批判大好き議論大好きなハラスメント人間は無視することが大切です。議論の大半はハラスメントするには、とても都合が良い場所なのです。

批判大好き議論大好きなハラスメント人間は無視することが大切です。議論の大半はハラスメントするには、とても都合が良い場所なのです。

批判大好き議論大好きなハラスメント人間は無視することが大切です。こういった人間は相手を打ち負かして相手が悔しがることを楽しんでいたりします。つまり、目的は決まっているのです。その目的達成のために、くだらない時間として時間を無駄遣いするか、それとも自分の課題に取り組むか選ぶのか自由ですが、議論の先に発展が生まれるのは双方が発展を目的としている場合です。

無理やり土俵に乗せようとする議論はハラスメントが目的の可能性が高いのです。

意識していようが無意識的だろうが目的が双方の成長や発展ではない場合、尊重が無い場合はマイナスです。つまり議論の殆どは平行線、ループ、ストレスの根源なのです。

それを、さも大事かのように思わせることが得意なハラスメント人間もいます。 だからといって議論が不必要と言うわけではありません。ですから自分にとって、その議論がプラスかマイナスかで判断すれば良いでしょう。他人のために生きているのではないのです。皆、自分の為に生きて、自分の課題をクリアし、他者の課題は捨てていく事が大事です。

<<下に続く>>

「竜馬は議論しない。議論などは、よほど重大なときでないかぎりしてはならぬといいきかせている。もし議論に勝ったとせよ、相手の名誉をうばうだけのことである。通常、人間は議論に負けても自分の所論や生き方は変えぬ生きものだし、負けたあと持つのは負けた恨みだけである」

(司馬遼太郎『竜馬がゆく』から)

つまり、議論の大半はハラスメントするには、とても都合が良い場所なのです。さらに道徳を盾に、道徳を使っていけば、立派なモラル(道徳)を使ったハラスメントで、賢ければ賢いほど、巧妙なモラルハラスメントが出来る場なのです。

「お前、逃げるのかよ!」と議論ハラスメント人間に言われたら、「うん、そうだよ逃げるよ」と言って後は無視すればいいでしょう。逃げることをダメだと封じ込めようとして来たら、相手に「逃げることはダメなの?」と確認してから、ヤクザの事務所の前に放り投げて、「ほら、自分で言ったように、まずは証明して見せて。逃げないでやっつけてきてみ?」と言ってやれば良いでしょう。

つまり、巧みなハラスメント人間は、まともに相手する必要は無いのです。

 

関連コンテンツ

【新教材】SHIP

【新教材】SHIP
あなたが人生に悩み、苦しむのは「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ていないからですよね。そう、あなたは自分を信じることが出来ないのですよね。

自分を信じている人は、大好きな人と幸せになり、お金にも不自由せず、社会的に認められ、快適に楽しく暮らしています。

彼らのようになりたいのなら、「本当の自分(内なる自分)」と繋がって「本当の自信」を持てるようになることが必要なのです。

催眠療法を習得すれば「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ます。催眠療法は、アメリカでは「医療」として「正式」に認められ「効果も実証」された方法です。

催眠療法は精神療法の一種で、英国医師会と米国医師会も有効な治療法として認めている確かなものです。更に、アメリカ心理学会や米国歯科医師会も催眠を有効な治療法として認めているのです。

【新教材】SHIPは、自己催眠を習得して「本当の自分(内なる自分)」と繋がり、理想の人生を送るための教材です。

SHIPを受講すればあなたの都合の良い時に動画、音声、テキストで学習することが出来ます。サポート体制も充実しています。

この機会を逃せば、あなたはSHIPに出会えないかもしれません。募集終了になる前に受講して下さい。

続きをメール購読

この記事に「いいね!」しますか?

(最終更新:2017年9月16日)Leave a Comment0 Comment2591 views

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)