→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

新しい視点で親を見る: 心の成長と共に親を見直す視点

新しい視点で親を見る: 心の成長と共に親を見直す視点 成長(2)
菅原隆志より

親から「されたこと」の視点ではなく、
親を別の視点で見てみよう。

1人の人間として、
親の人生や、親の心、
背後をよく見てみよう。

親の努力や悲しみ、愛情、
色々なことが背後には隠れている。

親を恨んでいる時などは「されたこと」の視点で見ている。
親からされたこと、嫌なこと、恨みに思うこと、、、。

親の言動の背景を理解してみよう!
理解出来ると、決して責めることのできない何かが見つかる場合もある!

画像(記事上部にある画像)を作りましたので、よかったら保存して自由に使用して下さい。
また恨みつらみを世の中全体から少しでも減らすために、
この記事をシェアしてくださると嬉しいです。
また、この記事の考えや価値観などは、誰かに押し付けるものではありません。

下記の文章は、最新のChatGPT4.0にお願いして、
僕が皆様に伝えたいことを代わりに書いてもらいました。

序章:「されたこと」から見る親との関係

1.1. 「されたこと」の視点とは

「されたこと」の視点とは、文字通り自分が親からどのような行動を受けたか、どのような言葉を投げかけられたか、といった事象に焦点を当てる視点のことです。例えば、親から叱責された、期待に応えられなかったと怒られた、などといった具体的なエピソードや経験を思い出すことがこの視点の特徴です。

1.2. なぜ私たちは親を恨むのか

私たちはなぜ親を恨むのでしょうか。その根底には、期待と現実のギャップが存在します。親という存在に対しては、自然と期待が高まるものです。それは愛情豊かな、理解者であり、常に自分をサポートしてくれるといった理想的なイメージがあります。しかし、実際の親がその期待に応えられない場合、失望や恨みの感情が生まれます。親もまた完璧ではない一人の人間であり、ミスを犯したり、自己中心的な行動を取ることもあります。その結果、「されたこと」の視点が強まり、否定的な感情が増幅します。

1.3. 親からされた嫌なこと、恨みに思うことの例

親からされた嫌なことや、恨みに思うことは多種多様です。例えば、「厳しい教育方針による過度のプレッシャー」「自分の思い通りに子供を育てようとする過干渉」、「兄弟間での差別的な扱い」、「自分の夢や期待を子供に押し付ける」、「親自身のストレスを子供にぶつける」などが考えられます。これらの行為は、子供の自尊心を傷つけたり、親への信頼を損なったりする可能性があります。これらはすべて、恨みにつながる「されたこと」の視点からの捉え方です。

第1章:新しい視点で親を見る

2.1. 親を1人の人間として捉える

親という存在を新しい視点から見るための第一歩は、親を1人の人間として捉えることです。親とは、単なる自分の育ての親、保護者という役割にとどまらない一人の個人であり、自分自身の経験、思考、感情、夢、そして弱点を持っています。親が人間であるということを理解することで、彼らの不完全さや欠点をより深く理解することができます。

2.2. 親の人生や心について考える

親を1人の人間として見るためには、親の人生や心について考えることが大切です。彼らがどのような環境で育ったのか、どのような挫折や困難を経験したのか、またその過程でどのような感情を持ち、どのような選択をしたのかを理解することで、親の行動や言葉の背後にある意味を探ることができます。

2.3. 親の努力や悲しみ、愛情を理解する

親の努力や悲しみ、愛情を理解することは、親を深く理解し、親との関係を改善する上で非常に重要です。親の努力は、あなたに対する愛情の一部です。親があなたのためにどれだけの時間を費やし、どれだけの心配をしてきたかを思い出してみてください。また、親がどのような悲しみを抱えていたかを理解することで、親の行動や言葉の背後にある動機を理解することができます。親の愛情は、あなたへの願いや期待、そして時には過剰な干渉となって現れることもありますが、それは親自身の愛情表現の一つです。親の行動や言葉を通じてその愛情を理解し、感じることで、親を許し、新たな視点で親を見るための道が開かれます。

第2章:親の言動の背景を探る

3.1. 親の言動の背後に隠れた真実

親の言動の背後には、しばしば我々が直接見ることのない真実が隠れています。それは彼らの過去の経験、抱える恐怖、失敗への怖れ、未解決の問題、さらには親自身が親から受けた影響など、多くの要素が絡み合っています。親が時に厳しすぎたり、過保護だったりする背後には、あなたへの深い愛情や、あなたが同じ過ちを繰り返さないようにという思いがあるかもしれません。

3.2. 親の振る舞いの背景を理解する方法

親の振る舞いの背景を理解するためには、まず親に対する自己の先入観や偏見を取り払うことが重要です。次に、親がどのような背景や環境から来ているのか、親自身がどのような挑戦や困難に直面してきたのかを考察することです。そして、可能であれば、親自身に直接話を聞くことも有益です。親の話を素直に聞き、理解を深めることで、親の行動や言動の背後にある真実を見つけ出すことができます。

3.3. 理解によって見えてくる「決して責めることのできない何か」

親の言動の背景を理解すると、その中に「決して責めることのできない何か」が見えてきます。それは親の苦労や痛み、彼ら自身が直面した挑戦や困難、あるいは親自身が受けてきた教育や育てられ方など、親自身が制御できなかった状況や事象かもしれません。これらを理解することで、親を責めることから解放され、親を許す一歩に繋がります。親自身もまた人間であり、過ちを犯し、完璧ではないことを認識することで、許しと共感の感情が芽生え、親との関係は新たな形を見つけることができます。

結論:親を理解して許す、そして自分を救う

4.1. 理解から許しへ:親を許すことの意味

親を理解し、その結果として許すという行為は、単に過去の不満や矛盾をなかったことにすることではありません。それはむしろ、親が人間であること、自身の限界と闘いながらもあなたを愛し、育てようと努力したことを認識することです。親を許すことは、親の過ちや欠点を容認するだけでなく、それらを通じて親自身の挑戦や痛みを理解し、親と自分自身を全うな人間として受け入れることを意味します。

4.2. 自分を救う:恨みから解放される過程

親を許すことは、同時に自分自身を救うことでもあります。恨みや不満は心に重い負担を与え、私たちの人間関係や日常生活に悪影響を及ぼします。しかし、親を理解し許すことで、その重荷から解放され、自身の心を癒すことが可能になります。これは時間と共に進行するプロセスであり、完全な許しは一晩で達成されるものではありません。しかし、この過程を進めることで、私たちはより健全で幸せな人生を歩むことができるようになります。

4.3. 今後の親子関係の見つめ方:理解と許しの継続

親を理解し、許すことで得られる恩恵は一時的なものではありません。それはむしろ、親との新しい関係性の始まりを示すものです。親の言動に対する新たな視点を持つことで、未来の対話や交流はより深みを持ち、互いの理解を深める機会となります。そして、この理解と許しのプロセスは、親子関係だけでなく、他の人間関係においても有効です。この経験を通じて、他人の行動や思考の背後にある理由や感情をより理解する能力を身につけることができます。

まとめ(親への恨みはでっち上げを紹介)

5.1. 親を理解し許す人々の実例

本書で提唱されている理念は、一部の人々によって既に体現されています。たとえば、肉親から虐待を受けた経験を持つ者も、彼らの過去を深く理解し、許すことで自己成長と平和を達成しています。この過程は容易なものではありませんが、その価値は計り知れません。親の過去の過ちを理解し、その上で彼らを許すことが可能な場合、それは彼らが一人の人間であるという認識を深めることにつながります。

5.2. さらなる理解と許しに向けて

親を理解し許すことは、一度だけの行動ではありません。それは進行中のプロセスであり、新たな理解と洞察が得られるごとに、許しのレベルも深まる可能性があります。親の行動や決定を理解するためのさらなる研究や自己探求は、恨みを手放し、平和を見つけるための道を開く可能性があります。

5.3. 書籍:親への恨みはでっち上げ

この本『親への恨みはでっち上げ』は、親への恨みを克服し、自分自身を理解し、自己成長を達成するためのガイドブックです。本書は、親への深い理解と許しを通じて、自分自身を解放する方法を提供します。また、親という存在が一人の人間であり、不完全な人間であり、それぞれの親が抱える困難や挑戦を理解することの重要性についても教えてくれます。

本書は、過去の親からの虐待やネグレクトの経験を持つ人々だけでなく、自己成長と自己理解に関心がある全ての人々にとって、非常に価値あるリソースであると言えるでしょう。また、親の役割とその影響について深く理解することは、自分自身の子育てのスタイルを理解し、必要ならばそれを改善する手助けともなります。

Image

親への恨みはでっち上げ(第三版): 毒親育ちの恨みもこれで消える!心の曇りを晴らして良い支配者になれ!毒親ブームの終焉! Kindle版

親を理解して悪い世代間連鎖を止めよう!
この本の「親を理解して親の親になれば良い!(本の目次参照)」に書いたこと。これは、ジョシュア・コールマン博士(ニューヨークタイムズに寄稿している心理学者) 、 Jキャロリン・コーワン博士(カリフォルニア大学バークレー校の心理学名誉教授の助教授)、 フィル ・コーワン博士(カリフォルニア大学バークレー校の心理学名誉教授)らが「悪い世代間連鎖を止めるために価値あることだ」と言っていますが、それと同じことです。

恨み辛み復讐心ではなく、理解、赦し、感謝へと転換することで、心が楽になることもあります。

amazon.co.jp

あなたの「言葉」と「URL」を残す。