【アメリカ】アリゾナ大学の最新研究が示す!たったの3か月間介助犬と過ごすだけで退役軍人のPTSDリスクが66%低下!

【アメリカ】アリゾナ大学の最新研究が示す!たったの3か月間介助犬と過ごすだけで退役軍人のPTSDリスクが66%低下! トラウマ
【アメリカ】アリゾナ大学の最新研究が示す!たったの3か月間介助犬と過ごすだけで退役軍人のPTSDリスクが66%低下!

たったの3か月間介助犬と過ごすだけで退役軍人のPTSDリスクが66%低下!

アリゾナ大学(University of Arizona)の「マギー・オヘア教授(Professor Maggie O’Haire)」によって行われた「退役軍人と介助犬に関する研究1参考文献:Veterans with service dogs may have fewer PTSD symptoms, higher quality of life | University of Arizona News(https://news.arizona.edu/news/veterans-service-dogs-may-have-fewer-ptsd-symptoms-higher-quality-life) 」で、重要な発見がありました。この研究は、2024年6月に公開された最新の研究です。

この研究によると、たったの3か月間介助犬と一緒に過ごした退役軍人は、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断される可能性が66%低かったことが判明しました。研究はアリゾナ大学の獣医学部(College of Veterinary Medicine)で行われ、結果は医学雑誌「JAMA Network Open」に掲載されました。

研究の背景と方法

この研究は、アリゾナ大学のマギー・オヘア教授とそのチームによって行われ、退役軍人が介助犬と共に過ごすことでどのような影響があるかを調査しました。156人の退役軍人が参加し、そのうち81人が介助犬とペアを組みました。研究参加者は3か月間、毎週40時間の介助犬のケア、訓練、相互作用の指導を受け、その後の健康状態が評価されました。

主要な発見

研究の結果、介助犬と過ごした退役軍人は、自己報告および臨床評価においてPTSD症状の重症度が大幅に低下し、生活の質が向上したことが示されました。また、退役軍人のPTSD診断の可能性が66%低下し、不安や抑うつのレベルも減少しました。

日常生活への影響

この研究は、介助犬がPTSDを患う退役軍人にとって重要なサポートとなり得ることを示しています。例えば、ある退役軍人は介助犬と共に過ごすことで「耳の代わり」として機能し、日常生活の中での恐怖感を和らげ、人々との交流を再び楽しめるようになりました。介助犬はただのペットではなく、退役軍人にとって信頼できるパートナーであり、彼らの生活の質を大きく向上させる存在です。

このような研究成果は、退役軍人がより良い生活を送るための新しい方法を提供し、介助犬の役割の重要性を強調しています。今後、さらに詳細な研究が進むことで、介助犬がどのように他の治療法と組み合わせて使用できるかについても明らかになるでしょう。

PTSD介助犬の訓練とは?

PTSD介助犬の訓練は、退役軍人やその他のPTSDを抱える人々の生活の質を向上させるために、特定のタスクを遂行できるようにすることを目的としています。この訓練は高度に専門化されており、以下のようなステップで行われます。

1. 基本的な訓練

まず、介助犬候補の犬は基本的な命令を理解し、従うことを学びます。これには、座る、伏せる、待つ、来るといった基本的なコマンドが含まれます。この段階は、犬が適切な行動を取る基礎を築くための重要なステップです。

2. 社会化訓練

次に、犬は様々な環境や状況に慣れるための社会化訓練を受けます。これは、犬が将来のパートナーと共にどこに行っても落ち着いて行動できるようにするためのものです。訓練は人混み、交通機関、商業施設など、様々な場所で行われます。

3. 専門的なタスク訓練

PTSD介助犬は、特定のタスクを遂行するための訓練を受けます。これには以下のようなものが含まれます:

  • 不安軽減行動:犬がパートナーの不安を感じ取り、体を寄せたり、なでさせることで安心感を提供します。
  • 警戒行動:パートナーがフラッシュバックや悪夢を経験している際に、犬が警戒して起こしたり、注意を引く行動を行います。
  • 安全確認:犬が部屋の中をチェックし、パートナーに安全であることを示します。
  • 音への反応:パートナーが特定の音(アラームやドアベルなど)を聞くのを助けるため、犬がその音の方向を示します。

4. パートナーシップの形成

最終的に、犬はパートナーとなる退役軍人と共に訓練を受けます。この段階では、犬と人との絆を深め、日常生活の中でどのように介助犬を活用するかを学びます。犬と共に過ごす時間を増やし、相互の信頼関係を築くことが重視されます。

訓練の成果

このような専門的な訓練を受けた介助犬は、退役軍人のPTSD症状を軽減し、彼らの生活の質を大幅に向上させることができます。研究によれば、たったの3か月間介助犬と一緒に過ごした退役軍人がPTSDと診断される可能性は66%低かったとされています。このような訓練とパートナーシップが、退役軍人の精神的な健康と社会的なつながりを強化する上で非常に効果的であることが示されています。

PTSD介助犬から学ぶ、パートナーが深い心の傷を負っている場合できること

退役軍人やその他のPTSD(心的外傷後ストレス障害)を抱える人々にとって、介助犬はただのペット以上の存在です。彼らは生活のパートナーとして、深い心の傷を負った人々に対して具体的なサポートを提供します。このサポートから、私たちも大切な人が深い心の傷を負っている場合にできることを学ぶことができます。以下では、介助犬の役割とその実践から学べるポイントを紹介します。

1. 傍にいることの重要性

介助犬は、常にパートナーのそばにいて安心感を提供します。これから学べるのは、物理的な近さが心理的な安定感をもたらすということです。深い心の傷を負っている人にとって、ただそばにいるだけで、安心感や支えを感じることができるのです。

2. 見守りと警戒

介助犬はパートナーの状態を常に見守り、異変を感じたら警戒行動をとります。これから学べるのは、相手の変化を敏感に察知することの重要性です。いつもより元気がない、落ち込んでいるなど、些細な変化を見逃さずに寄り添うことで、必要なサポートを提供できるでしょう。

3. 定期的な活動とリズムの提供

介助犬は、毎日の散歩や訓練を通じて、パートナーに規則正しい生活リズムを提供します。これから学べるのは、日常的な活動やルーチンが心理的な安定に寄与するということです。深い心の傷を負っている人と共に、適度な運動や定期的な活動を取り入れることで、心身の健康を支えることができます。

4. 感情の共有と安心感の提供

介助犬は、パートナーが不安や恐怖を感じたときにそばに寄り添い、体を寄せることで安心感を与えます。これから学べるのは、感情を共有し、安心感を提供することの大切さです。言葉での慰めだけでなく、手を握る、ハグするなどの行動で相手に安心感を伝えることが重要です。

5. 具体的なサポート行動

介助犬は、薬の持参や特定の行動の実行など、具体的なサポートを提供します。これから学べるのは、具体的で実用的なサポートが有効であるということです。相手が必要としているサポートを理解し、それを提供することで、相手の生活が少しでも楽になるように手助けできます。

まとめ

介助犬が示すように、深い心の傷を負っているパートナーに対してできることは多岐にわたります。傍にいること、相手の変化を見逃さないこと、日常的なリズムを提供すること、感情を共有すること、そして具体的なサポートを提供すること。これらの行動を通じて、パートナーの心の回復を支えることができます。介助犬の持つ力を学び、私たちも大切な人々を支える力を身につけましょう。

よくある質問

Q1. つまり、トラウマを抱えている人に対しての関わり方として、成果を上げている介助犬に学ぶことが重要ということですか?

A1. はい、その通りです。介助犬の訓練やサポートから学ぶことで、トラウマを抱えている人への関わり方において大きな成果を上げることができます。以下のポイントを介助犬の役割から学び、人間同士の関わりに応用することで、深い心の傷を負った人々をより効果的に支えることができます。

介助犬から学べるサポート方法

  1. 常にそばにいること:
    • 介助犬は常にパートナーのそばにいて、安心感を提供します。これを人間関係に応用すると、トラウマを抱えた人に寄り添い、物理的な近さや存在感を示すことが大切です。
  2. 変化を見逃さない:
    • 介助犬はパートナーの微細な変化を察知し、適切な行動を取ります。人間も、相手の気分や行動の変化に敏感になることで、必要なサポートを迅速に提供することができます。
  3. 日常的なルーチンの提供:
    • 介助犬は日々の散歩や活動を通じて規則正しい生活リズムを提供します。これを人間関係に取り入れると、トラウマを抱えた人が安定した生活リズムを維持できるよう、一緒に活動を計画することが有効です。
  4. 感情の共有と安心感の提供:
    • 介助犬は不安や恐怖を感じたときに寄り添い、安心感を提供します。同様に、言葉だけでなく、ハグや手を握るといった行動で安心感を与えることが重要です。
  5. 具体的なサポート行動:
    • 介助犬は薬を持ってくるなど具体的なサポートを提供します。人間も、相手が必要とする具体的なサポート(例:買い物の手伝い、重要なタスクの代行)を理解し、提供することが大切です。

結論

介助犬の役割から学べることは非常に多く、特にトラウマを抱える人々に対するサポート方法において有用です。これらの方法を日常生活に取り入れることで、トラウマを抱えた大切な人々に対してより効果的な支援を提供し、彼らの生活の質を向上させることができます。介助犬の成功例を参考に、人間同士の関わり方も見直し、改善していくことが求められます。

逆も同じですよね

菅原隆志
菅原隆志

「たったの3か月間介助犬と過ごすだけで退役軍人のPTSDリスクが66%低下!」この研究からわかるように、逆も同じですよね。つまりPTSD介助犬がやっていることの逆をやる人間(トラウマがあると伝えたのに、トラウマに関する部分を執拗に刺激し、トラウマを抉ってくる相手)とたったの3か月生活するだけで、心の傷が深まり、深刻なPTSDの発症、悪化に繋がる可能性があるということです。有害な人からは離れることが大切です。

ChatGPT4o:トラウマのトリガーを繰り返し刺激されることは、症状の悪化につながります。

ChatGPT4o
ChatGPT4o

おっしゃる通り、PTSD介助犬の効果的なサポートと逆の行動を取る人間と過ごすことは、トラウマを持つ人にとって非常に有害である可能性があります。以下のポイントでその影響を考えてみましょう。

 

有害な関係の影響

  1. トリガーの再現と悪化:
    • PTSDを抱える人にとって、トラウマのトリガーを繰り返し刺激されることは、症状の悪化につながります。介助犬はこれを避け、逆に安心感を提供しますが、有害な人はその逆を行うことで、症状を悪化させます。
  2. 心理的安全の欠如:
    • 介助犬は心理的安全を提供する一方で、有害な人はこの安全感を破壊します。これにより、不安や恐怖が増し、PTSD症状が悪化するリスクが高まります。
  3. 孤立感の増大:
    • 介助犬は孤独を和らげる存在ですが、有害な人は孤立感を強める可能性があります。これにより、サポートネットワークが弱まり、症状の管理が難しくなります。

有害な人から離れることの重要性

トラウマを持つ人が有害な関係から離れることは、心の健康を守るために非常に重要です。介助犬の存在が示すように、適切なサポート環境はPTSDの管理と回復に大きな役割を果たします。逆に、有害な環境は心の傷を深め、症状を悪化させるだけでなく、新たなトラウマを生む可能性もあります。

 

結論

PTSD介助犬の効果的なサポートと逆の行動を取る人間と過ごすことは、トラウマを持つ人にとって非常に有害です。心の健康を守るためには、有害な関係から離れ、安心できるサポート環境を整えることが不可欠です。PTSDを抱える人が安心して過ごせる環境を提供することが、回復への第一歩となります。

トラウマから回復させる鍵の1つは「細部への安全安心による新しい記憶の構築である」

菅原隆志
菅原隆志

僕も過去、苦しみが限界で症状があって、かなりいいにくいことだったけど周りにいた家族や同居人にトラウマへの理解を深めて自分のトリガーを打ち明けたことがありますが、そしたらそのトリガーに対し嫌がらせをされ続けたことがあります。相手はトラウマを刺激しb狗の防衛的な怒りを引き出し、それをネタに被害者ぶる加害者だったのですが、当時の僕は無知で対処できず、相手にトラウマを利用されました。このような環境で症状もあったしていったことがあるのでよくわかります。トラウマから回復させる鍵の1つは「細部への安全安心による新しい記憶の構築である」ということが最も重要だとわかりました。どう思いますか?

