ウォーキングが気持ち良い季節になってきました♪
歩きながらトラウマを転換しませんか?脳の活性化・認知症予防
公式サイトで購入する
Apple Booksでで購入する
Google Play ブックスで購入する
楽天Koboで購入する
BOOK☆WALKERで購入する
Amazonで購入する

自己理解の旅へ:泣きたい理由、HSP、思い込みからの解放への実践ガイド

自己理解の旅へ:泣きたい理由、HSP、思い込みからの解放への実践ガイドカタルシス
菅原隆志より

いつもご利用ありがとうございます。先日記事下部に試用で設置してみた「ChatGPT(チャットで質問)」ですが、早速使われている方たちがいましたもで、そのログを元に役立つ記事を最新のChatGPT4.0を活用して書いてみました!(ChatGPTに詳しいことをお伝えして理解してもらって僕の意思を反映させて書いてもらった文章です) かなり的を得た情報提供が出来たと思います! 参考になれば幸いです! また今の時代はChatGPTを活用して誰でもKindle本を出版することも出来ます。著作権侵害をしないやり方で正しくやれば誰でも出版出来ます(これは重要なので各自調べて理解を深めて下さいね!)。あなたも自分が伝えたいことを世界に発信してみてはいかがでしょうか? その表現も心の傷を癒すことや心理的な成長に繋がります。

はじめに:あなたの心の「見えない傷」を理解する

1-1. 記事の目的と対象読者

この記事は、幼少期の未完了のトラウマ、HSPの傾向、自分がなぜ泣くのか理解できない状況、自己否定や過去の思い込み、そしてそれに伴う強い恐怖感など、さまざまな心の問題に直面している方々を対象にしています。本記事の目的は、それらの問題についての深い理解を促し、具体的な対処法や自己理解の方法を提供することにあります。あなたが自分の感情や経験をよりよく理解する手助けとなることを願っています。

1-2. あなたが感じている生きづらさについて

私たちが自分自身の感情や行動を理解できないとき、それは心の内部で何かが違和感を覚えているサインかもしれません。それは幼少期の未完了のトラウマからくるものだったり、HSP(高感受性人間)の特性によるものだったり、あるいは自己否定や過去の思い込みによるものかもしれません。これらの問題は、時に我々が「なぜ泣いているのかわからない」と感じる原因となり、強い恐怖感をもたらすことがあります。それは非常につらい状況ですが、あなたは一人ではありません。本記事を通して、その生きづらさに向き合い、理解し、そして解消する手助けとなることを願っています。

1-3. 読者が経験する可能性のある感情の再確認

本記事を読む中で、あなたが経験する可能性のある感情を再確認します。恐怖、困惑、悲しみ、孤独感、自己否定、または自己理解に至る喜びなど、これら全ての感情はあなたの体験の一部であり、それぞれがあなた自身を理解するための重要な手がかりとなります。この記事を通じて、それらの感情を理解し、自分自身を深く受け入れることができるようになることを期待しています。

菅原隆志より

サヨナラ・モンスターを購入された方は、ありのままを書き出して下さい。ありのままの感情を書くことに深い意味があるのです。

あなたが抱える可能性のある問題:恐怖、HSP、未完了のトラウマ

2-1. 恐怖症の仕組みについて

恐怖は、人間の基本的な感情であり、私たちが危険から身を守るための生物学的な反応です。しかし、適切な理由がないのに強い恐怖感が発生する場合、それは恐怖症と呼ばれます。恐怖症は具体的なもの(例:高所、虫)や状況(例:人前で話すこと)に対する過剰な、または理不尽な恐怖反応です。これはしばしば、過去のトラウマ体験や不安定な感情状態が原因となります。自己理解を深めることで、この恐怖症に対処し、それを乗り越える方法を見つけることが可能になります。

2-2. 高感受性人間(HSP)について

HSP(Highly Sensitive Person)とは、生まれつき感覚入力の閾値が低い、つまり他の人よりも環境の細部や変化に敏感に反応する人のことを指します。音、光、匂い、人々の感情など、HSPの人々は日常生活のさまざまな要素に対して深く感じ取る傾向があります。これは個人の性格の一部であり、治療や改善を必要とする病気ではありません。しかし、理解と適切な自己管理がなければ、これは時として過度のストレスや心の問題を引き起こす可能性があります。

菅原隆志より

僕もHSPの傾向がかなり強いです。2019年の話ですが、「HSP診断テスト – 選ぶだけの簡単セルフチェック(https://hsptest.jp/ )」をやってみました。結果は、HSP度【強】でした。

HSP診断テスト「繊細」さは「素晴らしい能力」です。ありのままの自分を認めることが大事です。認めることで自分の良さがどんどんわかってきます。僕の場合は繊細さを活用しています。

