【イギリス】アングリア・ラスキン大学の最新研究(2024年5月10日)で判明!AI知識が就職率と給与を大幅に向上!AIを活用できるようになろう!

【イギリス】アングリア・ラスキン大学の最新研究(2024年5月10日)で判明!AI知識が就職率と給与を大幅に向上!AIを活用できるようになろう! 役立つ研究情報

【イギリス】アングリア・ラスキン大学の最新研究(2024年5月10日)で判明!AI知識が就職率と給与を大幅に向上!

イギリスのアングリア・ラスキン大学(Anglia Ruskin University, ARU)の「ニック・ドリダキス教授(Professor Nick Drydakis)」によって行われた最新の研究(2024年5月10日)1参考文献:AI knowledge gets your foot in the door – new study – ARU(https://www.aru.ac.uk/news/ai-knowledge-gets-your-foot-in-the-door)、「AI(人工知能)に関する知識が就職活動に与える影響」が明らかになりました。この研究は、一般の読者でも理解しやすい内容でお届けします。

研究の概要

アングリア・ラスキン大学の経済学教授であるニック・ドリダキス教授が率いる研究チームは、AI知識があると就職活動でどれだけ有利になるかを調査しました。研究チームは、21歳のイギリス人の大学卒業生を対象に、2:1(上位二等)学位を持つ応募者の履歴書を提出しました。その中には、AIに関する学習をしている応募者も含まれており、その事実をカバーレターに記載しました。

研究結果

結果として、AI知識を持つ男性応募者は、54%の確率で面接に招待されましたが、AI知識を持たない男性応募者は28%の確率でした。女性応募者の場合、AI知識を持つ応募者は50%の確率で面接に招待されましたが、持たない応募者は32%の確率でした。

さらに、大企業では、AI知識を持つ応募者が中小企業に比べて36%も高い確率で面接に招待されることがわかりました。給与に関しても、AI資格を持つ男性応募者は、持たない男性応募者に比べて平均して12%高い給与の仕事に選ばれる確率が高く、女性の場合は13%高い給与の仕事に選ばれる確率が高いことが示されました。

研究の意義

この研究は、AIスキルが現代の労働市場でどれだけ重要かを示しています。企業はAI知識を持つ応募者を高く評価し、その結果、より多くの面接機会と高い給与を提供しています。特に、大企業はAIを用いた技術革新に積極的であり、そのためにAIスキルを持つ人材を求めています。

結論

この研究は、AIを学ぶことが将来のキャリアに大きな影響を与える可能性があることを示しています。AIスキルを身につけることで、就職活動が有利になり、より高い給与を得るチャンスが広がるのです。AIの知識を持つことは、今後のキャリア形成において非常に重要な要素となるでしょう。

アングリア・ラスキン大学の研究は、AIスキルが現代社会でいかに価値があるかを具体的な数字をもって証明しています。この研究結果を参考に、将来のキャリアプランを考えてみてはいかがでしょうか。

AI知識が賃金に与える影響

今回の研究では、AI知識が就職率だけでなく、賃金にも大きな影響を与えることが示唆されています。具体的な数字とともに説明します。

賃金に関する具体的な結果

  1. 男性応募者:
    • AI知識を持つ男性応募者: AI知識を持つ男性応募者は、AI知識を持たない男性応募者と比較して、平均して12%高い賃金の仕事に選ばれる確率が高いことがわかりました。
  2. 女性応募者:
    • AI知識を持つ女性応募者: AI知識を持つ女性応募者は、AI知識を持たない女性応募者と比較して、平均して13%高い賃金の仕事に選ばれる確率が高いことがわかりました。

まとめ

この研究から、AI知識を持つことで、面接招待率が向上するだけでなく、高い賃金の仕事に就ける可能性も高まることが示されています。男性の場合は12%、女性の場合は13%高い賃金の仕事に就く可能性があるため、AIスキルを持つことはキャリア形成において非常に重要であると言えます。AIの知識とスキルは、将来のキャリアに大きな影響を与えるだけでなく、経済的な安定と成長にも寄与することがわかります。

AIは一過性のものではない

菅原隆志
菅原隆志

AIは一過性のものではなく、未来において非常に重要な役割を果たします。

AIを活用できるようになろう!

AIは一過性のものではなく、未来において非常に重要な役割を果たすと考えられています。以下に、その理由とAIを活用することの重要性について説明します。

AIは一過性のものではない理由

  1. 急速な技術進化: AI技術は日々進化しています。新しいアルゴリズムやモデルが開発され、AIの性能が飛躍的に向上しています。例えば、自然言語処理や画像認識など、多くの分野でAIが既に人間の能力を超える成果を上げています。
  2. 広範な応用範囲: AIは医療、教育、交通、金融など、さまざまな分野で応用されています。例えば、医療分野ではAIが診断を支援し、患者の治療計画を最適化しています。金融分野では、AIがトレンドを予測し、リスクを管理するために使用されています。
  3. データの増加: デジタルデータの爆発的な増加により、AIの重要性はますます高まっています。ビッグデータを解析する能力を持つAIは、企業や組織が意思決定を行う際に不可欠なツールとなっています。
  4. 産業革命の一部: AIは第四次産業革命の中心的な技術の一つとされています。この革命は、デジタル、物理、そして生物の領域が融合し、AIがその推進力となっています。

AIを活用することの重要性

  1. 競争力の強化: AIを活用することで、企業は競争力を強化することができます。効率的なデータ分析や自動化によって、生産性を向上させ、コストを削減することが可能です。
  2. 新しいビジネスチャンス: AIを導入することで、新しいビジネスモデルやサービスが生まれます。例えば、パーソナライズされた顧客体験の提供や、新しい製品開発の加速などが可能です。
  3. 問題解決能力の向上: AIは複雑な問題を解決する能力を持っています。例えば、気候変動の影響を予測し、対策を講じるためのモデルを構築することができます。また、医療分野では、病気の早期発見や治療法の開発に貢献しています。
  4. スキルの需要: AIスキルは現在、そして将来にわたって高い需要があります。AI技術を習得することで、キャリアの選択肢が広がり、より高い報酬を得る機会が増えます。

まとめ

AIは一過性の流行ではなく、未来の技術基盤として重要な役割を果たすと考えられます。AIを活用する能力を身につけることは、個人や企業にとって競争力を高め、新しい機会を創出するために不可欠です。したがって、AI技術の習得や活用は、今後の成功に直結すると言えるでしょう。

AI知識がない人の就職率は、AI知識を持つ人の就職率の約半分

今回の研究からわかったことによると、AI知識がない人の就職率は、AI知識を持つ人の就職率の約半分です。具体的な数字を基に説明します。

研究結果の詳細

  1. 男性応募者:
    • AI知識を持つ男性応募者の面接招待率:54%
    • AI知識を持たない男性応募者の面接招待率:28%
  2. 女性応募者:
    • AI知識を持つ女性応募者の面接招待率:50%
    • AI知識を持たない女性応募者の面接招待率:32%

解釈

AI知識を持たない男性応募者の面接招待率は、AI知識を持つ男性応募者の面接招待率の約52%です。女性応募者の場合も同様に、AI知識を持たない女性応募者の面接招待率は、AI知識を持つ女性応募者の面接招待率の約64%です。

まとめ

AI知識がない人の就職率は、AI知識を持つ人と比較して約半分程度です。具体的には、男性応募者の場合は約52%、女性応募者の場合は約64%となり、全体的に見て「約半分」という表現が妥当であることがわかります。この結果から、AI知識を持つことが就職活動において非常に有利であることが示されています。

AIを活用できない人々の将来の経済格差

今回の研究から考察すると、将来的にAIを活用できない人々が貧しくなる可能性が高いことが示唆されます。AI知識を持つ人々が高い就職率と賃金の向上を享受する一方で、AIスキルを持たない人々はそれに比べて就職の機会が少なく、賃金も低くなる傾向が強くなります。このことは、将来的な経済格差を広げる要因となるでしょう。

経済格差の拡大

  1. 雇用機会の差: 研究によれば、AI知識を持つ応募者は面接に招待される確率が高く、企業からの需要も高まっています。これは、AIスキルを持たない人々が競争において不利になることを意味します。AIスキルを持つ人々は、より多くの雇用機会にアクセスできるため、職を見つけやすくなります。
  2. 賃金の差: AI知識を持つ人々は、持たない人々に比べて12%から13%高い賃金を得る傾向があります。この賃金差は、時間とともに経済格差を拡大させる可能性があります。高賃金の仕事に就くことで、AIスキルを持つ人々はさらに教育やスキルアップに投資できる一方、AIスキルを持たない人々はそのような機会が限られ、相対的に経済的に厳しい状況に陥ることが考えられます。

結論

AIスキルを持つことの重要性は今後ますます高まると考えられます。今回の研究は、AI知識が就職率や賃金に与える影響を明確に示しており、これを持たない人々が将来的に経済的に不利な立場に置かれる可能性を強調しています。教育や職業訓練においてAIスキルの習得が重要となる中で、これを怠ることは経済格差を広げ、貧困につながるリスクを伴うと考えられます。AIスキルを学ぶことで、より多くの雇用機会と高賃金の職にアクセスできるようになるため、将来の経済的安定を図る上でも不可欠です。

日本でも同様の傾向が見られる可能性についての考察

今回の研究結果から、日本においても同様の傾向が見られる可能性が高いと考えられます。以下にその理由を詳しく述べます。

日本の労働市場におけるAIの重要性

  1. 技術革新の重要性: 日本は技術革新を重視する国であり、特にAIやロボティクス分野では世界的に高い評価を受けています。産業界全体でAI技術の導入が進んでいるため、AIスキルを持つ人材への需要は今後さらに高まると予想されます。
  2. 少子高齢化による人材不足: 日本では少子高齢化が進行しており、労働力の不足が深刻な問題となっています。AIを活用した自動化や効率化はこの問題を解決する一助となりうるため、AIスキルを持つ人材の価値がより一層高まるでしょう。
  3. 企業の競争力強化: グローバル市場での競争が激化する中、日本企業は競争力を維持・向上させるためにAI技術の導入を進めています。これにより、AIスキルを持つ人材が求められるようになり、その結果、AI知識を持たない人々との間で経済格差が生じる可能性があります。

日本の教育システムへの影響

  1. 教育カリキュラムの見直し: AI技術の重要性が増す中で、日本の教育システムもその変化に対応する必要があります。現在、多くの学校でプログラミング教育が導入され始めていますが、AIに特化した教育プログラムも必要とされるでしょう。
  2. 生涯学習の促進: 技術の進化に対応するために、社会人向けの再教育プログラムや生涯学習の推進が重要となります。企業も社員のスキルアップを支援する体制を整えることが求められます。

結論

今回の研究結果を踏まえると、日本においてもAI知識が労働市場で大きな影響を与えることは間違いありません。AIスキルを持つことが就職や賃金において有利になる一方で、AIスキルを持たない人々は経済的に不利な立場に立たされる可能性があります。これにより、日本でも経済格差が拡大するリスクがあるため、教育システムの見直しや企業の支援体制の強化が急務となるでしょう。AI技術を学び、活用する能力は、今後の日本社会においても重要な要素となるでしょう。

おわりに

まずは「ChatGPT」を活用することをお勧めします。ChatGPTを活用して自分の意思と信念、価値観などを反映させた記事を書いてみると良いでしょう!僕がChatGPTを活用して書いている記事は、「ChatGPTに書かせた文章」ではなく、「自分の考えをChatGPTに書いてもらった文章」です。

ChatGPTに書かせた文章と自分の考えをChatGPTに書いてもらった文章の違いは、内容の出発点と文章の独自性にあります。前者は、一般的で客観的な情報を提供するのに対し、後者は、ユーザーの個人的な視点や経験が反映された、個性的、感情的な内容となります。ChatGPTを活用して書くと、自分が伝えたいことがより伝わりやすい文章になるのでお勧めです。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    参考文献:AI knowledge gets your foot in the door – new study – ARU(https://www.aru.ac.uk/news/ai-knowledge-gets-your-foot-in-the-door)

おすすめ「Kindle Unlimited(読み放題)」

AmazonのKindle Unlimited(読み放題)に登録をすると、無料で沢山の電子書籍を読むことができます。僕が書いた書籍も「Kindle Unlimited(読み放題)」が多数あります。

【広告】
200万冊以上が読み放題。
初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

期間終了後は月額980円で自動更新。
いつでも自動更新しない設定に変更できます。
(解約も簡単)

Kindle Unlimitedに登録する

サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声

→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声1
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声2
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声3
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声4
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声5

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
あなたの「心」を解くために役立つ情報提供を開始

心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

この記事を書いた人
菅原隆志43

このアカウントで投稿している記事は、管理者の菅原隆志がChatGPT4oを活用して書いたものになります。そうすることで、よりわかりやすく、質の高い正確な情報提供が出来ます。また、ChatGPTは最新の自然言語処理技術を採用しており、人間のような表現力を持つことから、読者の皆様にとってより魅力的な記事をお届けできることを目指しています(2023年4月28日より、ChatGPTを活用した記事投稿を開始しています)。

最新のChatGPT4o(ジーピーティーフォーオー)は従来のChatGPT4(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)に比べて大幅に進化し、理解力も高まりました。

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

ChatGPT4o(菅原隆志)をフォローする
役立つ研究情報
ChatGPT4o(菅原隆志)をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。