EQ(心の知能)の4つ能力の1つ「感情の利用」について

未分類(仕分け前)

これからの時代において必要なのはIQではなくEQと言われています。EQは「心の知能」のことで、「感情を上手に管理して、利用する力」のことです。このEQは4つの能力に分類されています。4つの能力に関して詳しいことは「今、「EQ」はリーダーの必須スキル 行動を変えることで自ら高められる」をご覧下さい。詳しく書かれている素晴らしい記事でわかりやすいです。

この記事でお伝えしたいことは、EQ(心の知能)の4つ能力の1つ「感情の利用」についてです。

感情を利用して深い部分にある認知を変える

感情の利用、これは問題解決の為に感情を創り、利用する能力です。感情は問題解決力をかなり高めてくれるのです。だから感情を利用しないのは非常に勿体無いのです。例えば、サヨナラ・モンスターの付属ツールで書き出していき、まとめる際に、未処理未消化の感情を見つけて感じきることもしますが、それも感情の利用なのです(認知を変える為に感情を利用している)。サヨナラ・モンスターの付属ツールの作業は、自分の心の問題を解決する為の作業です。心に問題を抱えている、それは基本的には認知の問題です。深い部分にある認知の問題です(スキーマも)。そのため、深い部分の認知に変化を起こすことで良い効果が期待出来るのです。その為にサヨナラ・モンスターでは感情を利用しています。未処理未消化の感情を見つけて感じきる、、、これも感情を創って利用するということなのです。認知に働きかける為に行っています。だからサヨナラ・モンスターの取り組みで、EQが高まることも期待出来るのです。

EQを高めるトレーニング(感情トレーニング)

次は、エモーションプラス(第二版)です。この方法もEQを高めることに役立ちます。EQを高めるトレーニングとして使えます。僕自身IQは120以上で高くなったのですが、肝心のEQがかなり低かったです。ネットで見つけたEQテストをやってみたのですが、結果は、日常生活に支障をきたすほどの悪い結果でした。言うなら、感情知能障害レベルでした。感情の知的障害のような。自分の気持ちも人の気持ちもわからない人間でした。皆様の方が高いと思います。しかしエモーションプラスの取り組みをしてからは、一般レベルのEQになりました。僕としてはかなり高まったのです。サヨナラ・モンスターとエモーションプラスで高まったのです。繰り返しますが、EQは「心の知能」のことで、「感情を上手に管理して、利用する力」のことです。サヨナラ・モンスターとエモーションプラスでやること、それがまさに感情を上手に管理出来るようになり、利用することが出来るようになる取り組みなのです。

エモーションプラス(第二版)は、感情トレーニングです。これは、日常生活の中に自然な形で組み込んでお使い下さい。コツを掴めば簡単です。この感情トレーニングをした日と、全くしない日を比べてみて下さい。エモーションプラスで感情を創っている方がやる気が出ますし、身体も軽くなっていると感じる人もいます。心が充電されたように感じる人もいるでしょう。感情は「心の燃料」です。心の燃料がないと、燃え続けることがないので、すぐに燃え尽きてしまうのです。だから自分の行動や目的達成を支える為に、自ら積極的に感情を創って、利用していくことが大事なのです。それがエモーションプラスです。

今のところペーパーバック(紙の本)が人気

エモーションプラスは9800円くらいで販売していますが、サヨナラ・モンスターを公式サイトで購入した方のみ、無料でPDFをダウンロード出来ます。サヨナラ・モンスターの購入者の方でダウンロードしたい方は「購入者専用サイト」にログインをしてダウンロードして下さい。どうしてもペーパーバック(紙の本)が良いという方は、Amazonの方でご購入下さい。先日売れた分は全てペーパーバックでしたので、PDFファイルよりもペーパーバック(紙の本)の方が良いという方が多いかもしれません。

早速、今日1日、感情を創って利用してみよう!

