• 2019年4月4日
  • 2019年4月7日

笑ったまま人の脚を金属バットでへし折る人、車で人を撥ねる人、子供の時にこういう環境に居ることしか出来ませんでした。

※一部の方には過激な表現となるかもしれませんので、苦手な方は読まずにページを閉じて下さい 僕が子供の頃、先輩の車に傷をつけてしまえば「30万払え」と言われて払わなければボコボコにされるような環境でした。(だから僕自身も、このような請求をしたこともある […]

  • 2019年4月3日

心の深い部分にある「まとまり」を小さくしていくと、色々と良い変化が起こってきます。

1、「劣等感」は克服するものではない。 2、「劣等コンプレックス」は克服すべきもの。 この違いは、理解しておくことが大事です。 1、は、「健全」な感情 2、は、「不健全」な複合的な感情のまとまり これが正しいことです。 「劣等コンプレックス」を例える […]

  • 2019年4月3日
  • 2019年4月3日

善人のフリした支配者は、誰かが過去を振り返り、そこからプラスな何かを見つけることを「悪い書き換え」だと決めつけての邪魔をする

今から、「過去の振り返り」の大切さや、素晴らしさに関する記事の紹介や、ツイートなどをします。善人のフリした支配者は、誰かが過去を振り返り、そこからプラスな何かを見つけることを「悪い書き換え」だと決めつけての邪魔をします。これは、とんでもない「悪人」の […]

  • 2019年4月2日

「モンスター(モヤモヤ、ぐちゃぐちゃ)」を紐解いていくプロセス(過程)に、「成長・進化」がある

モラル・ハラスメントの加害者は「モンスター」を「100%悪いもの」として解釈しますが、この「モンスター」は「心のモヤモヤ」です。そして「隠れた能力(解くことで成長に繋がる)」ので、「100%悪いもの」ではありません。寧ろ、メリットがたくさんあります。 […]

  • 2019年4月2日
  • 2019年4月2日

無意識のうちに浮かんでくる考え

僕は「伝えたい!」と思うことに関することが、時々無意識のうちに浮かんでくる。浮かんできたものに集中して、時間を忘れてしまう。気づいたら長い時間集中して入り込んで書いている。そしてそれを「書き出す」と心がスッキリします。「書くこと」は本当におすすめです […]

  • 2019年4月1日

新元号「令和(れいわ)」がどんな時代になるのか。名誉毀損をする者が減る時代になる!

新元号「令和(れいわ)」【令和】がどんな時代になるのか。「令」=「きまり、おきて」「和」=「やわらぐ、なごむ」、個人的には「名誉毀損という汚い手口を使う者が減り、それを軽視せず、きまり(法律)をしっかり守れることで、全体がなごむことに繋がる人間的成長 […]