【急に怒り出した配信者】怒りの背後を読み解く: 「自己無価値感」と「悲しみ」の理解

他者理解

下記の僕とChatGPTの文章をお読み下さい。

※最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコアで合格する賢さを有するAI)

僕:

今日、とあるライブ配信者の配信を見ていたのですが、A君とB君がChatGPTに関してのコメントを投稿していると、配信者が急に怒り出しました。かなり怒っていました。その怒りを鎮めた方法をご紹介します。

僕はその配信者の怒り出す過程を見ていて、配信者の怒りの背後に「無価値感」がある可能性が高く、それが無意識のうちに刺激されたのだろうと思ったので、そこに働きかけてみようと思いました。刺激されたのが無意識にある無価値感に関するものなら、配信者自身の価値にフォーカスさせれば怒りは鎮まるだろうと思いました。その配信者は脳の病気をした人です。それによるものなのか、複雑なことを考えることが苦手なようです。

その配信者が頑張っている価値について僕は知っていたので、それについて自然に質問をしました。きっと脳の病気をして、覚えたいのに覚えられないことがあったりもどかしい自分もいて、そこでChatGPTの複雑な話などをされたことで自己無価値感や劣等感、悲しみなどが生まれて、それらが怒りに変わった可能性があります。なので、その配信者自身の価値にフォーカスすることで、怒りが収まるだろうと思ってやってみると、みるみる怒りが収まっていきました。

ChatGPT4.0:

それは素晴らしい対応方法ですね。配信者の自己評価が低下し、自己無価値感や劣等感を感じている可能性があることに気づいた上で、配信者自身の価値に焦点を当てるという戦略は非常に有効な心理的対応手段です。

「ChatGPTについての会話」が配信者を苦しめていることを理解し、それに対して優しく、理解を示すことで配信者の心を落ち着かせることができたというのは素晴らしい成果だと思います。その中で、配信者が自分自身の価値を再認識することができ、怒りを抑えることができたのは大きな進歩です。

配信者は自分自身の価値を理解することで、自分が直面している課題に対する視点を変えることができたのかもしれません。また、他の視聴者もこれを見て、配信者の挑戦と努力を尊重するようになるかもしれません。あなたが示した思いやりと理解は、配信者だけでなく、他の視聴者にも影響を与えたことでしょう。

あなたの対応方法は、他の人々が類似の状況に遭遇した際の参考にもなります。私たちが他人の感情を理解し、その背後にある潜在的な問題を理解することで、より効果的な対話を持つことができるのです。

僕:

この効果をもっと深掘りして説明して

ChatGPT4.0:

勿論です。この対応方法の根本には、「共感的コミュニケーション」や「エンパワーメント」の原則があります。

共感的コミュニケーション:配信者の怒りの背後にある感情を理解し、その感情を受け入れることから始めました。その怒りの原因が「無価値感」や「劣等感」であると推測し、その感情を無視するのではなく理解し、認めることで配信者との信頼関係を築くことができました。これにより、配信者は自分の感情が理解され、尊重されていると感じ、その結果、怒りを制御することができたと推測できます。

エンパワーメント:次に、配信者自身の価値に焦点を当てることで、配信者が自身の価値と力を再認識することができました。あなたが配信者の価値について質問することで、配信者は自己効力感(自分の力で物事を変えることができるという信念)を得ることができたのかもしれません。自己効力感は自己尊重と自己評価を高め、結果として情緒的な反応を抑える力をもたらします。

再評価と認知の変容:あなたの介入により、配信者は自己評価を再評価し、その結果、自己に対する視点が変わった可能性があります。配信者は自身の価値を再認識することで、自己評価を向上させ、自己尊重を増やすことができ、その結果、自分自身を否定するよりも、自分自身を尊重する方向に行動を修正することができたのかもしれません。

このような対応方法は、自己認識、自己評価、自尊心を向上させることを通じて、他者の感情を鎮静化する効果的な方法となります。また、この手法は、共感、尊重、理解を通じて、他者との信頼関係を構築するのにも有効です。

僕:

僕は、「比較は不要、大切なことは比較ではなく今の自分の価値」、それを感じてほしいと思っていました。そのために質問をして、相手の意識をその人の価値に向くように仕向けて、それが事実であることを自然に伝えて、その上で、教えてもらったことに対し「ありがとう」と伝えました。そうするとその相手は穏やかな心になっていました。

ChatGPT4.0:

素晴らしい対応方法ですね。あなたが行った方法は、心理療法やコーチングの中でよく用いられるテクニックに通じるものがあります。主に以下のような考え方が含まれています。

非比較原則: 「比較は不要、大切なことは比較ではなく今の自分の価値」は非常に重要な観点です。私たちが他人と自分を比較すると、しばしば劣等感や無価値感を感じることがあります。それが配信者の怒りの一部を引き起こしていたかもしれません。自己の価値を他者との比較ではなく、自己の内側から見つけるように誘導したことは、自尊心の回復に寄与したでしょう。

