっち上げ」のように、すごい大切なことを書くと、必ずや現れるのです。それを良くないと言う者が。これは覚えておいた方が良いです。下記の哲学者の言葉をご覧下さい。

十人が十人とも悪く言う奴、これは善人であろうはずがない。だからといって十人が十人ともよくいう奴、これも善人とは違う。真の善人とは、十人のうち五人がけなし、五人がほめる人物である

孔子(中国の思想家、哲学者)

僕が善人という意味ではなく、これは「すごい大切なことを書いた場合」においても同じなのです。すごい大切なことを書くと、支配者が否定してくるのです。だから金儲けのためにやる場合は、僕のようにすごい大切なことを書かないようにして万人受けすることを書くのです。だけどそれは言い換えたら「欺く」ということです。詐欺師です。金や名誉の為にみんなを間違った道、或いは、成長出来ない道へと誘導するわけですから、僕は好きじゃないですね。否定が来ても良いからすごい大切なことを書きます。

話は戻りますが、否定的なこの方のレビューにある言葉。

「”とても浅い内容です。”」←あなたの心が浅いからそう見えるのだと思われます。僕は自分で書いて、すごい深みを感じます。他の人は「親への恨みをなくすために最も大切なこと」と言いました。またある人は「親の所為にして生涯正当化を図りたい人は猛反発するでしょうね」と言いました。

「”自分の話や抽象概念が多く、具体的な手立てはほぼありません。”」←あなたには「方法」が見えなかったのです。そして高い視点で物を捉えての内容ですから抽象度を高くして書いています。そっちの方が「気づき」が起こりやすいタイプの人もいますので。特にこのテーマは人類全てに共通することですから、具体的なものは避けた方が良いかもしれないのです。そして自分の話を書くことで、混ぜて、ヒントにしてもらいたくて書いてるのです。あなたに関係ないでしょう。なんだろうか。しかも購入者じゃないレビュー投稿。

次に高評価の方のレビューから。

”本書は他人からの支配に気づき、初めて自分のために怒り、大切な自分自身を取り戻すために前を向き始めた方々の助けになる方法が、順序良く書かれています。” ← この方には「大切な自分自身を取り戻すために前を向き始めた方々の助けになる方法が、順序良く書かれている」ということが「見えた」のです。

わかりますか? 人は自分の性格や心でものを見て、見たいように見たいものだけを見ているのです。自分の心が見たくないものは見えない。ですから低評価を投稿した人には方法が見えず、高評価を投稿した人には方法が見えるのです。同じ本なのに・・・。これがわかれば投稿者がどんな人か、よくわかりますよね。これに関しては「レビューは投稿者自身の心を表している自己紹介!あまり気にするな!: 嫌がらせレベルの悪い投稿(中傷レビュー)は投稿者自身の邪悪さだ!加害者は恥を知ることで成長できる。 | 菅原隆志 | Kindle本 | Kindleストア | Amazon」を読んでみて下さい。

つまり彼は、僕の本のレビューに「自己紹介」をしているのです。例えばですが、「私はこれからも親のせいにし続けたいんだ!他者操作もしたいんだ!こんな本出すなよ!気づく人間増えたらどうするんだよ!方法?そんなもの見たくもないわ!ないわ!みんなにもないって思わせたいわ。仲間に協力させて「役立った」を押させるわ」という感じだと思います。YouTubeでの嫌がらせの1つに低評価をグループで押して印相操作するというものがあり、既にYouTubeは対策をして低評価数を非表示にして表現者を守っています。Amazonは遅れていて、嫌がらせで役立ったを押させるものに対策がなされていません。加害者の手口はいつも同じです。知り尽くしてしまったら面白いです(笑)。

話は戻りますが、後者のレビュー方は、心で、僕の文章を読んでくれたのだと思います。「親への恨みはでっち上げ」は、まだまだ僕の心の傷に関することもあるため、うまく表現出来ない部分や、書いているとかなり苦しくなる部分もあった一冊です。そこから「”心を込めて懸命に書かれているなあと感じました。”」と、込めた思い、心を読み取ってくれたのは、すごい人だなと思いました。大きな心、高い視点、広い視野、高い視座を持っている人なのだと思いました。「親への恨みはでっち上げ」の意味がわかる人は、大きな心、高い視点、広い視野、高い視座を持っている人です。それは沢山のことを乗り越えて成長してきた人なのです。

「親への恨みはでっち上げ」
・親への恨みを克服するために大切なこと
・虚偽記憶や他者操作に関すること
・隠れている邪悪さ
こういうことに触れていますから、つまり操作的な加害者や支配者にとって「面白くない内容」になるのです。そして本当に抜け出したい変わりたい、という人には役立つかもしれないのです。

話は戻りますが、自己責任で勇気を持って取り組む人だけが、自分の力で大いなる変化を起こせるかもしれないのです。他人を操作したがる人は、その段階では無理です。代わる人たちは、そこにいろんな葛藤や、苦しみ、努力、色々あるのです。だからこそ、PTGに繋げることが出来るかもしれないのです。

PTSD(Post Traumatic Stress  Disorder=心的外傷後ストレス障害)
PTSG(PTG)(Post Traumatic Stress  Growth=心的外傷後ストレス成長)

だから、、、トラウマを思い出して涙が出る人は変わるチャンス!!なのです。本当に苦しいから涙も出るのです。苦しいフリをして甘い汁を啜っている加害者は嘘泣きをします。その涙は本当に苦しんでもがいている人の涙とは違います。泣き方や表情に明らかな違いがあります。その違いの一部は(https://hbol.jp/pc/142328/)をご覧下さい。犯罪捜査にも生かされているものです。これは本当です。僕自身、今まで「策士レベルの嘘つき」を見てきたことがありますが、彼らの演技は天下一品です。嘘泣きも得意です。多くの大人が騙されます。しかし、犯罪捜査にも生かされている情報にあるような違いがあります(それ以外にもある)。よく観察をするとわかります。本当の涙と、嘘泣きは、違いがあるのです。本物は本物にしかないものがあるのです。本当の苦しんで、心から泣いた人、情動性のある涙を見たことが多い人ほど、嘘泣きを見分けることが出来るようになるのです。

悪意のある嘘つきに傷つけられてきた人は心を解放しよう!

心の傷は成長に繋がります。涙が出てくるということ、本当の自分の気持ちに素直になって、自分の感情に気づき、自分の心と向き合う良い機会です。涙が出る、大切なことです。健康にも良いです。下記の曲を聴いて下さい。歌詞にあるよう、”涙の数だけ”強くなていけるのです。泣いた数だけ、人の精神は強化されていくのです。自分の心に素直になれた人たちは強いです。

僕も、成長の邪魔をする加害者や犯罪者たちから嫌がらせを受けてきて、沢山傷つきました。だけど今、「書くこと」を通して更に精神が強化されたことを感じています。書くことが癒しになることについて、最前線の研究者である、テキサス大学オースティンの心理学者ジェームズ・ペンネベーカー博士は「書くことで精神が強化されて免疫力も高まる」と言っています。人間不信だった僕でも、「最前線の研究者は本当のことを言っている…、研究者って素晴らしいな。研究という表現方法はとても素敵なことだ」と思うようになりました。サヨナラ・モンスターを創る前まで、研究者のことでさえ殆ど信じていませんでした。だからいつも独自のことばかりでした。専門用語を嫌っていました。使わないようにしていた部分もありました。人間不信だったからです。何が専門家だよ、、、なんて思っていたこともありました。どいつもこいつも中途半端でいい加減なことばかり言っている心理士ばっかで、世の中どいつもこいつも嘘つきばかり、または右ならえな奴ばかりだと。だけど、自分自身の心の苦しみが解放されたことをまとめて、サヨナラ・モンスターにして、その後に、海外の研究を見つけるたびに、サヨナラ・モンスターと同じことが書かれていました。沢山ありました。喜んでパートナーに「ほら見てこれ!」と何回も見せたりもしていました。自分が確信したことと同じことを研究者が言ってくれていたから、研究者にも真っ当な人間が沢山いると信じることが出来たのです。研究者って本当に素晴らしいと思います。人間不信な人間に確かなことなどで勇気を与えている人たちです。本当に素晴らしいと思う。

下記の引用文をお読み下さい。

研究者は、自らが生み出す専門知識や技術の質を担保する責任を有し、さらに自らの 専門知識、技術、経験を活かして、人類の健康と福祉、社会の安全と安寧、そして地球環境の持続性に貢献するという責任を有する2引用文献:研究者の行動規範(https://www.i-port.or.jp/gaiyou/document/kihan001.pdf)

書くことが癒しになることについて、最前線の研究者である、テキサス大学オースティンの心理学者ジェームズ・ペンネベーカー博士などは、まさに、、、「”自らの 専門知識、技術、経験を活かして、人類の健康と福祉、社会の安全と安寧、そして地球環境の持続性に貢献するという責任を有する”」という責任を全うしている人間であると僕は思います。本物ですね。本物の研究者だから、本当の意味で心の深い部分を書くことで癒すことについて研究し、確かなことを世の中に残してくれているわけです。そして僕のような人間不信だった人間が、自分の成長を通してその研究結果に出会った時、それまでの自分の努力などに対し、更なる価値を感じれるのです。つまり、研究者たちは、多くの人々に勇気を与えているのです。その勇気が前記した引用の「”人類の健康と福祉、社会の安全と安寧、そして地球環境の持続性に貢献”」に繋がっているのです。研究者って、多くの人々の親ですね。

 

さっき、サヨナラ・モンスター公式サイトに、2つの記事を投稿しました。大切なことを書いています。是非、読んでみて下さい。

1記事目:誰でも読めます。

深い心の苦しみを解消するには心の滞りを表に出すこと!
心の滞りの解消が基本 サヨナラ・モンスターの購入者さまにお伝えしたいこと、それが「心の滞りを表に出すことが全ての基本である」ということ。出来ればこの言葉をメモしたりしてお忘れないようにして下さい。トラウマが癒やされるのも、心の苦しみが減るの...

2記事目:サヨナラ・モンスターの公式サイトで会員登録されている方のみ読めます。

日記を書くことでトラウマへの理解力を上げよう!!(世界トップクラス最前線の研究者の言葉あり)
日記を書くことはトラウマを理解するのに役立つ ニューヨークタイムズのヘイリーフェラン氏の記事に、書くことが癒しになることについて最前線の研究者である、テキサス大学オースティンの心理学者ジェームズ・ペンネベーカー博士(Pennebaker, ...

トラウマを思い出して涙が出る人は変わるチャンス!! 勇気を持って、自分の親になろう! その心を育みましょう!

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    引用文献:SNSへの画像転載はどこから違法になるのか?|@DIME アットダイム(https://dime.jp/genre/1212323/)
  • 2
    引用文献:研究者の行動規範(https://www.i-port.or.jp/gaiyou/document/kihan001.pdf)

あなたの「言葉」と「URL」を残す。