Google検索

親を恨み支配され続けて親に恐怖していた人が支配から脱出した時の手紙

匿名さんより

俺が、この家には悪いものがあるというのは、勘違いの事です。
みんなそれぞれは自分が思う善に進んでいることは間違いない。
だけど、歯車がズレてしまったことで、現実世界を共有しているという視点から、マイナスになっていく仕組みになっていることを伝えたかったのです。

支配や、上下関係から生まれるものは強い劣等感です。
そして劣等感が大きくなると恐怖が酷くなり、人への感謝を忘れます。
そして人を見下し、自分が上だと思い込んで誤魔化していきます。

俺は子供であっても、平等に見ることの大切さを知りました。
これは間違いないので確信していますし、変えるつもりはありません。

一番大事なのは、上でも下でもなく普通でいる勇気です。
普通でいることが一番大切なことです。
子供にも、心から感謝を伝え、ありがとうと伝える事。
見返りの期待しない本当の感謝。
それが先を歩く大人のやることだと思います。
戦争も、支配も、そんなことに恐怖する人生よりも、そんなことを無視できる強さ。
それが必要だと思っています。

<<下に続く>>

このことに気づけたのは、辛く苦しい家族ではありましたが、その家族があったからこそ気づけたことあるのです。そういった点で、気づかせてくれるきっかけになったこと、本当にありがとうと思っています。

如何に自分が愚か者だったのか。
メッキをかけた偽物で弱虫であったか、
弱虫を隠すために、戦争や、特攻隊、そういった概念に縛られて自分を見失っていたか・・・
自分で自分を犠牲にし、自分を否定し、自分を裏切ってきた人生だっと気づきました。

俺が勇気が挫けたのは10才ころ。自分では正しいと思っていたことを家族でも学校でも否定され続けてとうとう勇気が挫けたことを思い出しました。それから自分を誤魔化す人生をはじめ、自分に嘘をつき、自分でも人生が嘘であることに気づかない人生になっていたのです。

人は支配しなくても、本当の信頼を自分次第で作れること、他者に横の立場から勇気づけをして、共感をしていけば支配は不要です。

このことに家族みんなが一人ずつしっかり気づいて、横の立場から、本当の家族が築けたら素晴らしいことだと思っています。

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    機能不全家族を抱えた人なら、その点は自然に身についてしまうと思う。良くも悪くも…。
    私も少し前まではそのうちの一人だった。自分が変わることで、まわりも違って見える。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      名無しさんは抜け出してきたのですね。とても良い過程だと思います。

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。