ウォーキングが気持ち良い季節になってきました♪
歩きながらトラウマを転換しませんか?脳の活性化・認知症予防
公式サイトで購入する
Apple Booksでで購入する
Google Play ブックスで購入する
楽天Koboで購入する
BOOK☆WALKERで購入する
Amazonで購入する

宗教二世(2世信者)の心の苦しみ。脱会後トラウマに悩まされる人も多い。

政治・戦争・宗教

人格が壊れてまともな社会生活が出来なくなる

宗教二世(2世信者)の心の苦しみはとても根深いものです。洗脳やマインドコントロールによってまともな社会生活が出来ないほど人格が壊れてしまうこともあるでしょう。僕もそうでした。

トラウマに悩まされる

そして脱会後トラウマに悩まされる人も多いです。僕もトラウマだらけでした。宗教だけの問題ではなく、それらを含めて取り巻く全体の問題でもあるのです。要は、宗教の信者にはメサイアコンプレックスを抱えていたり、ダークトライアドなどの邪悪な特性を持つような者も多く、人間関係の中でもトラウマになりやすいことが沢山あるのです。

例えば僕の場合、血の繋がった家族からの裏切りや、欺き、スケープゴーティング、ガスライティングなど、心理的なダメージが大きいことが数えきれないほどありました。そういったこともトラウマの一部になっていたのです。複雑で根深いトラウマです。

宗教二世(2世信者)の心の苦しみは理解されない

宗教二世(2世信者)の心の苦しみは理解されないことが殆どです。これは難しい問題な為、これを理解出来る者が殆どいません。なので、理解してもらおうと支援者を探しているうちに無理解からどんどん傷ついてしまうこともあるでしょう。理解の難しい問題だからこそ、自己理解を深めるべきだというのが僕の考えです。僕自身もずっと誰かに理解してもらいたく、助けてもらいたかったけど、宗教二世(2世信者)の苦しみを深く理解出来るような人はいませんでした。そして自己理解の道へと入っていきました。書くことで自己理解を深めていきました。

こ・安倍元総理を殺害した山上容疑者も宗教二世(2世信者)ですが、おそらくは宗教二世(2世信者)としての苦しみも抱えていたと思います。一言で言えるような苦しみではなく、人生そのものを捨ててしまわないといけないほど追い詰められてしまうこともあります。非常に根深く厄介な問題です。

トラウマは書くことで癒していける

しかし、そんな根深いトラウマでも、書くことで大幅に減らすことが出来ました。それだけではなく心的外傷後成長(PTG)にも繋がりました。僕の場合は、自分のことをここまで追い詰め、苦しめてきた狂気、親などの背景には何があったのか、それを時間をかけて深く理解したのです。つまり恨みを許しと感謝に変えたのです。

そしてわかったことが、深い傷を負っている人間(親)たちが、必死に宗教に縋ってでも生き抜いてきたという親なりの最善が見えたのです。人は誰もが、その人なりに一生懸命生きています。傍から見たら間違っている生き方でもその人にとっては最善を生きているのです。相手の深い部分が理解出来ると、そこには「責めることが出来ない事情」というものがあることも見えてくるのです。だから理解は癒しに繋がるのです。

「親への恨みはでっち上げ」の「親を理解して親の親になれば良い!(本の目次参照)」に書いたこと。これは、ジョシュア・コールマン博士(ニューヨークタイムズに寄稿している心理学者) 、 Jキャロリン・コーワン博士(カリフォルニア大学バークレー校の心理学名誉教授の助教授)、 フィル ・コーワン博士(カリフォルニア大学バークレー校の心理学名誉教授)らが「悪い世代間連鎖を止めるために価値あることだ」と言っています。「親への恨みはでっち上げ」は、悪い世代間連鎖を止める為にとても大切なことです。

宗教二世(2世信者)だからこそ、悪い世代間連鎖を断ち切れる!変えることができる。

今、親への恨みつらみを言い続けている人たちがいます。そんなことをしているうちに、今度が自分が毒親になり、悪い世代間連鎖を強化させる側になるでしょう。自分自身が恨みつらみ復讐心ではなく、深い理解、そして感謝に気づけるように変わることが大切なのです。その気づきも、書くことで起こしていけるのです。

少し前に書いた下記記事、、、。
(サヨナラ・モンスター購入者さま用の記事)

過去のトラウマを書き終えると、トラウマは癒される。エモーショナルライティング。
今日お伝えする大切なことは「過去のトラウマを書き終えると、トラウマは癒やされる」ということ。 過去のトラウマ、つまり否定的な経験や体験について書くことも癒しになる まず、書くことが癒しになることについて最前線の研究者である、テキサス大学オースティンの心理学者ジェームズ・ペンネベーカー博士(Pennebaker, Jam...

上記の記事でお伝えしているように、最前線の研究者らは「過去のトラウマ、つまり否定的な経験や体験について書くことも癒しになる」と言っています。それをサヨナラ・モンスターの特殊な方法で書き続けたら本当に癒されました。

つまり、未処理の心の情報をしっかりと書き出すことが出来ないこと、それがトラウマを持続させているとも言えるのです。終わらせられないからトラウマを持ち続けるのです。

僕がこれまで何を書いてきたか。ブログ、過去に閉鎖したサイトでの記事配信。過去のSNS、メルマガ、Amazonなどで販売中の書籍。これら全てを使って過去を書き続けたのです。そして過去が1本の線になるまで書き続けたのです。そしたらトラウマが大幅に癒されて、酷かった症状も軽くなり、心の苦しみも大幅に減り、異常な恐怖も減り、強迫観念、強迫行為も消えて、悪夢は完全に克服されたのです。根深いトラウマ、更には宗教洗脳が絡んだ厄介な心理的問題でさえ、このように「書くこと」で解決していけるのです。僕は長い年月書くことを実践してきて、実際に変化を体感し、そして最前線、世界トップクラスの研究者らの言っていることが「本当だった」と確信したのです。人間不信だったので研究なんかクソ喰らえだという考えも昔はありましたが、今は、それらの研究者らが如何にすごいこと確かなことを言っているかがわかるようになりました。だから数年前などは、一切、何処かの誰かの研究結果を持ち出してお伝えすることがほとんど無かったのです。それは疑っていたからです。自分が確信して初めて、深くわかるようになります。

最前線の研究者らは「過去のトラウマ、つまり否定的な経験や体験について書くことも癒しになる」と言っています。これは本当です。だけどその過程は時に、とても苦しいものになります。その苦しみを乗り越えることが出来ないと難しい場合もあるでしょう。苦しみに向き合う覚悟と勇気も必要です。気づいていないことに気づく、それは時にとても苦しいものなのです。心の奥に抑圧していた、過去においては耐えられないほどのもの、、、。それに対して、成長した今の自分で向き合うのです。僕にとっては子供の頃からの数々の経験、それらが耐えきれないものの連続だったのです。だからそれらが抑圧されていて、抑圧し過ぎで症状が出てきていたということ。そして自分の親になる。その思いによって精神が強化されたので、抑圧している過去の耐えられない情報に向き合い出したのです。それが「書くこと」をし始めたということです。そして書き続けて1本の線になったら、癒されたのです。その書くことによる効果は、単なる方法では効果がないので、サヨナラ・モンスターの特殊方法(深化させる)と、エモーションプラスを併せて、エモーショナルライティングにして、悪化を防ぐためにトラウマ転換ウォーキングなどで心身の健康を支えながら、書き続けて解放していったのです。だからこれは三種の神器と言えるのです。そしてそれらを調べてみると、200以上もの調査研究から効果的な方法であることが判明している方法でもあったのです。

サヨナラ・モンスターの方法は部分的に見ても、200以上もの調査研究から効果的な方法であることが判明している方法などが組み込まれている方法ですので、心の深い部分を変えていきたい人は、本気になって取り組んでみて下さい。要は、自分の力で自分の歴史を紐解くことで、深い自己理解と自己信頼に繋がり、それが癒しにつながっていくのです。この癒しは本質的な癒しです。表面上の癒しごっこではありません。心の奥深い部分からの根源的なものです。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました