ウォーキングが気持ち良い季節になってきました♪
歩きながらトラウマを転換しませんか?脳の活性化・認知症予防
公式サイトで購入する
Apple Booksでで購入する
Google Play ブックスで購入する
楽天Koboで購入する
BOOK☆WALKERで購入する
Amazonで購入する

ペットロスの書籍を読んでくれた方からいただいた嬉しい言葉

死にたい気持ちになっていた。やっとペットロスから回復してきました。「ペットロスを乗り越える」を出版!カタルシス

ペットロスの書籍を読んでくれた方からいただいた嬉しい言葉

以前ご紹介させていただいたペットロスの書籍を読んでくれた方からいただいた嬉しい言葉をいただきましたので、ご紹介させて下さい。

書籍:ペットロスを乗り越える: 心の供養〜感謝、愛するペットとの別れから学ぶこと(ChatGPT4.0)

「ペットロスを乗り越える」の詳細はこちら
心の供養〜感謝、愛するペットとの別れから学ぶこと(ChatGPT4.0)

書籍:「ペットロスを乗り越える」を読んだ方のレビュー

Nさまより私は続けざまに、猫を2匹なくしました。
失ってから、どれほどの恩恵を2匹から受けていたかに気付き、後悔することがたくさんあり、生まれて初めてペットロスになりました。
ネットでいろいろなペットロスの本を探して読みました。
菅原さんの「ペットロスを乗り越える 心の供養~感謝 愛するペットとの別れから学ぶこと」
に出会って読んだときに、他の本では感じなかった奥深い感動を覚えて、どんどん読み進めました。

筆者も愛するペットをなくされたばかりで、深い悲しみに浸りながらも、立ち直りが早いことや、あれだけの分量の本を書く実力とパワーに感心しました。

内容はすごく濃く、いろいろな観点からとらえて、深く掘り下げられたもので、
幅広い年代(子ども~高齢者まで)の立場の読者に寄り添って書かれています。
ペットロスになった人たちのガラスの心を丁寧に救い上げるような書き方をしている本でした。

ペットをなくして深い苦しみを抱きながらも、余り日が経たないうちにこの本が書けたことは最初は不思議でした。
しかし、次第に理由が伝わってきました。
筆者が本書で繰り返し述べているペットとの別れや亡くなった人を通した「心の供養」を日々続けるうちに、筆者の悲しみが昇華され、ペットへの感謝の気持ちが深まり、ペットと筆者との魂の愛が結実した形として表れたものだと理解できました。
だから、この本を読むだけで、なぜか涙があふれ、温かい気持ちになるのだと、

筆者の根底には愛があります。
ペットロスになる人は優しい人だと言われます。
ペットも優しい人を選んで来たのだと思いました。

これほどの深い絶望感を持つのは、人間とペットとの深い結び付き、純粋な愛の絆があった証拠であり、
その愛を失ったときに、皆、ペットロスになり、罪悪感を持つのだと、私は想像しました。
辛い体験ではありますが、誰でもが体験できないスピリチュアルな意味を持つ、貴重な体験であるようにも思えてきました。

だから、筆者は繰り返し、心の供養を唱え、この辛さをあなたが乗り越え成長したならば、ペットが残してくれた幸せの種からいつか幸福の花が開くよと、言われているのだと思いました。
この本は、悲しみを悲嘆の中に埋もれさせるのではなく、大勢のペットロスを味わっている人々に愛と感謝の光を投げかけてほしいとの、人間とペットからの優しい愛の祈りにも思えてきました。

ただただ、絶望感に打ちひしがれていた私ですが、ここまで考えられるようになり、救いを見い出せたことは、この本のお陰だと感謝しています。
本当に、ありがとうございました。

こういった言葉をいただくと、僕自身も救われた気持ちになります。とても嬉しかったです。

※ここから下はChatGPT4.0を活用した文章です。

深い悲しみを乗り越えるための「サヨナラ・モンスター」の方法論

「サヨナラ・モンスター」の取り組みのように、心の処理を進めることで立ち直りが早くなります。その理由について、最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコアで合格する賢さを有するAI)に解説してもらいましたので、ぜひ、下記もお読み下さい。

サヨナラ・モンスターの取り組みは、無意識の心理的な問題を意識化し、それを文章化して整理することで心の問題を処理するアプローチです。この方法が、ペットロスなどの心の問題に関して、効果的であると言える背景にはいくつかの心理学的な要素が関与しています。

  1. カタルシス効果: 人々は悲しみや怒りなどの感情を表現することで、その感情が和らぐことが知られています。これは、アリストテレスによって最初に提唱された概念で、人々が自分の感情や経験を言葉にすることで、それらの感情の強度が減少すると言われています。
  2. 認知の再構築: 人々は自分の経験や感情を言葉で表現することにより、その経験や感情に対する視点や解釈を変えることができます。この再構築のプロセスは、経験や感情の意味を変え、その結果として、それに関する感情の質や強度を変えることができます。
  3. 自己の再発見: サヨナラ・モンスターの方法は、自己認識や自己理解を深める手法としても有効です。この過程で、人々は自分自身や自分の感情に対する新しい視点や認識を獲得することができ、それにより、自己受容や自己成長を促進することができます。
  4. 音楽と変性意識状態: 音楽は、感情や思考の流れを変える力を持っています。変性意識状態に移行することで、深層の無意識の領域にアクセスしやすくなり、これにより、より深い自己認識や感情の処理が可能となります。

ペットロスのような深刻な心の問題に対して、上述した心理学的な要素を組み合わせることで、サヨナラ・モンスターの方法は効果的に働くと考えられます。特に、自分の感情や経験を言葉にすることで、それに関する感情の強度や質を変える能力は、ペットロスのような深い悲しみや喪失感に対して、迅速な立ち直りを支援する力を持っています。

悲しみを力に変える:ペットロスと感情の解放の道

ペットロスなどの深い心の問題に直面した時、自然とその感情から目を背けたいと感じることがあります。しかし、感情の蓋をする、つまり感情を無視したり抑え込んだりすることは、実際にはその問題を解決するための第一歩とは言えません。それどころか、感情を抑え込むことは、その感情が未解決のまま内部で渦巻き続けることを意味し、その結果として長期的な心のダメージやストレスをもたらす可能性があります。

感情を解放していくことの大切さを理解するためには、感情が心の健康の指標であり、それを表現することが自己治癒の一環であるということを認識する必要があります。感情を表現することで、その感情に関する自分の理解が深まり、自分の心の状態やニーズをよりよく理解することができます。これにより、感情の原因やそれに関連する問題をより具体的に、そして効果的に取り組むことが可能となります。

ペットロスを乗り越えるための具体的なステップとして:

乗り越えのための具体的ステップ
3-1. ペットの思い出を語る
3-2. ペットとの時間を正しく評価する
3-3. 新たな日常の構築
詳細はこちら

これらのステップを踏むことで、ペットロスを乗り越え、新たな人生の章を開始するための準備が整います。

 

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました