在宅支援をご希望の方へ

人の目が気になるように仕向けて長い時間ストレス効果を発揮する陰険で巧みなイジメの方法を公開!巧みなモラルハラスメントも!

「人の目が気になるように仕向けて長い時間ストレス効果を発揮する陰険で巧みなイジメの方法を公開!巧みなモラルハラスメントも!」

あなたはこのタイトルを見て何を感じますか?何故、この方法を公開しようと思ったのかと言いますと、実際にこの方法で「思い込まされた人」自分を取り戻し苦しさから抜け出すきっかけになってほしいと言う思いから記事しようと思いました。

※すべての方に当てはまるものでは御座いません。

私は、人をマイナスに導くために思い込ませていく事が嫌です。思い込みの力は絶大で人の一生を台無しにする恐れもあるので知って防ぐことも大事なことです。手口を知らなければ防げません。防衛の為にも知っておくことも大事です。こういった話を書くと実際に隠れてこの手口を使っている方は「勘違い」や「そうされていると被害妄想になっている」として片づけたがりますが、それは無理です。

何故なら、この手口は私が悪い事をしていた頃、私の知っている方(嫌いだった人)の昔の話ですが複数人で頻繁に使って楽しんでいた事実です。その結果としてそうなったという証明は出来ませんがターゲットの方は視線が気になるようになっていて半引きこもり、家はたまり場、携帯は使われ盗まれ、財布も取られ、意見を言ったら威圧、バイクも盗まれ、仕事が出来ない、歯医者に行けない、サングラスが外せないという状態にまでなっていました。(現在は仕事をしています。)

何故か人からクスクス笑われるのに自分ではおかしい部分が分からない、またはおかしい部分がないと思っていない人。こういった人はこの手口を使われていた可能性があります。

その手口ですがとてもシンプルなのですが、相手にモラルハラスメントをします。モラルハラスメントは精神的な嫌がらせのことです。高レベルになってくると手口も巧みになり周囲からは分からなくなるどころか攻撃者が善人に見えるようになります。そうやってターゲットを追い込んでいきターゲットが意見を言ったり主張できないようにまで追い込みます。大人しくなったところで次は相手に無数の思い込みを植え付けていきます。

ここでは一部のお話ですが、ターゲットが周りからクスクス笑われるように仕向けるには、ターゲットの外見が一般的におかしいと思われるようなものをターゲットが自分で好むようにすればよいのです。予めモラルハラスメントで思考や感情がマヒして自分の考えを持てないようになっているので集団で植え付けていけばターゲットは思い込んでいきます。

<<下に続く>>

例えば変な服装を促し、「おっそれいいね!」と肯定的な態度を複数人で何度も何度も何か月でも言っていきます。それだけではなく髪型も同様。ししぐさも同様に一般的な人に変だと思われるようなものを、肯定的に思わせて行く事でターゲットのセンスが崩れて変なものがかっこいいと勘違いが酷くなります。そう、勘違いを酷くし、周囲のバカにする反応を楽しみ、さらに酷くしていく。陰湿ないじめです。初対面の人がターゲットを見たときに固まって「えっ!・・・」と驚き、攻撃者にこっそり「あの人何?w」と言うのを攻撃者は楽しんでいるのです。

ターゲットが誰かに馬鹿にされた時に、攻撃者は善人のフリをしてターゲットを守ります。「ふざけたこと言うなよ!おかしいのはお前だよ」と・・・・するとターゲットは守ってもらったのですから更に親友だと表面上強く思い込んでいきます。(無意識では知ってるでしょうが勇気が挫けているのでフリをする)攻撃者はここが狙いで偽の信頼を構築しさらに暗示をかけやすいようにするのです。

そしてこのターゲットは勘違いが酷くなり、昼間から全身黒ずくめの服装でサングラスをかけ昼間から駅前で缶ビールを飲んでいることが、最高にカッコいいことだという勘違いが酷くなっていったのです。歯医者もいけず歯は半分以上虫歯でボロボロで人と目を合わせられなくなり挙動不審になり、何を行動するにでも「えっ・・なにこの人?」と思われることが増えていきました。

本人は酷い混乱状態ですが、それを周囲は楽しんで表面は善のフリをし、ターゲットがいない時には酒のつまみのように笑い話にして楽しむのです。人の傷を楽しんでいたのです。人は無意識で誰が踏み台か瞬時に察知するので、踏み台にされている人を傷つけたい人が寄ってきます。寄ってきてはターゲットに「おっ!いいねぇ♪センス抜群だねぇサイコー!かっこいいよ君。モテるでしょ?モテるよね?そうだよねぇ」と言います。ターゲットは汗ばんで無理した自分を演じています。「ありがとう!!!」なんて言ってますが、みんなから笑われているのです。ターゲットは心の奥底では気づいていたはずです。が、どうすることも出来なかったのでしょう。少しでも意見を言えば「あ?」と言われそれでも刃向うと殴られそれでも刃向えば・・・だから相手の意見を受け入れだすのです。

そしてこのターゲットは自分よりも下の人を発見したときに、自分がやられてたことと似たようなことを開始し、そのポジションから脱出したのです。脱出し仕事ができるようになりました。これがモラハラ界にあるモラハラポジションです。このポジションには入れかわりいろんな人が座っています。モラハラ界は2:6:2の割合で分かれます。二割はいじめを楽しむ側。六割は傍観者。二割はターゲットです。言えることは、モラハラポジションに座るのが怖いから傍観者になるのです。

最後に理解してほしいのは、こういった陰湿ないじめを行っていた側も傷ついていたという事。そこが理解できた方は大きく成長していけるでしょう。そして抜け出す自由があり、その権利を使いましょう。

あなたを「回復」させて「改善」する方法

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法
これを見た時、僕は思わず興奮してしましました!理由は僕自身、パニック障害、自律神経失調症の根本を探り続けていくことで「蝶形骨」と「脳幹」「大腰筋」へ辿り着いたからです。カラダの歪み、心の歪み、認知の歪み。歪みこそが根の原因であるということ。そしてカラダの歪みの改善。それが脳幹に関係あるから。だから、この方法こそが、今僕が最もおすすめできる改善法です。本気で改善したいと思う人のみお試し下さい。メールサポート1年間たっぷりあります。本気で取り組みましょう! 1年間サポート・全額返金保証付

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 10 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by つかmama

    嫌な感じですね。
    私は、基本他人は他人、自分は、自分という
    考えなので気にしないのがいいと思います。
    モラハラって、やってる方は、自覚があるのかな?と思います。
    心な中で、幼稚な奴と思ってしまいます。
    そんなことをしていると、いずれ自分に返ってくることも知らず愚かな人のすることですね

  2. by 名無し

    なんかよく分からないが、ひどいなあって思いました。

    加害者には加害者なりの理由があるんかな(>_<)

  3. by るっこ

    モラルハラスメントする側の人は心に傷があるからそういうことするんですね。だからと言ってタ―ゲットをボロボロになるまで傷つけるのは酷すぎです。

  4. by 名無し

    私も職場においてもモラハラの陰湿な攻撃を受けた事があるのですごく良くわかりました。
    視線が気になるようになったり、あらぬ報告を上司にしたり、工具を隠されたり、威圧感や疎外感は、日常茶飯事でした。
    そこは合わないと言って直ぐに止め現在は人間関係環境の良いところに就職しています。

  5. by ひとりん

    人間関係って難しいですよね!学校や社会人になってからもこんなことがあるように思います!思い込みは誰しもがなると思いますしある意味マインドコントロールのように思います!

  6. by 名無し

    難しいことはわからないが、世の中は確かに2:6:2の原則で成り立っていると思う。
    学校も職場も地域社会も。
    だから、
    みんな真ん中の6でいようとする。
    自分もそうだと思う。

  7. by フタバ

    自分には経験がないことですが、友人関係のようでありながら力の差が歴然とある場合には、このような状態を疑ってみるのもありかもしれませんね。モラハラでもあり、マインドコントロールも含まれている気がします。たとえ身近に例がないとしても、こういう話は知っておいてよいと思います。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      モラルハラスメントはレベル低い場合はメディアが言っているモラハラ夫のパターンですが、高レベルになってくると策士になり欺きも上手になりマインドコントロールのようにもなっています。この話を行っていたのは当時10代の子です。しかも、よく宗教を作りたいとか言っていた人でした。支配やコントロールに相当興味があるのだと思います。

      防ぐためには知っておくべきだと思います。知らないでいると気付かないうちに自尊心がボロボロになり自殺するまで追い込まれていく場合もあるかと思います。

  8. by kyu

    これは私の親類の話です。Aさん(女性)は重い精神病にかかっており、彼女のお姉さんは、症状が重くなるたびいつも世話をしていたらしいです。しかも、そのお姉さんは医学に詳しい人だったこともあり、家族を差し置いて?通院や入院の時には症状の説明や薬の相談まで全部していたらしいのです。その様子は…私の耳に入るくらいなので、少し不審に思う人も多かったみたいです。Aさんは…ある病院で一番と言ってよいほど様々な薬を(新薬を実験的に?)処方され、長年様々な(精神病以外の)病気に苦しんで…最近亡くなりました。話を聞くと、どうやら姉の、美しい妹への嫉妬があったみたいです。容貌に恵まれて若い頃に幸せな結婚をした妹。そして…たぶん生涯独身の姉。条件が重なりモラルハラスメントが放置されると、時には…死という究極の結末を迎えてしまうこともあるようです。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      とても怖い話ですね・・。

      「姉の、美しい妹への嫉妬」なるほどです。私も個人的な意見ですが、良く感じるパターンが母親が姉の「女」の部分を小さいころから封じ込めていると、強い嫉妬や怨念のようになり、それがモラルハラスメントに変化していると感じています。

      モラルハラスメントは巧みになればなるほどダメージも大きく死を促していると・・私も思っております。暴言を吐くなど、言葉で分かる段階で止めるべきだと思います。悪化すれば善人のフリが上手くなり策士になり巧みになるので危ないですよね。

      放置してはいけない問題であると思いました。
      コメントありがとうございました。

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。