2-3. 幼少期の未完了のトラウマとは何か

幼少期の未完了のトラウマは、子供の頃に経験した心の傷が、成長しても解決されずに残っている状態を指します。このトラウマは、虐待、ネグレクト、親の離婚、親の病気など、さまざまな出来事から生じることがあります。その出来事自体がトラウマであることもありますが、その出来事によって引き起こされた感情(恐怖、悲しみ、怒りなど)が適切に処理されなかった場合も、それはトラウマとなります。この未完了のトラウマは、大人になっても自己否定、恐怖感、人間関係の問題などの形で私たちに影響を与えます。それを解決するには、まずその存在を認め、それと向き合うことから始まります。

泣く理由、思い込み、本音の探求

3-1. 人はどんな時に泣くの?

泣くという行為は、多くの感情が高まったときに起こります。喜び、悲しみ、怒り、恐怖、感動など、様々な感情が引き金となることがあります。特に、自己否定や思い込みによるストレスや、過去の未解決のトラウマからくる強い感情が高まったときには、涙がこぼれ落ちることもあります。これは、感情が溢れ、体がその感情を外に出そうとする自然な反応です。涙を流すことで、一時的にではありますが、感情の圧力が和らぐことがあります。

3-2. 自己否定や他の思い込みを見つける方法

自己否定や思い込みは、しばしば自分自身が自覚していない形で存在します。これらを見つけるためには、自分の思考や感情、行動を客観的に観察することが有効です。特に、ストレスを感じる状況や、自分が不快に感じる人間関係、反応を見るときには、自己否定や思い込みが現れやすいです。そのような状況で自分がどのように考え、感じ、行動するかを記録し、それを振り返ることで、自己否定や思い込みを見つけることができます。

菅原隆志より

サヨナラ・モンスターの購入者さまは教材本編「必ずメモしておくこと」の作業で見つけることが出来ます。

3-3. 本音がわからず困る理由と解決法

本音がわからないと感じるのは、自分の感情や欲望に直面することが怖い、またはそれを否定してしまう傾向があるためかもしれません。これは、過去のトラウマや自己否定の結果として起こることが多いです。本音を見つけるためには、まず自分の感情や欲望を否定せず、その存在を認めることが大切です。そして、自分自身と向き合い、自分の感情や欲望に耳を傾ける時間を持つことで、本音を見つけることができます。

菅原隆志より

サヨナラ・モンスターの購入者さまは教材本編「必ずメモしておくこと」の作業で見つけることが出来ます。

理解を深め、自分自身を受け入れるために

4-1. 「分かってほしい」という感情を理解する

「分かってほしい」という感情は、深い人間の欲求である「理解されたい」という欲求から生じるものです。それは自分自身が他人によって受け入れられ、認識され、愛されることへの望みを表しています。この感情は特に、自己否定や思い込みによる痛み、過去の未解決のトラウマを抱えているときに強くなります。自己理解を深めることで、「分かってほしい」という感情に対する理解を深め、それが引き起こす痛みを和らげることができます。

菅原隆志より

僕自身もずっと、自分の苦しみを誰かに理解してもらいたいと思っていましたが、勉強をすればするほど、それは無理難題を他人に押し付けることに繋がる場合があると気づきました。自分の人生を生きてきた自分でさえ自分のことがわからないのですから…、他人がわかるわけがありません。自分のことを深く理解出来るのは自分しかいないことに気づきました。そして自分を救うために「やろう」、そう思って自己認識、自己理解を深めると、わかってほしいという気持ちが大幅に減っていきました。自分を理解するのは自分の役目である。僕はそう考えています。

4-2. 自己理解の重要性と「書くこと」の効果

自己理解は、自分の感情や思考、行動を深く理解することで、自己否定や思い込みを取り除き、本音を見つけ出す道を開くものです。自己理解を深めるための有効な方法の一つが「書くこと」です。自分の感情や思考を言葉にし、それを紙に書き出すことで、自己理解が深まります。また、自分の感情や思考を客観的に観察する機会を提供し、それを通じて自己否定や思い込みを見つけ出すことができます。

「書くこと」のプラス効果は、精神科医、カウンセラー、様々な研究等、色々な方が言っている事実です。「書くこと」の素晴らしい効果(研究結果)をご紹介
「書くことの素晴らしさ」をググってみよう 「書くこと(ネガティブな吐き出しも含む)」は、思っている以上に、素晴らしいプラス効果があります。精神科医、カウンセラー、様々な研究等、色々な方が言っている事実です。気になる方は、「書くこと 精神の浄

4-3. 生きづらさの根本原因と向き合うために

生きづらさの根本原因は、自己否定や思い込み、過去の未解決のトラウマなど、自分自身が抱える心の問題にしばしばあります。これらの問題に直面し、それを解決することで、生きづらさは和らぎます。そのためには、まず自分自身の感情や思考を認め、それを深く理解することが必要です。そして、それを「書く」ことで、自己理解を深め、生きづらさの根本原因と向き合う力を養うことができます。

あなたの成長を支援するツール:「サヨナラ・モンスター」と「エモーションプラス(第二版)」

5-1. 「サヨナラ・モンスター」で未完了のトラウマを癒す方法

「サヨナラ・モンスター」は、未完了のトラウマと向き合うための一冊です。この書籍は、無意識の中にあるトラウマを意識化し、それに対処する方法を提供します。それは自分の過去の出来事や感情を書き出すことから始まります。これにより、過去の痛みが今の自分にどのように影響を与えているのかを理解し、その痛みを癒すことができます。自分の心の中の「モンスター」に別れを告げ、自己否定や思い込みから解放され、本音を見つける旅を始めることができます。

5-2. ミハイ・チクセントミハイとフロー状態について

ミハイ・チクセントミハイは、心理学者であり、「フロー」の概念を提唱した人物です。彼によれば、フローとは、一つの活動に集中し、時間の経過を忘れるほど没頭する状態を指します。フロー状態になると、自己否定や思い込みから一時的に解放され、自分自身を表現することができ、生きづらさも感じにくくなります。

菅原隆志より

僕はこのフロー状態のことを「本当の自分と繋がった状態」と考えています。本当の自分と繋がらずしてフロー状態はあり得ないと考えています。このことをChatGPT4.0に聞いてみましょう!

ChatGPT4.0より:
それは非常に深い洞察です。フロー状態は、本当の自分と深く繋がることで生まれると言えるかもしれません。フロー状態は、私たちが自己を超え、瞬間に完全に集中することを可能にします。これは本質的に、自己の中心に対する直感的な接続、つまり「本当の自分」との繋がりを反映しています。

したがって、「エモーションプラス(第二版)」や「サヨナラ・モンスター」のようなツールは、自己理解を深めることで、この「本当の自分」とのつながりを強化する手助けをすると言えるでしょう。そして、その結果としてフロー状態をより容易に、そしてより頻繁に体験することが可能になります。

5-3. 「エモーションプラス(第二版)」を利用したフロー状態へのアプローチ

「エモーションプラス(第二版)」は、感情を創り出し、フロー状態に入るためのツールです。この書籍は、自己理解を深め、感情を表現するための方法を提供します。それは、自分の感情を書き出すことから始まります。これにより、感情を具体的に表現し、それによってフロー状態に入ることができます。自分自身の感情と向き合うことで、自己否定や思い込みを見つけ出し、それを解放する道を開くことができます。

菅原隆志より

エモーションプラス(第二版)でお伝えしているような感情を創り出して入り込んでみて下さい。あのやり方だと、うまくゾーンに入ってフロー状態になれる可能性が大幅に高まると僕は実体験を通して考えています。

最後に:あなただけが自分を深く理解できる

6-1. 自己理解への道のりとは

自己理解への道のりは、自己探求の旅です。それは自分自身の内面に向き合い、自分の感情、信念、価値観を探求することです。自分がなぜ泣くのか、なぜ恐怖を感じるのか、なぜ自己否定をするのか、なぜ思い込みを持つのかを理解するためには、自分自身に深く問いかけ、自己観察を行う必要があります。それは時には痛みを伴うかもしれませんが、その過程を通じて、自分自身をより深く理解し、自己成長を促すことができます。

6-2. 「書くこと」による自己理解の深化の実践方法

「書くこと」は、自己理解を深める有効な手段です。「エモーションプラス(第二版)」や「サヨナラ・モンスター」のような書籍は、感情や経験を文章にすることを推奨しています。それは自分自身の感情や思考を具体化し、視覚化する助けになります。また、書くことによって自分自身の内面を客観的に見ることができ、新たな洞察や理解を得ることができます。

6-3. あなたの心の問題を解決するための具体的なステップ

心の問題を解決するためには、まずその問題を認識し、理解することが必要です。それは、自分自身の感情や思考を書き出すことから始まります。その上で、「エモーションプラス(第二版)」や「サヨナラ・モンスター」のようなツールを用いて、自分自身の思考や感情に深く掘り下げ、それらがどのように自己否定や思い込みを生み出しているのかを理解します。その理解を基に、自分自身の心の問題に対処し、それを解決するための具体的なステップを踏みます。それは自己理解を深め、自分自身を受け入れ、自分自身の感情と向き合うことです。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました