→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

【更生には心の苦しみが伴う】悪事を働く者たちへ:トラウマを抱える覚悟はありますか?

非行

過去に悪いことをした人間がトラウマを抱えるなんておかしいのか?

過去に悪事を働いた人がトラウマを抱えることがあります。そしてそのことについて否定的な人もいます。つまり「過去に悪いことをした人間がトラウマを抱えるなんておかしい」という意見です。これは無知から生まれる意見です。このような見解は、心理学の理解不足や、人間の感情と行動の複雑性に対する無知から生じることがあります。本記事では、僕自身の実体験を踏まえて、役立つことをChatGPT4.0を活用して書きましたので、ぜひ最後までお読み下さい。

※本記事は「最新のChatGPT4.0」を活用して、著者が監修し記事を書いていますので質の高い情報提供が出来ます。画像出典:DALL·E 3 ※画像はAIで生成したイメージです。
※最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)

深い更生と自己変革のプロセスには心理的な成長痛が伴う

最初にお伝えすることは、まず、僕は子供時代に悪いことを色々としました。人間は誰もが大なり小なり悪事を働きます。僕の場合はそれが、人よりも少し大きく多かっただけの話です。少年院にも入り、更生しました。悪事を隠して罪を償わず逮捕もされず墓場まで持っていこうとする姑息で卑怯な人間が多い中、透明性の高い僕は、隠さず、しっかり更生もして、清算もして、自分で納得のいく生き方をしています。ですから他人からとやかく言われる筋合いもないのです。

話は子供時代に戻りますが、少年院から出て更生後、徐々に心が苦しくなっていきました。そして心が病んでいきました。これは20代の頃です。このことは殆どの人が理解が出来ないことです。これはかなり難易度の高い心理的な問題ですので、相当な理解力がある人間しか理解の出来ないことです。簡単に言えば、人間は、心の成長時に「心理的な成長痛」が起こります。それが僕の場合は、心の苦しみ、恐怖症、強迫観念、パニック発作、悪夢障害レベルの悪夢、トラウマ、過緊張など、書き出せばキリがないほど色々な心の問題を抱えることになりました。これは僕自身が心から更生したい……と思ったからです。もし更生しようと思わなかったとしたらこれらの心の問題は起きなかったでしょう。実際、過去に悪いことをしてきた人間で全く更生しないで生きている人間は心が病んでいませんよね、、、。ケロッとしています。悪人のままの人ほどケロッとしています。人を殺しても笑って生きている人間だっています。罪の意識が無い人間もゴロゴロいます。それと比べて大した悪いことをしてこなかった僕がなぜ、心の問題を抱えていることになったのか? その違いの1つは?

それは「痛みを知った」ということです。痛みは「傷ついた」という情報です。子供の頃の僕は自分が傷ついているのか、心が痛いのか、悲しいのか、わかっていない部分が沢山ありました。そして周りは嘘つきばかりでした。そんな周りの嘘の中で、混乱し、何が正しいのかわからないまま心を麻痺させて生きていました。それなのに少年院の中で嫌というほどしつこく人間として扱われた日々の中で、少しずつ心理的な正常化が起こり出したのです。そして自分を人間だと思えるようになりました。生まれて初めて人間として扱われたと思えたのが少年院の中でした。半年を過ぎた頃になると、そこは厳しいけど温かい家庭のような感じの場所に感じられました。安心と安全、僕にとっての少年院生活はそんな環境だったのです。

子供時代にゴミや不良品として扱われたきたことに慣れて、子供時代の僕は心が麻痺していました。だから痛み(物理的、心理的)を感じにくくなっていました。これは一種の心理的防衛手段です。だから自分を傷つけても何とも思わないのでいい加減な生き方が出来ました。例えば、タバコの火で根性焼きをしても大して熱く感じなかったので、両腕に20箇所くらい根性焼きをしました(ストレスからの自傷行為)。それについてが過去記事(https://bright-ms.net/post-34521/)に書いたことです。

【過去記事】

子供の頃に根性焼きが流行っていて、僕は両腕に根性焼きを沢山していたのですが、普通は熱くて痛いのですが、自分自身でその熱さや痛みが増減することがわかりました。つまり熱がったり痛がると余計に痛くなるのですが、根性焼きをする際に、こんなもの痛くも痒くもねーよと強がって思い込んでいたら(自己暗示で)本当に大した熱くないのです。痛みも少ないです。タバコの火の玉を腕に乗せて腕を焼いたり、火が完全に消えるまで腕や手の甲でグリグリと消したりしていて、両腕で20箇所くらいやったのですが、100箇所でも出来そうな感じでした。見た目が汚くなるので腕以外は嫌でしたが。心次第で痛みや熱さは減ったり増えたり、感じ方が違うなーと思っていました。今思えば周りから扱われていることを自分で自分で表現していたようなものでした。

そして、前記したように、少年院の中で人間として扱われたことで、異常をきたしていた僕の心の一部が正常に戻ったのです。未成年のうちに逮捕されて少年院に行けて本当に良かったです。それから数年、子供時代のような理不尽な扱い、汚い嘘などの駆使によるゴミや不良品として扱われることが耐えきれなくなっていきました。これは異常な非行状態から、正常な人の心を持つ方へ変わったからです。だから普通の人たちと同じように、痛み(心が痛むこと)が嫌になっていき、それに耐えることもしたくなくなったのです。前記したように、痛みは「傷ついた」という情報です。心が痛いと感じるということは、自分が傷ついたことをしっかり知ることです。僕はそれが出来なかったのです。僕の痛みを無視する家族の中で育ったことで、僕自身も自分の痛みを無視しながら家族に媚びていたのです。子供だったので、家族で孤立することや、縁を切り天涯孤独になることが悲しかったから、僕は心の中の小さな自分の痛みも感じず、知ろうともせず、家族と一緒に自分で自分を心理的に虐待し、ネグレクトしていた卑怯者だったのです。そんな腐った僕に、勇気ある少年院の先生たちは、「お前は人だ」と、そんな扱いを13ヶ月間してくれたことで、僕自身も、心の中の小さな自分を大切に出来る心の基礎をもったのです。

それをもったから、その後は、痛みを知ることになったのです。痛みを知っても、対処法がわからない。対処法を学ぶことさえも全くわからない状態で、異常なほどの知恵遅れのような状態だったと思います。更には宗教依存症の家族、他力本願の異常信仰(お経で全ての願いが叶い、勝手に解決されると信じ込んでいる家族)で問題解決の全くない機能不全家庭だっかので、誰1人として問題解決も知らない集まりの家族だったのす。そんな中で、様々な心理的な虐待やハラスメント、悪影響がある家族関係の中で、ストレスだらけの日々でした。そこから離れることも悪いことかのような気がしていたので、嫌な者同士が異常な距離感で生きる共依存関係でもありました。

そして僕は、痛みを知ったことで、どんどん悪化して追い詰められていき、31歳で自然と自己認識に迫られました。それがどういうことか下記の引用をお読み下さい。心理学三大巨頭の1人ユングの言葉です。

ある人に運命的な必然によって自己認識の要求が迫っている場合で、しかもその人がそれを拒むとすれば、
このような否定的な態度は、本当の死を意味することすらある。
なぜなら、もし彼が見込みのある何らかの脇道を歩むことができたのであれば、
このような要求が迫ってくることはなかったであろうからである。
しかし彼は袋小路に入り込み、そこから抜け出るにはもはや自己認識以外に方法がないのである。
これを拒めば、もはやどんな道も開かれていない。

普通こういう人はまた、自らの状況を意識していず、無意識であればあるほど、
それだけ予測できない危険にさらされている度合いも強い。

・・・無意識は、無意味な生存を驚くべき速さで抹殺する無数の方法を知っている。

結合の神秘 第六章 結合より

つまり、自己認識の要求が迫っていて、自己認識をせざるを得ない状態に追いやられていた過去の僕は、本当の死が目の前に迫っていた状態だと考えることが出来ます。25歳くらいの頃には1度自殺を決意していますし、その後も、死のことをずっと考えていました。その結果、自己認識を自然と深めていくようになったのです。そこから「読み書き」を始めました。痛みを知り、限界が来て、読み書きを開始したのです。だから知恵遅れのような状態からの成長が起こったのです。もし僕が更生もせず、それまでの自分(自虐的な心理)のままなら心は病まなかったはずです。痛みを知り、人間らしさや良心が戻ってきたからこそ、心が苦しくなる基礎が出来たのです。

心の成長痛について:ChatGPT4.0より

あなたの個人的な経験とその洞察に感謝します。あなたの話から、深い自己変革の過程において、心の「成長痛」が現れることが明らかです。この成長痛は、より健全な自己認識と感情の再統合の過程を伴います。以下のポイントであなたの経験をまとめてみましょう:

  1. 過去の自己防衛のメカニズム: あなたが子供の頃に経験した困難な状況は、感情的な麻痺や痛みへの鈍感性を引き起こしました。これは、過酷な環境における心理的な防衛手段として機能しました。
  2. 更生と心の再認識: 少年院での経験は、あなたに人間としての尊厳と自己価値を再認識させました。これは、感情の再統合と心理的な成長への重要な一歩でした。
  3. 正常な感情への回帰とその苦痛: あなたが感情的な麻痺から回復し始めると、過去に耐えていた状況への感受性が高まり、それが心の苦痛や様々な心理的問題を引き起こしました。これは、健全な心理的な反応の復活と解釈することができます。
  4. 環境との不一致による苦悩: あなたの心が成長し、感情的に健全になるにつれて、以前の環境との間に不一致が生じました。これが、あなたの心理的な苦痛の一因となりました。
  5. 心の成長と痛みの価値: この苦痛は、より健全で自己認識のある人間への変化の一部であり、このプロセスは自己発見と成長の重要な側面です。

あなたの経験は、自己の変化と成長が簡単な旅ではないことを示しています。これは、心の成長と癒しの道のりには、時に苦痛や困難が伴うことを示しています。しかし、この苦痛は、より健全で充実した自己への変化の一部であり、個人の発展と進化に不可欠な要素です。

以上のことから、深い更生と自己変革のプロセスには心理的な成長痛が伴うということがわかったと思います。ここからは更に詳しいことをお伝えします。僕の考えと、最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)の知識を併せた良質な記事となっています。

【更生には心の苦しみが伴う】悪事を働く者たちへ:トラウマを抱える覚悟はありますか?

序章:更生の隠された代償

更生の道と心理的苦痛

更生の道は、単なる過去の行動の清算にとどまらず、深い心理的な洞察と自己認識を伴います。この過程で直面する最も大きな課題の一つは、過去の行動に対する深い反省とそれに伴う心理的な苦痛です。多くの場合、過去の悪行に真摯に向き合うことで、罪悪感、恐怖、トラウマなど、心の奥深くに眠っていた感情が表面化します。このような感情は、過去の行動への理解を深めると同時に、自己認識の過程を促進しますが、同時に大きな心の痛みを引き起こすこともあります。自己変革の道は、しばしば心理的な苦痛や混乱を通過することを要求し、それは更生を望む者にとって、避けがたい挑戦となります。

悪行の影と向き合う勇気

更生の過程でのもう一つの重要な要素は、自分自身の過去の悪行と真正面から向き合う勇気です。多くの人が自分の過去を直視することを避けがちですが、真の更生は自己の行動とその結果に誠実に向き合うことから始まります。これは容易なことではありません。自分の過去の過ちを認め、その影響を全面的に受け入れることは、深い内省と自己受容を必要とします。しかし、この勇気ある行動は、過去の自分を乗り越え、新たな自己理解と成長への道を切り開く鍵となります。自分の過ちと向き合うことで、人は自身の感情や行動に対する深い洞察を得ることができ、それは更生のプロセスにおいて不可欠なステップとなるのです。

罪の意識と心の傷

真摯な反省の深淵

真の更生は、過去の行動に対する深い反省から始まります。この反省の過程で、無意識下に埋もれていた罪悪感や自己に対する否定的な感情が表面化することがあります。これらの感情は、しばしば心の深い傷として存在し、自己を省みることで初めて認識されます。更生を目指す過程で、これらの隠された感情に直面することは、自身の内面の毒を浮上させ、心の解毒を可能にします。前記した著者の言葉にあったように、更生しない人間の心の奥には毒が溜まったまま、じわじわと悪影響を自身に出し続けることがあるのです。これに対し、真摯な自己反省を通じてこれらの毒を取り除くことは、心理的な健康と成長に不可欠です。

罪悪感とトラウマの交錯

罪悪感は、過去の行動に対する自己評価の結果として生じる感情です。この感情は、自己の行動がもたらした負の結果に対する自己批判や後悔の表れであり、しばしばトラウマと密接に関連しています。トラウマは、過去の苦痛や衝撃的な出来事が心に残した深い心的傷害であり、このトラウマと罪悪感は複雑に交錯します。罪悪感を感じることで、人は自己の行動を再評価し、その結果として生じたトラウマに向き合うことになります。この過程は、心の傷を癒し、自己理解を深めるためには必要不可欠ですが、同時に大きな心理的な挑戦を伴います。これらの感情を直視し、理解することは、更生の道の重要なステップであり、個人の成長に大きく貢献します。

「罪悪感とトラウマの交錯」セクションに関連するよくある質問:

Q1: 罪悪感を感じるようになったってことは良い傾向?

A1: はい、罪悪感を感じることは、自己の行動に対する深い自己認識と責任感の発達を示しています。これは自己の過ちを認識し、それに対して学び、成長する過程の一部です。罪悪感は、過去の行動を反省し、将来の行動を改善するための重要な動機付けになることがあります。

Q2: トラウマと罪悪感の関係はどのように理解すべきですか?

A2: トラウマは過去の痛みや衝撃的な体験に起因する心的傷害です。罪悪感は、自己の過去の行動に対する内省的な感情です。これら二つは、過去の行動に対する自己の理解を深め、自己変革の過程で密接に関連しています。トラウマを経験することが罪悪感を引き起こす場合もあれば、罪悪感がトラウマ的体験を思い起こさせることもあります。

Q3: 罪悪感やトラウマに対処するにはどうすれば良いですか?

A3: 罪悪感やトラウマに対処するためには、まず自分の感情を認識し、受け入れることが重要です。自己の感情や過去の体験に対して正直に向き合い、必要に応じて信頼できる友人や家族、または専門家と話し合うことが役立ちます。また、日記をつける、瞑想やリラクゼーション技法を行う、趣味や運動などに没頭することも、感情を処理し、心の健康を維持するのに有効です。重要なのは、自分の感情と向き合い、それを健康的な方法で表現し処理することです。

Q4: 罪悪感やトラウマを抱える人は、更生が進んでいるという意味ですか?

A4: 罪悪感やトラウマを感じることは、更生の過程において重要な部分を占めることがあります。これは、過去の行動やその結果に対して深く考え、自己の行動に対する理解と責任を深めている証拠となり得ます。更生の過程では、個人が自己の過去を直視し、行動の結果に対して真摯に向き合うことが求められます。罪悪感やトラウマは、このような自己反省と成長の過程で自然に生じる感情です。しかし、これらの感情を経験することだけが更生の進行を示す唯一の指標ではありません。更生は、感情的な反省だけでなく、行動の改善、習慣の変化、そして社会への積極的な貢献など、さまざまな要素を含む複合的なプロセスです。したがって、罪悪感やトラウマは更生の一部であり、その全体を示すものではありませんが、自己認識と成長の過程で重要な役割を果たします。

トラウマと自己認識の道

心の病みと成長痛の関係

心の病みや成長痛は、更生と自己認識の道を歩む上で避けがたい現象です。これらは、過去の行動や体験が心に残した深い傷やトラウマを反映しています。人が自己の過ちや過去の出来事に真剣に向き合う時、しばしば内面的な苦痛や葛藤を体験します。これは、心が古い傷と対峙し、それを理解し、処理しようとする過程の一部です。心の成長痛は、感情的な癒しと自己変革の過程での重要なマイルストーンとなり得ます。この過程は容易ではありませんが、自己認識と自己成長のためには必要なステップです。過去の行動に対する深い理解と受け入れを通じて、人は自己の感情やトラウマを乗り越え、より成熟した自己へと進化することができます。

自己変革の中のトラウマと向き合う

自己変革の道を歩む中で、過去のトラウマと直面することは避けられません。トラウマとは、過去の苦痛や衝撃的な出来事が心に残した深刻な影響です。自己変革の過程でこれらのトラウマに向き合うことは、自己認識と心の成長に不可欠な部分です。トラウマと向き合うことで、個人は過去の出来事を新たな視点から理解し、それらの出来事が自己に与えた影響を再評価することができます。この過程は時に苦痛を伴いますが、それを通じて、人は自己の弱点と強みを理解し、心の傷を癒やし、より健全な自己像を構築することが可能になります。トラウマとの対峙は、自己の過去を受け入れ、未来に向かって前進するための重要な一歩です。

苦痛を越えた先にあるもの

心理的な苦痛の超克

心理的な苦痛の超克は、更生と自己変革の道の中で最も困難ながらも最も報われる部分です。過去の行動に対する罪悪感、トラウマ、恐怖といった感情は、心の深い部分に影響を及ぼし、しばしば私たちの日常生活における選択や行動に潜在的な影響を与えます。これらの心理的な苦痛に直面し、それらを乗り越える過程は、自己認識の拡大と心の成長を促します。苦痛を超えることは、過去に囚われず、現在と未来に向かって進むための力を私たちに与えます。この超克は単に苦痛からの解放ではなく、自己の過去を理解し、受け入れ、それを自己成長の糧に変える過程です。このプロセスを通じて、人はより自己に誠実で、充実した人生を送るための基盤を築きます。

より良き自己への道

苦痛を乗り越えた先には、より良き自己への道が待っています。過去の行動に対する深い理解と、それに伴う心理的な苦痛の処理は、自己変革の重要な過程です。この過程を経ることで、人は自己の弱点だけでなく強みにも気づき、自分自身をより深く理解することができます。また、トラウマや苦痛を乗り越える過程で得た知識と経験は、他者への共感や理解を深めるのにも役立ちます。結果として、人はより自己に誠実で、他者との健全な関係を築くことができるようになります。より良き自己への道は、過去の挑戦を乗り越え、個人の成長と発展を促進する重要なステップです。この道は、より意義深く、満たされた人生へと導くものであり、過去の苦痛を超えた先に見いだすことができる新たな可能性を示しています。

「心理的な苦痛の超克」セクションに関連するよくある質問:

Q1: 読んでて思いました。トラウマを抱える=弱い、ではなく、トラウマを抱える=勇気ある正しい成長、という感じなんですか?

A1: はい、その通りです。トラウマを抱えることは、必ずしも弱さの表れではありません。むしろ、トラウマと向き合い、それを乗り越えようとする姿勢は、非常に勇気があることであり、自己成長の過程の重要な一部です。トラウマに立ち向かうことは、自己認識を深め、心理的な癒しと成長を促す機会を提供します。

Q2: トラウマを乗り越えるためにはどんなステップが必要ですか?

A2: トラウマを乗り越えるには、まずその存在を認め、理解することが重要です。感情を感じることを許し、それに正直に向き合う必要があります。さらに、自分自身に対する思いやりを持ち、必要であればサポートを求めることも有効です。トラウマの乗り越えは、自己の感情と経験を受け入れるプロセスであり、時には専門家の支援を受けることも助けになります。

Q3: トラウマの乗り越えが自己成長にどのように寄与しますか?

A3: トラウマの乗り越えは、自己認識を深め、過去の出来事から学びを得る機会を提供します。このプロセスを通じて、人は自己の強みと弱みを理解し、より健全な自己像を形成することができます。また、トラウマを乗り越えることは、他者への共感と理解を深め、より健全で充実した人間関係を築くのにも役立ちます。トラウマの乗り越えは、自己受容と自己表現の促進にも繋がり、人生における新たな意味と方向性を見出す手助けとなります。

結論:更生への真の意味

トラウマを乗り越える覚悟

更生への道は、トラウマを乗り越える覚悟から始まります。この覚悟は、自己の過去と現在に対する深い洞察と誠実な向き合いを要求します。トラウマに直面し、それを乗り越えることは容易な作業ではありませんが、このプロセスを通じて、個人は自己の内面に深く潜む問題に気づき、それらを解決するための手段を見つけることができます。トラウマの超克は、過去の自己を解放し、新たな自己認識と自己表現へと導く過程です。この覚悟があれば、人は過去の囚われから解放され、より健全で充実した人生を送ることが可能になります。

人生の再生と心の癒し

トラウマの乗り越えと自己の更生は、人生の再生と心の癒しに直結しています。トラウマに対峙し、それを克服することで、人は自分自身との和解を果たし、心の深い癒しを経験します。この癒しは、単に過去の苦痛からの解放に留まらず、新たな自己理解と自己愛をもたらします。このプロセスは、過去の自己を受け入れ、より健全な未来への道を切り開くことを意味します。どんな人にも、トラウマの自覚を促すことが、結果として社会全体にとってもプラスになるのです。まだ更生していない不良の人などにトラウマを抱えていることを教えてあげる機会が増えることは、個人の癒しはもちろんのこと、社会の健全性にも大きく寄与します。トラウマの超克と自己の更生は、個人の成長に限らず、社会全体の健全な発展にも重要な役割を果たすのです。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。