→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

永遠の赤ん坊が多い環境では、”逆さまの価値観”が広く浸透している

永遠の赤ん坊が多い環境では、”逆さまの価値観”が広く浸透している 気づき(1)

永遠の赤ん坊(精神的に成熟しきれない大人たち)が多い環境では、逆さまの価値観が広く浸透していることがありますが、SNSもその1つだったりします。

この理由についてChatGPT4oに聞いてみました。結構やばいですね。

僕の考えは精神的に自立した考えなので、SNSのような逆さまの価値観が広く浸透している場所では合わない傾向が強いです。ですので、そっちから「自分の力で変わろうとする人」を見つけたらこっちに引っ張ってくるのが良いかなと思っています。

ChatGPT4o
ChatGPT4o

 

永遠の赤ん坊が多い環境と逆さまの価値観

現代社会では、「永遠の赤ん坊」と言われるような、成熟しきれない大人たちが増えていると言われています。この現象にはいくつかの要因がありますが、その一つにSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の影響が挙げられます。では、なぜSNSが逆さまの価値観を広く浸透させる要因となるのでしょうか?

 

1. 承認欲求の増幅

SNSは、他者からの承認や「いいね」を求めるプラットフォームとして機能しています。このような承認欲求は、人々を常に他者の評価に依存させ、自己肯定感を外部からの評価に委ねる傾向を強化します。その結果、自立した自己評価が難しくなり、成熟した自尊心の発達が阻害されます。

 

2. 仮想的な比較

SNS上では、他人の生活の一部、特に良い部分だけが強調されて共有されます。これにより、ユーザーは自分の生活を他人の理想化された生活と比較し、自分が劣っていると感じることが多くなります。これが逆さまの価値観を生み、自分自身を肯定できず、他者の基準に従うことで安心を得ようとする傾向が強まります。

 

3. 短期的な満足感の追求

SNSは瞬間的な満足感を提供するため、長期的な目標達成や成長のための努力を軽視する傾向があります。短期間での成果や評価を追い求めることで、持続的な努力や自己改善が難しくなり、「永遠の赤ん坊」のように成長しない大人を増やす要因となります。

 

4. オンラインアイデンティティの影響

SNS上での自己表現は、多くの場合リアルな自己とは異なる仮想的なアイデンティティを形成します。このオンラインアイデンティティに過剰に依存することで、現実世界での自己認識や自己理解が乏しくなり、現実との乖離が生じます。これが、成熟した価値観の形成を妨げる一因となります。

 

5. 情報過多と注意の分散

SNSは情報の洪水を生み出し、ユーザーの注意を常に引きつけます。この情報過多の環境では、深く考える時間や自分自身と向き合う時間が減少し、表面的な価値観や一時的な流行に流されやすくなります。結果として、内面的な成長や深い価値観の形成が難しくなります。

 

結論

SNSは現代社会において逆さまの価値観を広める要因の一つです。承認欲求の増幅、仮想的な比較、短期的な満足感の追求、オンラインアイデンティティの影響、情報過多と注意の分散などがその背景にあります。これらの要因が、「永遠の赤ん坊」として成熟しきれない大人を増やし、自己成長や自立を妨げる環境を作り出しているのです。

つまり、SNS中毒になればなるほど、永遠の赤ん坊的な逆さまの価値観が増えてしまい、健全な道に戻るのが困難になるということです。中毒には気をつけましょう!イーロンマスク氏も警告してくれています。

SNSを利用する人は特に、自分の無意識への悪影響をしっかりと認識し理解しましょう。そうしないと中毒になり(中毒になるように設計されているので)、永遠の赤ん坊になる(逆さまな価値観を持つ)ように仕向けられてしまうのです。それがSNSであり、自然なことです。自分次第です。

永遠の赤ん坊が多い環境では、”逆さまの価値観”が広く浸透している

そうならないために、深い自己認識、深い自己理解が重要なのです。その具体的な手段の1つが「サヨナラ・モンスター」です。書くことで自分を深く知りましょう!

”汝自身を知れ”

古代ギリシアの哲学者ソクラテスの言葉 ギリシア中部の聖域であるデルフォイのアポロン神殿の入口に刻まれた格言。

未処理未消化の感情が残っているということは、まだ知らない自分がいるということです。

”未処理未消化の感情”が残っているということは、
「まだ知らない自分がいる」ということです。
これは心理学や自己成長の観点から見ると、
とても重要なテーマです。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。