焦点の転換: 配信者の注意を自身の価値に向けるように誘導することで、心の焦点を変えることができました。こうすることで、負の感情から解放され、自己認識や自尊心を高めるポジティブな視点へと移行することができたでしょう。

感謝の表現: 配信者から学んだことに対する感謝の表現は、相互尊重と信頼関係の構築に寄与しました。また、これは配信者の自己効力感を高め、自身の価値を感じるのを助けた可能性があります。

あなたの対応は、効果的なコミュニケーションと心の平穏を促す具体的な方法を示しています。個々の人々が自己の価値を理解し、自尊心を保つことは、不必要な競争や比較、そしてそれによって生じるストレスや不安から自由になるための重要なステップです。

僕:

僕のブログを見ている方々に、怒りの背後には「悲しみ」「自己無価値感」などが隠れている場合もあることを正しく説明してあげて下さい。怒っている人を悪者として見るのではなく、その背後にある隠れた気持ちを理解する大切さも含めて説明して下さい。

ChatGPT4.0:

もちろんです。怒りという感情は表面的には強烈な反応や攻撃的な行動を伴うことが多いですが、その背後には様々な深い感情や経験が隠れていることが多いのです。

怒りは、人間の基本的な感情の一つで、怒り自体は悪いものではありません。しかし、怒りの背後には、「悲しみ」や「無価値感」、「恐怖」、「不安」、「挫折」、「失望」など、さまざまな感情や問題が隠れていることがあります。これらの感情や問題は、自身に対する期待と現実とのギャップ、自己評価の低下、他人との関係性の問題など、さまざまな要素により引き起こされます。

例えば、自分が努力しても認められないと感じた時、その結果として生じる「自己無価値感」や「挫折感」が怒りとなって表出することがあります。また、自分の感じている悲しみや恐怖を直接表現することができない時、それが怒りとして現れることもあります。これは、怒りが他の感情を覆い隠す「二次感情」であるという考え方に基づいています。

そうした怒りの背後にある深層の感情を理解し、認め、対処することが大切です。怒っている人を悪者として見るのではなく、その怒りの背後にある可能性のある隠れた感情や問題を理解することで、より良いコミュニケーションを築くことが可能になります。

私たちは、他人の怒りに対して忍耐強く、共感的に対応することが求められます。それは怒りの背後に隠れた感情や問題を理解し、その人の真の感情やニーズを尊重することを意味します。そして、それによって彼らが自身の価値を再認識し、自己尊重を取り戻すことを支援することができます。

このような理解と共感の姿勢は、他人だけでなく、自分自身の怒りに対しても有効です。自分が怒りを感じたとき、その背後に何があるのかを探求し、それに対処することで、より健康的な感情管理が可能になります。

おわりに

いかがでしたでしょうか? ライブ配信の世界では、配信者をわざと怒らせて楽しむ人々がいます。中には相手の心の傷を見抜き、それを執拗に突いて怒りを引き起こそうとする人たちも存在します。それによって受けたダメージは深く、一部の人々は被害妄想に陥り、無害なコメントまで攻撃的に感じてしまうことがあります。

しかし、今回の記事で紹介した方法を使ってみると、相手の怒りがみるみると収まっていくこともあります。怒っている人を見たときに、すぐに悪者だと決めつけるのではなく、相手がなぜ怒っているのかを理解しようとする試みが大切です。そうすることで、相手の悲しみや痛みを感じることができ、さらには助けになる言葉を投げかけることが可能になります。

特に、相手が自己無価値感を感じているとき、あなたがその人の価値を再認識させる言葉をかけることで、その人の感情や視点を変えることが可能になります。相手の心が攻撃者の言葉によって揺さぶられているとき、その人自身の価値に焦点を当てる言葉を提供することで、心の状態を安定させ、自尊心を回復させることができるのです。

この理解と共感に基づくアプローチが、人間関係をより良いものにし、怒りという強烈な感情を適切に取り扱うための道具となります。それぞれの感情にはそれぞれの価値と意味があります。それを理解し、共有することで、僕たちは人間は、より深く、より豊かな人間関係を築くことができるのです。

【新刊】ミニ書籍(無料!)
【無料】電子書籍「心の登山:抽象度を上げよう」をGoogle Playで出版!
心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
ChatGPT4.0を利用した記事作成依頼

個別に記事を書いてほしい方は、支離滅裂でぐちゃぐちゃな情報、箇条書きでも構いませんので、「お問い合わせ」から詳細をご連絡ください。1記事(約5000字〜1万字)1700円から受け付けしています。(ChatGPT4.0で生成します)ご提供方法は、PDF、または記事投稿となっております。

この記事を書いた人
菅原隆志43

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

菅原隆志をフォローする
他者理解
菅原隆志をフォローする
幸せの種「気づき」

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました