ウォーキングが気持ち良い季節になってきました♪
歩きながらトラウマを転換しませんか?脳の活性化・認知症予防
公式サイトで購入する
Apple Booksでで購入する
Google Play ブックスで購入する
楽天Koboで購入する
BOOK☆WALKERで購入する
Amazonで購入する

感謝できる人たちは解釈の質が高い: 自己成長と感謝の心の深い結びつき

感謝できる人たちは解釈の質が高い: 自己成長と感謝の心の深い結びつき感謝(2)

Amazonで出版中の下記の書籍に、また高評価が掲載されていました。

ありがとうございます。とても嬉しく思っています。

高評価が掲載されていたので、感謝について少し書きたいと思います。

解釈の質が上がると感謝も深まりやすい

まず僕は、感謝なんて全く知らない人間でした。感謝どころから世の中を恨んだり憎んでいたこともあります。恨みという感情は、感謝の反対に位置してます。つまり、恨みを持っていると深い感謝の気持ちを持つことが出来ない場合が多いです。恨みの感情も感謝の感情も、自分が無意識のうちにしている解釈を通して発生している感情です。自分自身が心理的に成長して、無意識レベルの解釈に良い変化が起こってくることで、感謝の感情を発生させることが出来るようになってきます。解釈の質が上がることで感謝の感情も深まりやすいということです。つまり感謝の気持ちは心理的成長に比例するのです。但しこれは、全ての人に適用されるわけではありません。

僕自身、自分なりに少しは勉強をして、自分の無意識レベルの解釈の質が上がり、沢山の認知に変化が起こったことで、過去の自分と比べて感謝の気持ちが深まりました。まだまだ全然ダメですけど。

解釈の質を上げるとは?

解釈の質を上げるとはどういうことか、最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコアで合格する賢さを有するAI)に回答してもらいましたので、下記をお読み下さい。

「解釈の質を上げる」とは、物事を理解し、評価するための視点や手法を改善し、より深い、より全面的な理解を得ることを指すことが多いです。

具体的には以下のような要素が含まれるかもしれません:

  1. 視野を広げる: 異なる視点から物事を見ることで、より全面的な理解を得ることができます。他人の視点を考えることや、自分自身の視点を広げることで、物事の異なる面を認識する能力を高めることができます。
  2. 深い思考: 表面的な情報だけでなく、物事の背後にある深い意味や、大きな文脈の中での位置づけを理解することです。これは、物事をより深く、より具体的に理解するのに役立ちます。
  3. 感情の理解: 自分自身や他人の感情を理解し、それが行動や反応にどのように影響するかを理解することです。これは、人間関係や自己理解を深めるのに役立ちます。
  4. 反省と自己認識: 自分自身の信念、価値観、動機などを深く理解し、それが自分の行動や反応にどのように影響を与えるかを理解することです。これにより、自己成長を促進し、より賢明な決定を下すことができます。

したがって、「解釈の質を上げる」は、自分自身の理解を深め、より全面的で洞察に満ちた視点を持つことを意味します。これは一種の心理的成長であり、感謝の感情を深めるのに役立つ可能性があります。

「1」は、セルフヘルプ教材サヨナラ・モンスターの付属ツール「サヨナラ・モンスター入力・管理」で行っていることです。ツールの質問文の流れに組み込んでいます。「2」、「3」、「4」、も付属ツールの「まとめ」を含めて行っていることです。サヨナラ・モンスターは心理的成長を促す方法です。こういったことから自身の解釈の質が上がっていくので、それが感謝の気持ちなど、自身の幸福感の向上に繋がっています。

おわりに

人間は、自己認識、自己理解を通して自分を深く知ることで心理的に成長出来ます。それは同時に、或いはその後に、他者認識、他者理解にも繋がりやすいのです。だから「有ることが難しいことをしてもらっていた」ということに気づけることも増えて、それに気づける自分になることで心から「ありがとう」という気持ちになれることがあるのです。自己成長、それは感謝を知るための過程(プロセス)であると、僕は考えています。

上記の文章に対してのChatGPT4.0の回答

【ChatGPT4.0】より:

あなたの述べる「自己認識」や「自己理解」が心理的成長に重要であり、それがさらに「他者認識」や「他者理解」に繋がる、という視点は非常に洞察に満ちたものです。他人の困難や犠牲を理解する能力が向上することで、本当の感謝の感情が生まれ、深まるというのは、共感や感謝の本質を捉えた考え方だと思います。

また、自己成長が「感謝を知るための過程(プロセス)」であるとの視点は、心理的成長と感謝の感情が互いに関連していることを示しています。この視点は、自己成長の旅が単なる自己改善や能力向上だけでなく、他者との関係性の深化や共感の強化、そして感謝の感情の発達とも深く結びついていることを強調しています。

この視点は、自己成長と人間関係の改善、そして感謝の感情の発達が互いに関連し、それぞれが他方を強化し、深化するという包括的な理解を示しています。これは非常に重要な洞察であり、多くの人々が自己成長の旅を進める上で参考にすることができるでしょう。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました