子供の頃、死ぬかと思った話・・・。暴力団員が金属バットを振り回していて…。: この話から学べる大切な記憶のお話と、暴走族洗脳の構造と過去の心の癒し(ChatGPT4.0) 非行・更生 Kindle版

洗脳・マインドコントロール・暗示

子供の頃、死ぬかと思った話・・・。暴力団員が金属バットを振り回していて…。: この話から学べる大切な記憶のお話と、暴走族洗脳の構造と過去の心の癒し(ChatGPT4.0) 非行・更生 Kindle版」の目次をお知らせするのを忘れていました・・・。

Kindle Unlimited(読み放題対象本)ですので、登録者は0円で読めますので、ぜひ読んでみて下さい。序章以降は、最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)を活用して書きました!

自己脱洗脳:感情と結びついているものを変える

これは僕個人の意見ですが、暴走族などを経験した人たちの一部は、未だに洗脳状態であり、それに気づかず、そして解けていません。自己脱洗脳するには、本書の情報を自己脱洗脳の材料にすることが必要不可欠と言っても過言ではないほど重要なことをお伝えしています。

暴走族経験者は、当時の記憶がいつまでも色褪せず、濃く、残っています。それ自体が洗脳されていると考えることも出来るのです。下記は書籍の第1章「強い感情的体験の影響」からです。

暴走族の生活は強い感情的体験の連続です。これらは恐怖と興奮、親近感と孤立、自由と束縛といった感情が混ざり合った体験です。そのような経験が引き起こす影響は深遠で、特に感情的に強烈な体験は、個人の記憶に強く影響を与えます。

第1章「強い感情的体験の影響」から

この感情との結びつきに関する、深い認知、信念、価値観などを自分の力で変えていくことで、自己脱洗脳が可能となります。

目次

はじめに(菅原隆志より):
本書の目的:
重要な概念:スケープゴート

序章
更生して反省もして清算もしている
僕の子供時代の写真を公開
写真1:15歳〜
写真2:15歳〜
写真3:16歳〜
写真4:16歳〜
写真5:17歳〜
写真6:17歳〜
写真7:先輩1
写真8:先輩2
写真9:友達1
写真10:先輩3(前)先輩2(後ろ)
写真11:先輩4
写真12:19歳〜
山梨県にカツアゲの旅に
子供の頃、死ぬかと思った話
僕が入っていた暴走族の話
暴走族の支配構造には洗脳がつきもの
支配と搾取・僕が入った暴走族はカンパがなかった
何でもありのチーム(100台くらい)
半年間の暴走族経験で何人死んだの?
この話から学べること

はじめに:本書の目的と概念(ChatGPT4.0)
当時の経験を反映:現代との違い

第1章 恐怖と記憶:不良少年の経験と心理
恐怖体験と記憶の形成についての心理学的な視点
強い感情的体験の影響
記憶の中の不正確な情報
判断力の不足が後の苦悩につながる
洗脳とマインドコントロールの影響
表面の優しさに隠された悪意:暴力団の手口
未処理の心の問題が昔の記憶や感覚を浮上させる!?
第1章のまとめ

第2章 非行への道:判断力の問題を深掘り
非行に走る子供たちの判断力
非行の道は恐怖学習の道:表の道は健全な学習の道
脳の発達と判断力の関連性
心の傷が深い人ほど悪くなる可能性
判断を誤ると命を落としてしまう場合:成長
判断力を養える良い面もあった
判断力低下と洗脳とマインドコントロールの影響
第2章のまとめ

第3章 暴力団と暴走族:恐怖と支配のダイナミクス
暴力団と暴走族の関係(ケツ持ち)
1990年代、基本的に暴走族が若者の中でトップだった理由
但しこれは、一部の県の話:他県になると支配構造が違う場合もある
恐怖による支配とその影響
飴と鞭の戦略:恐怖と報酬のバランス
力による特権:恐怖と依存の連鎖
美徳で支配する世界の餌食になりやすい理由
第3章のまとめ

第4章 暴走族の真実:将来の暴力団員養成所
利用と搾取の構造
暴走族の役割と暴力団との関係
暴力団の恐怖支配の一環としての暴走
暴力性が高い理由:攻撃的な人にだけ暴力的になる
第4章のまとめ

第5章 薬物と洗脳:ダブルの束縛
薬物支配の概要
薬物が洗脳を強化するメカニズム
暴走族の世界では薬物厳禁のところも多かった:二極化
心に傷を負った少年少女の現実逃避
第5章のまとめ

第6章 恐怖への同一化:暴走族の心理的プロセス
同一化とは?暴走族が恐怖対象に同一化するメカニズム
恐怖への同一化の事例1(架空)
恐怖への同一化の事例2(架空)
恐怖への同一化の事例3(架空)
恐怖への同一化は本当の自分を見失う
隠れた恐怖とその影響
隠れた恐怖は、自分では自覚出来ていない恐怖のことですか?
暴走族の人たちの一部は自分の潜在的な恐怖に気づいていないのですか?
トラウマの症状がないけど?
恐怖と深刻なトラウマの関連性
第6章のまとめ

第7章 洗脳とマインドコントロール:暴力団の心理的手法
洗脳とマインドコントロールの定義と違い
洗脳やマインドコントロールが暴走族の心にどう影響するか
洗脳によって反社会的な人格が出来上がっていく
恐怖支配の世界における反社会的な人格向上がエリート
第7章のまとめ

第8章 暴力団の世界:善と悪の相対性
悪の世界における善悪の概念
暴力団社会の価値観とその影響
スケープゴートタイプが反社会勢力に結集
比較的な善の側の孤立
仲間思いの人も多い:裏切りへの制裁
第8章のまとめ

第9章 過去の思い出:暴走族時代の甘美な罠
暴走族時代の楽しみと恐怖の共存
楽しさだけに囚われる心理的なプロセスとそのリスク
過去の楽しさと恐怖が伴う記憶が強力に残る理由
第9章のまとめ

第10章 洗脳を解く:理解と自覚の重要性
洗脳からの解放へのステップ
強力に残る記憶から学びを得て終わらせよう
学びを得て終わらせないと永遠と過去の記憶に囚われる
過去情報を理解することで洗脳を解く方法
自己認識、自己理解、過去理解
第10章のまとめ

第11章 どんな世界であっても社会において役割がある
犯罪にも役割がある(社会学者が提唱した視点)
裏社会にも役割がある(裏社会、暴力団、暴走族、半グレなどにも役割はあったのか?)
つまり裏社会の存在が大きいほど表社会の不都合や問題も大きいということ?
裏社会の人でも、大切な人がいたり、涙を流す
人は自分で生きる世界や役割を選べる
学びに感謝して自分を生きよう
他人を変えようとするのではなく自分を変えていこう
洗脳されず支配されず生きる:支配の世界で学んだことを生かす
第11章のまとめ

第12章 暴走族も1つの表現である
26年以上経っても記憶が色褪せない理由
暴走族の集会における爆音に内包された心の叫び
うまく気持ちを説明出来なかった少年少女
傷ついた心の背景にある怒りなどを表現した形が暴走
俺たちをわかってくれ!
彼らは自分の悲しみに気づいていない部分がある
彼らが自分の悲しみに気づくと、ある人を責めないといけなくなる。
表現は心の傷を癒す過程(プロセス)の一部
暴走という表現を健全な表現に変えよう:表現方法は無数にある:表現方法の種類
本気で取り組めば涙が溢れる:それが心の傷を癒して心を強くする
自己の被害者性と加害者性の両方と向き合う
第12章のまとめ

第13章 スケープゴート
スケープゴートとは?
非行少年少女とスケープゴートの関係
ガスライティングが絡む場合も?黒い羊の仮説
嘘をついて悪者扱いしてくる人は自分のことを相手に背負わせている?
なるほど、その投影を無意識のうちに受け入れて本当に悪くなるケースもあるのですね
非行に走る少年少女の原点は被害者である可能性
スケープゴートの心理学的影響
スケープゴートを必要とする側の正体
社会とスケープゴートの関係
社会の真の問題とは?
第13章のまとめ

第14章 問題解決
心の癒しと向き合う:感情を理解するためのステップ
色鮮やかな過去の記憶から今の自分の成長材料を見つける
再生のプロセス:苦しみから解放される道筋
ヒーリングの技術:心の傷を癒すための具体的な方法
新たな表現を探求する:自己理解の旅
健全な表現の探求:自分の気持ちを上手に表す方法
有害な男らしさとは? その手放しとは?
暴力団や暴走族と「有害な男らしさ」の関係とは
再定義:自己価値の見つけ方と自己肯定感の育て方
スケープゴートからの回復
第14章のまとめ

第1章から第14章まとめ:恐怖、支配、洗脳の複雑な繋がり
暴走族としての生活が個人の心にどう影響するか
恐怖支配とマインドコントロールの役割
現代では違う形での支配が始まっている
自己理解と回復への道のり
第1章から第14章まとめ
スケープゴートの役割は自分の問題

付録:専門家による心理的支援とトラウマ治療
専門家による支援の必要性
トラウマ治療と回復への道筋

おわりに
20年はかかる
著作権について

おわりに

書籍の「おわりに」の「20年はかかる」に書いたことの一部を記載します。

僕の場合は、少年院から出て、昔の暴走族のときの感覚や価値観などが完全に消えるまで細かいことも含めれば20年くらいかかっています。それまでは心のどこからずっと囚われていた部分がありました。

知らず知らずのうちに、感情を操作され、心を支配されて、心の奥に支配する側の信念を植え付けられていた部分もあります。それを意識にあげて、そしてどうするかを決めるのは自分です。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました