Google検索

コミュ障やあがり症、重度の引きこもりを克服したいと思っている方に是非読んで欲しいコミュニケーション障害や重度の引きこもりの根深い原因

コミュ障やあがり症、重度の引きこもりを克服したいと思っている方に是非読んで欲しいコミュニケーション障害や重度の引きこもりの根深い原因

巧妙なモラル・ハラスメントを受けていた方や、中々改善できないコミュ障やあがり症の方に是非読んで欲しい記事です。

コミュ障とは、コミュニケーション障害を略したものです。日本の国民病の1つとも言われ、他人との雑談が苦手で、苦痛で、本人にとっては死ぬほど辛いと思う事もあると思います。

では、この心を苦しめるコミュ障になる原因ってなんだろうか。原因と言っても人それぞれで色々ありますが、ここでは、そのうちの一つを書きたいと思います。

コミュニケーション障害とは?

まず、コミュニケーション障害という言葉を分けます。

「コミュニケーション」「障害」

・コミュニケーションとは?
感情、意思、思考を伝達し合うこと。

・障害とは?
物事の進行や達成の妨げのこと。

つまり「感情、意思、思考の、伝達が妨げられて、上手くいかないことをコミュニケーション障害」と言います。問題は、何故、本来は普通に出来るであろう、感情、意思、思考の伝達が妨げられてしまうのか。問題はここですよね。

コミュ障になる原因や、きっかけには色々言われていますが、この記事に書いてあることがお役に立てるかもしれません。

コミュ障の深い原因

その原因の一つが「巧妙なモラハラ(モラルハラスメント)」です。モラルハラスメントは精神的な嫌がらせや精神的な暴力のことですが、あのアドルフ・ヒトラーもモラルハラスメントや虐待を受けていたと言われています。親からの暴力を受け、その暴力を感謝するといった大きく歪んだ価値観を持ち、その歪んだ価値観を修正できなかったことが、全世界へ向けて、破壊的な力を向けた…。そう言われています。

つまり、巧妙なモラルハラスメントを受け続けて育つと、「色々なことが歪んでしまう」のです。

そして、表面的にわかりやすいモラハラもあれば、表面上では弱さと優しさ、涙、美徳などでカモフラージュして、水面下で攻撃を巧みに行うモラハラもあります。

このように攻撃を隠す場合は、モラル(倫理、道徳)や「弱さ」を振りかざし、相手が反論できないよう、気付かないように、ばれないように逮捕されないように、非言語的メッセージを使って、巧妙にターゲットの自尊心を傷つけて、ターゲットを孤独にさせて、社会的に抹殺したがるのが巧妙なモラハラ(モラルハラスメント)です。

例えば人は思い込みの生き物ですから、そこを悪用し「思い込ませ」を使い、ターゲットのイメージを作り出して、周囲から嫌がらせを受けるように仕向けるモラルハラスメントもあります。

こういった普通ではない中で育つと、認知が歪んでしまうのも当然です。

弱さは恐ろしく強力な武器になる

心理学の三大巨頭の1人であるアドラーが臨床に基づいた洞察の末に辿り着いた重大な発見が「弱さは対人関係で恐ろしく強力な武器になる」です。

非常に興味深いので繰り返します。

弱さは、恐ろしいほど、強力な武器になる。

つまり、涙も、弱者の立場を使う事も、相手を攻撃する「武器」となることが、重大な発見として発見されたという事です。1部の人からアドラー心理学が嫌がられる理由も頷けますね。

このような「弱さを武器」にする者がモラハラを開始すれば、それはもう残酷なほど相手を巧みに追い詰めることが出来ます。被害者と加害者をひっくり返すだけの力も持っているのが「弱さを武器にした場合」です。

このように気づきにくい巧妙で狡猾なモラハラもあるのです。巧妙で狡猾なモラハラを行うものは、弱さに反応するので相手が弱いと思えば嫌がらせを巧みに行います。

つまり、何が言いたいのかというと、巧妙なモラルハラスメントを行う者のコミュニケーションは異常だから、異常なコミュニケーションを取る環境に自分がいる必要はないということです。

人は環境からの影響をどうしても受けてしまうもの。どんなに影響を受けないようにしようとしても受けてしまうものです。そして環境の中で最も影響が大きいのが人間関係です。そして人間関係での影響は、言語、非言語問わず「コミュニケーション」によって影響を受けるのです。

ですから、コミュニケーションを取る、取らない、など真剣に考えなければいけないのです。人は全員とかかわる必要はありません。自分が関わる人を自由に決めてよいのです。

モラハラ親・毒親からの歪んだ価値観を受け継いでいる

子供にとって影響力の強い親などからモラハラを受けて育てられると、子供は親を基本は無条件で信じますから親の価値観を無意識で受け継いでしまいやすいのです。モラハラをする親を過剰に信じていて、子供がバランスよく学んで成長していないことなどの色々な事が重なって、歪んだ価値観を持つようになりますが、本人が歪んでいる価値観だと自覚がない場合があります。

ですので、歪んだ価値観や認知の歪みによってストレスや問題が増えやすくなりますが、本人は自覚がないので人生が上手くいかないままだったりするのです。そういった歪んだ価値観を持ったまま人とコミュニケーションをとれば「遮られる」ことが起こるのも当たり前です。

「遮られる」コミュニケーションを繰り返していると、癖になってしまう場合もあるでしょう。

「言語メッセージ」と「非言語メッセージ」が矛盾

モラルハラスメントを行っている親は自覚がなく「言語メッセージ」と「非言語メッセージ」が矛盾しています。

例えば、言語では、「子供が大事なんだよ~」と言うけど、非言語では反対のメッセージ。視線や身振りや音などを使って言葉とは矛盾したコミュニケーションをとってきます。このような矛盾が起こっているのが善人の仮面をかぶったモラルハラスメントをする人の場合があります。

ただ、善人の仮面をかぶった悪人がダメというわけではなく、それも一つの生き方ですので、それが嫌なら自分が離れればよいのです。

子供は理解力が無いので、非言語メッセージではなく、親の言語の部分をしっかり聞いて、素直であればあるほど言語の部分を鵜呑みにしていく場合もあります。個人差はありますが。

ダブルバインド

そして、モラハラをする親は、ダブルバインドというメッセージとメタメッセージが矛盾するコミュニケーションをとってくる場合があります。

メタメッセージとは、本来の意味とは違う別の見方や立場からの意味を与えるメッセージのことです。

例として、仲の良い友人に朝、「おう!ばかやろう!♪」と言われるとします。仲が良いので文句とは捉えないので「挨拶」と受け取る可能性が高いです。このようにメタとは本当の意味ということです。言葉は同じでも、メッセージを送る側と受け取る側のそれまでの関係が影響します。「些細なことで傷つくなよ」という人がいますが、メッセージを送る側と受け取る側のそれまでの関係によって、些細なことではない場合もあります。

モラルハラスメントをする人は、本当の意味の部分に、子供を孤立させ道具化し自尊心を傷つけるような人格破壊のコミュニケーションを潜ましている場合があるのがモラルハラスメントです。

ここまではご理解いただけたでしょうか?

そして言語メッセージと非言語メッセージの矛盾で親から育てられ、その親を信じていると矛盾を受け取り吸収しますから、その子は「矛盾したコミュニケーションを普通だと無意識で判断」する場合があるので、矛盾が少ない人とのコミュニケーションに障害が起こる可能性もあるという事です。

その場合、矛盾したコミュニケーションが普通だと信じているので、矛盾した感情、矛盾した意思、矛盾した思考、そして矛盾からくる伝達が、普通とか正しいと刷り込まれていて、それが無意識の癖になっているので障害になるのです。本当の意味の部分で自分を攻撃しているのに自分で気がつかないのですから、正常の人とのコミュニケーションが上手くいかない場合もあるという事です。

コミュ障の改善

ハッキリ言いますが、改善していくには自分のレベルを上げていく、つまり自分で自分を育てていくしかありません。ただ、心の傷が深いときは、無理して自分のレベルを上げようとすると、逆にマイナスになってしまう可能性もありますので、自分のレベルを上げようとする前に、理解者に理解してもらいながら傷を癒すことが大切です。カウンセラーの方を頼ることもおすすめです。

自分の傷がいえてくると「自分を成長させたい」という気持ちが沸いてきます。そういったコミュ障や引きこもりの方の改善に大事なのが「矛盾した伝達を合理的な伝達に変える」ことが大切です。合理的というのは論理的で、筋道が通っているという意味です。そしてコミュ障の人は全体的に前頭葉の機能が低下していると言われます。

改善する為に大事なことを具体的に言いますと、矛盾した人間への依存を断ち切り、自分の傷を癒し、期待をやめ、論理的思考をし、正しい根拠ある会話をし、自分の無意識レベルから矛盾を追い払うことです。つまり、自分軸で生きて、学んで成長して自分が変わるしかないという事です。

自分に合った改善方法を見つけ、学習してトレーニングしていくことが大事なのです。自己肯定感を高めることも効果的です。

スタートは、自分が悪いわけではないかもしれない。だけど、その後、何を取り入れ、何を捨てるかを選んだのは自分なんです。ですから、自分の問題を認め、負けも認め、反省をして進みだすと、ゆっくり変わってきます。

どんなに他者から傷つけられても、それを癒すのは自分なんです。一番身近な自分だから出来る事なんです。

先ほどもお伝えしましたがコミュ障の人は全体的に前頭葉の機能が低下していると言われますので生活習慣を見直し有酸素運動をしっかり行い、あとは「文章を書く」ことと「本の音読」がおすすめです。脳の前頭葉の前頭前野は、コミュニケーションに深く関係していて、音読が効果がある事は以下の引用にも書かれています。

私の最新の研究により、「音読」や「計算」が脳に効果的なトレーニングであることが明らかになりました。下の画像は機能性MRIで測定した脳の血流を図式化したものです。赤や黄色になっている部分は脳が働いている場所です。赤から黄色になるにしたがってより活発に働いていることを示しています。

引用元:http://www.nintendo.co.jp/ds/andj/introduction/

また、過去の「恐怖や不安の克服法!文章を書くメリットは「恐怖や不安の克服」「お小遣い」「脳の活性化」「認知症予防」など色々あります。前頭前野は扁桃体に瞬時に介入出来るから恐怖を消せる!」の記事で「「読み・書き・計算」が前頭葉を活性化することが、研究により、心の教育だけではなく痴呆症にも効果があることが確かめられていると書かれています。」と書いたように、「読み・書き・計算」はコミュニケーションに深く関係した前頭葉を活性化してくれるという事です。

つまり、改善するには自分が学習を開始し、脳の前頭葉を鍛えていく以外に道はないのです!

前頭葉を活性化

ですので、私のお勧めは、生活習慣を見直し有酸素運動をしっかり行い、あとは、文章を書くこと、本を読んで音読することです。

個人的には素晴らしい効果があると実感しています。

話は戻りますが、言語メッセージと非言語メッセージの矛盾した親から育てられ、その親を信じて依存し期待していると、矛盾を受け取り吸収してしまう可能性があり、「矛盾したコミュニケーションを普通だと無意識で判断」する場合があるので、障害が起こることがあります。

改善していくには自分が変わって行く事が必要です。変わる為の一つの方法は「読み・書き・計算」で前頭葉を活性化していくことです。

コミュ障の方は言語メッセージと非言語メッセージの矛盾した人とのほうが上手く話しやすいかもしれません。理由は「互いに歯車がずれた状態」だからです。

よく、コミュ障を極度の人見知りや対人恐怖症、どもり、など、長期的に引きこもり生活が続くとコミュ障を発症しやすいと言われますが、その奥の原因の一つがモラルハラスメント環境で染みついた癖などの場合もあり、そして「前頭葉の衰え」です。ですので前頭葉を鍛えることが、必要だとご理解いただけたかと思います。

モラルハラスメントの加害者はターゲットに孤独を味わわせ孤立させ、自尊心を傷つけることに快感を覚える場合があるので、極度の人見知りや対人恐怖症、どもり、など、長期的に引きこもり生活になるように仕向けることがあります。

モラルハラスメントの加害者の深刻な劣等感により、レッテル貼り、印象操作などをして、モラルハラスメントの加害者は相手のイメージを悪くするように誘導していくのです。そのターゲットにされる人は真面目で責任感が強いけど理解力が足りない、お人好しな人などが選ばれやすいです。

引きこもりになって引き立て役でいてはいけない

引きこもりの子の親「うちの子は引きこもりで大変でしてねぇ・・・」
親の知り合い「あなたも大変ねぇ。偉いわ」
引きこもりの子の親「いやそんなことないですよ~なんかうれしいなぁ。グスッ」
親の知り合い「泣かないでよわたしたち友達よ」
引きこもりの子の親「ありがとう。本当に嬉しいわ」

このように「引きこもりの子は親を引き立てるために利用」されている場合もあるのです。

そして重度の引きこもりの子の親は家で「親が作り出したイメージでのダメな子の再確認」をして安心しようとするが、言語メッセージでは「早く社会に出てほしいわ」と、自立してほしいといいながら自立しないように依存させるように仕向けていく場合もあるのです。依存させるように仕向けるときは「餌」を使います。その「餌」に食いついてしまう側にも問題があります。

そして子供のダメな部分を利用して自らの安定を保つような親は、無自覚で無意識で子供がダメになるような誘導をマッチポンプ(自ら問題を作り出し問題解決する)のようにしてしまう場合も…。

過去にテレビ番組で、引きこもりの本人が「親はやれやれ言うばっかりで何もしてくれない」という、「やれと言う」「何もしてくれない」という矛盾の言葉が出るのです。モラハラ・毒親の巧妙な支配を知らない人からすれば「自分でやれよ」って話になるかと思いますが、甘えの視点ではなく、小さい頃からコントロールされてきたモラハラの視点から見ると分かります。美徳やエサで釣って、自立してほしいといいながら自立しないように依存させるように仕向けて巧みに支配していく場合もあります。

<<下に続く>>

極端に言えば子どもを押し入れに閉じ込め監禁し、外の情報を何も教えず、ご飯だけを与えると子供は正しく育たないのに、外を怖い場所だと思い込ませて主観世界を操作すると、子供は自らな出なくなる可能性があるのと同じような感じで、子供の心を巧みに監禁するのが毒親の行いの一つです。毒親も傷ついた一人の人間ですから、責めても何も変わりません。

心の監禁は表面上はよくわからないので周囲からは大したことないと思われやすいのです。本当に子供に自立してほしいと思うのなら自然に出る行動があり自然に伝わり自然に良くなるものですが、それが無いと言うことです。つまり非言語で「やるな」として禁止令を出しておきながら、「意見を禁じ」ダメなイメージを保持しようとしているのです。

これを幼少期からやられて外に出れないようにすれば40歳でも50歳でも抜け出せないのが当たり前ですので、このことを証明するかのように30代~40代の長期的引きこもりが増えているのです。それだけ毒親が増えたとも言えるでしょう。磨けば光るものを磨かずしてメッキをかけてダメ扱いをしているのです。

このように、子供が家に籠るしかないように心を雁字搦めにし孤立させ、孤独にさせ、自尊心を傷つけ、親は外で自分が承認されたいので、ダメな子を面倒見ている親として子供を利用することも稀にあるでしょう。ですので、引きこもり当事者が可哀想なことを知らない人もいるのです。また、そこに金の臭いを嗅ぎつける者もいる場合もあるでしょう。

10年、20年、監禁された子供は可哀想と言われますよね?

それの精神版で心の監禁です。心の監禁はわかりにくいのです。目に見えないから理解されにくいことです。目には見えない手錠をかけられ、目には見えない鎖で縛られ、目に見えない刃物で心を毎日突き刺されているのです。

このことがわからないと「見えない攻撃」ですので、「繰り返し見えない攻撃を受け続けながら蓋をされている状態なので」重度の引きこもり当事者は圧力が強まってくるとはじけ飛ぶように爆発することがあるのです。当事者は言葉には説明できず曖昧だけど「見えない攻撃の方向性が家族だということ」を感じている場合は爆発し親を殺すという事になる場合もあるのです。理解は難しいのですが、精神を雁字搦めにされているので、逃げられない状態になっていて、説明も出来ないでいる場合もあるのです。

そして、どちらにしても、抜け出すためには自分が本気になって学び始めることが大切です。ですので、自分の本当の原因を自分で知ることが大事なのです。自分の原因がわかり自分を取り戻したい!と思ったら、人生再スタートすると良いでしょう。再スタートの方法は無数にあります。自分に合ったレベルアップの方法を見つけることです。

モラルハラスメントをする者の一部は欺きが得意で被害者に成り済ますこともあります。サイコパスの得意とする武器もモラルハラスメントだと言われます。ですが、モラルハラスメントをする者を叩くのではなく、自分がそこから抜け出せばよいのです。モラルハラスメントをする者を叩いているうちは、自分がいつまでも依存の世界からは抜けれません。

親に対する恨みは例え親が悪かったとしても自分の依存の心から生まれているでっち上げも合わせてお読み下さい。嘘と矛盾で満ちたモラハラ界・毒親の支配からの脱出がコミュ障改善の方法の一つになります。

モラハラ界に心を置いていた時間が長ければ長いほど、脱出には学習やトレーニングが必要ですので時間がかかりますが、論理的思考を大事にして前頭葉を鍛え、色々学んで、トレーニングして抜け出せるので、徐々にコミュ障改善もされていくでしょう。

コミュ障と対人恐怖から抜け出す如何でしょうか。学んで行く事が如何に大事なことかが理解できたと思います。私もずっと学びを放棄してきたので学ぶことが大事なことだと分かりました。自分に合った学びの方法を見つけてみて下さい。最終的には自分が変わるしかないのです。人や親を変える事を考えるよりも自分を変える事が何より自分の幸せに繋がります。

コミュ障をプラスに!

ここまで読んでいただけた方には「矛盾し混乱したコミュニケーションをとる環境で育ち、それを普通として受け取っていた」人もいるという事がご理解いただけたかと思います。

ですので、無意識に刷り込まれている間違った認識を変えることが必要です。

変えるには自分が変わっていく事。変わるには学び。特に脳の前頭葉の前頭前野を活性化させること。脳の前頭葉の前頭前野を活性化させるには、読み・書き・計算・音読が研究の結果でも確かめられていること。文章を書いたり、音読したりすることが効果的です。その効果を上げるために、私もやっている事ですが、それは30分くらいのジョギングです。ジョギングをすると頭がスッキリするので更に効果があると感じています。

あとは、このことに気づいたのですから、自分次第でプラスに生かしていけるのです。矛盾し混乱したコミュニケーションに気づいて知ったら、修正の為のトレーニングを開始して、自分をプラスに変えていけば、既存の矛盾し混乱したコミュニケーションをとる人たちにも良い影響を与えていけるようになれるということです。

問題や失敗はチャンスですから少しずつでもプラスにしていきましょう。あなたが苦しかったという事はあなたにモラルハラスメントをしている人も苦しんでいるということだと私は思います。大事なことは「誰がプラスの循環へ変えるための正しい行動を開始するか」ですね!難しいですけど少しずつでもやってみましょう。

運動し、学びを、再開させると、それは自分の力になっていくでしょう。再スタートしましょう!

厳選した教材をご用意しております。是非、改善して自分の人生を歩んでいって下さい。

コミュニケーション能力が向上していく画期的な学習プログラム

コミュニケーション能力が向上していく画期的な学習プログラムのご紹介の前に以下の引用文と図をお読み下さい。

コミュニケーション能力がないと、本当に最悪の人生になるのです。

それを裏付けるデータも存在します。

コミュ障は
生きていけない時代が到来・・・

下の図を見てください。


2014年の日本経団連の調査で、企業の人事担当者に新卒採用にあたって、最も重視した能力について、コミュニケーション能力が86.6%で圧倒的な一位です。

引用元:デイリーパラダイムシフト

コミュニケーションは本当に大事ですよね。喧嘩もモラルハラスメントも、すべてコミュニケーションから生まれるものです。ですのでコミュニケーションは人生を大きく左右すると言っても過言ではないのです。

そんな人生を左右するコミュニケーション能力を向上させたい方は、毎日5分~10分の音声を聞くだけで、コミュニケーション能力がどんどん向上していく画期的な学習プログラム「デイリーパラダイムシフト」をお試し下さい。

月額料金も2500円と低価格で学ぶことが出来ます。

コミュニケーション能力向上に効果的な理由

「デイリーパラダイムシフト」がコミュニケーション能力向上に効果的な理由の1つはプログラム作成者の方が長年のコンサルの経験からコミュニケーション下手が改善しない原因として「コミュニケーションの知識が足りない」のではなく「今すでに持っている知識が邪魔をしている」からだとわかったからと言われています。

 つまり、「固定観念」「思い込み」「間違った常識」などがコミュニケーション能力向上の邪魔をしているとわかったことから作られているプログラムだからです。前述した「モラハラ親・毒親からの歪んだ価値観を受け継いでいる」部分と繋がることです。モラハラ親・毒親からの歪んだ価値観を受け継いでいる場合も「固定観念」「思い込み」「間違った常識」などが邪魔してきて、それでコミュニケーションに障害が起こりやすいのです。

「デイリーパラダイムシフト」のプログラム名は「デイリー(毎日)」「パラダイム(物事の見方、視点。)」「シフト(変える事)」

 

すごいですよね!

つまり、物事の見方や視点を変えることが出来れば、コミュニケーション能力が向上していくというわけです。そして物事の見方や視点を変えることは簡単ではありません。なぜなら潜在意識(無意識)レベルで刷り込まれているからです。

潜在意識(無意識)レベルを変えるには「http://bright-ms.net/?p=1557」に詳しく書いていますが、「繰り返し」こそが大事なのです。繰り返し物事の見方や視点を変えるトレーニングをしていけば改善、向上していくのです。

自分で取り組もうと思っても、間違った方法になってしまったり、繰り返すことを忘れてしまったりします。そこで「デイリーパラダイムシフト」が役立つのです。「デイリーパラダイムシフト」の会員になった方に、毎日、毎朝6時に5分から10分程度の物事の見方や視点を変えるための音声が届きます。

自宅のパソコンや、スマホで好きな場所で音声を聞いて学んでいくことが出来ます。そしてコミュニケーション能力が向上するための、新しい物事の見方や視点を手に入れましょう。私も何度も経験がありますが、物事の見方や視点を変えることこそ、本当にプラスなことです。

「デイリーパラダイムシフトを申し込んで見ました」

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「デイリーパラダイムシフト」の詳細

あがり症の改善

あがり症の改善は「あがり症の克服・改善方法を無料公開!」のページから、まずはメルマガを購読して下さい。

全部で10通の役立つメールが届きます。あがり症改善に役立つ素敵な教材のご紹介もあります。少しずつ学んで行く事で、自己理解も深まってきますから、ゆっくりと改善への道へと進めるでしょう。

ご質問やご心配な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

最後に

あなたを傷つけた人がいたかもしれません。例え、そうであっても、その傷つけた人はあなたを癒しません。恐らく、一生待っても、あなたの傷を癒しには来ないでしょう。

だからこそ、自分が自分を救うのです。

誰でもなく、自分が自分を救えるのです。

自分で自分を癒してあげなければ、これからの人生、苦しみから抜け出せないでしょう。

自分で自分を癒す力は誰にでもあります。

「癒し」=「理解」です。

「自己理解」は「自分を癒す」のです。

今まで、見捨てて本当にごめん。

自分の気持ちを見捨てて、他者の価値観で生きて悪かった。

もう二度と見捨てない。

そう、自分を取り戻し、腹の底から自分と約束できたのなら、

自分を育てていきたい…、

そう自然と思えるようになるでしょう。

自分で自分を救い、自分を育てる者は、他者にも出来るようになってくるのです。

あなたが始めることは、あなたが自分の力で自分を理解し癒し、そして自分を育て始めるということです。

それが進んでくると、灰色だった世界に、鮮やかな色があることに気づくでしょう。

20160520225553

20160520143123

47a227d223804b0940468320aedaba9b_s

d03961a8bd5b09af99c9e3cee12a0f93_s

あの人の笑顔、自然の素晴らしさ、動物の温かさ、何気ない一言に詰まった優しさ、過去の勘違い、無かったと思っていた愛、色々気づいていくのです。

あなたがあなたを大切にして好きになると、視点がシフトします。

言葉の意味を正しく理解する

コミュニケーション障害を改善していくために「言葉の意味を正しく理解する」ということも大切です。これはどういうことかと言いますと、前述した文章を以下にもう一度書きますのでお読み下さい。

まず、コミュニケーション障害という言葉を分けます。

「コミュニケーション」「障害」

・コミュニケーションとは?
感情、意思、思考を伝達し合うこと。

・障害とは?
物事の進行や達成の妨げのこと。

つまり「感情、意思、思考の、伝達が妨げられて、上手くいかないことをコミュニケーション障害」と言います。

「伝達の妨げ」になるものは色々ありますが、そのうちの1つは「言葉の意味を正しく理解していない」ことが伝達の妨げになります。

例えば「贅沢をするな」という言葉、ある人にとっては、高いものを食べることを贅沢と言い、またある人は食べきれないものを食べて余すことを贅沢という。それで贅沢に対する理解が違っているので、トラブルの原因にもなりかねないのです。

贅沢とは

実際の生活が必要とする以上の、分に過ぎた消費。

引用元:贅沢  – Google 検索

このように、お金がいっぱいあるのなら高いものを消費しても、それは実際の生活が必要とする以上でなければ贅沢ではないということです。自分の生活の質を上げたいから問題のない範囲で高価なものを購入することは別に贅沢ではないのです。

言葉の意味を正しく理解できていないと、

「贅沢するな!」

「は?別に贅沢なんかしてないし!」

このように、コミュニケーションにおいて障害が発生してくるのです。なので言葉の意味を正しく理解するために勉強していくこともコミュ障改善に必要なことです。

 

 

関連コンテンツ

「成長」「気づき」「回復」に役立つ教材一覧

デイリーパラダイムシフト
「デイリー(毎日)」「パラダイム(物事の見方、視点。)」「シフト(変える事)」でコミュニケーション能力を向上させる方法。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム
1日15分30日の実践で、吃音(どもり)を改善する方法。
『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)
自己肯定感を高め無意識のうちにプラス思考が出来るようになるためのメールトレーニング。
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット
必要な「回復のプロセス」を自己学習し、自分を癒して回復させていくための自己学習キット。
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】
モラルハラスメントの被害をあなた自身で解決することが出来る根本解決のための「自立的」な方法。
感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法。
精神的な弱さを改善する方法 フルパッケージ
ドラクエで最初の街から一歩も出られない主人公…。のようになっていませんか?精神的な弱さを改善するシンプルな方法。
あがり症改善プログラム
あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

言葉のイジメに打ち勝って人生を好転させる方法!
つまらない口げんか、心無い言葉で、あなたの心を蝕む相手に左右されない人生を送るための方法。

阿妻式恋愛眼力トレーニング 運命の人だけに出会う21日間
1日9分・21日間のトレーニングで恋愛眼力が高まり、男運が上昇し、運命の彼を引き寄せる女性へと生まれ変わる方法。
毎日10分で分かる!アドラー心理学 簡単マスターブック「理解する勇気」
アドラー心理学基礎講座「徹底する勇気」
アドラー心理学 完全理解セット【「理解する勇気」+「徹底する勇気」】音声特典付き
他者の言葉の一言一言にすごく傷つく、人の意見におびえている。あなたが、もしこんな悩みを抱えているなら、アドラー心理学を学んでください。

ハーバード大学医学部の
臨床栄養学部准教授を務めたほどの
実力者である荒木裕さんの教材はこちら。


こちらの教材は常識を変えてしまうほどです。心身ともに生涯、健康的に生きていくために是非学んでいただきたいです。

【荒木式】断糖肉食ダイエット
公式サイトはこちら


【荒木式】高血圧改善プログラム
~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法~
公式サイトはこちら


【荒木式】うつ病改善プログラム
~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
公式サイトはこちら


【荒木式】うつ病改善プログラム
~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~
公式サイトはこちら


【荒木式】糖尿病改善プログラム
~インスリンも薬もやめられた画期的な食事法~
公式サイトはこちら

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

コメント一覧

  • Comments ( 31 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by じん

    自分は深層心理とかいろんなセミナー講師もしています。
    彼女に対しては自分の想いとかも全然伝えられなくて、
    ちょっと落ち込んでいてずっと連絡もしないで最近捨てられました。
    で、メールでいろいろ伝えようとしたら、ドンドン悪い方にとられてしまって
    普通のひととのコミュニケは困っていないのに、どうして大切な人とは取れないんだろう。
    いなくなりたいです。

    自分の状況は皆さんより軽いかもしれません。ごめんなさい
    おかげで少しだけって思えるようになったんで3月までは無理してでもがんばってみますね
    ありがとうございました

  2. by 匿名

    人と何を話したらいいのか分からない
    人と対面するのがこわい
    ひとと関わるのことを高度なこととしか思えない
    友達をすぐ作れるようになりたい
    新学期こわい消えたい

  3. by 名無し

    表面だけでなく、その奥に潜む真の原因を知ることから始めなければ変われないですよね。

  4. by 名無し

    脳の神経回路を変えてしまうしかないのかなと思います。簡単なことではないですが…。諦めなければ緩和できると信じています。

  5. by 匿名

    モラハラって聞いた事はあったんですが、まさかこんな身近にあるものだとは、
    ここを読むまで気付きませんでした。身近にいるサイコパスの特徴そのままでした。
    私は近所のおじいさん達に集団でモラハラいじめをされています。
    悪人扱いされて辛いです。
    おじいさん全員がサイコパスというわけではないのですが、モラハラいじめの主犯格は、二人ともサイコパスです。
    私を責め立てて、嬉しそうに罵ってきます。
    会う人会う人に私の悪口を言って、仲間集めをしていく過程を聞かされるのが、怖くて辛いです。
    十中八九、私は近所では極悪人として伝わっていると思います。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      モラルハラスメントは身近に潜んでいるもので、被害を受けている側が気付かないでいることがあります。
      気付かないように、逃げないように、複合的に思い込まされていることもあります。

      悪人扱いするのも、逃げない為の工作です。
      悪人扱いされていると、被害を受けている側が誰かに助けを求めても話を聞いてもらえなかったり、信じてもらえなかったりして更に傷つく仕掛けです。

      つまり攻撃者にとって、被害者は悪人でいてもらわなければ困ることがあるのです。
      攻撃者は心に悪を隠し蓋をして善人仮面をかぶっているので自分の心の奥の悪が目立たないように真面目で素直な人を悪人扱いしておきたくなるわけです。

      そして攻撃者の罠にはまると「被害妄想のレッテル」を貼られますので戦うのではなく離れることをおすすめします。
      叩いても潰しても無数に感染するかのように湧いてきますし、彼等もその行いが自分のためになると信じているので話し合いで簡単に納得はしませんし、
      自分のマイナスに気づきません。

      恐らく悪人扱いされているということは、離れられないような絡み合った複雑な心理状態になっていると思うのですが、
      離れてもいいし、彼等の心配もしなくてもいい、など自分を一番大事にして考えて行く事を推奨します。

      モラルハラスメントを受ける人は、自分が悪いのではないか?と罪悪感を持ちやすく相手を可哀相と思ったり相手を心配したりします。
      そこに心に闇を隠した人たちが、引き寄せられて寄ってくるのです。

  6. by あっちゃん

    コミュニケーションはあまり得意ではないです。参考になります。

  7. by アイコン

    コミュニケーションはあまり得意ではないです。しゃべることが苦手です。

  8. by 名無し

    モラハラは相手を制圧すると思います。
    モラハラ気味の人が身近にいますが、コミュニケーションもうまくとれなくなってしまいます。
    障害とまではいかないですが、それが一番身近な親で、自分が子供であったら、そんな風に陥ってしまうかもしれません‥
    幼少期の環境って大事ですね。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      制圧と言うよりかは、支配や搾取、欺きという感じのほうがしっくりくるかもです。

      そうなんですよね;モラハラの人と話していると、コミュニケーションもうまくとれなくなってしまいますよね。相手も気づいていないんですけど、遮ったり暗示入れたりなどあります。

      ゆっくり、的確で、論理的な会話をしたほうが良いです。

      幼少期はすごい99%といってもいいかもです!

      三つ子の魂百までです。

  9. by メグミ(二児のママ)

    引きこもりは、いろいろ原因があるようですね。私も理由のないイジメにあった人だけれど、引きこもりはしなかったですが、友達はイジメがもとなのか《引きこもり》や登校拒否をしてました。最近はイジメにモラハラが合わさってるのもあるみたいですね。
    そうじゃなくても、コミュニケーションが上手く取れないって大人もいらっしゃるみたいです。

    小さい頃の親だけじゃなく、大人になってから親族にモラハラを受けて、引きこもりにはならないけれど、人に心を許せなくなってコミュニケーション障害になったり、異性が苦手になったりする人もいらっしゃるみたいです。近年はサイトでもモラハラ加害者なのもいるみたいですし、ラインなんかにもモラハラな内容が入っていたりするんじゃないかと思います。

    私もモラハラ加害者にならないようにして、相手の心にモラハラの心の傷があったら、ちゃんと受けとめて理解して癒やしてあげれる人になってあげたいと思います。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      相手への攻撃が、目に見えるものから、目に見えないものに変化し、更に目に見えないものに善人の仮面をつけ巧妙なものに変化していますので見極めが難しくなってきています。

      欺きが得意なのがモラハラです。

      仰る通りです。

      細かいこと言えば、ほとんどの方がモラハラやってますよ(笑)カウンセラーだっているでしょうし私だってそうでしょうし(笑)

      その中から、気づいていない自分にどんどん気づいていくことがプラスになりますよね^^

  10. by 伊多波博文

    コミュニケーション障害は私もなります。子供の頃私は良くいじめにあった為に割とおとなしかったです。年とって落ち着いてきましたが調子が良いときと悪い時とは全然違います。引きこもりもうつ病にもなりましたがコミュニケーションの障害は取れてきました。性格改善ですとか治すのは非常に難しい気がします。まわりにもおりますが話しの途中どもってしまう人 顔がひきつってしまう人いろいろと私もみてきました。悪い事はあまり考えず前向きに考えてコミュニケーション障害を少しずつ治していきましょう。私は21の時に精神分裂病 記憶喪失で27才までかかりました。でも生きています。みんな頑張れ!

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      たくさん頑張って乗り越えてきたのですね^^

      凄いと思います!

      気づきを増やしてこれからも進みたいですね^^

  11. by ダイキ

    自分も正直、コミュ障の一人で人と話すのが続かず辛い気持ちでお友達が作れません。ですが少しでもいいから人を見極め、初めて人と話しが合っていければいいとは自分の気持ちでは思います。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      文章では言葉はでますよね?

      何故、対面だと出ないのか?

      コミュニケーションをとってしまうと嫌な事、危ない事などがあると無意識で思っているかもしれませんね。

      自分が他の方とどんなコミュニケーションをとっているのかを分析すると良いですよ。

      録音などしていると分かりやすいと思います。

      自己分析は大事ですよ。

      そうすると矛盾したコミュニケーションを自分が実は嫌がっていた!ということが隠れている場合もあります。

  12. by シンジ

    勉強になります

  13. by ミル

    人とコミュニケーションをとるのは、苦手な方もいるでしょうけど。必要な事だけでもいいのではないでしょうか。私も苦手です。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      そうですね。

      必要な人と必要なコミュニケーションだけでも良いですよね^^

  14. by サージ

    コミュニケーション障害、コミュ障は最近よく聞く病名でしたけど、意味はよく理解してませんでした。単純に言葉のキャッチボールが苦手な人かな、と。
    今回の記事でよく理解しました。

  15. by あや

    私もコミュ障気味です。少しずつは改善されていると思いますが、苦手意識が残っています。

  16. by ゆ

    納得する部分もあれば、そうなの?と思う部分もあります。

    私もコミュ障害ですね。

    何を話していいのか分からないです。本当に。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      辛いですよね。

      辛いけど最終的には自分で気づいて、自分で納得し、自分で理解するしかないんですよね。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      そうなの?と思う部分は出していただいたほうが私もうれしいですので出して下さいね^^

  17. by 名無し

    理論がわかってもそこから脱却するのは難しいのではないでしょうか。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      そうですよ。

      難しいから、抜け出したければ人生かかっているのですから本人が本気になり、時には命がけにならなくてはいけません。

      誰かがなんとかしてくれると思っているうちは抜け出せないでしょう。

  18. by 小春日和

    人様との関わりは苦手です。

    これまでの人生で一通りの経験をして…
    1番学んだ事は《この世で生きた人間ほど残酷で怖い》というのを身に沁みるほど味合わせて来ました。

    話すのが怖い・目を見るのが怖い・自分の居ない所での噂話が怖い…

    洋服を買う時の店員さんの表情がキライ…
    似合わないって笑われているような気がする。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      それはある意味プラスなことですよ^^

      《この世で生きた人間ほど残酷で怖い》

      これを感じたのは勘違いでなければ、恐らく相手の無意識(本音)を見抜く能力が高いのでしょう^^
      それはプラスなことです。

      本質を見抜くと辛いものです。

      知らない方が幸せだと思う方もいるでしょう。

      ですので、自分の勘違いと、能力を区別し勘違いは排除することでレベルアップします。

  19. by かず

    私はコミュ障だと思うので参考にしてみます

  20. by 名無し

    モラルハラスメント…深刻な問題ですね…

  21. by ∞ひめくるみ∞

    コミュニケーション障害、最近耳にしますね。

    もしかして私のこと?と思いました。

    吃りがあるから、人と話す時会話が続かないから、色々私に当てはまる部分がありますね。

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)