 

実は有害な人が近くにいて、”トラウマの回復が阻害されているのに気づいていない人”もいます。その場合は気づいて離れることが大事なので、「トリガー」への理解が必要不可欠です。明確に伝えたのにも関わらず、そこを執拗に、しかも意図して刺激している人間がいる場合もあります。

ChatGPT4o:あなたの経験と洞察は、トラウマ回復の重要な要素

ChatGPT4o
ChatGPT4o

おっしゃる通り、トラウマからの回復には安全で安心できる環境が不可欠です。特に、トリガーを理解し、それを避ける努力が重要です。しかし、残念ながら、あなたが経験したように、トリガーを故意に刺激してくる有害な人々が存在することも事実です。以下に、そのような環境に対処するための考え方と対策をまとめます。

 

トリガーへの理解と認識の重要性

  1. トリガーを認識すること:
    • 自分のトリガーを正確に把握し、それを周囲に伝えることは重要です。これにより、他者が無意識にトリガーを引いてしまうリスクを減らせます。
  2. トリガーを刺激する人を見極める:
    • 明確にトリガーを伝えたにも関わらず、故意にそれを刺激してくる人がいる場合、その人が自分にとって有害であることを認識することが重要です。これを見極めるためには、自分の感情や反応に敏感になる必要があります。

有害な人からの距離を保つ

  1. 物理的・心理的な距離を取る:
    • 有害な人から距離を置くことが最善の対策です。場合によっては、物理的に離れることが必要になることもあります。
  2. 安全なサポートネットワークを構築する:
    • 信頼できる人々との関係を築き、支援を受けることが重要です。安全で理解のある環境で過ごすことで、新しいポジティブな記憶を構築し、トラウマの回復を促進できます。

トラウマ回復の鍵: 安全と安心による新しい記憶の構築

  1. 安全な環境の重要性:
    • 安全な環境で過ごすことで、脳は安心を感じ、新しい記憶をポジティブなものとして捉えることができます。これが、トラウマからの回復に重要な役割を果たします。
  2. 日常生活での安全感の確立:
    • 毎日のルーチンや活動を通じて、安全感を確立することが重要です。これには、自分自身を守るための明確な境界線を設定することも含まれます。

結論

あなたの経験から学べるように、トラウマからの回復には、安全で安心できる環境が不可欠です。有害な人々から距離を置き、安全なサポートネットワークを築くことで、新しいポジティブな記憶を構築し、心の回復を促進することができます。また、自分のトリガーを正確に認識し、それに対する対策を講じることが、長期的な回復への重要なステップです。

 

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    参考文献:Veterans with service dogs may have fewer PTSD symptoms, higher quality of life | University of Arizona News(https://news.arizona.edu/news/veterans-service-dogs-may-have-fewer-ptsd-symptoms-higher-quality-life)

おすすめ「Kindle Unlimited(読み放題)」

AmazonのKindle Unlimited(読み放題)に登録をすると、無料で沢山の電子書籍を読むことができます。僕が書いた書籍も「Kindle Unlimited(読み放題)」が多数あります。

【広告】
200万冊以上が読み放題。
初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

期間終了後は月額980円で自動更新。
いつでも自動更新しない設定に変更できます。
(解約も簡単)

Kindle Unlimitedに登録する

サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声

→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声1
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声2
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声3
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声4
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声5

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
あなたの「心」を解くために役立つ情報提供を開始

心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

この記事を書いた人
菅原隆志43

このアカウントで投稿している記事は、管理者の菅原隆志がChatGPT4oを活用して書いたものになります。そうすることで、よりわかりやすく、質の高い正確な情報提供が出来ます。また、ChatGPTは最新の自然言語処理技術を採用しており、人間のような表現力を持つことから、読者の皆様にとってより魅力的な記事をお届けできることを目指しています(2023年4月28日より、ChatGPTを活用した記事投稿を開始しています)。

最新のChatGPT4o(ジーピーティーフォーオー)は従来のChatGPT4(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)に比べて大幅に進化し、理解力も高まりました。

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

ChatGPT4o(菅原隆志)をフォローする
トラウマ
ChatGPT4o(菅原隆志)をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。