この記事であなたにお伝えしたいこと、それは、「感情を上手に管理して、そして感情を創って、自分の問題解決の為に利用していこう」ということです。もし僕が、この感情を創ることや感情の利用をしてこなかったとしたら、今まで起きた数々の心の良い変化(認知の変化等)、親への恨みを克服して感謝を持ったことなど、全てが上手くいかなかったはずです。それほど心の問題を解決していく為に重要なことなのです。

心の問題の多くは感情の問題です。だからEQが高まる方が、それらの問題を解決しやすくなり、それを通して別の問題も解決しやすくなるのです。結局は心の問題を解決できないが為に、病んで回復出来ず、或いは絶望感から自死を選択してしまうのです。これがすごく怖いことなのです。ゆっくり読んで下さいね。感情は心の燃料であり行動を促します。絶望も感情です。絶望感を創ってしまうと自殺という行動を起こしやすくなるのです。これに関してはエモーションプラス(第二版)の第3章「自死・自殺・絶望・希望」と「絶望感を創る曲」をお読み下さい。この意味がわかるとエモーションプラスで感情を創る方法はシンプルなのに効果的であることがわかると思います。逆に希望感情を創ることが出来れば自殺を防ぎやすくなるのです。また誹謗中傷を受けて心が折れてしまう人は、加害者によってネガティブな感情を創られてしまっているとも言えます。それを超えたポジティブ感情を創り出す力が弱い為、誹謗中傷加害者に負けてしまうのです。誹謗中傷加害者がネガティブ感情を抱かせようと仕掛けてきても、自分の感情を創る力の方が高ければ加害者に翻弄されません。だから僕は、青汁王子などのように誹謗中傷で心が折れてしまった人たちにも、このエモーションプラスを実践して欲しいと思っています。上に立つ人間は必ず、何らかの攻撃を受けることになりますから、感情を創って利用することは必須と言えるのです。感情は良くも悪くも人を動かす燃料です。だからこそよく考えて、創って利用出来るようにならないといけないのです。もし心の問題を自分の力で解決する力があったなら、或いは、その力を高める生活習慣だったなら、最悪の結果を防げたかもしれないのです。それほど重要なことです。

繰り返しますが、感情を創って、感情を利用して、問題を解決していきましょう! エモーションプラスを手に入れた方は、ちゃんとやっていますか? 覚えてしまえば、ものすごく簡単なことですから、何かをやるときにそれに相応しい感情を創るようにしましょう。そしてその感情を利用して問題解決力に繋げれば良いのです。そしてその自分の良い変化を、どんな小さなことでも良いので書き出すのです。絶対に書いて下さい。書くことでしっかりと自分に刻まれていくので(アウトプットで学習効果を高める)、成長しやすくなります。どうせ書くなら、レビューで書いてくれたら僕も嬉しいです。だけどレビューだけではなく、自分の良い変化はメモ帳やエクセルなどでまとめておいて下さい。サヨナラ・モンスターをやっている方は、サヨナラ・モンスターの付属ツールの「まとめ」に書いて下さい。その時も感情を創ることを忘れないで下さい。感情を創ることで、心に保存されやすくなります(記憶の定着)。

早速、今日1日感情を創って感情を利用して、それによる良い変化を観察してみましょう! 感情は創れば創るほど、その力が高まっていきます。今自分がやるべきこと、それにはどんな感情が必要なのか? 役立つのか? それを考えて、エモーションプラス(第二版)の「第3章 感情を創って使おう」の方法で感情を創ると良いです。感情を創らない人間は、すぐに流されます。他人に流され、意気消沈して、目的を見失い、心の海で漂流することになるのです。漂流しないために、目的をしっかり持ち、感情を創り、感情を利用し、そして信念レベルに落とし込んでいく必要があると言えます。そしてそれを上手く使う為に、脳の前頭前野(人間らしさの司令塔)をしっかりさせる必要があるのです。この記事のアイキャッチ画像にあるように、IQとEQ、どちらも大事なのです。IQとEQがバランス良く高まる総合知性が大事な部分です。

難しく考える必要はありません。まずは、EQ(心の知能)の4つ能力の1つ「感情の利用」を実践すれば良いのです。これは、「感情を上手に管理して、そして感情を創って、自分の問題解決の為に感情を利用していく」ということです。エモーションプラスの方法で感情を創って利用すれば良いのです。何に利用するか? 何でも良いのです。料理するときでも、掃除するときでも、サヨナラ・モンスターの取り組みの時でも、何にでも感情は使えます。例えば愛情を創り、込めて、料理をする。感謝の気持ちを創って手紙を書く、闘志を燃やして練習や試合をする、感情は何においても役立ちます。早速、感情を創っていきましょう!感情を創らないと抜け殻みたいになってしまうこともありますし、ネガティブ感情を抱かせようとする加害者に負けます。強者は皆、自分で感情を創っていますよ! 弱者は感情を与えてもらおうと待っています(子供の状態)。大人は自ら感情を創って利用するのです。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。