【電子書籍に移行(準備中)】メサイアコンプレックスは戦争時の怨念のようなもの

【電子書籍に移行(準備中)】メサイアコンプレックスは戦争時の怨念のようなもの

メサイアコンプレックス。

メサイアはメシア(救世主)のことで、自分は不幸だという感情を無意識に抑圧していることで、意識では自分は幸せだと思い込んでいます。その思い込みを成立させるために人を助けなければいけない、助けているから自分は幸せだと思い込み安定を保っています。

その思い込みにより『自分は人を助けている、助けられる人間だという思い込み』により安定を保っているのです。

しかし無意識には逆で、どんどん自分は不幸だという感情が蓄積されているので、親切の押し売りをしてでも人を助ける救世主になろうとするのです。相手はとても苦しいのですがメサイアコンプレックス本人は相手を助けていると思い込んでいるので気が付きません。

そして、悪化していくと問題を起こさせるように仕向けてでも自らが救世主になろうとするのです。

親がメサイアコンプレックスの場合、無意識で子供を肉体的または精神的に追い込み子供が問題行動をとるようにし、そこで親が救世主となりダメな子供を見捨てずに救っていると思い込み安定を保とうとします。

本来は人を助けるためには自らがしっかり向上し満たされていなければいけませんが、メサイアコンプレックスがある場合、自分はボロボロなので相手もボロボロにしてしまうのです。

そしてメサイアコンプレックスの持ち主は巧妙なモラルハラスメントを行うようになっていき、子供を孤立させ精神を崩壊させ、そして面倒を見ようとします。

メサイアコンプレックスの持ち主は実はすごく純粋で素直なのです。

そのせいで、世代間連鎖などの悪影響で、自己犠牲をしてでも他者を救わなければいけない価値観を持っています。

よくあるのは戦争を経験した方が、仲間を救えなかった・・・ 下のものを救えなかった・・・

そういった価値観を子供のころから変性意識状態にされ、親に刷り込まれてきたことで、無意識に嫌と言うほど『偽救世主』が刷り込まれているので解くのは非常に難しいのです。

言い換えれば一般レベルではない戦争時の怨念を解かなくてはいけないくらい凄いものなのです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
【電子書籍に移行(準備中)】メサイアコンプレックスは戦争時の怨念のようなもの
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
【電子書籍に移行(準備中)】メサイアコンプレックスは戦争時の怨念のようなもの

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)