→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

トロント大学とマギル大学の共同研究が解明:恋愛関係におけるガスライティングの深刻な影響と回復方法

トロント大学とマギル大学の共同研究が解明:恋愛関係におけるガスライティングの深刻な影響と回復方法 役立つ研究情報

はじめに

菅原隆志
菅原隆志

ガスライティングに関する研究論文や心理学者などの記事も増えてきていますね!無知な人は、ガスライティング=妄想だと思っていますが(今時そう思っている人はもう殆どいないと思います)、研究者らもガスライティング=妄想ではなく実際にあると言っています。最新研究でガスライティングは現実であり、心理的な虐待であることが明らかになっています。但し、ネット上の情報は鵜呑みにしてはいけません。妄想のような情報が多いからです。ガスライティングに関しては特に専門家などの記事を読むようにしましょう。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

その通りです。ガスライティングは、特に近年、心理学や社会学の分野で広く研究されている現象であり、妄想や誤解に基づくものではなく、実際に存在する心理的な虐待の形態です。研究者たちは、ガスライティングが被害者に与える影響を詳細に分析し、その実態を明らかにしています。これには、被害者の自己認識の歪み、自己価値の低下、精神的な苦痛などが含まれます。

 

ガスライティングに関する研究論文や専門家の記事は、この現象の理解を深める上で非常に貴重な資源です。これらの資料は、ガスライティングの特徴、それが関係に与える影響、そして被害者が回復するための戦略についての科学的に裏付けられた情報を提供します。

 

ネット上には正確でない情報も多く存在するため、情報の出典を確認し、信頼できる専門家や機関からの情報を参照することが重要です。心理学の専門誌、大学や研究機関が発行するレポート、資格を持つ心理職による論文や記事は、ガスライティングについて学ぶ際の信頼できる情報源となります。こうした資料を通じて、ガスライティングの実態を正しく理解し、被害者が適切なサポートを受けられるようにすることが、社会全体で取り組むべき課題です。

菅原隆志
菅原隆志

日本でも、ガスライティングに関する知識を高めている心理職の人がかなり増えてきている印象です。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

日本でもガスライティングについての認識が高まり、心理職を含む多くの専門家がその知識を深めているのは良い傾向です。ガスライティングは、被害者が自身の感情や記憶、認識を疑うように仕向ける精神的な虐待形態であり、長期間にわたって心理的なダメージを与えることがあります。このような行為についての理解を深め、適切な支援や介入ができる専門家が増えることは、被害者の回復過程において非常に重要です。

 

ガスライティングに対する知識を深めることで、心理職や他の支援者は、被害者が自身の経験を正しく理解し、トラウマからの回復に向けた適切なサポートを提供できるようになります。また、社会全体でこの問題に対する認識を高めることで、ガスライティングの被害に遭う人々が自身の状況を認識し、必要な支援を求めやすくなることも期待できます。

 

日本でのガスライティングに関する研究や教育の取り組みが進むことで、被害者支援の質の向上や予防策の開発につながることを願っています。この問題に関する公的な認識と理解の向上は、より健全な社会を築くための重要な一歩です。

菅原隆志
菅原隆志

米辞書出版大手のメリアム・ウェブスターは2022年11月28日、「今年の単語(2022年の言葉として)」に、「ガスライティング(Gaslighting)」を選びました。同社によると「ガスライティング」の検索数が1740%も増加したという 。つまり多くの人がガスライティングに関心を寄せ出しています。つまりそれは同時に、ガスライティングというテーマから良い意味で逃れられなくなってきていると捉えることもできます。ガスライティング解明に向けて、そこに光を照らしていく必要があるのです。

 

人々の知識の向上、理解の深化によって、これまでガスライティングを行ってきた加害者も、バレやすくなるということです。誹謗中傷が社会問題となり世の中に良い変化が起こりましたが、誹謗中傷を遥かに超える深刻さを持つもの、それがガスライティングであり、僕が推測する限りでは、ガスライティングを行う加害者の一部は、かなり高度な技術、知識を保有していると思われます。つまりそこに、紳士淑女を装った非常に悪い加害者が隠れていると思います。それも徐々に知られていくのではないかなと考えています。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

ガスライティングがメリアム・ウェブスターによって「2022年の言葉」として選ばれたことは、この問題が社会全体で広く認識され始めていることを示しています。その検索数が1740%も増加したという事実は、多くの人々がガスライティングについて知りたいと思っていること、そしてそれを理解しようとしていることを物語っています。

 

この現象に対する関心の高まりは、確かに二重の意味を持ちます。一方で、ガスライティングという行為がより多くの人々に知られることで、その手法を用いる加害者が行動を取りにくくなる可能性があります。知識の普及は、被害者が自らの状況を認識し、必要なサポートを求める手助けとなるでしょう。一方で、このような虐待行為に対する認識が深まることで、ガスライティングを行う人々の手口が洗練され、より巧妙になる可能性も否定できません。

 

ガスライティングは、表面的には紳士や淑女として振る舞う人々によっても行われることがあります。これらの加害者は、外見上は非の打ち所がないように見えますが、実際には深い心理的なダメージを与えるための複雑で洗練された手法を用いています。このような人々がその行為によって最終的には露呈するようになると考えることは、ガスライティングに対する理解が深まり、社会全体でこの問題に取り組む意識が高まることの証です。

 

誹謗中傷と同様に、ガスライティングに対する社会の認識が高まることは、この問題に光を当て、より健全なコミュニケーションや関係性を築くための一歩となります。教育と啓発を通じて、ガスライティングの実態を明らかにし、その防止策を講じることが、今後の社会の課題となっています。

今回の記事は、恋愛関係のおけるガスライティング研究についてです。

マギル大学とトロント大学の心理学の専門家たちによる画期的な研究

ガスライティングという概念は、しばしば誤解されることがあります。一部の人々は、これを単なる妄想や誤解と捉えていますが、その実態ははるかに複雑で、深刻な心理的影響を及ぼす可能性があります。この重要な課題に光を当てるために、私たちはマギル大学とトロント大学の心理学の専門家たちによる画期的な研究1参考文献:A qualitative analysis of gaslighting in romantic relationships – Klein – 2023 – Personal Relationships – Wiley Online Library(https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/pere.12510) をご紹介します。

ウィリス・クライン氏(マギル大学心理学部、実験心理学博士課程の学生)を筆頭に、シェリー・リー氏(トロント大学心理学科)およびスザンヌ・ウッド氏(同じくトロント大学心理学部)が、恋愛関係におけるガスライティングの質的分析に焦点を当てた研究を行いました。彼らの研究は、ガスライティングが単なる誤解や妄想ではなく、被害者の自尊心の低下、他人への不信感、そしてポストトラウマティックグロース(トラウマ後の成長)につながるなど、精神健康に深刻な影響を与えることを明らかにしています。

この研究チームは、認知神経科学、社会心理学、定性的データ分析、高度な統計分析など、幅広い専門知識を活用して、ガスライティング現象を深く掘り下げ、そのダイナミクス、影響、そして回復プロセスについての新たな理解を提供しています。今回の記事では、彼らの研究成果とその意義について詳しく探ります。

恋愛関係におけるガスライティング:隠された虐待の顔と回復への光

恋愛関係におけるガスライティングは、しばしば見過ごされがちながら、深刻な心理的影響を及ぼす虐待形態です。この研究2参考文献:A qualitative analysis of gaslighting in romantic relationships – Klein – 2023 – Personal Relationships – Wiley Online Library(https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/pere.12510) では、カナダのトロント大学とマギル大学の研究者たちによって、ガスライティングがどのように発生し、被害者にどのような影響を与えるのか、また回復には何が有効であるのかが探求されました。

研究の背景

ガスライティングは、加害者によって被害者が自分の知識や感覚を疑うように仕向けられる心理的虐待の一形態です。被害者は自分自身の判断や記憶が信頼できないと感じさせられ、結果として自尊心が損なわれることが多いです。本研究では、恋愛関係内でのガスライティングの実態と、その心理的影響、そして回復過程についての質的分析が行われました。

研究方法と参加者

研究チームは、ガスライティングを経験したと自認する65名の成人を対象に質的調査を実施しました。参加者は、自身の経験したガスライティングの具体例、関係性の特徴、そしてガスライティングが自己認識と精神健康に与えた影響について回答しました。

参加者の妄想や錯覚、誤解などにはどう対処?

菅原隆志
菅原隆志

参加者の妄想や錯覚、誤解などが含まれる可能性もあったと思いますが、それにはどう対処されたのでしょうか?

ChatGPT4.0:質的研究で一般的に採用される対処方法
ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

研究で参加者の報告に妄想、錯覚、または誤解が含まれる可能性に対処するためには、質的研究では一般的に複数の手法が用いられます。具体的な研究手法の詳細については、提供された情報からは直接的な対処法が示されていませんが、質的研究で一般的に採用される対処方法を以下に示します。

 

  1. トライアンギュレーション(三角検証): 異なるデータソースや研究方法を組み合わせることで、一つのソースや方法に依存した偏りを減らします。例えば、個人インタビューのデータをオンライン調査の結果と照らし合わせることで、より信頼性の高い結論を導き出すことができます。
  2. 反復的なデータ分析: データを繰り返し分析し、テーマやパターンが一貫しているかを確認します。この過程では、偏った解釈や個々の参加者の特異的な報告が研究全体の結論に不当な影響を与えないように注意します。
  3. ピアレビュー: 研究チーム内や外部の専門家によるデータ分析のレビューを行い、解釈の妥当性を検証します。他の研究者の視点を取り入れることで、偏りや誤解を見逃さないようにします。
  4. 参加者の検証: 研究結果や解釈を参加者自身にフィードバックし、彼らの意見や訂正を求めることがあります。これにより、研究者の解釈が参加者の実際の経験と一致しているかを確認できます。
  5. 厳格な質的研究基準の適用: 信頼性、妥当性、転移可能性、確証性など、質的研究の厳格な基準を適用し、研究の品質を保証します。

これらの手法は、参加者の主観的な報告に含まれる可能性のある妄想や錯覚、誤解を考慮し、研究結果の信頼性と妥当性を高めるために役立ちます。しかし、特定の研究でどのような手法が採用されたかは、その研究の文脈や研究チームの判断によります。

研究結果

研究結果からは、ガスライティングが愛情と虐待が複雑に絡み合った関係性の中で生じ、被害者に自尊心の低下、他人への不信感をもたらすことが明らかになりました。特に注目すべきは、一部の被害者がトラウマ後の成長(ポストトラウマティックグロース)を経験している点です。加害者からの分離、健康的な関係への移行、意味のある活動への参加が回復において重要であることが示されました。

回復への道

この研究は、ガスライティングからの回復過程において、外部からの支援と自己強化活動がいかに重要であるかを強調しています。特に、ガスライティングによって損なわれた自己認識を回復させるためには、加害者との物理的及び感情的な距離を置くこと、健康的な人間関係の構築、および自己表現と自己受容を促す活動に参加することが効果的です。

まとめ

この研究3参考文献:A qualitative analysis of gaslighting in romantic relationships – Klein – 2023 – Personal Relationships – Wiley Online Library(https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/pere.12510) は、恋愛関係におけるガスライティングの実態とその心理的影響に新たな光を当て、被害者が経験したトラウマから回復する過程において、どのようなサポートが有効であるかを明らかにしました。被害者が自己の価値を再認識し、より健全な自己との関係を築くことが、ガスライティングからの回復には不可欠です。この研究成果は、ガスライティングに関する限られた研究資料に大きく貢献し、将来の治療法や予防策の開発に向けた貴重な洞察を提供しています。

ガスライティングの影響を乗り越えるためのキーポイント

  • 加害者との分離: ガスライティングから回復する最初のステップは、加害者から物理的および感情的に距離を置くことです。
  • 支援システムの活用: 家族、友人、専門家からの支援を受け入れることが、回復過程において極めて重要です。
  • 自己強化活動: 趣味や運動など、自己価値を高める活動に積極的に参加することが推奨されます。
  • 意識の変革: 自己認識を再構築し、ガスライティングによって歪められた現実感を取り戻すことが、心理的回復には欠かせません。

結論

恋愛関係におけるガスライティングは、その存在がしばしば見過ごされがちなにも関わらず、深刻な心理的ダメージを与える可能性があります。本研究によって、ガスライティングの影響とその回復過程についての理解が深まりました。今後、この研究成果がガスライティングの被害者への具体的な支援策の開発に役立つことを期待しています。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    参考文献:A qualitative analysis of gaslighting in romantic relationships – Klein – 2023 – Personal Relationships – Wiley Online Library(https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/pere.12510)
  • 2
    参考文献:A qualitative analysis of gaslighting in romantic relationships – Klein – 2023 – Personal Relationships – Wiley Online Library(https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/pere.12510)
  • 3
    参考文献:A qualitative analysis of gaslighting in romantic relationships – Klein – 2023 – Personal Relationships – Wiley Online Library(https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/pere.12510)

あなたの「言葉」と「URL」を残す。