ウォーキングが気持ち良い季節になってきました♪
歩きながらトラウマを転換しませんか?脳の活性化・認知症予防
公式サイトで購入する
Apple Booksでで購入する
Google Play ブックスで購入する
楽天Koboで購入する
BOOK☆WALKERで購入する
Amazonで購入する

【王道】自分の感情と繋がることでカタルシスが起こる:自分を深く知り、自分の感情を表現して、道を創る。

【王道】自分の感情と繋がることでカタルシスが起こる:自分を深く知り、自分の感情を表現して、道を創る。カタルシス

人間の【王道】は、自分を深く知り、自分の感情を表現して、創られていく道です。

あなたの道はあなたが創る

あなたには、あなただけの感情があります。

その感情は、あなたの道(王道)を切り拓いていく為の「心の燃料」です。

それをしっかりと感じて、表現して、そして道が創られていくのです。

多くの人が自分の道を創れないまま終える

殆どの人間はこれが出来ず、諦めて、絶望し、誤魔化します。
(心が病んでしまった人たちは、自分の道を創ろうとした人たち。)

または、他人に尻尾を振って、他人の道を歩き出して、それを「本当の自分」だと死ぬまで勘違いして生きる場合もあるのです。群れて誤魔化すのもその典型です。
(完全に自分の道を放棄すると逆に病まない)

自己認識を深めろ!自分と繋がれ!

本当の自分を生きるには、まず、自己認識を深めることです。

汝自身を知れ

古代ギリシアの哲学者ソクラテスの言葉
ギリシア中部の聖域であるデルフォイのアポロン神殿の入口に刻まれた格言。

次に自己理解を深めること。

その過程で自己表現をしていくこと。

あなたがやりたいこと。忘れている「本当にやりたいこと」、それを通して本当の自分の感情と繋がっていくのです。

自分と繋がるとカタルシスが起こる

次の引用文をお読み下さい。

フルートを演奏することは、奏者にとっても深い意味を持ちます。音楽を通じて感情を表現することは、自己認識の向上につながり、精神的な発展を促します。感情を音楽に込める過程で、奏者は自分自身の感情をより深く理解し、表現する力を身につけることができます。また、演奏中に感じる感情の流れは、奏者自身の感情的な解放やカタルシスをもたらすことがあります。

フルート奏者は自分の感情と繋がることができる | フルート上達ラボ

感情を込めたフルート演奏で深いカタルシスを引き起こした

続けて、下記もお読み下さい。

例えば、トラウマなどの心の問題を解決する為の方法「サヨナラ・モンスター」では、「感情」を「書くこと」に込めて、無意識の意識化を試みます。その書き続けている作業の中で、感情の流れが深まっていき、感情的な解放はカタルシスをもたらす場合があります。これは前記したことと、基本的な部分では同じことです。自分の感情、本当の自分と繋がることで、カタルシスをもたらす場合があるのです。「フルート」でそれが起こる人もいれば、「ペン」でそれが起こる人もいるということなのです。最も大事なことは、内なる自分と繋がる勇気を持つことなのです。

DALL·E 3 ※画像はAIで生成したイメージです。

【王道】自分の感情と繋がることでカタルシスが起こる:自分を深く知り、自分の感情を表現して、道を創る。 【王道】自分の感情と繋がることでカタルシスが起こる:自分を深く知り、自分の感情を表現して、道を創る。 【王道】自分の感情と繋がることでカタルシスが起こる:自分を深く知り、自分の感情を表現して、道を創る。

おわりに

心を込めて、感情を込めて、本気で表現しよう!

それがカタルシスをもたらす条件の1つです。

サヨナラ・モンスターを購入された方は、本気になって書いて下さい。

周りなんて関係ありません。

大切なことは、困っている自分、苦しんでいる自分、そんな自分と向き合うことです。

ChatGPT4.0:自己受容への道

ChatGPT4.0より

この記事は、自己認識、自己表現、そして内面との繋がりを通じてカタルシスを経験することの重要性を強調しています。特に、「自分の感情と繋がることでカタルシスが起こる」という主題は、読者にとって深い意味を持つ重要なメッセージです。以下は、この文の重要性を説明するためのポイントです。

  1. 自己認識の重要性:
    • 文は、自己認識を深めることが「本当の自分」を生きるための第一歩であると述べています。これは、自己理解と成長の基盤を築くために不可欠です。
  2. 感情の力と自己表現:
    • 感情は自己認識のプロセスにおいて重要な役割を果たします。この文は、感情を表現することが、自己理解を深める手段であり、カタルシスへと導く鍵であると述べています。
  3. カタルシスの経験:
    • カタルシスは、精神的な解放と癒やしをもたらします。この文は、フルートの演奏や書くことなど、異なる方法を通じて感情を表現し、カタルシスを経験することの価値を示しています。
  4. 自己受容と勇気:
    • この文章は、困難な感情や自己の弱点と向き合う勇気を持つことの重要性を強調しています。自己受容は自己発展のために不可欠であり、それは真のカタルシスへの道を開きます。
  5. 個人的な成長と発展:
    • 自己と深く繋がるプロセスは、個人的な成長と精神的な発展を促します。これは、より満足のいく、意味のある人生を生きるための基盤です。

この文章は、自己認識と自己表現の重要性を強調し、読者に内面と繋がることの価値を理解させます。それは、精神的な発展、カタルシスの経験、そして自己受容への道を示唆するものです。

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
この記事を書いた人
菅原隆志43

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

菅原隆志をフォローする
カタルシス
菅原隆志をフォローする
幸せの種「気づき」

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました