一人ぼっちの孤独な人間たちへ。本当の自信が欲しければ一人ぼっちを喜ぶことです。

632 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
一人ぼっちの孤独な人間たちへ。本当の自信が欲しければ一人ぼっちを喜ぶことです。

一人ぼっちの孤独な人間たちへ。

僕は、一人ぼっちの孤独な人間たちが素晴らしいなって思っている。

その理由は「一人ぼっち」で「孤独」を「選択」したということは「勇気」があるからです。

僕は、子供のころ、孤独が怖かった。

孤独を馬鹿にしたこともある。

一人ぼっちの人を馬鹿にしたこともある。

小学5年生くらいのころ、クラスで虐められている子がいた。

僕は、かわいそうだと思って、庇って助けた。

すると、その子は、自分を虐めていた側と仲良くなり、みんなで僕を無視したり、馬鹿にしたりし始めた。

家でも、ぼろくそに扱われて、兄弟からはでっち上げられることがあったり、大体、このころに僕の心はへし折れた。

それから、勇気がくじけた僕は、自分の心を捻じ曲げ、嫌いだった者たち(弱い者をいじめる者、助けてくれた者を平気で裏切る者)に迎合していったのです。

それから、180度変わり、平気で人を傷つけたり、馬鹿にしたり、悪いことをする人間になった。

その群れに迎合し、恐怖への同一化を果たし、思考停止のゾンビ人間となっていった。

「一人ぼっち」で「孤独」を「選択」出来るということは、勇気がないとできないのです。

だから、多くの人は、自分を押し殺しても群れに合わせていくのです。

1番良いのは、群れの中で、自分を持ちつつ、他の人も尊重することですけどね。

それは、1番難しいこと。これを成し遂げたのは「偉人」と呼ばれるような人たちで、到底、僕にはまねできない。

だけど、「嫌いだった者たち(弱い者をいじめる者、助けてくれた者を平気で裏切る者)に迎合する」より、

「孤独を選択すること」のほうが、よっぽど難しいことだ。

僕はこう見ている。

1、群れの中で本当の自分を持てる人(虐待者を乗り越えた者)(被害者でも加害者でもない世界

2、本当の自分を大切にできていない孤独(自分への虐待者)(自分に対して被害者でもあり加害者でもある世界

<<下に続く>>

3、自分を見失っていることに気づかない者たちの群れ(自他共に虐待者)(被害者でもあり加害者でもある世界

※虐待と言っても、心理的なものから、ネグレクト、心理的ネグレクト、セルフネグレクトなどを含み、さらに細かい「虐待的なもの」を含む幅広い意味で。

1が1番難しいと。1番簡単なのは3だと。

勇気を持つ度合いも1が1番難しい。1番簡単なのは3。

だから、僕は、一人ぼっちの孤独な人間たちが素晴らしいなって思っている。

「一人ぼっち」におびえ、他人を馬鹿にし、力に迎合し、陰で虐待をして正当化している3の者よりも上のランクだと僕は勝手に見ている。

僕から見れば、ワンランク上です。

もしこれを見ている、孤独にさいなまされて、行き場を失い、死を意識したり、世の中に絶望しているような人がいれば、

そう思うのではなく「孤独を選択した自分」を認めてあげてほしい。

すべての選択、取捨選択は、紛れもなく自分が選んだことです。

一般的な視点で見れば「一人ぼっち」や「孤独」は無価値に見えるかもしれない。

だけど僕の視点では、「一人ぼっち」や「孤独」には素晴らしい面もあるということが見える。

「孤独を選択した自分」を卑下する必要はないと思いますよ。

自分が選択したこと。選択した「意味(自分にとってプラスな意味)」があるはずです。

その意味に気がついたとき、「一人ぼっち」や「孤独」が、必要なプロセスだったと気がつくと思います。

僕は、「一人ぼっち」や「孤独」というものを、「本当の自分と真正面から誠実に向き合うプラスな時間」だと考えています。

「一人ぼっち」とは、心の中の小さな自分と向き合っているときです。

自分の子供に置き換えてもいいです。

大切な我が子と2人で向き合って大切な話をするとき、それは大切な瞬間ですよね。

僕の言葉だけでは物足りないのならば、素晴らしい記事を見つけてきましたので読んでみてください。

関連コンテンツ

bright-ms.net


悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
→ 「サヨナラ・モンスター」 ←

極度の緊張や恐怖の克服法
毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)