「思考」「感情」「行動」は其々深い関係があります。

「思考」「感情」「行動」は其々深い関係があります。

「感情」は「行動」の燃料になり、
「思考(明確なもの)」は、
「目的達成」と「現実化」に”必要”なものです。

3つのうちどれか1つでも欠ければ、
目的達成、現実化は無理なものとなります。

「思考は現実化する?」=「します」
「行動は現実化する?」=「します」
「感情は現実化する?」=「します」
「言葉は現実化する?」=「します」

「現実化」は「現に実る」ということです。
実らせる道具が「思考」「感情」「行動」、
そして「言葉」なのです。

「思考」「感情」「行動」「言葉」が1つの目的にしっかり沿った時、それは間違いなく現実化します。現実化しないのは、どれかが欠けている、足りない、歪んでいるなど、何らかの現実化しない原因があるのです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)