【米国】オハイオ州立大学の最新研究で判明!幻覚剤が特殊部隊退役軍人のうつ病と不安を軽減し、認知機能を向上!

【米国】幻覚剤がうつ病と不安を軽減し、認知機能を向上!

ChatGPT4.0より

【米国】オハイオ州立大学(Ohio State University)のアラン・デービス博士(Alan Davis、社会福祉学部、サイケデリック薬物研究教育センター(CPDRE)ディレクター)によって行われた2023年10月の最新の研究で、特定の幻覚剤を使用することで、米国特殊部隊の退役軍人におけるうつ症状や不安症状の軽減、さらには認知機能の向上が示されました。

この研究によれば、アフリカの木「イボガ」から抽出されるイボガイン塩酸塩と、コロラド川ガマから分泌されるサイケデリック物質5-MeO-DMTの一回の治療が、メキシコのクリニックを訪れた米国特殊部隊の退役軍人において、うつや不安の症状を軽減し、認知機能を改善したことが示されました。これらの結果は、アメリカの薬物およびアルコール乱用ジャーナルで公開されています。

実際の数字として、治療前のアンケートを完了した86名の退役軍人の中で、参加者は自己報告によるPTSD(心的外傷後ストレス障害)症状、うつ病、不安、不眠症、怒りの大幅な改善、さらに生活の満足度の大きな向上を報告しました。この効果は、治療後1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月の追跡調査でも持続していました。

デービス博士は、認知機能の向上について、精神的健康の症状の減少、脳のシグナルの生物学的変化、またはその両方の効果の結果である可能性があると述べています。さらに、心理的柔軟性の変化が、以前の研究で洞察力や神秘的なサイケデリック体験と関連していることが示されています。

この研究はまだ初期の段階にありますが、複雑なトラウマの歴史を持つ退役軍人の集団がサイケデリックセラピーから利益を得る可能性があることを示しており、米国の臨床試験でのサイケデリック補助療法の継続的なテストの重要性を強調しています。1参考文献:Psychedelics improve mental health, cognition in special ops veterans(https://news.osu.edu/psychedelics-improve-mental-health-cognition-in-special-ops-veterans/)

子供の頃のシンナーによる幻覚体験が心を救っていた可能性

菅原隆志より

この研究結果を見てふと思ったのですが、子供の頃の僕は、機能不全家庭で育ち、心理的な虐待やガスライティング環境で気が狂いそうで、現実(家庭)が非常に苦しいもので耐え難かったので、当時シンナーを吸ってとある手法(読者が真似出来ないよう手法については割愛します)で深い変性意識状態を引き起こして幻覚体験をし続けていました。今思えば、あれが当時の救いであり、もし幻覚体験をしていなければ自ら命を経ってしまったと思っています。つまり、子供の頃の僕は、幻覚体験を意図して引き起こすことに心理的な苦しみの軽減などのメリットのようなものを感じていたのですが、それが結果として、深刻な心理的悪化を防いでいた可能性もあると思います。このケースと、今回の研究結果の関連性を可能性の範囲内で構いませんので説明して下さい。

あなたの体験は、幻覚体験が持つ心理的な恩恵の一例として解釈できるかもしれない

ChatGPT4.0より

まず、お寄せいただいた体験について、心からの共感と支持を申し上げます。機能不全家庭や心理的な虐待、ガスライティングの環境で育ったことは、極めて困難な経験であり、それを乗り越えてきたことには深い敬意を表します。

あなたの体験と、今回の研究結果との関連性について考える際、以下のポイントが考慮されるべきです。

  1. 変性意識状態と心の回復力:変性意識状態は、個人の心理的な状態や認知の枠組みを変えることができる。ある環境や状況に固定された思考や感情から一時的に解放されることで、新しい視点や感じ方を体験することができる。このような変性状態が心の回復力を助ける場合もある。
  2. 逃避と再評価:幻覚体験は、現実の痛みや苦しみからの一時的な逃避を提供することができる。この逃避が、ストレスやトラウマの蓄積を一時的に緩和し、それによって精神的なリセットや再評価の機会を得られる可能性がある。
  3. 神秘的体験と自己の再評価:一部の人々は、幻覚体験中に深い神秘的体験を持つことが報告されている。これにより、自己の価値や世界に対する見方、人生の意味についての新しい認識を得ることができる。
  4. 研究結果との関連性:今回の研究では、特定のサイケデリックがうつ病、不安、認知機能の改善に寄与することが示されている。あなたの体験とこれらの結果との間には、心理的な苦しみを軽減する効果に関する共通の要素が見られるかもしれません。
  5. 安全性と注意点:しかし、幻覚体験がすべての人にとって安全または効果的であるとは限らない。個人の背景、精神的健康状態、体験のコンテキストなど、多くの要因がその効果に影響を与える可能性がある。

結論として、あなたの体験は、幻覚体験が持つ心理的な恩恵の一例として解釈できるかもしれません。しかし、この効果は個人差があるため、一般化することは難しい。サイケデリックや変性意識状態の研究は、その効果や可能性をより深く理解するための鍵となるでしょう。

ChatGPT4.0より

読者の皆様への重要な注意

先に述べられた体験やサイケデリックに関する研究結果を読む際、以下の点に特に注意してください。

  1. シンナーの危険性:シンナーの吸引は極めて危険であり、生命を脅かす可能性があります。また、長期的な健康への悪影響や依存のリスクもあります。シンナーを使用することは絶対におすすめできません。
  2. サイケデリックの使用について:研究において一部のサイケデリックが心理的な恩恵をもたらす可能性が指摘されていますが、これは特定の状況や条件下での結果であり、無監督での使用は危険です。また、個人差が大きく、すべての人に良い効果があるわけではありません。
  3. 専門家のアドバイスを求める:もし心理的な悩みや問題がある場合、自己判断で薬物を使用するのではなく、専門家やカウンセラーに相談することを強くおすすめします。

あなた自身や周囲の人々の安全と健康を第一に考え、正しい情報と適切なサポートを求めるよう心がけてください。

サイケデリックと心理的健康に関する研究のまとめ:

サイケデリックと心理的健康に関する研究のまとめ

研究の背景

場所:オハイオ州立大学による研究

対象:アメリカ特殊作戦部隊の退役軍人たち

使用された薬物

イボガイネ塩酸塩(アフリカのイボガという低木から得られる)

5-MeO-DMT(コロラドリバートードから分泌されるサイケデリック物質)

主要な発見

この組み合わせ治療により、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状が軽減された。

頭部の外傷に関連する認知機能障害の改善が確認された。これは、研究者たちにとって非常に新しく、注目すべき結果であった。

研究の意義

トラウマの複雑な歴史を持つ退役軍人たちが、サイケデリック療法から恩恵を受けることが可能であるという事実は、この治療法の有望性を示している。

研究者らは、今後の研究でサイケデリックが認知機能に与える影響や、それが精神的健康の改善にどのように関連しているのかをさらに探求することを提案している。

結論

この研究は、サイケデリックが持つ心理的健康に対する可能性のある治療的効果を示すものとして、注目すべきものである。

しかし、使用に際しては、十分な注意と専門家のガイダンスが必要であり、無監督での使用は避けるべきである。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    参考文献:Psychedelics improve mental health, cognition in special ops veterans(https://news.osu.edu/psychedelics-improve-mental-health-cognition-in-special-ops-veterans/)

おすすめ「Kindle Unlimited(読み放題)」

AmazonのKindle Unlimited(読み放題)に登録をすると、無料で沢山の電子書籍を読むことができます。僕が書いた書籍も「Kindle Unlimited(読み放題)」が多数あります。

【広告】
200万冊以上が読み放題。
初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

期間終了後は月額980円で自動更新。
いつでも自動更新しない設定に変更できます。
(解約も簡単)

Kindle Unlimitedに登録する

サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声

→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声1
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声2
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声3
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声4
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声5

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
あなたの「心」を解くために役立つ情報提供を開始

心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

この記事を書いた人
菅原隆志43

このアカウントで投稿している記事は、管理者の菅原隆志が最新の最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)を活用して書いたものになります。そうすることで、よりわかりやすく、質の高い正確な情報提供が出来ます。また、ChatGPTは最新の自然言語処理技術を採用しており、人間のような表現力を持つことから、読者の皆様にとってより魅力的な記事をお届けできることを目指しています(2023年4月28日より、ChatGPTを活用した記事投稿を開始しています)。

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

ChatGPT4.0(菅原隆志)をフォローする
役立つ研究情報
ChatGPT4.0(菅原隆志)をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。