ウォーキングが気持ち良い季節になってきました♪
歩きながらトラウマを転換しませんか?脳の活性化・認知症予防
公式サイトで購入する
Apple Booksでで購入する
Google Play ブックスで購入する
楽天Koboで購入する
BOOK☆WALKERで購入する
Amazonで購入する

「非行・更生」シリーズの3巻目「子供の頃、死ぬかと思った話・・・。暴力団員が金属バットを振り回していて…。」を出版しました!

中野信子(脳科学者)さんは素晴らしいことを言っている!サイコパスやソシオパスと共存していくことが大切!捕食者にも役割がある!非行

「非行・更生」シリーズの3巻目、「子供の頃、死ぬかと思った話・・・。暴力団員が金属バットを振り回していて…。」をAmazonでKindleストアで出版しました!

この話から学べる大切な記憶のお話と、暴走族洗脳の構造と過去の心の癒し(ChatGPT4.0)

Kindle Unlimited(読み放題対象本0円
子供の頃、死ぬかと思った話・・・。
暴力団員が金属バットを振り回していて…。

「非行・更生」シリーズ

非行・更生 (全3巻) Kindle版

「非行・更生」シリーズの1巻目:
子供が非行に走る原因の殆どは「親」と「家庭環境
「非行・更生」シリーズの2巻目:
静かなる償い(罪悪感を手放す方法)
「非行・更生」シリーズの3巻目:
「子供の頃、死ぬかと思った話・・・。暴力団員が金属バットを振り回していて…。」

内容紹介:

本書は、僕自身の子供の頃の暴走族体験から得た学びと、独学で心の勉強をしたことで洞察してわかったことなどから制作した一冊となっております。一昔前の話ですが非行問題の根本は今も昔も基本は同じですので役立つ部分がかなりあるでしょう。僕自身が書いた文章と、最新のChatGPT4.0(人工知能)が書いた文章で構成されています。序章は僕が書いた文章です。第1章からはChatGPT4.0(AI)が書いた文章になります。序章にのみ、過去の僕の体験談が少し、そして子供時代の写真を数枚掲載しています。それ以外に体験談などの記載はありませんので、体験談を期待されている方にとっては物足りないと感じるかと思いますので予めご了承下さい。書籍の殆ど(第1章〜第14章)が、暴走族洗脳の構造と過去の心の癒しに関しての心理学的な情報となっております。

本書は、次のような人におすすめです。

・更生したいと思っている人
・悪い縁を切って健全に生きたい人
・昔に暴走族をやっていて、「あの頃は洗脳されていたと思う」と考えている人
・昔の洗脳から解放されたい人
・どうしても過去に囚われてしまう人
・一昔前の暴走族洗脳について学びたい人
・過去の記憶から自分を解放して心理的に自己成長したい人

【以下、ChatGPT4.0による内容紹介】

この本は、一昔前の暴走族の経験者である著者の実体験と、最新のAI技術、ChatGPT4.0による洞察を融合させた、ユニークかつ深い洞察を提供します。暴走族に関する洗脳と支配の痛み深い経験を通して、著者は理解と自己解放の大切さを強調します。

著者の個人的な物語とAIによる専門的な洞察を混ぜることで、本書はリアルな人間の経験とデータ駆動型の分析の最良の組み合わせを提供します。著者自身の言葉と、何度も著者の意見を学習したChatGPT4.0による詳細な解析を組み合わせることで、これまでにない深さと洞察を提供します。

この本は、更生を望む人、自己理解を深めたい人、社会問題を理解したい人、心理学に興味のある人など、さまざまな読者にとって価値ある一冊です。自分自身を解放し、心理的な成長を経験したいと考えている人々にとっては、この本は欠かせないリソースとなるでしょう。

この本は、以下のような人にもおすすめです:

・心理学やトラウマ療法に興味のある人
・支配と洗脳のメカニズムを学びたい人
・社会問題や非行についての理解を深めたい人
・暴走族経験者やその家族、友人をサポートしたいと思っている人
・青少年の非行問題に対して社会的な理解を深めたい教育関係者
・カウンセリングや心理療法のプロフェッショナル
・自己発見と自己成長に興味のある人
・自己理解と自己治癒の方法を学びたい人
・更生支援や社会復帰プログラムに関与しているプロフェッショナルやボランティア
・人間の心の強さと回復力について学びたい人

