サヨナラ・モンスター
オリジナルグッズ販売

【最新研究で示唆】あなたが抱えている精神状態の不調の約40%は、子供の頃の虐待やネグレクトが原因かもしれない

役立つ研究情報

【オーストラリア】シドニー大学の最新研究(2024年5月8日)で判明!子供の頃の虐待がメンタルヘルスに与える影響


シドニー大学(University of Sydney)のルシンダ・グルミット博士(Dr. Lucinda Grummitt)によって行われた「子供の頃の虐待がメンタルヘルスに与える影響」という研究1参考文献:Childhood maltreatment responsible for up to 40 percent of mental health conditions – The University of Sydney(https://www.sydney.edu.au/news-opinion/news/2024/05/09/-childhood-maltreatment-responsible-for-up-to-40-percent-of-ment.html) で何が判明したのか(2024年5月)

オーストラリアのシドニー大学は、子供の頃に虐待やネグレクトを受けた人々が、成人してからのメンタルヘルス問題に大きな影響を受けることを明らかにしました。この研究は、JAMA Psychiatryという権威ある医学雑誌に発表されました。

研究によると、オーストラリアでは子供の頃の虐待やネグレクトが、成人してからのメンタルヘルス問題の**約40%**に影響を与えていることが分かりました。具体的には、**自殺未遂の41%、自傷行為の35%、うつ病の21%**が子供の頃の虐待に起因しているとされています。

この調査では、2023年のオーストラリア児童虐待調査(Australian Child Maltreatment Study)とオーストラリア国民精神衛生調査(Australian National Study of Mental Health and Wellbeing)、およびオーストラリア疾病負担研究(Australian Burden of Disease study)のデータを基に分析が行われました。全体で24,393人の参加者のデータを使用し、子供の頃の虐待とメンタルヘルスの関連性が他の要因(遺伝や社会環境など)から独立していることを示しています。

さらに、もしオーストラリアで子供の頃の虐待が完全に根絶された場合、1,800,000件以上のうつ病、不安障害、物質乱用障害を防ぐことができると推定されています。また、2023年には虐待がなければ、66,143年分の命(死亡)と118,493年分の障害が防げたと報告されています。

グルミット博士は、「この結果は、子供の頃の虐待やネグレクトが国の公衆衛生の優先課題として扱われるべきだという緊急の警鐘です。家族への支援や政策的な介入を通じて、子供たちを守るための取り組みが必要です」と述べています。

シドニー大学は、オーストラリアで最も権威ある大学の一つであり、この研究はその中でも特に注目される成果です。日常生活の中で家族やコミュニティがどれほど大切かを再認識し、子供たちが安全で健やかに育つ社会を目指していくことが求められています。

この研究は、私たちが将来の世代のために何をすべきかを考えるための重要な手がかりとなるでしょう。

つまり、子供の頃の虐待は、その子の将来の精神状態の40%を左右しているということですか?

はい、その通りです。シドニー大学の研究によると、子供の頃に虐待やネグレクトを受けたことが、将来の精神健康状態に大きな影響を与えており、具体的には**約40%**のメンタルヘルス問題が子供の頃の虐待に起因しているとされています。この研究では、虐待が自殺未遂や自傷行為、うつ病などの精神健康問題に強く関連していることが示されました。つまり、子供の頃の経験が、その後の人生におけるメンタルヘルスに大きな影響を及ぼすということです。

未来は自分で変えられる:子供の頃の虐待による精神への悪影響を乗り越える方法

ChatGPT4o
ChatGPT4o

僕自身も機能不全家庭で育ち、心理的な虐待を受けて育ったので、成人後も心理的な問題で苦しみましたので、今回の研究結果は納得ですが、人生は自分で創るものですので、過去の虐待に人生を支配させてはいけないと思います。

 

なので僕は、自分で自分の心を救う為に「サヨナラ・モンスター」のやり方で取り組んで、深いレベルの認知、信念を大幅に変えました。その結果、過去や親に感謝の気持ちを持つことができるようになり、自分なりに心理的な成長ができました。

 

下記は、子供の頃の虐待による精神への悪影響を乗り越える方法です。下記の多くは「サヨナラ・モンスター」の取り組みに含まれているものです。参考にしてみてください。

1. トラウマの理解と受容

子供の頃に受けた虐待やネグレクトは、私たちの心に深い傷を残します。しかし、その傷を理解し受け入れることで、癒しの第一歩を踏み出すことができます。トラウマを否定するのではなく、その存在を認め、なぜ自分が現在のような行動や感情を抱くのかを理解することが重要です。これにより、過去の経験に対する新しい視点を持つことができ、自己理解が深まります。

2. ポジティブな自己対話

自己対話とは、自分自身に対する内なる言葉遣いのことです。子供の頃の虐待が原因でネガティブな自己対話をしている場合、それをポジティブに変えることが大切です。例えば、「私は価値がない」という思考を「私は価値のある人間だ」と置き換える練習をします。ポジティブな自己対話は、自尊心を高め、自己肯定感を育む手助けとなります。

3. マインドフルネスと瞑想

マインドフルネスや瞑想は、現在の瞬間に集中する技術です。これにより、過去のトラウマから解放され、心の平安を取り戻すことができます。毎日の短い時間でも、静かな場所で深呼吸をし、自分の感情や体の感覚に意識を向けることが有効です。瞑想は、心の安定を促進し、ストレスを軽減する効果があります。

4. 自己ケアの実践

自己ケアは、心と体の健康を維持するための重要な要素です。例えば、バランスの取れた食事、適度な運動、十分な睡眠を心がけることが挙げられます。また、自分の好きなことをする時間を作ることも大切です。趣味やリラクゼーション活動は、ストレス解消に役立ちます。

5. 感情の表現と発散

感情を抑え込むのではなく、適切に表現することが大切です。日記を書いたり、絵を描いたりすることは、感情を表現する一つの方法です。また、スポーツや運動を通じて、体を動かすことでストレスを発散することも効果的です。感情を健康的に表現することで、心の重荷を軽減することができます。

6. 未来への目標設定

過去のトラウマを乗り越えるためには、未来に向けた具体的な目標を設定することが有効です。小さな目標から始めて、達成感を感じることで自己肯定感を高めることができます。例えば、新しいスキルを習得することや、健康的な習慣を取り入れることなど、前向きな変化を促す目標を立てることが重要です。

まとめ

過去の虐待やネグレクトの影響は大きいですが、それを乗り越えるための方法はたくさんあります。自己理解と自己受容、ポジティブな自己対話、マインドフルネスと瞑想、自己ケア、感情の表現、未来への目標設定など、これらの実践を通じて、健全な精神状態を取り戻すことができます。未来は自分の手で変えることができるのです。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    参考文献:Childhood maltreatment responsible for up to 40 percent of mental health conditions – The University of Sydney(https://www.sydney.edu.au/news-opinion/news/2024/05/09/-childhood-maltreatment-responsible-for-up-to-40-percent-of-ment.html)

あなたの「言葉」と「URL」を残す。