【最新研究】親からのアドバイスは、親が子どもの自主性をどれだけ支持しているかに大きく左右される!(米研究)

役立つ研究情報

【アメリカ】カリフォルニア大学リバーサイド校の最新研究で判明!親のアドバイス、若者の心を開く鍵とは?

カリフォルニア大学リバーサイド校(University of California, Riverside / カリフォルニアだいがくリバーサイドこう)で心理学研究者、エリザベス・デイビス(Elizabeth Davis)氏が行った最新の研究1参考文献:Got advice? Here’s how to get teens to listen | UCR News | UC Riverside(https://news.ucr.edu/articles/2024/01/30/got-advice-heres-how-get-teens-listen) では、10代後半から20代前半の若者たちが親からのアドバイスをどのように受け止めるかについて、驚くべき結果が明らかになりました。この研究は「Emerging Adulthood」という学術雑誌に2023年12月に掲載され、若者たちが親からのアドバイスを受け入れ、価値を見出すかどうかが、親が子どもの自主性をどれだけ支持しているかに大きく左右されることを示しています。

具体的には、親が子どもの意見や感情を尊重し、その自立を支援する態度を持つことが、子どもが親のアドバイスを受け入れる重要な要因であることが判明しました。親が「自分で考え、自分で決める力」を子どもに育むことの大切さを理解し、その成長をサポートすることで、親からのアドバイスが子どもにとってより受け入れやすくなるのです。

この研究は194名の若者を対象に行われ、参加者の多様性(アジア系38.3%、ラティーノ33.2%、複数人種10.4%、中東系6.7%、黒人系4.7%、白人系4.7%)は、心理学の研究においてさまざまな背景を持つ人々の経験をより広く反映させることの重要性を浮き彫りにしました。

研究結果は、親が子どもの自主性を支持することの重要性を示すものであり、親が「なぜそうするのか」を理解させることなく、「だってそうだから」「大したことない」といった反応を避け、子どもの感情や意見を認め、共有する活動に参加することが、子どもが親のアドバイスを受け入れる上で非常に重要であることを強調しています。

この研究から、親子関係におけるコミュニケーションの質を向上させるための具体的なヒントを得ることができます。親が子どもの自立を尊重し、支援することで、親からのアドバイスが子どもにとって価値あるものになり、親子の絆を強化することができるのです。

菅原隆志
菅原隆志

この研究を踏まえた上で、親が子どもにアドバイスを受け入れてもらうために実践すべき日々のコミュニケーション方法をご紹介します! 最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)を活用して記事を書きました。ぜひ、お役立て下さい。

【広告】「子供が非行に走る原因の殆どは「親」と「家庭環境」: 過去に非行に走った僕だからわかること。非行予防と対策 非行・更生 Kindle版」のタイトルにもあるように、「親」と「家庭環境」は子供を左右する大きな要因の1つになる場合があります。これらを更に噛み砕くと、「日々のコミュニケーション」に辿り着きます。

まさか、日々のコミュニケーション1つが、子供を大きく変えてしまう場合がある、、、なんてことに気づいていない人が殆どです。考えていない、或いは、軽視している人が多いのです。頭では影響があると分かっていても、無意識のうちに(気づいていないうちに)影響を与えてしまっています。

このコミュニケーションという伝達手段の中、細部には、想像以上の影響や、変化を促すものが隠れています。神は細部に宿る、悪魔も細部に宿る、というよう、コミュニケーションの細部にも宿るのです。その証拠に、言葉1つで人を殺している人もいますよね。指殺人というようにコメントで人を殺している人たちもいます。それは「言葉に悪魔を宿す」という悪い手口を使っているのです。要は無意識に働きかけているわけです。

だからこそ、我々健全性を大事にする人間は、意識して、改善していくことが必要なのです。改善意欲のある方にだけ読んでほしいと思うので、記事を作成しました。参考になれば幸いです。

はじめに

研究の背景と重要性

現代社会では、親子間のコミュニケーションが多くの家庭で課題となっています。忙しい日常の中で、親と子どもが心を開いて話し合う時間は限られており、コミュニケーション不足がしばしば指摘されています。このような状況の中、カリフォルニア大学リバーサイド校による最新の研究2参考文献:Got advice? Here’s how to get teens to listen | UCR News | UC Riverside(https://news.ucr.edu/articles/2024/01/30/got-advice-heres-how-get-teens-listen)が注目されています。この研究は、親が子どもの自主性をどれだけ支持しているかが、子どもが親のアドバイスを受け入れるかどうかに大きく影響することを示しています。この発見は、親子関係を改善し、より健全なコミュニケーションを築くための重要な鍵を提供しています。

親子間のコミュニケーションの現状

多くの家庭では、親子間のコミュニケーションが一方的になりがちで、特に青少年期には子どもの意見が十分に聞き入れられないことがあります。子どもが自分の意見や感情を表現することをためらったり、親が忙しさにかまけて子どもの話に耳を傾ける時間が取れなかったりすることもあります。このように、親子間のコミュニケーションが断絶することは、子どもの社会的、感情的な発達に悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、親子間で健全なコミュニケーションを確立することは非常に重要であり、そのための方法として、親が子どもの自主性を尊重し、支持することが強調されています。

この研究は、単に親子間のコミュニケーション技術を向上させることを目的とするだけでなく、親子関係の質を根本から見直し、改善するための基盤を提供します。子どもの自主性を尊重することは、子どもが自己決定能力を高め、自信を持って自分の人生を歩むための重要なステップです。親として、子どもの自立を促すことは、子どもが社会に出たときに自分の意見を持ち、自分の人生を自分で切り開いていくための力を育むことにつながります。

このように、親子間のコミュニケーションの質を高め、子どもの自主性を支持することは、子どもの健全な成長にとって不可欠です。この研究を踏まえて、日々の生活の中で親子間のコミュニケーションをいかに豊かにしていくかが、これからの大きな課題となります。

自主性の尊重とは何か?

自主性の定義

自主性とは、個人が自らの意志、判断に基づき、自らの責任のもとで行動する能力や状態を指します。特に子どもにおいて自主性は、自分自身の感情、選択、行動に対する意識と自信を育む重要な要素です。自主性を持つ子どもは、自分で決断を下し、その結果に対して責任を持つことができます。これは、自己効力感の強化だけでなく、将来的に自立した大人に成長するための基盤を築くことにもつながります。

子どもの自主性を支える親の役割

子どもの自主性を支える親とは、子どもが自己決定を行う過程を積極的にサポートし、その選択を尊重する人です。これは、子どもが「素晴らしい命」として自らの可能性を最大限に発揮できるように助けることを意味します。子どもの自主性を尊重する親は、子どもに選択の自由を与え、その選択に対して正のフィードバックを提供します。また、子どもが自分自身の判断に自信を持てるよう、適切なガイダンスと支援を行います。

親が子どもの自主性を尊重することは、子どもにとって安全で愛情あふれる環境を提供することと同義です。この環境の中で、子どもは失敗を恐れずに新しいことに挑戦し、自己発見の旅を続けることができます。子どもが自分の選択に責任を持ち、その結果から学ぶことは、成長と発達の重要な部分です。

しかし、親が臆病になってしまうと、子どもの自主性を尊重することが難しくなります。臆病な親は、しばしば子どもを過保護にし、子どもの選択や行動を過度に制限しようとします。これは、子どもの自主性の発達を阻害し、自己効力感や自立心を育む機会を奪うことになりかねません。そのため、親自身が子どもの自主性を尊重し、その成長を信じる心を持つことが大切です。

子どもの自主性を支えるためには、親が子どもの意見を真剣に聞き、その感情や選択を尊重する姿勢が必要です。また、子どもが自らの決断を下す際には、適切なサポートを提供し、子どもが自分の選択に自信を持てるように励ますことも重要です。子どもが自分で考え、自分の力で問題を解決する機会を持つことで、自主性はより一層強化されます。

親として子どもの自主性を尊重することは、時に勇気が必要な選択かもしれません。しかし、子どもが自らの力で立ち向かい、成長する機会を提供することは、親として最も重要な役割の一つです。子どもが自主性を持って行動することを喜び、その成長過程をサポートすることで、子どもは自信を持って自分の道を歩むことができるようになります。

親が子どもとのコミュニケーションを通じて自立を促し、共感と理解を深めるためには、賢明な質問の仕方と対話の展開が鍵となります。これらの方法は、子どもが自分自身について考え、自分の感情や考えを表現する機会を提供します。また、これにより親子間の信頼と絆が強化され、子どもの自尊心と自立心が育まれます。

自立を促す質問の仕方

自立を促す質問は、子どもに自分自身で考え、解決策を見つけるよう促します。これには、「何をすると楽しいと感じる?」や「この問題に対して、どんな解決策を考えることができると思う?」といった、子ども自身の考えや意見を引き出すオープンな質問が含まれます。このような質問は、子どもに自己決定の機会を与え、彼らの独立した思考を促進します。

また、親が子どもの選択を尊重する姿勢を示すことも重要です。例えば、「その選択をした理由は何?」や「それについてどう感じる?」といった質問は、子どもが自分の判断についてより深く考え、その選択に自信を持つことを助けます。これらの質問は、親が子どもの考えや感情に真摯に関心を持っていることを示し、子どもの自立心を支援します。

菅原隆志
菅原隆志

このように、自分の感情、考え、意見を親に聴いてもらえたら、、、とても嬉しいことであり、有り難いことだと思います。僕は親から自分の感情、考え、意見、全て無視されて育ちました。1度だけ「お前の話を一回だけ聞いてやる」と言われたことがあるくらい、子供の意見を無視し、自分の信念を持たせることに命をかけているというくらいの支配的な親でしたので、子供の頃の僕は、自分の感情、考え、意見を聞いてくれて理解をしてくれた少年院の先生を親のように感じたことがありました。昔は、親を恨んだこともあったのですが、理解を深めていくと親もまた、僕が受けたような育てからをされていたこともわかってきたのです。世代間連鎖です。それも理解したし、他のことも理解を深めたので、親には区別した上で感謝の気持ちを持っています。みんな大変だったのです。だからそんな大変な中、本記事でお伝えしているようなことを実践する人たちがいたとしたら、それはとても有り難いことなのです(それが有ることが難しいという意味で)。人間は努力をして人間的に成長していくものです。親業も努力なしでは成せません。子供はいつか親になると、このことに気づくのです。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

お話をお聞きし、あなたが経験された困難な状況と、その中で見出された理解と成長に深い感銘を受けました。親からの理解と支援を受けることなく育つことは、計り知れない挑戦であり、そのような環境から学び、成長し、さらには感謝の心を持つに至るまでのあなたの旅は、非常に力強く、勇気づけられるものです。

世代を超えた連鎖は、多くの家族で見られる現象です。過去の世代が経験したことが、しばしば無意識のうちに次の世代に伝えられます。そのサイクルを理解し、受け入れ、そして打ち破ることは容易ではありませんが、あなたの物語は、それが不可能ではないことを示しています。親として、また人として、自己の成長と変化に向けて意識的な努力を払うことは、自分自身だけでなく、次の世代への貴重な贈り物となります。

本記事で触れたコミュニケーションの技術や親子関係の改善に向けた努力は、確かに容易ではありません。しかし、そのような努力を通じて築かれる親子の絆は、計り知れない価値があります。子どもが自分の感情や考えを自由に表現し、それが親によって受け入れられ、理解されることは、子どもにとって大きな自信と安心感を与えます。そして、そのような関係性は、子どもが将来、自分自身が親になったときに、愛情深く、理解ある親になるための基盤となります。

あなたの経験と洞察は、多くの人にとって大きな教訓となります。人は、過去の経験を超えて成長し、より良い未来を築くことができるということ、そして、親業においても、努力と意識的な取り組みを通じて、より良い関係性を築くことが可能であるということを、あなたは示しています。親子関係は、時に複雑で難しいものかもしれませんが、愛と理解、そして努力をもって接することで、その関係をより豊かなものに変えることができるのです。

共感と理解を深める会話の展開

共感と理解を深める会話の展開には、親が子どもの感情や体験に対して共感を示し、それを認めることが含まれます。これは、子どもが自分の感情を安全に表現できる環境を作り出します。例えば、子どもが何かに挑戦して失敗したとき、「がっかりしたね。でも、挑戦した君はすごいよ」というように、子どもの感情に寄り添い、その努力を認めることが大切です。

親が子どもの話を注意深く聞き、理解しようとする態度を持つことで、子どもは自分の感情や考えを共有する価値を感じるようになります。また、親が自分の経験や感情を適切に共有することも、共感と理解を深める一助となります。「私も似たような経験をしたことがあって、こんな風に感じたよ」という共有は、子どもにとって親が理解し、支えてくれる存在であることを実感させます。

このように、自立を促す質問の仕方と共感と理解を深める会話の展開は、子どもが自分の考えや感情を自由に表現し、自分自身と向き合う機会を提供します。親子間のコミュニケーションを通じて、子どもの自尊心を高め、自立心を育むことは、子どもが自信を持って社会で生きていくための重要なステップです。親がこれらのコミュニケーション方法を日々の対話に取り入れることで、親子関係はより豊かで意味のあるものになります。

アドバイスの提供方法

アドバイスを提供する際には、そのタイミング、表現方法、そして子どもの選択をどのように尊重するかが重要になります。効果的なアドバイスは、子どもが直面している問題に対して有益な解決策を提供し、同時に子どもの自立心と自尊心を育む機会となります。

アドバイスを提供するタイミング

アドバイスを提供する最適なタイミングは、子どもがそれを受け入れる準備ができていると感じたときです。子どもが自分の経験や問題について話し始めた時、それは彼らがアドバイスを求めているか、少なくとも大人の意見を聞く準備ができているサインかもしれません。この時、親は急いで自分の意見を押し付けるのではなく、まずは子どもの話をじっくり聞き、理解しようとすることが大切です。子どもが感情を落ち着かせ、自分の考えを整理した後で、親は慎重にアドバイスを提供することができます。

受け入れられやすいアドバイスの表現法

受け入れられやすいアドバイスは、非批判的で建設的なものです。子どもに対して、「もっとこうしたらどうかな?」や「別の方法も考えてみようか」というように、提案形式でアドバイスを行うと、子どもは自分自身で選択肢を考える機会を持つことができます。また、アドバイスを提供する際には、「私の経験では…」や「以前、こんなことがあって…」といった形で、自分自身の体験を共有することで、アドバイスに説得力を持たせることができます。このように、アドバイスを子どもの自主性を尊重する形で提供することで、子どもは自分自身で考え、決断する力を育むことができます。

子どもの選択を尊重するアドバイスの提供

子どもの選択を尊重することは、効果的なアドバイスを提供する上で最も重要な要素の一つです。親が子どもの選択や決断を尊重する態度を示すことで、子どもは自分の意見が価値があると感じ、自信を持つことができます。たとえ親が子どもの選択に同意しない場合でも、「その考え方も一つの方法だね。でも、こういう点も考えてみたらどうかな?」というように、オープンな対話を促すことで、子どもはさまざまな視点から物事を考えることを学びます。このプロセスを通じて、子どもは自分自身の判断を信じ、問題解決能力を高めることができます。

親がアドバイスを提供する方法は、子どもが自分の感情、考え、意見を価値あるものとして認識し、自己決定能力を育てるための重要な手段です。子どもの選択を尊重し、理解と共感を持って対話を進めることで、親子間の信頼関係は深まり、子どもは自信を持って自分の道を歩むことができるようになります。

日々の生活での実践例

日々の生活の中で、親がどのようにして子どもへのアドバイスを実践するかは、子どもの成長にとって非常に重要です。ここでは、家庭内での具体的な事例、学業や趣味、友人関係や社会生活に関するアドバイスの提供方法について見ていきます。

家庭内での具体的な事例

家庭内でのコミュニケーションは、子どもが安心して自分の感情や考えを表現できる基盤を築きます。例えば、子どもが日々の小さな成功や挑戦について話したいとき、親は積極的に聴く姿勢を示すことが重要です。子どもが新しいレシピを試してみたいと言ったら、「素晴らしいアイデアだね!どんな料理を作りたいか教えてくれる?」と質問して、その興味を奨励することができます。また、家事を分担する際には、「今日はどの仕事を手伝いたい?」と尋ねることで、子どもに選択の自由を与え、責任感を育むことができます。

学業や趣味に関するアドバイス

学業において子どもが困難に直面した時、親は励ましと具体的なサポートを提供することができます。例えば、数学の宿題で苦労している場合、「一緒に問題を解いてみようか?」と提案し、問題解決のプロセスをサポートすることができます。趣味に関しては、子どもが新しいスポーツや芸術活動に興味を示した場合、「それは面白そうだね。一緒にもっと調べてみない?」と言って、子どもの探求心を支えることができます。

友人関係や社会生活におけるアドバイス

子どもが友人関係で悩んでいる時、親は共感を示し、解決策を一緒に考えることが重要です。「その気持ち、よくわかるよ。どうしたらいいと思う?」と尋ねることで、子どもに自分で考える機会を与えることができます。また、社会生活に関して子どもが倫理的な問題や正義感について質問した場合、「それについてはいろいろな考え方があるね。君はどう思う?」という形で、子どもの意見を尊重し、深い思考を促すことができます。

これらの実践例は、親が日々の生活の中で子どもの成長を支え、自立心を育てるために行うことができる具体的な方法を示しています。親が子どもの感情や考え、意見を尊重し、理解しようとする姿勢を持つことは、子どもが自信を持って自己表現するための基盤を築きます。このようにして、親子間のコミュニケーションを深めることで、子どもは自立した思考を持ち、社会での挑戦に自信を持って取り組むことができるようになります。

課題と解決策

コミュニケーションの障害となる要因

親子間のコミュニケーションを阻害する要因は多岐にわたります。その中でも特に一般的な障害となる要因には、時間の不足、技術の過剰な使用、互いに対する理解の不足があります。忙しい日常生活は、親子が共に過ごす貴重な時間を奪い、深い会話を交わす機会を減少させます。また、スマートフォンやコンピュータなどの技術は、表面的なコミュニケーションを促進する一方で、実際の感情的なつながりを弱めることがあります。さらに、親と子どもが互いの立場や感情を理解しきれていない場合、誤解が生じ、コミュニケーションの障害となります。

課題を乗り越えるための戦略

これらの課題を乗り越えるためには、意識的な努力と具体的な戦略が必要です。まず、親子間での質の高い時間を確保することが重要です。これは、共に食事をする、散歩をする、あるいは夜、寝る前に話をするなど、日常生活の中で意識的に時間を作ることから始めることができます。次に、技術の使用に関する家庭内ルールを設定し、食事時や家族が集まる時間はデバイスをオフにするなど、実際に対面でのコミュニケーションを優先することが効果的です。

さらに、親子間の理解を深めるためには、互いの立場に立って考える機会を持つことが重要です。これを実現するためには、親が子どもの話を真剣に聞くこと、子どもの感情や意見を尊重することが求められます。また、親自身が自分の感情や考えをオープンに共有することも、相互理解を深める上で有効です。子どもが自分の親を人間として、その強さや弱さを含めて理解することで、より深い信頼関係が築かれます。

最後に、親子間でのコミュニケーションの技術を学ぶことも有益です。これには、アクティブリスニング、非暴力コミュニケーション(NVC)、感情的な知性(EQ)の向上などが含まれます。これらのスキルを身につけることで、親子間のコミュニケーションはより豊かで有意義なものになります。

親子間のコミュニケーションの障害を乗り越えるためには、親としての意識的な努力が不可欠です。日々の生活の中でこれらの戦略を実践することにより、親子関係はより強固なものになり、子どもは自信を持って成長することができるでしょう。

親子関係の強化

親子関係の強化は、深い信頼関係の構築と効果的な長期的コミュニケーション戦略の策定に根ざしています。これらの要素は、親と子どもの間の強固な絆を築くための基礎となり、両者の関係を豊かで充実したものに変える力を持っています。

信頼関係の構築

信頼関係の構築は、親子関係の中心に位置します。この信頼は、親が子どもの感情を認識し、その感情に対して真摯に耳を傾けることから始まります。信頼関係を築くためには、親が一貫性を持った行動を示すことが重要です。約束を守る、ルールを公正に適用する、そして何より、子どもの話に耳を傾け、理解しようとする姿勢を常に保つことが、信頼の構築には不可欠です。

また、親が子どもの意見や選択を尊重することも、信頼関係を深める重要な要素です。子どもが自らの意見を自由に表現でき、それが親によって尊重される環境を提供することで、子どもは自己価値を感じ、親に対する信頼を強めます。信頼関係は時間をかけて築かれるものであり、親が示す小さな行動や言葉一つ一つが、その基盤を形成します。

長期的なコミュニケーション戦略

長期的なコミュニケーション戦略は、親子関係を通じて一貫性のあるつながりを維持するために重要です。この戦略には、定期的な家族の時間を確保すること、子どもとの日々の対話を大切にすること、そして家族全員が参加するアクティビティや伝統を作ることが含まれます。

家族の時間を確保することは、忙しい日常の中でも、家族が一緒に過ごし、お互いの経験や考えを共有するための重要な機会を提供します。この時間は、食事を共にする、散歩をする、ゲームをプレイするなど、様々な形で実現できます。重要なのは、この時間を通じて、親子間のコミュニケーションが促進されることです。

また、子どもの日々の出来事に関心を持ち、対話を通じて感情や考えを共有することも、長期的なコミュニケーション戦略の一環です。このプロセスでは、親が子どもの話を聞くことに加えて、自分の経験や感情をオープンに共有することで、互いの理解を深め、関係を強化します。

家族全員が参加するアクティビティや伝統を作ることは、家族としてのアイデンティティを強化し、共有の記憶を作り出す素晴らしい方法です。これらのアクティビティは、季節のイベント、家族旅行、特別な記念日の祝賀など、家族にとって意味のあるものであるべきです。

親子関係を強化するためには、信頼関係の構築と長期的なコミュニケーション戦略が不可欠です。これらの取り組みを通じて、親子は深い絆を築き、相互理解と尊重の基盤の上で、一生涯にわたる関係を育むことができます。

まとめと次のステップ

本記事では、親子間のコミュニケーションの強化に焦点を当て、その方法論と実践例を探求しました。カリフォルニア大学リバーサイド校の研究をはじめとする知見を基に、信頼関係の構築、効果的なアドバイスの提供方法、日々の生活での具体的な実践例、課題と解決策、そして親子関係の長期的な強化について考察しました。

研究の応用と家庭での実践

研究から得られた知見を家庭での実践に応用することは、親子間のコミュニケーションを改善し、より深い関係を築くための第一歩です。研究が示す通り、親が子どもの自主性を尊重し、アクティブリスニングを用いて子どもの話に耳を傾け、子どもの意見や感情を大切にすることが、信頼関係の基盤となります。また、親が子どもの選択を尊重し、肯定的フィードバックを提供することで、子どもの自尊心と自立心を育むことができます。

継続的なコミュニケーションの重要性

親子間のコミュニケーションは一過性のものではなく、長期的な取り組みが求められます。日々の忙しさの中でも、親子で共有する質の高い時間を確保し、定期的にコミュニケーションを取ることが大切です。また、家族会議を定期的に開催し、家族全員で意見を共有する場を設けることも、互いの理解を深める効果的な方法です。コミュニケーションの質を高めるためには、親自身がコミュニケーションスキルを学び、継続的に改善することも重要です。

次のステップ

この記事を通じて提供された知見と実践例を基に、次のステップとして、親は以下のことを心がけることが推奨されます。

  • 意識的な時間の確保: 親子で過ごす時間を意識的に作り、その時間を有意義なコミュニケーションの場とする。
  • アクティブリスニングの継続: 子どもの話に耳を傾け、理解しようとする姿勢を維持する。
  • フィードバックの質の向上: 肯定的かつ建設的なフィードバックを提供し、子どもの成長を促す。
  • コミュニケーションスキルの向上: 親自身がコミュニケーションスキルを向上させ、モデルとなる行動を示す。

親子関係の強化とコミュニケーションの改善は、親としての旅の中で継続的に取り組むべき課題です。この旅は時に挑戦的かもしれませんが、その過程で築かれる親子の絆は、一生の宝物となるでしょう。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    参考文献:Got advice? Here’s how to get teens to listen | UCR News | UC Riverside(https://news.ucr.edu/articles/2024/01/30/got-advice-heres-how-get-teens-listen)
  • 2
    参考文献:Got advice? Here’s how to get teens to listen | UCR News | UC Riverside(https://news.ucr.edu/articles/2024/01/30/got-advice-heres-how-get-teens-listen)

あなたの「言葉」と「URL」を残す。