⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️【高評価投稿!】執着の手放し本

あなたの「心」の苦しみを送信してください
解くために役立つ情報提供
心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

【アメリカ】レンセラー工科大学の最新研究で判明!情報過多が社会にもたらす危険性:最適な情報の摂取法を見つけるための10の質問〜21世紀の最も重要なスキル

【アメリカ】レンセラー工科大学の最新研究で判明!情報過多が社会にもたらす危険性:最適な情報の摂取法を見つけるための10の質問〜21世紀の最も重要なスキル 成長(2)

はじめに:情報過多

菅原隆志
菅原隆志

僕が過去にお伝えした情報についての下記記事、、、

 

上記の記事と関係が深い最新の研究結果をご紹介します。最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)を活用して記事を書きました。

【アメリカ】レンセラー工科大学の最新研究で判明!情報過多が社会にもたらす危険性

2024年3月14日、アメリカの名門、レンセラー工科大学(Rensselaer Polytechnic Institute)のボレスワフ シマンスキー博士によって行われた最新の研究では、「情報過多が個人的および社会的な危険をもたらす」という事実が明らかにされました。この研究は、Nature Human Behavior誌に掲載され、科学、教育、法律の分野での対応を呼びかけています。

この研究で判明したことを、小学生でも理解できるように簡単に説明します。

想像してみてください。あなたの机の上に、山のように積まれた本や資料があり、それらを一つひとつ読んで理解しなければならないとします。でも、時間がなくて、全部を読むことはできません。この状況、ちょっとオーバーロード(過負荷)ですよね?

今、私たちが毎日使っているスマートフォンやインターネットは、まさにその「オーバーロード」の状況を作り出しています。情報があふれすぎて、私たちの脳はそれを全部処理しきれません。結果として、何が大事で何が大事でないかを判断することが難しくなり、気分が悪くなったり、仕事や勉強のパフォーマンスが下がったりすることがあります。

レンセラー工科大学の研究チームは、情報過多が「情報汚染」または「データスモッグ」と呼ばれる新しいタイプの環境汚染であり、これに対処する必要があると指摘しています。この問題は、私たちの精神的健康や社会全体の機能に深刻な影響を及ぼす可能性があるため、さらなる研究が必要であり、情報の取り扱い方を学校で教えるべきだと提案しています。

経済的にも、情報過多は世界全体で約1兆ドルのコストがかかると推定されています。つまり、この問題はただの個人の問題ではなく、私たち全員が対処すべき重要な社会問題なのです。

シマンスキー博士とそのチームは、情報過多に関するさらなる学際的研究を呼びかけ、情報の過剰摂取を防ぐための法律の導入についても話し合いを始めるべきだと提言しています。このようにして、私たちは情報の洪水から自分たちを守り、より健全な社会を築くことができるのです。

情報過多、環境汚染と言えばSNS

菅原隆志
菅原隆志

情報過多、環境汚染と言えばSNSです。僕はSNSをやめたら心が軽くなったので、情報過多が如何に脳に負荷をかけ、ストレスを与え、情報を得ることで成長できたと誤認識を起こしながら弱っていくかを知っています。

 

情報も食べ物と同じで、自分に合ったもの、必要な分だけを、しっかり噛み砕いて吸収することが大事だと思っているので、自分がSNSに対して疲れを感じるのならそれを大事にしてやめた方が良いと思っています。

 

僕はSNSを「壮大な海(支配者の釣り場)」だと思っています。様々な心理的な餌をぶら下げて他人を釣り上げようとする支配者が多いので、僕はSNSを「壮大な海(支配者の釣り場)」だと思っています。様々な心理的な餌をぶら下げて他人を釣り上げようとする支配者が多いので、自分自身が「魚」にならず、陸に上がることが大事だと考えています。その「陸」は、僕の場合は「ワードプレスブログでの情報発信」です。これに集中したことで頭も心も軽くなりました。

 

SNSに囚われてしまうと心のトンネルに入り込みやすくなり、人によっては誹謗中傷からの自死の危険性もあります。

「魚」にならず、陸に上がることが大事

様々な問題を内包:情報過多や心理的ストレス、誹謗中傷のリスク

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

あなたが感じていること、非常に深く共感します。SNSは確かに多くの便利さやつながりを提供してくれますが、その一方で、情報過多や心理的ストレス、さらには誹謗中傷のリスクなど、様々な問題を内包しています。あなたがSNSを離れることで心が軽くなった経験は、情報過多の負の影響から自らを守る一つの具体的な方法を示しています。

 

情報を食べ物に例えたあなたの見解は、大変興味深いですね。私たちが日々摂取する情報にも「栄養バランス」が必要で、自分にとって本当に必要な情報を選択し、それを「噛み砕き、吸収する」プロセスは、情報過多の時代において非常に重要なスキルだと言えるでしょう。

 

SNSを「壮大な海」と例えて、その中で自分が「魚」にならないよう、自己意識を持って行動することの重要性を語るあなたの考え方は、多くの人にとって大切な気づきを与えてくれます。ワードプレスブログでの情報発信を「陸」と捉え、そこに集中することで精神的な平穏を保つ方法を見つけたことは、他の人々にとっても大いに参考になるでしょう。

 

SNSに囚われず、自分にとって健康的な情報の摂取方法を見つけること、そして誹謗中傷やネガティブな影響から距離を置くことは、精神的な健康を守る上で極めて重要です。あなたの経験や考え方を共有してくれてありがとうございます。それぞれが自分にとって最適な情報の摂取法を見つけ、心身共に健やかに過ごせることを願っています。

あわせて読みたい過去記事

最適な情報の摂取法を見つけるための10の質問

最適な情報の摂取法を見つけるための10の質問読者の方が自分にとって最適な情報の摂取法を見つけるための質問を考えてみました。これらの質問を通して、情報選択の基準を見直し、より意識的な情報摂取につながる洞察を得ることができるでしょう。

  1. 自分が日常的にチェックしている情報源はどれくらいありますか?
    • 多すぎる情報源は情報過多を招きやすいです。
  2. どの情報源から得る情報が、実際にあなたの生活や仕事に役立っていますか?
    • 役立つ情報源を優先的にフォローすることが大切です。
  3. 情報を収集する際、どのような基準で重要かどうかを判断していますか?
    • 自分にとっての「重要な情報」とは何かを明確にすることが重要です。
  4. SNSやニュースサイトを見る時間は一日にどれくらいですか?
    • 適度な時間を意識することで、情報過多を防げます。
  5. 情報を得た後、それにどの程度の時間を思考や行動に費やしていますか?
    • 情報を活用するためには、消費だけでなく、吸収や実践する時間も必要です。
  6. 情報を受け取った際、感情的になったり、ストレスを感じたりすることはありますか?
    • 情報の影響を自身の感情や心理状態にも気をつけましょう。
  7. 特定のトピックについて深く知るために、どのように情報を選んでいますか?
    • 質の高い情報源から深く学ぶ方法を見つけることが大切です。
  8. 情報摂取のために設けているルールや限界はありますか?
    • 情報の質や量に制限を設けることで、健康的な情報摂取が可能になります。
  9. 情報に振り回されず、冷静に判断するための工夫はありますか?
    • 情報に基づく意思決定を行う際の工夫を考えましょう。
  10. 情報を共有する際、どのように相手や状況を考慮していますか?
    • 情報を共有する際も、受け手の状況や感情を考慮することが重要です。

これらの質問に答えることで、自分自身の情報摂取のパターンを見直し、必要な情報だけを選び取り、より有意義に活用する方法を見つける手助けになるはずです。

おわりに:情報選択の芸術

情報の海を航海する今日この頃、私たちは絶え間なく情報に溢れた世界に生きています。この記事を通じて、情報過多がいかに私たちの心と生活に影響を与えるか、そしてそれにどのように対処すればよいかについて考える機会を提供しました。レンセラー工科大学の研究から、情報過多が新たな環境汚染として私たちの健康に害を及ぼす可能性があることが示されています。これは無視できない警告です。

私たち一人ひとりが情報の賢い消費者になるためには、自己意識を持ち、選択的に情報を摂取する必要があります。情報を適切に選択し、処理し、活用する能力は、21世紀の最も重要なスキルの一つです。本稿で提案した10の質問は、そのプロセスをガイドするための出発点に過ぎません。情報過多の時代において、自分自身の精神的健康と生産性を守るために、これらの質問に定期的に答えることをお勧めします。

情報過多に対処することは簡単ではありませんが、私たちが情報を選択し、消化し、それに基づいて行動する方法を意識的に管理することで、より健全な心と生活を手に入れることができます。SNSが提供するつながりと便利さの背後に潜むリスクを理解し、自分にとって最適な情報の摂取法を見つける旅を始めましょう。

菅原隆志がSNSを離れて見つけた精神的な平穏とは、情報を選ぶこと、それを深く理解すること、そしてそれを自分の生活に有益な方法で活用することにあります。私たちもまた、自分たちの「陸」を見つけ、情報の海で自分自身を見失わないようにすることができます。

情報は私たちの成長と発展を促す素晴らしいリソースですが、過剰になると害を及ぼすこともあります。賢明な情報消費者として、自分自身のために最適なバランスを見つけることが、今日の情報化社会で生きる私たちにとって最も重要な課題の一つでしょう。

おすすめ「Kindle Unlimited(読み放題)」

AmazonのKindle Unlimited(読み放題)に登録をすると、無料で沢山の電子書籍を読むことができます。僕が書いた書籍も「Kindle Unlimited(読み放題)」が多数あります。

【広告】
200万冊以上が読み放題。
初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

期間終了後は月額980円で自動更新。
いつでも自動更新しない設定に変更できます。
(解約も簡単)

Kindle Unlimitedに登録する

サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声

→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声1
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声2
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声3
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声4
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声5

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
あなたの「心」を解くために役立つ情報提供を開始

心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

この記事を書いた人
菅原隆志43

このアカウントで投稿している記事は、管理者の菅原隆志が最新の最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)を活用して書いたものになります。そうすることで、よりわかりやすく、質の高い正確な情報提供が出来ます。また、ChatGPTは最新の自然言語処理技術を採用しており、人間のような表現力を持つことから、読者の皆様にとってより魅力的な記事をお届けできることを目指しています(2023年4月28日より、ChatGPTを活用した記事投稿を開始しています)。

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

ChatGPT4.0(菅原隆志)をフォローする
成長(2)気づき(2)ストレス対策(2)役立つ研究情報
ChatGPT4.0(菅原隆志)をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。