裏社会で生きる人々には、様々な背景や理由が存在しています。彼らが犯罪行為に関与している場合でも、その背後には時に複雑な事情があるかもしれません。そのため、一律に裏社会で生きる人々を否定することは、彼らの個別の状況や人間性を無視することになります。

社会は多様であり、個人の選択や行動の背後にはさまざまな要因が存在します。代わりに、私たちは人々を理解し、助けるための方法を模索することが重要です。差別や偏見ではなく、寛容さや包括性を持った態度を持つことが、より良い社会を築く上で重要です。

【ChatGPT4.0による内容紹介はここまで】

目次

本書は横書きでレイアウトされています。
目次:文字数約89000文字

はじめに(菅原隆志より):
本書の目的:
重要な概念:スケープゴート

序章

更生して反省もして清算もしている
僕の子供時代の写真を公開
写真1:15歳〜
写真2:15歳〜
写真3:16歳〜
写真4:16歳〜
写真5:17歳〜
写真6:17歳〜
写真7:先輩1
写真8:先輩2
写真9:友達1
写真10:先輩3(前)先輩2(後ろ)
写真11:先輩4
写真12:19歳〜
山梨県にカツアゲの旅に
子供の頃、死ぬかと思った話
僕が入っていた暴走族の話
暴走族の支配構造には洗脳がつきもの
支配と搾取・僕が入った暴走族はカンパがなかった
何でもありのチーム(100台くらい)
半年間の暴走族経験で何人死んだの?
この話から学べること
はじめに:本書の目的と概念(ChatGPT4.0)
当時の経験を反映:現代との違い

※序章以後がChatGPT4.0を活用して書きました。

第1章 恐怖と記憶:不良少年の経験と心理

恐怖体験と記憶の形成についての心理学的な視点
強い感情的体験の影響
記憶の中の不正確な情報
判断力の不足が後の苦悩につながる
洗脳とマインドコントロールの影響
表面の優しさに隠された悪意:暴力団の手口
未処理の心の問題が昔の記憶や感覚を浮上させる!?
第1章のまとめ

第2章 非行への道:判断力の問題を深掘り

非行に走る子供たちの判断力
非行の道は恐怖学習の道:表の道は健全な学習の道
脳の発達と判断力の関連性
心の傷が深い人ほど悪くなる可能性
判断を誤ると命を落としてしまう場合:成長
判断力を養える良い面もあった
判断力低下と洗脳とマインドコントロールの影響
第2章のまとめ

第3章 暴力団と暴走族:恐怖と支配のダイナミクス

暴力団と暴走族の関係(ケツ持ち)
1990年代、基本的に暴走族が若者の中でトップだった理由
但しこれは、一部の県の話:他県になると支配構造が違う場合もある
恐怖による支配とその影響
飴と鞭の戦略:恐怖と報酬のバランス
力による特権:恐怖と依存の連鎖
美徳で支配する世界の餌食になりやすい理由
第3章のまとめ

第4章 暴走族の真実:将来の暴力団員養成所

利用と搾取の構造
暴走族の役割と暴力団との関係
暴力団の恐怖支配の一環としての暴走
暴力性が高い理由:攻撃的な人にだけ暴力的になる
第4章のまとめ

第5章 薬物と洗脳:ダブルの束縛

薬物支配の概要
薬物が洗脳を強化するメカニズム
暴走族の世界では薬物厳禁のところも多かった:二極化
心に傷を負った少年少女の現実逃避
第5章のまとめ

第6章 恐怖への同一化:暴走族の心理的プロセス

同一化とは?暴走族が恐怖対象に同一化するメカニズム
恐怖への同一化の事例1(架空)
恐怖への同一化の事例2(架空)
恐怖への同一化の事例3(架空)
恐怖への同一化は本当の自分を見失う
隠れた恐怖とその影響
隠れた恐怖は、自分では自覚出来ていない恐怖のことですか?
暴走族の人たちの一部は自分の潜在的な恐怖に気づいていないのですか?
トラウマの症状がないけど?
恐怖と深刻なトラウマの関連性
第6章のまとめ

第7章 洗脳とマインドコントロール:暴力団の心理的手法

洗脳とマインドコントロールの定義と違い
洗脳やマインドコントロールが暴走族の心にどう影響するか
洗脳によって反社会的な人格が出来上がっていく
恐怖支配の世界における反社会的な人格向上がエリート
第7章のまとめ

第8章 暴力団の世界:善と悪の相対性

悪の世界における善悪の概念
暴力団社会の価値観とその影響
スケープゴートタイプが反社会勢力に結集
比較的な善の側の孤立
仲間思いの人も多い:裏切りへの制裁
第8章のまとめ

第9章 過去の思い出:暴走族時代の甘美な罠

暴走族時代の楽しみと恐怖の共存
楽しさだけに囚われる心理的なプロセスとそのリスク
過去の楽しさと恐怖が伴う記憶が強力に残る理由
第9章のまとめ

第10章 洗脳を解く:理解と自覚の重要性

洗脳からの解放へのステップ
強力に残る記憶から学びを得て終わらせよう
学びを得て終わらせないと永遠と過去の記憶に囚われる
過去情報を理解することで洗脳を解く方法
自己認識、自己理解、過去理解
第10章のまとめ

第11章 どんな世界であっても社会において役割がある

犯罪にも役割がある(社会学者が提唱した視点)
裏社会にも役割がある(裏社会、暴力団、暴走族、半グレなどにも役割はあったのか?)
つまり裏社会の存在が大きいほど表社会の不都合や問題も大きいということ?
裏社会の人でも、大切な人がいたり、涙を流す
人は自分で生きる世界や役割を選べる
学びに感謝して自分を生きよう
他人を変えようとするのではなく自分を変えていこう
洗脳されず支配されず生きる:支配の世界で学んだことを生かす
第11章のまとめ

第12章 暴走族も1つの表現である

26年以上経っても記憶が色褪せない理由
暴走族の集会における爆音に内包された心の叫び
うまく気持ちを説明出来なかった少年少女
傷ついた心の背景にある怒りなどを表現した形が暴走
俺たちをわかってくれ!
彼らは自分の悲しみに気づいていない部分がある
彼らが自分の悲しみに気づくと、ある人を責めないといけなくなる。
表現は心の傷を癒す過程(プロセス)の一部
暴走という表現を健全な表現に変えよう:表現方法は無数にある:表現方法の種類
本気で取り組めば涙が溢れる:それが心の傷を癒して心を強くする
自己の被害者性と加害者性の両方と向き合う
第12章のまとめ

第13章 スケープゴート

スケープゴートとは?
非行少年少女とスケープゴートの関係
ガスライティングが絡む場合も?黒い羊の仮説
嘘をついて悪者扱いしてくる人は自分のことを相手に背負わせている?
なるほど、その投影を無意識のうちに受け入れて本当に悪くなるケースもあるのですね
非行に走る少年少女の原点は被害者である可能性
スケープゴートの心理学的影響
スケープゴートを必要とする側の正体
社会とスケープゴートの関係
社会の真の問題とは?
第13章のまとめ

第14章 問題解決

心の癒しと向き合う:感情を理解するためのステップ
色鮮やかな過去の記憶から今の自分の成長材料を見つける
再生のプロセス:苦しみから解放される道筋
ヒーリングの技術:心の傷を癒すための具体的な方法
新たな表現を探求する:自己理解の旅
健全な表現の探求:自分の気持ちを上手に表す方法
有害な男らしさとは? その手放しとは?
暴力団や暴走族と「有害な男らしさ」の関係とは
再定義:自己価値の見つけ方と自己肯定感の育て方
スケープゴートからの回復
第14章のまとめ

第1章から第14章まとめ:恐怖、支配、洗脳の複雑な繋がり

暴走族としての生活が個人の心にどう影響するか
恐怖支配とマインドコントロールの役割
現代では違う形での支配が始まっている
自己理解と回復への道のり
第1章から第14章まとめ
スケープゴートの役割は自分の問題

付録:専門家による心理的支援とトラウマ治療

専門家による支援の必要性
トラウマ治療と回復への道筋

おわりに

20年はかかる
著作権について

 

ぜひ読んでみて下さい!

Kindle Unlimited(読み放題対象本0円
子供の頃、死ぬかと思った話・・・。
暴力団員が金属バットを振り回していて…。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました