モラルハラスメントの世界とは「タガメ」と「カエル」のようなものです。旦那が気づき出すと「長年一緒にいたことで熟知した旦那の傷つくポイント」を連続攻撃で刺す!

4560 views
約 5 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
【恐怖克服に役立つ】毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←
モラルハラスメントの世界とは「タガメ」と「カエル」のようなものです。旦那が気づき出すと「長年一緒にいたことで熟知した旦那の傷つくポイント」を連続攻撃で刺す!

モラルハラスメントの世界の一部とは「タガメ」と「カエル」のようなものです。 これは決して馬鹿にしているわけではありません。モラルハラスメントの仕組みを説明するのに「タガメ」と「カエル」がしっくりくるためです。

肉食性で、魚やカエル、他の水生昆虫などを捕食する。時にはヘビやカメ等の爬虫類やネズミ等の小型哺乳類をも捕食する。鎌状の前脚で捕獲し、針状の口吻を突き刺して消化液を送り込み、消化液で溶けた液状の肉を吸う(「獲物の血を吸う」と表記した図鑑や文献もあるが、体外消化によって肉を食べているのであり、血のみを吸っているわけではない。タガメに食べられた生物は、骨と皮膚のみが残る)。自分より大きな獲物を捕らえることが多い。その獰猛さから「水中のギャング」とも呼ばれ、かつて個体数が多かった時には、養魚池のキンギョやメダカ等を食い荒らす害虫指定もされていた。

タガメの詳細(Wikipedia)

上記引用に書かれていますが、タガメはまさに「ターゲットを捕まえたら離さずに、消化液を送り込み肉を溶かして吸い取る」ところから、精神の吸血鬼と言われるモラルハラスメント加害者のようです。

よく言われる暴言タイプのモラハラではなく、賢く素早く悪い暗示や仄めかしを使いながら相手を操作し一気に心を刺して自尊心を傷つけ、生きる力を吸い取って搾取してしまう詐欺師タイプのモラルハラスメント加害者です。この加害者は「被害者を装う」事があります。

こちらの動画を見るとタガメの凄さがわかります。

水面下でカエルに針状のものを刺し、消化液を送り込み、肉を溶かして吸う…。まさに精神の吸血鬼と言われる巧妙なモラルハラスメント加害者です。賢いですね。水面下で攻撃をして静かに精神を刺して生きる力を奪う所が似ています。水面下ですので一般の人がモラルハラスメントの攻撃に気づきにくい点も似ています。

タガメは背中の羽で空を飛んだり、お尻の先を水面から出して呼吸するみたいです。まるで忍者みたいに素早い。まさに水面下に隠れて行うモラルハラスメントみたいです。

タガメとカエルが築いた偽装の王国の罪(外部リンク)

日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体 (講談社+α新書)(外部リンク)

日本の男を食い尽くすタガメ女と呼ばれる者は「亭主元気で留守がいい」などと思っていることがあり、旦那の心を操作しお金だけを持ってこさせて、旦那のお金を妄想に使ったりして家庭を破壊へと誘導していることがあります。家庭を良いほうに持っていくのであれば妄想に使うのも自由で問題ないと思います。そして旦那が気づき出すと「長年一緒にいたことで熟知した旦那の傷つくポイント」を連続攻撃で刺すのです。

<<下に続く>>

そしてタガメがカエルに、針状のものを刺し、消化液を送り込み、肉を溶かして吸う…。ように、周囲が気づかない細い針(仄めかし)で連続に心を刺して、煽って怒らせて、自分が被害者を装うのです。被害者の盾は周囲を味方につけれるのでモラルハラスメント加害者は巧みに使いこなします。それで旦那が使い物にならなくなると、次の宿を探すべく移動を開始するのです。

これがモラルハラスメントの世界の一部です。

しかし「人間はタガメとは違い装う事が出来る」から、騙されてしまいやすいのです。

カエル男とは簡単に言うと「妻や女性にお金や決定権などを支配され、心理的、経済的に搾取されている男」のことです。タガメ女と呼ばれる者はカエル男を捕まえるのです。まさにモラルハラスメントの共依存関係の相互作用です。

モラルハラスメントの被害者であるカエル男タイプは「茹でガエル」状態なんです。

以下の引用をお読みください。

『2匹のカエルを用意し、一方は熱湯に入れ、もう一方は緩やかに昇温する冷水に入れる。すると、前者は直ちに飛び跳ね脱出・生存するのに対し、後者は水温の上昇を知覚できずに死亡する』

引用元:茹でガエル – Wikipedia

つまり、カエル男は「ゆっくり変化していく」ことに鈍感で、気づいたら、ズタボロにされるというわけです。「ゆっくり変化していく」ことに鈍感だということは、それだけ寝ぼけているような状態だから気づかないんです。モラルハラスメントの加害者の攻撃は「些細なことを繰り返す」ことでダメージを与えていくものです。ですから被害者が鈍感だとゆっくり効果を出してくる攻撃に気が付かないまま、気づいたときには大ダメージを受けているという仕組みなんです。

私もカエル男だったので、よくわかりますが、寝ぼけていてはいけないんです。やることは沢山あります。日々、懸命に生きていないからモラルハラスメントのターゲットにされてしまういう面もあるのです。

大事なことは、このことに気づいて、それぞれが自分を取り戻して、モラルハラスメントの世界から脱出することです。その為には清算や反省も必要です。自分が無自覚で如何に相手を傷つけてきたか?本当に申し訳ない事をしたと自覚できて反省が出来てくると、徐々にモラルハラスメントの世界から抜け出せます。

モラルハラスメントは相互作用によって成り立つので、完全に相手が悪いとかありません。 健全なコミュニケーションをとり、責任あるコミュニケーションを取っている者の前ではモラルハラスメントは起こりません。

誰にだって道を間違う事も、人を傷つけてしまう事があります。人は自分さえ変われる気になればいつだって変われます。あなたにはあなたの価値があります。その価値を見つけるのは自分なのです。人の心の奥底は素晴らしいものだと私は思っています。犯罪者もモラルハラスメント加害者も、心の奥底には素晴らしい心があるはずです。

あなたが、子供のころ、若ければ若いほど、素敵な笑顔で自分に嘘をつかずに生きていたと思います。

だから、ちゃんと自分の中に「価値」があるんです。

それを取り戻すために少しの勇気が必要なのだと思います。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. タガメが日本の男をだめにしているってゆう

  2. タガメって恐いですね。

    私もタガメ女にならないよう意識して相手を傷つけていないかその都度振り返り反省し、悪口とか言わないようにしていきます。
    お互い支え合って生きてるはずなので相手への感謝を忘れずにいたいです。

  3. 最近ニュースでもよくモラルハラスメントが問題として取り上げられていますね。

    モラルハラスメントって被害者が無自覚の場合も多いとか…。

    モラルハラスメントは、人としてやってはいけないラインを越えてしまっている印象です。

    自分自身も知らず知らず加害者にならないよう、気をつけなくてはならないと感じます。

  4. カエルの足が…見ていて可哀相になりました

  5. なんじゃこりゃ!タガメ女が金持ちカエル男を絶対に離さないのに似すぎ笑
    こわっ

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)